加湿器が臭い?原因や対処法など加湿器の臭いを徹底解説!

この記事を執筆するにあたって

昨年末からシャープの加湿空気清浄機を使用したおかげで乾燥した季節を乗り越える事ができました。 加湿器は放っておくと臭いがでてくるのでこまめな手入れは欠かせません。

Written By あずま ようへい

目次

加湿器の臭いについて解説します

加湿器は今や空気が乾燥する冬の季節には欠かせない家電です。各社さまざまな特長を持つ個性的な加湿器を販売しており、たいていの空気清浄機にも加湿器が内蔵されています。風邪やインフルエンザの感染リスクを下げたり、花粉症の症状を抑えたり冬は加湿器が大活躍する時期ですが、一部の方式を除き加湿器は意外とすぐに異臭を放つようになります。

加湿器から出てくる臭いは不快なだけでなく、中には健康に関わる問題も発生させてしまいます…なのでできるだけ加湿器の異臭は早めのうちに対処したい所です。
本記事では、加湿器から異臭が起きる仕組みや、臭いの取り除きかた、臭いの予防方法について解説をしていきたいと思います。

加湿器が臭くなる原因

加湿器は、使っていくうちにだんだんと臭いを発するようになります。
各メーカーは臭い発生防止のために加湿器にさまざまな工夫を凝らしているのですが、現状完全に臭いを発生させないようにはまだできていません。そもそも、なぜ臭くなっていくのでしょうか。

加湿器が臭くなる原因はおもにふたつ

加湿器から出てくる臭いは、主にフィルターに付いたカビや雑菌から出る臭いと水自体から発生する臭いの2種類があります。

気化式加湿器やハイブリッド式加湿器は空気を加湿するためにフィルターという部品が組み込まれている事が多いです。
フィルターは、ろ紙のようにタンク内の水を吸収し保持する役割があります。加湿器内のファンなどでフィルターに風を当てることで、フィルター内の水が気化して加湿された空気となっていきます。このような方法で空気を加湿するので気化式加湿器というのですが、その性質上フィルターは常時水に濡れることになります。不織布やメッシュ素材でできたフィルターはカビや雑菌の温床になりやすく、放置するとカビで真っ黒になることも…

なら、フィルターのない加湿器なら安全では?と思う人もいるかもしれません。しかし、フィルターのない加湿器も要注意です。
特に超音波式加湿器は仕組み上不衛生になりやすく、手入れを怠ると雑菌の温床となります。

加湿器の水タンクにいれる水道水は、塩素が添加されているため清潔なのですが、この塩素も、数日で水道水から抜けてしまいます。そのため清潔だからといってこまめにタンク内の水を交換しなかったり、つぎ足し続けるとタンク内の水は徐々に腐っていくことになります。
なお、浄水器で塩素抜きされた水を使うと、より早い時間で水が腐ってしまうことになるので、加湿器ように使うのはおすすめしません。

スチーム式加湿器はタンク内部の水を沸騰させて加湿するので、カビや雑菌に強い特長があります。
健康面ではそれほど心配しなくていいのですが、スチーム式加湿器は水道水に含まれるわずかなミネラルが沸騰によってだんだんと濃縮、固着していくためやはり手入れは欠かせません。

このように加湿器は雑菌やカビだらけになった状態で使用し続けて健康を損なう例が多発しており、加湿器内の手入れはかなり重要となっています。
参考URL:加湿器レジオネラに注意 大分では集団感染、死者も 厚労省「手入れこまめに」 西日本新聞

加湿器が臭い?臭いをとる方法と予防策

フィルターの臭い取りには台所用洗剤が便利

フィルターの異臭は主にカビや雑菌の繁殖によるものが多いため、台所用洗剤はとても効果的です。基本的につけ置きで洗うことになります。

極端な酸性やアルカリ性のものでなければフィルターに使っても大丈夫なものが多いですが、加湿器の取扱説明書を確認して使ってもいい洗剤を決めるのがよりベターです。もちろん、混ぜるな危険と書いてあるもの同士を混ぜてはいけません。
酵素入りの洗剤は水よりもお湯で洗ったほうが効果は大きくなります。

普段の手入れにはクエン酸や重曹を

多くの加湿器の取扱説明書には、普段の手入れにはクエン酸を使うように書かれています。

クエン酸は主に加湿器に付着した水垢を落とすためにつかわれ、クエン酸では落ちない汚れはアルカリ性である重曹をつかうと効果的に汚れを落とせます。

クエン酸や重曹をつかった手入れも、上記の洗剤を使った洗い方と同じくつけ置きで洗います。
加湿器は運転させるほど水道水に含まれるミネラル分が固着していくので、定期的に手入れをするのが基本です。
加湿器の種類にもよりますが、おおむね一か月置きに洗うのが良いとされています。

参考URL:加湿器お手入れについて パナソニック

臭いの予防にはまず毎日の水の入れ替えを

水道水の水は時間とともに塩素が抜けるため、時間がたつほど雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌やカビだらけになった水がフィルターに吸われると異臭を放つきっかけになるので、臭い予防のためにタンク内の水を毎日交換するのは大切です。
また、フィルターには寿命があるので、毎日水を取り替えてるのに臭いが無くならなかったり、取扱説明書に書かれているフィルターの寿命を超えて使用していて汚れが落ちないという方は、フィルター自体の交換をおすすめします。
フィルターは消耗品のため、定期的な交換が必要です。

おすすめの加湿器の臭い防止アイテム

加湿器から出る臭いは加湿器製造メーカー各社も気にしているのか、臭い防止のためのアイテムを多数開発しています。
シャープやパナソニックなどは加湿器のオプションに専用の部品を用意しているほか、サードパーティ製の除菌液や添加剤が多数販売されています。本項では、それらの中からおすすめのものをいくつか紹介します。

シャープは加湿器の水タンクを清潔に保つための部品を別途販売しています。
このAg+イオンカートリッジは銀イオンによってタンク内の水を除菌、清潔に保つ作用があり、加湿器からの臭い発生防止に効果をもたらします。汎用部品なので、シャープ製加湿器ならどの機種にも取り付けられるのが大きな魅力です。

パナソニックもシャープ同様に除菌用のオプションユニットを販売しています。

ドウシンシャからはより強力なクレベリンを用いた除菌用のオプションパーツを販売しています。
消毒にも使用されることの多いクレベリンですので、効果はかなり期待できます。

また、この商品のように加湿器のタンク内の水に添加するタイプの除菌剤もあります。
抗菌剤が入っているため、タンク内を清潔に保つ効果が期待できます。

まとめ

加湿器は、加湿した空気を外に出す仕組みのため、室内にいる人にとっては健康に直接かかわる家電といえます。

それゆえ加湿器から出るカビや雑菌由来の異臭は健康面に重大な影響をおよぼす可能性があり、なるべく加湿器を清潔な状態で維持させる必要があります。

本記事では、加湿器を清潔に保つための方法と、異臭を防ぐための予防策、臭い防止の役に立つアイテムなどを紹介しました。この情報が加湿器の手入れのための参考になれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
あずま ようへい
かゆい所に手が届くような記事を書いていきたいと思っています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧