デスクトップパソコンの置き場所は?おすすめの場所や避けた方が良い場所を解説

目次

デスクトップパソコンの置き場所について

デスクトップパソコンを購入するにあたって、まず最初に考える事が置き場所です。
室内のインテリア等を考え、使いやすい場所に設置すると思います。ノートパソコンやタブレット・省エネパソコンと置き場所を余り気にしなくても大丈夫ですが、デスクトップパソコンは重量もあり本体・モニター・周辺機器があり簡単に移動ができないと思います。デスクトップパソコンを快適に使えるよう十分なスペースを作り失敗しない置き場所を確保しましょう。

パソコン全てに言える事ですが、起動してる間は熱を放出します。熱が上手く放出出来る場所と安定して置ける場所など色々考えていきましょう。基本的な置き場所は机の上・机の下・パソコンデスクを購入し設置するの3点が多いと思います。
机の上に設置する場合埃が溜まりにくいですが机を圧迫します。また机の下だと机の上のスペースが取れ快適に使えると思いますが、埃などを通気口から入ってしまい小まめな掃除が必要です。
まずは部屋の広さを考慮し設置場所のスペースがどの程度あるか調べ、デスクトップパソコンのサイズを決めましょう。逆にサイズが判っている場合は設置する場所が適しているかどうか確認をし十分なスペースを用意してください。この記事ではデスクトップパソコンの置き場所を選ぶ際に注意してもらいたい点を紹介します。

デスクトップパソコンの置き場所でおすすめの良い場所の特徴と例

デスクトップ 置き場所

デスクトップパソコンの置き場所おすすめの場所ですが、デスクトップパソコンは電源を入れると熱が発生し、デスクトップパソコン本体(外装部分のケース)内に熱が充満し温度が上昇してきます。
外装内部に設置されているファン(換気扇の小さいサイズの物)が回転しデスクトップパソコンの外装から熱を外に排出しますので、通風口の妨げにならない場所が重要になってきます。
もし外装内部の温度が上昇し熱が排出されないと機器の故障や誤作動を起こす危険性が上がってしまいます。夏場は室温も高く風の通りがない場所ではさらに危険性が上がってしまい故障の原因となります。

机やパソコンデスクの上などは空気の流れが比較的良い場所です。デスクトップパソコンから異音の確認やメンテナンス作業がしやすい場所でもあり足元の空間があるので動きやすいです。
ただし配線ケーブルなどが目につきやすくなり、デスクトップパソコンはキーボードやマウスなども設置しある程度スペースがないと作業しにくくなりましプリンターも設置するとなるとスペースはカツカツになると思います。
床置きにする場合は机等の上と比べると埃を吸い取りやすくなり掃除の頻度が多くなりますが床置きを前提としたデスクパソコンも多く販売されており、スイッチ関係や端子などが外装上部に設置されているものや埃が内部に入らないように着脱式フィルターが取り付けられているものもあります。メタルラックの上にデスクトップ本体とプリンターなどの周辺機器を設置するのもよいと思います。車輪がついていればメンテナンスも簡単ですし、移動も苦にならないです。

デスクトップパソコンの置き場所で避けた方がよい場所の特徴と例

デスクトップパソコンの置き場所で避けるべき場所は、窓や引戸、部屋の角とキッチンです。
窓や引戸は直射日光が当たるのもありますが、結露し水分がデスクトップパソコンに入ってしまい機器に付着してショートすれば買い替えなど痛い出費が出てしまいます。
部屋の角は換気する際埃がたまりやすい場所ですので通気口から外装内部に入り排熱効果が低下し機器がショートする可能性もあります。キッチンは料理などすると蒸気がでますし油など精密機器にあまりよくない場所です。

置く場所がなく床に置く場合は絨毯の場合埃を絨毯がキャッチしてその埃を通気口から内部に取り込んでしまう恐れがあります。畳の直接置くと畳の性質上イグサが湿気を吸収し、排出する特性がありカビやダニの繁殖しそれらを吸気口から入ってしまうと故障の原因などになります。
机の下に設置すると足元のスペースが狭くなり足をぶつけやすくなります。

どうしてもスペースがなく置きたい場合は除湿シートを敷きマットを置いて設置すると良いです。私自身床置きにしているのですが台座をゴム板などで少し上げ小まめにデスクトップパソコン内部の埃を掃除し、ファンに付着している埃やごみを取り除くと排熱効果が少し上がりましたので試してみてください。
現在はインターネットショップで販売していた車輪付き台座を使用しており掃除やメンテナンス作業が楽になりました。
座っていても移動させることが出来ますし、埃対策にもなりますので大変便利です。

デスクトップパソコンは横置き?縦置き?

デスクトップ 置き場所

デスクトップパソコンの横置きについて

横置きにした場合のメリットは高さを余り気にせず設置できメンテナンスも楽に出来る点です。
デスクトップパソコン内部は精密機器が入っていますので接続ケーブルやハードディスクなど重さで外れたりするする可能性があります。
縦置きと違い風の流れが変化しますので温度が上がりエラーや機器へのダメージがありますが通気口を塞がず排熱が出来ていれば余り気にしなくても大丈夫です。
風通りがある場所に設置し外装の下四つ角にゴム板を敷くなどして排熱や振動対策をしましょう。
横置きにするとCDやDVDの挿入や取り出し時にメディアが外れやすくなる場合もあるので注意が必要です。ただし、メーカーの取扱説明書に横置き禁止と書かれたデスクトップパソコンは横置きは出来ませんので購入前であればお店の方に聞いて確認しましょう。購入後の場合は取扱説明書を確認してみてください。

デスクトップパソコンの縦置きについて

縦置きにした場合のメリットですが横幅を気にせず設置ができ最初から考えられている排熱に適した風の流れが利用できます。デメリットですがある程度の高さがないと設置が出来ない事でしょうか。自分が初めて縦置きにした時に感じたデメリットは上にモニターが置けない事でしたが、現在モニターを上に設置する事を考えたパソコンケースは自分のわかる範囲では数少ないと思います。

まとめ

デスクトップパソコン 置き場所

デスクトップパソコンを置き場所について書いてきましたが重要な点は2つほどになります。風通りの良い場所に置き排熱がきちんと出来ていること。ほこり・湿気が集まる場所にはデスクトップパソコンを置かない。この二点になります。排熱が悪いと、CPUなどは冷却をしても50℃以上あり一定温度になると強制終了したりハードディスクの寿命が短くなったりします。デスクトップパソコンの設置場所は左右と上に約10cm程の空間を作り風の循環を良くし排熱がうまく行えます。ほこりや湿気はショートなどの物理的破損を引き起こしかねない物ですのでそれらを対策をし故障をしにくい場所へ設置しましょう。横置き・縦置きは自分のインテリアに合わせてメリットデメリットを考えて設置しましょう。
パソコンの使用用途によっては高温になりますので、特に暑い夏場などはエアコンや扇風機などを使用しデスクトップパソコン内部が高温にならないよう注意しましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事