洗濯機が臭い!原因や対処法など洗濯機の臭いを徹底解説!

目次

洗濯機の臭いについて解説します

日常生活とは切っても切り離せない洗濯機。どのご家庭にも一台はあると思います。
しかし、長期間使用している洗濯機は汚れとともに臭いも出てくるものです。
この記事では洗濯機の臭いの原因や予防についてご説明します。

洗濯機が臭い?臭いをとる方法

ここでは臭いの種類ごとに対策をご説明します。

カビ臭い、生臭い場合

洗濯機からカビの臭いがしたり生臭いような臭いがする場合、洗濯機内に繫殖しているカビや雑菌が主な原因です。洗い終わった洗濯物や洗濯槽に黒いカスが付いていたら黒カビが発生しているので、この場合は洗濯槽の裏側はカビと汚れで覆われている可能性が高いです。市販されている洗濯槽クリーナーを使うのが一番手間がかかりませんが重曹でも代わりにはなります。汚れが酷くて自分では手に負えない場合は業者に依頼した方が確実でしょう。
洗濯槽クリーナーを使用する場合、塩素系のものと酸素系のものがあります。
塩素系の洗濯槽クリーナーは殺菌効果が強く、カビを分解したうえで除去してくれるので一番手間がかかりませんが酸性のものと混ざってしまうと有毒ガスが発生する恐れがあるので注意が必要です。次に酸素系の洗濯槽クリーナーは塩素系に比べて殺菌力は劣りますが塩素系と違い衣類への影響が少なく洗剤特有の臭いも少ないのが特徴です。泡でこびりついたカビを剥がし落とすのでカビを取り除くのに手間はかかりますが剥がれ落ちたカビが目に見える分、綺麗になった実感が得られるでしょう。重曹を使用する場合は塩素系、酸素系より洗浄力が落ちるのでキチンと定期的に洗濯機を掃除している方にオススメです。
洗濯槽の掃除は夏場は月に1回、冬場やカビ、臭いがあまり感じなくなってきたら2,3ヶ月に1回掃除するとカビと臭いの発生を抑えられるでしょう。
因みに洗濯に残り湯を使っている場合は除菌ができる洗濯用洗剤や水道水ですすぎを行うことで臭いを抑えることができます。また、汚れや菌を洗い流せるよう、すすぎは2回行うと確実でしょう。

洗剤臭い場合

洗剤や柔軟剤に香りの強いものを使用しているとどことなく洗剤のようではあるが不快な臭いがすることがあります。このような臭いを感じた場合は前述のように洗濯槽を掃除することも重要になりますが、洗剤や柔軟剤の使用量を抑えてみるのも1つの手です。
洗剤や柔軟剤の溶ける量は使用する水量によって決まっているので規定以上の洗剤や柔軟剤を入れると溶け残った洗剤や柔軟剤が汚れやカビの原因になります。
洗剤や柔軟剤は洗浄力や香りが最も発揮されるよう計算されたうえで規定量が設定されているので洗剤や柔軟剤や説明書を読み直し普段使用している量が本当に適量かを確認しましょう。また、洗剤や柔軟剤を無香料のものに変えるのもよいかもしれません。その場合は洗濯物の生乾き対策として色物衣料にも使用できる酸素系の漂白剤がオススメです。

下水臭い場合

排水ホースと排水口を繋ぐ排水トラップという部品の中には常に水が溜まるようになっていて、ここで臭いを止めています。排水トラップ自体はホームセンターなどで購入できますが取り付けるのが少々難しいので説明書を読んだうえで自分では難しいと感じたらリフォーム業者やホームセンターなどで相談してみるといいでしょう。
洗濯機が下水臭い場合は何らかの原因で排水口を通して下水の臭いが上がってくることがあります。下水の臭いを対処しようと思った場合、排水口と排水トラップを掃除する必要があります。 排水トラップを掃除するには歯ブラシなどを使って髪の毛や埃などのゴミや汚れを掃除しましょう。 この時に重曹を使って掃除するとヌメリの原因となっている皮脂汚れを分解、消臭もしてくれます。排水口内に溜まっているヌメリやヘドロは市販のパイプクリーナーなどを掃除しましょう。排水トラップの掃除が終わった後は水を溜めるのを忘れないよう注意しましょう。

洗濯機の臭いの原因と予防法

ここでは洗濯機から嫌な臭いがする原因をその種類ごとにご説明します。
また、臭いを予防する方法もご紹介していきます。

カビ臭い場合

基本的に目には見えませんが空気中にはカビの胞子が大量に存在しており、温度や湿度、汚れなどの条件が揃うと加速度的に増えていくので注意が必要です。
目に見えないので気づきづらいですが洗濯槽の裏というのは空気が通らないので、溶け切らなかった洗剤や洗濯物の汚れがカビの餌になってしまいます。洗い終わった洗濯物や洗濯槽に黒いカスが付いていたら黒カビが発生しているので、すぐに掃除をすることをオススメします。

洗剤臭い場合

洗剤や柔軟剤の香りではあるけれど、どこか不快な臭い。
こんな臭いがする場合の原因はすすぎで流しきれなかった洗剤や柔軟剤にあります。
本来であれば良い香りのはずの洗剤や柔軟剤、しかし前述のカビ臭い原因であるカビや雑菌の発する臭いと混ざることで不快な臭いになってしまいます。

下水臭い場合

洗濯機は洗濯の際に衣類に付いた細かいゴミや洗剤の残りカスなどを排出します。 これが原因で排水口の奥はゴミがヌルヌルの状態になっています。 洗濯の回数を重ねてゴミやヌルヌルが流れて固まってしまうと排水の流れを阻害して臭いの原因になってしまいます。

普段から注意すべきこと

ここでは日常的にできる臭い対策を箇条書きでご紹介します。毎日のようにする洗濯、故に日常的にできる対策も重要になります。
・洗濯機の蓋は開けっ放しにして洗濯槽を乾燥させる
・汚れた洗濯物を洗濯機内に放置しない
・可能な限りお風呂の残り湯は洗濯に使用しない
・規定量以上の洗剤、柔軟剤を入れない
・糸くずフィルターのゴミは洗濯のたびに捨てる
上記のことをするだけでも臭いの予防になるので是非やってみてください。

洗濯機の臭いとりにおすすめのアイテム

ここでは洗濯機の臭いとりや洗濯槽の掃除に役立つアイテムをご紹介いたします。
また、ご紹介したアイテムを使用する際は取扱説明書や注意事項をよくお読みのうえ、自己責任でのご使用をよろしくお願い致します。

こちらはアリエールの洗濯槽クリーナー。
塩素不使用の酸素系洗濯槽クリーナーですので臭いの原因である洗濯槽に付いた黒カビを落としてくれます。粉末タイプのうえ、つけおき不要なので他の洗濯槽クリーナーに比べ短時間で黒カビを除去することができますが、つけおきすることでより確実に黒カビを除去できます。また、amazonであれば3個パックでコスパも良いので酸素系洗濯槽クリーナーでお悩みの方にオススメです。

こちらはゴミとり用のネット。
酸素系の洗濯槽クリーナーを使用した場合、剝がれ落ちた黒カビが茶色や黒のワカメのようになって浮いてきます。それを掬い取るためにあると便利なネットです。久しぶりに洗濯槽の掃除をする場合は多少ショックを受けるほど洗濯槽から黒カビが浮いてくる可能性があるので洗濯槽クリーナーと一緒に用意しておいた方がいいかもしれません。

本当に洗濯機が臭いの元?

ここでは洗濯機を掃除したのに洗濯物が臭い場合の原因についてご紹介します。洗濯槽を綺麗にしても相変わらす臭う気がする時はご参考ください。

汚れた洗濯物を洗濯かごや洗濯機に入れたままにしている

仕事やスポーツをして汗をかいたり汚れたりした衣類は雑菌の格好の住処になっています。それを洗濯物を洗濯かごや洗濯機に入れたままにしていると他の衣類や洗濯機内にも雑菌が繫殖していってしまいます。基本的に汗や汚れが染みついた衣類はそのまま洗っても汗や皮脂の臭いが落ちづらいので結果的に臭いの原因となってしまいます。

まとめて洗濯をしている

洗濯物はためこまずにこまめに洗うのが良いですが、仕事などで時間がなく休日にまとめて洗濯する方も多いと思います。しかし、まとめて洗濯をしてしまうと結果的に洗濯物は臭くなりやすくなってしまいます。洗濯機内の洗濯物が多いと水流や洗剤が十分に行き渡らない可能性が高く、そうなると当然汚れは落ちにくくなり洗い残しのある衣類から臭いが発生することになります。

洗濯が終わった衣類をそのまま洗濯機に入れている

洗濯をしている間に別の用事を済ませようと思ったら、そのまま洗濯していたことを忘れてしまって洗濯終了後もしばらく放置してしまったことがある方も多いのではないでしょうか。洗濯終了後の洗濯物は洗濯機内に密閉されているのも相まって温度、湿度ともに臭いの原因である雑菌が繁殖するのに最適です。

干した洗濯物同士が密着している

洗濯物を干すスペースが狭い場合や洗濯物が多い場合、洗濯物1つに取れるスペースは狭くなってしまいますよね。しかし洗濯物同士が密着していると陽の光や風も当たりにくくなり乾くまでに時間がかかってしまいます。生乾きなうえに湿気が残っていると雑菌が繁殖 しやすくなり臭いが発生することになってしまいます。

部屋干ししている

部屋干しの場合、基本的に前述の密着して洗濯物を干すのと一緒になりますが空気の循環が少ない室内で狭いスペースに干すことになるので濡れている時間が長いほど雑菌もどんどん繫殖していき、臭いも付きやすくなってしまいます。

臭いがきになる方におすすめの洗剤、柔軟剤5選

ここでは消臭、除菌効果のある洗剤や柔軟剤をご紹介させていただきます。

洗剤編


酵素が含まれているので、洗濯物についている皮脂やタンパク汚れをしっかり落としてくれます。さらに抗菌成分が菌の繁殖を抑えるてくれるので部屋干ししても生乾きのニオイを抑えてくれます。


食べ物のシミ、泥、皮脂汚れといった100種類以上の頑固な汚れを落とし、抗菌成分で強力に消臭してくれます。蛍光剤入りなので使用シーンは限られてしまいますが、白を基調とした服やタオルには最適です。


抗菌バリアで洗うほど衣類が菌に強くなるというキャッチフレーズでお馴染みのハイジア。皮脂、タンパク汚れなど、ニオイ菌のエサまで除去大事な衣類を守りながら防臭します。


センイにしみつこうとする皮脂汚れなど、黄ばみ、黒ずみの原因となる汚れを浮かせて落とします。体臭に注目したナノックスは全ての世代のニオイをしっかりと消臭してくれるのが魅力です。


皮脂、角質など菌の繁殖原因となる細かな汚れまでしっかり洗浄してくれます。洗濯物を干す際に幅が狭くても臭いを抑えてくれます。

柔軟剤編


静電気防止、抗菌効果があり花粉の吸着も抑えます。肌触りがよく、なめらかさを追求した柔軟剤であり、赤ちゃん用衣類にも使用できます。


中身の液体がパッケージと同じライトピンクなのが特徴で抗菌、防臭効果も高く、着ている間の汗やタバコの臭いなども防いでくれます。


臭い移りを防止し、衣類に染み付いた臭いも消臭してくれます。生乾きの臭いにも効果があるので部屋干しされることが多い方にオススメです。


汗をかいた衣服の臭いやべたつきが気になりにくいのが特徴です。デオドラント成分が汗の臭いを抑え、汗を吸い取るのでサラっとした着心地をキープしてくれます。


防臭、抗菌効果があり、静電気を軽減してホコリや花粉の吸着を抑えることができます。洗濯シワを抑える効果もあります。

それでも洗濯機の臭いが取れないなら、、、業者に頼むのはあり?

洗濯槽の汚れというのは、子どものアトピーや喘息の原因にもなり得ます。
洗濯機は仕組みが複雑なため、前述で紹介した洗濯槽クリーナーなどを使っても自分で掃除できる範囲には限りがあります。今まで一度も掃除したことがなかったり、自分で掃除してみたけれどあまり効果を得られなかった。そんな方はプロのクリーニング業者に依頼するのが確実です。洗濯機の分解は専門知識を持った技術者以外には禁じられているうえ、失敗した時のリスクも大きいので、無理に分解して掃除をするのはオススメしません。業者に依頼するメリットとしては洗濯機を分解清掃するので洗濯槽クリーナーなどでは掃除できない部分や落としきれない汚れまで綺麗にできることでしょう。
デメリットの可能性があるとすれば料金面やサービス面でしょう。業者によって料金も違えば接客態度やサービス内容も変わってくるはずなので口コミサイトなどを参考にしつつ依頼する業者は慎重に選んだ方がいいでしょう。

まとめ

洗濯機や洗濯物の臭いの原因や対策についてご紹介してきましたが如何でしたか。
生活するうえで切っても切り離せない洗濯、せっかく洗った服が臭いままでは困ってしまいますよね。嫌な臭いをさせないためにも、この記事を参考に洗濯機を綺麗に保つようにしてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 3345645e 09de 40c1 8cd2 20655d389f08
Written By
中村 将人
読んで得したと思ってもらえるような記事を書きたいと思っています。
2018年6月に記事の執筆を始めました。 まだまだ経験不足な面が多々ありますがよろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧