一人暮らしにおすすめの一人用コーヒーメーカー8選!選び方から必要性やまで解説

目次

一人暮らしとコーヒーメーカーについて

1日の始まりや仕事の合間にコーヒーを飲んでリフレッシュ!

筆者はコーヒーが好きで、毎日欠かさずコーヒーを飲んでいます。

コーヒー専門店に行かなくても、今ではおいしいコーヒーが気軽に楽しめようになったので、コーヒーが身近な存在になっている人も多いのではないでしょうか。

一人暮らしでも自宅でコーヒーを楽しみたいといったニーズの高まりに応えようと、各メーカーから、一人暮らしをしている人向けに「一人用コーヒーメーカー」が販売されています。

今回の記事では、一人暮らしの人向けの一人用コーヒーメーカーについて、その必要性や特徴などを分かりやすく解説したいと思います。

また、一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカーについて詳しくご紹介します。

一人暮らしの人向けのコーヒーメーカーの特徴

コーヒーメーカー

一人用コーヒーメーカー

一般的なコーヒーメーカーとは、数人用のコーヒーを均一の味わいで抽出することができる器具です。

一人用のコーヒーメーカーとは、一人用で一杯分を抽出するのが最大の特徴です。

手軽においしいコーヒーを一杯だけ楽しみたいという時に手軽で便利なコーヒーメーカーです。

一人暮らしの人向けコーヒーメーカーの金額相場

一人用コーヒーメーカーの金額相場について、Amazonで「コーヒーメーカー 一人暮らし」、「コーヒーメーカー 一人分」といったキーワードでリサーチしてみました。

どこまでの機能を求めるかによって金額の相場は変わってきますが、ごくシンプルなドリップ式のコーヒーメーカーであれば、安いもので1,700円程度から、エスプレッス専用などハイスペックな高いもので11,500円前後となっています。
(2018年6月21日現在の価格)

参考元:Amazon

コンパクト

一人暮らしの部屋は広さに限りがあります。特に、ミニキッチンなどはコーヒーメーカーの置く場所が狭かったりしませんか?

一人暮らし用のコーヒーメーカーは、通常のコーヒーメーカーよりもコンパクトなサイズの製品が販売されています。

また、お部屋のインテリアに合わせやすいデザインも人気となっています。

手軽に抽出

コーヒーを一杯分だけハンドドリップで淹れようとすると、手間がかかって面倒に思うことも。

また、お湯の注ぎ方やスピードによってコーヒーの濃さも味わいも変わってきてしまいます。

一人用コーヒーメーカーを使用することで、水とコーヒーの粉またはコーヒーカプセルをセットしてスイッチを押すだけで、いつでも同じおいしさのコーヒーが抽出できます。

また、コーヒー抽出後の後始末や掃除が簡単で、お手入れしやすいコーヒーメーカーが人気となっています。

一人暮らしの方は家事に仕事に何かと忙しくなりがちなので手軽に抽出できると嬉しいですね。

一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカー8選

Kalita コーヒーメーカー 1カップ用 TS-101N #41121

コーヒーメーカー、カリタ(Kalita)製のコーヒーメーカーで、ペーパーフィルターを使用するタイプです。

こだわりのポイントは、三つの穴から均一にドリップされる「カリタ式三つ穴ドリッパー」を採用しているところ。

ほどよく蒸らし、コーヒーの旨味をしっかり抽出したうえで、備え付けの専用カップにそのままドリップさせる仕組みのため、空気に触れず、コーヒーの香りと旨味を逃さないのが特徴です。

サイズは、幅15.5×奥行15.5×高さ23.0cmとコンパクトで一人暮らしにぴったり。オートシャットオフ機能付きなので、消し忘れがなくて安心です。

また、専用カップ以外にも高さ12.5cm以内なら別のカップも使えるため、サーモスなどの保温式マグカップに直接注いで使用するのもおすすめですよ。

Melitta(メリタ) コーヒーメーカー アロマボーイ 1杯用 MKM-251/C

コーヒーメーカー、メリタ(Melitta)製のコーヒーメーカーで、ペーパーフィルターを使用するタイプです。

メリタ式一つ穴フィルター」の特徴とは、フィルター内側に刻まれたミゾと一つ穴の抽出口が抽出時間をコントロールし、コーヒーの風味とアロマを逃さずに抽出する点です。

フタの開口が大きいので、注水が簡単です。

この製品は、1979年に発売されたコーヒーメーカー「アロマボーイ」の復刻版につき、アンティークなデザインと色合いがインテリアにマッチするとあって人気。

サイズは、高さ20×幅11.7×奥行12.9cmと、一人用コーヒーメーカーの中でも非常にコンパクトなのが魅力です。

タイガー コーヒー メーカー 1杯用 2WAY ドリップポッド レギュラードリップ ホワイト ACV-A100-W Tiger

ドリップ式とUCCのドリップポットで抽出する2通りの淹れ方が楽しめるコーヒーメーカーです。

レギュラードリップ式は、付属のメッシュフィルターで抽出するため、ペーパーフィルターが不要で経済的。また、スチーム蒸らし機能で、コーヒーの旨味をしっかりと抽出します。

もう一つの方法、UCCのドリップポット(別売り)を購入し、コーヒーメーカーにセットするだけの簡単さも人気です。

ドリップポットは様々なコーヒー豆の味を取り揃えています。コーヒー豆を挽く手間が省けて、いつでも新鮮な風味が楽しめます。

コーヒーメーカーのサイズは幅19.9×奥行26.4×高さ24.9cmでA4サイズに収まるコンパクトさ。

本体内部の洗浄ができるクリーニング機能がついているので、時間がない一人暮らしの方にもお掃除も簡単なのでおすすめです。

コレス 1カップコーヒーメーカー WX0127

サイズは、幅19.5×奥行15.5×高さ21cmとコンパクトなので、一人暮らしのミニキッチンの上や、オフィスのデスクに置いても場所をとらないので便利です。

繰り返し使える「パーマメントフィルター」なので、ペーパーフィルターが不要で経済的なのも魅力。

付属の陶器のマグカップですが、Amazonのレビューに「径82mm、高さ85mm以内であればお好みのカップも使える」とコメントがありましたので、サイズ内のお気に入りのカップで楽しむのもよいでしょう。

また、抽出が終わると自動で電源が切れるオートオフ機能を搭載しているので、電源を切り忘れても火災の心配がなく、一人暮らしでも安心です。

Nespresso U(ユー) クリーム C50CW

コーヒーの中でも濃いエスプレッソが好きな人にぴったりの、一人用コーヒーメーカーです。

ネスプレッソコーヒーカプセル(別売り)をカセットにセットしてボタンを押すだけの簡単さ。

高圧力(最大19気圧)の抽出システムにより、コーヒーのアロマがしっかりと抽出され、深い味わいが楽しめます。

コーヒーカプセルは抽出後、カプセルコンテナに自動排出されるため、後片付けの心配がありません。また、カプセルコンテナ(収納ボックス)は簡単にはずせて洗えるので便利です。

リストレットカップ(約25ml)、エスプレッソカップ(約40ml)と、ルンゴカップ(約110ml)の3種類の設定が可能です。

コーヒーの抽出後、約9分後に電源が自動で待機状態になる省エネモードを搭載。サイズは、高さ25.1×幅11.5×奥行36.9cm。

ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア ルビーレッド C40RE

コーヒーの中でも濃いエスプレッソが好きで、メインに楽しみたい人におすすめの、一杯ずつ抽出する、一人用エスプレッソ専用コーヒーメーカーです。

ネスプレッソコーヒーカプセル(別売り)をカセットにセットしてボタンを押すだけの簡単さ。

コーヒーカプセルは、1杯ずつ使い切りなので、いつでも新鮮なコーヒーを楽しめるのが特徴です。

コーヒーの抽出後、約9分後に電源が自動で待機状態になる省エネモードを搭載。

エスプレッソカップ(約40ml)とロングカップ(約110ml)の設定が可能なので、背の高いマグカップにドリップすることもできて便利です。

エスプレッソマシンとしては2.4kgと軽量で、サイズは高さ23×幅12×奥行32.1cmとコンパクト。ポップで高いデザイン性も人気です。

【Amazon.co.jp限定】ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア エアロチーノセット ブラック D40BK-A3B

エスプレッソが好きで、アレンジコーヒーも楽しみたい人にぴったりの、一杯ずつ抽出する、一人用エスプレッソ専用コーヒーメーカーです。

ネスプレッソ コーヒーメーカー「イニッシア」に、ミルクの泡立てが簡単にできる「エアロチーノ」をセットしたアマゾン限定品。

コーヒーカプセル(別売り)は、1杯ずつ使い切りなので、いつでも新鮮なコーヒーを楽しめるのが特徴です。

最大の魅力は、ボタンひとつで、冷たいミルクからクリーミーなミルクの泡が約60秒で完成し、自動でストップするところ。ミルクで作るコーヒーのバリエーションが広がります。

エスプレッソカップ(約40ml)とロングカップ(約110ml)の設定が可能なので、背の高いマグカップにドリップすることもできて便利です。サイズも高さ23×幅12×奥行32.1cmとコンパクト。

レコルト コーヒーメーカー グランカフェデュオ ブラウン GKD-1BR

一人暮らしのお部屋に来客があった時にぴったりのコーヒーメーカーです。一人分から二人分までを抽出でき、付属のマグカップが二個セットになっています。

サイズは、幅15×奥行20×高さ21cmとコンパクトながら、二杯分をマグカップにそのまま抽出できるのが特徴。

普段は一人用として、コーヒーメーカーの中央にマグカップをおけば一杯分だけ抽出できます。

ステンレス製の「ゴールドフィルター」を搭載しているので、ペーパーフィルターが不要で経済的です。

使い終わった後は、本体以外は水洗いできるのでお手入れも簡単です。また、丸みを帯びたデザインとカラフルな色も人気です。

一人暮らしにコーヒーメーカーは必要?

コーヒーメーカー

コンビニでは、レギュラーサイズの本格的なコーヒーが100円程度の低価格で購入できる時代に。

コンビニなどのコーヒーで十分と思われる人にとって、コーヒーメーカーの購入は金銭的にデメリットになるかもしれません。

ですが、一人用コーヒーメーカーに保温式のマグカップをセットして抽出すれば、淹れたてのコーヒーが冷めずに楽しめます。

すぐに冷めてしまうコンビニのコーヒーを購入するよりも、長時間、温かいコーヒーが楽しめるといったメリットがあります。

また、抽出するカップの仕様によっては、自宅で淹れたコーヒーを、オフィスに持ち運びできたりするので、コンビニに立ち寄る時間と手間が省けるので便利です。

コンパクトな一人用コーヒーメーカーがあれば、自宅にいながら好きな時に、気軽においしいコーヒーが淹れられます。

まとめ

今回の記事では、一人用コーヒーメーカーには様々なタイプがあることがわかりました。

ペーパーフィルター式は、コーヒー豆と水の量を加減することで、お好みの濃さに調整できます。

コーヒーカプセル式は、一杯ずつの使い切りなので、いつでも新鮮なコーヒーの味わいが楽しめます。

一人用コーヒーメーカーの金額相場も、1,700円程度からといった手頃な価格の製品がありますので、一度試してみるのもよいかと思います。

一人暮らしをしている人にとって、自宅にいながら一人分でも簡単に、淹れたてのコーヒーが楽しめるというのが、一人用コーヒーメーカーの最大の魅力ではないでしょうか。

ご自身の生活スタイルや好みに合ったコーヒーメーカーを選ばれるとよいでしょう。

一人用コーヒーメーカーについて知りたい人にとって、この記事が参考になればと思います。

関連リンク

またこちらの記事では一人暮らしに関係なくおすすめのコーヒーメーカーを紹介しています。
きになる方はこちらの記事も読んでみてください

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7284f282 5557 453e be91 d08202c80236
Written By
dosukoi s
モータースポーツと海外旅行が好き。
家電製品の魅力はもちろん、読者の皆様が疑問に感じることをわかりやすくお伝えできるような記事執筆を心がけて参ります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧