マッサージチェアに本当に効果はある?マッサージチェアの効果を徹底解説

この記事を執筆するにあたって

マッサージチェアはほんとうに気持ちいいですね。家電量販店では、いろいろなマッサージチェアの使い心地を試せますので、ぜひ!

Written By あべ こうじ

目次

マッサージチェアは本当に効果はある? 間違った使い方は?

マッサージチェアは気持ちいいですよね。マッサージをされている時間は至福のひとときです。できれば一家に一台は欲しいところですね。しかしながら、比較的高額な商品であり、そもそも、ほんとうに効果があるのだろうか?との疑問から、購入しようか悩んでいる方も多いかと思います。
また、使い方を間違えますと、かえって体調を崩しかねない事態に陥ることもあります。
そこで、マッサージチェアの効果は本当のところどうなの? 効果が見込めない使い方をしてはいないだろうか?といった疑問について、徹底的に解説をします。また、マッサージチェアの効果がより望める、おすすめのマッサージチェアもご紹介します。

マッサージチェアの効果とは?本当に効果はあるの?

マッサージチェアの効果① 疲労回復

マッサージチェアに座ってマッサージをすると気持ちいいですね。この気持ち良さが、全身の疲れやだるさをとり、脳と身体をリラックスさせます。リラックスすることにより、疲労が回復されたような効果を感じることができるのですね。

マッサージチェアの効果② 血行促進

マッサージチェアは、じっくりと適度な圧力をかけ、全身を揉むように動きます。これにより、血行促進の効果が期待できます。
また、血流の循環がよくなりますので、血圧が下がる効果も期待できます。

マッサージチェアの効果③ 筋肉の疲れをとる

マッサージチェアは、筋肉をほぐし、伸ばしてくれます。また、マッサージチェアを使うことにより、おしりや腰、背中など、人間の手ではほぐすのが難しい箇所もよくほぐれます。このようにマッサージチェアは、運動後や仕事終わりの疲れをとる効果があるのですね。

マッサージチェアの効果④ 筋肉のコリをほぐす

背中の筋肉が張っていて、コリをほぐしたい、という方も多いです。
マッサージチェアは、ほぐしにくい背中などをマッサージをするのにとても効果的です。多くのマッサージチェアは、多彩な揉み方、コースを選択することができ、人間の手によっては揉みにくい、ほぐしにくい箇所をマッサージし、筋肉のコリをほぐす効果があります。

マッサージチェアの効果⑤ 神経痛・筋肉痛をやわらげる

マッサージチェアで適度にマッサージをしますと、神経痛や筋肉痛をやわらげる効果があります。ただ、マッサージチェアは、医療器具ではありません。重度の神経痛などを患っている場合は、医療機関を受信しましょう。

マッサージチェアの効果をなくす使い方や効果が見込めないもの

①長時間マッサージを続ける

マッサージチェアを長時間使用することはオススメできません。
長時間とはどのくらいからなのでしょうか?至福の気持ち良さを感じる時間は人それぞれとは思いますが、1時間を超えるのは、すでに長すぎます。
実際、各メーカーのマッサージチェアは、15分程度が1コースとなっておりまして、長くても30分くらいです。
あまりに長時間マッサージをしますと、体が次第に痛くなってきます。そうしますと、筋肉は自然と固くなってきてしまい、マッサージの効果は全く期待できなくなってしまいます。また、マッサージチェアにあまり長い間座っていますと、血行も悪くなり、血圧が上昇したり、気分が悪くなってしまうこともあります。
「もう少し座っていたいな」、と思うくらいが丁度いいのかもしれません。

②マッサージの強度を強くして使い続ける

マッサージチェアは、適度に気持ちよい強度で使用した方がよろしいです。強めにガンガン揉まれ叩かれた方が効くのではないか、と勘違いをしている方も多くいらっしゃるようです。
マッサージの効果は、適度な心地よさが、副交感神経を刺激し、リラックスできるものなので、あまり強い強度でマッサージを行うことはおすすめできません。
また、強い刺激に慣れてしまい、そのまま強い強度でマッサージチェアを使い続けますと、血圧が上昇し、「高血圧症」という病気にかかってしまうかもしれませんので、気をつけてください。

③骨粗鬆症の方は使用を控える

ご老人や、骨粗鬆症の方は、マッサージチェアの使用を控えた方がいいです。骨が弱くなってしまう、「骨粗鬆症」。あまり無理をしますと、骨に負担がかかり、最悪の場合折れる可能性があります。お気をつけください。

④脱臼しやすい方も使用を控える

特に肩が脱臼しやすい方は、マッサージチェアの使用を控えた方がいいです。
マッサージチェアに座った状態で、肩を後ろからマッサージしますと、肩を脱臼する可能性があります。
肩が脱臼しやすい方が、マッサージチェアを使用しますと、その心地良さからリラックスすることで、肩の筋肉が緩み、最悪の場合、脱臼してしまうことがあるからです。

⑤激しい運動後は使用しないほうがいい

激しい運動をした直後などにマッサージチェアを使用しますと、血圧が急上昇する可能性があります。気をつけましょう。

効果が見込めるマッサージチェア


コンパクトでスタイリッシュな印象のパナソニックのマッサージチェアです。
上半身と足裏を温めながらほぐす「ダブル温感マッサージ」で、コリ部分に心地よい暖かさがじんわりと伝わります。こだわりのマッサージ機能で疲れをとり、血行促進の効果が期待できますよ。

引用:Panasonic公式サイト

創業1954年の老舗にして、マッサージチェアのトップメーカーであるフジ医療器さんのマッサージチェアです。 
独自機能の「12種類の部位集中技」は、6種類の部位集中マッサージと3種類の部位集中ストレッチ、3種類の体幹ほぐし技からなります。
運動不足な現代人のコリや疲れを集中的にほぐしてくれます。
また、21種類もの自動コースや、しなやかな手もみのようなもみ心地の「手もみモード」、慢性的なコリにお悩みの方に深層筋に作用する「深層アプローチ技」など、こんなマッサージをして欲しい、という様々なご要望に応えてくれます。

引用:フジ医療器公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか。
マッサージチェアを使っている方、これから購入しようと検討している方、それぞれ目的は様々だと思います。
日頃の疲れを癒してリラックスするため、激しい運動の筋肉の疲労をとるため、または、神経痛などで悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。
マッサージチェアは、適切な使い方をすれば、一定のリラックス効果やコリをほぐす効果はあります。
しかし、医療器具とは違いますので、過度の期待をしてもいけないと思います。
この記事で解説をしました、効果や効果が見込めない使い方をぜひ参考にしていただき、正しくマッサージチェアを使ってもらえれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small aaf10c11 634b 4f66 aee5 084e9a5ab528
Written By
あべ こうじ
元家電量販店の店員です。家電について解説します。
某家電量販店で働いておりました。店頭での接客だけではなく、配達、取り付けなどもしていましたので、その経験を生かして執筆します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧