サーキュレーターの効果とは?サーキュレーターの効果的な使い方も解説

この記事を執筆するにあたって

自宅では、2台のサーキュレーターが年間を通して稼働しています。

Written By キイ @

目次

サーキュレーターの効果について解説します

さること数年前、冷暖房費用の節約のために、「サーキュレーター」と呼ばれる床に据え置きタイプの扇風機のような器具が話題になりました。風を発生させるという点では、どのご家庭にもある扇風機と同じものだと思う方も多いことと思います。では、なぜ「床置き扇風機」と呼ばないのか、また扇風機とは何が違うのか、そんな疑問にお答えできればと思います。

サーキュレーターの効果とは?

一見、「床置き扇風機」に見えるサーキュレーター。では扇風機とは何が異なっていて、どのような効果があるのでしょうか?そのあたりを見てみましょう。

サーキュレーターの効果 ① 効率的な冷暖房

少し大きな部屋を利用されていると、エアコンや暖房器具の近くと遠くで温度差が出来ることをご存知でしょうか?
冷暖房器具から離れれば離れるほど効果を実感しにくく、ついつい温度を上げたり下げたりします。
しかし、これは冷暖房器具の効果が薄いのではなく、部屋の中の温度差に起因するのもが少なくありません。
部屋の中で偏った、温度差のある空気を大きく循環させることで、冷暖房器具の設定を変えずにその効果を発揮させ、また実際に実感することが可能になる場合があります。

サーキュレーターの効果 ② 換気

サーキュレーターは空気を大きく動かすことができるので、部屋の換気を短時間で行うことが可能です。
ちょうど梅雨末期なこの季節は、湿気が室内にこもりがちですが、サーキュレーターならジメジメした部屋の空気を一気に排気したり、浴室乾燥などにも使用することができます。また、室内干しをしている洗濯ものの乾燥にも一役買ってくれることと思います。

サーキュレーターの効果 ③ 風量

サーキュレーターは直線的な風を発生させることができ、風の広がりが少ないのが特徴です。これは圧倒的な風量が欲しいときには、一般の扇風機よりも多くの風量を得ることができます。意外にも、風呂上がりに髪を乾かしたりするときに、ドライヤーのような風量を得ることもできます。

サーキュレーターと扇風機の効果の違いとは?

では、みなさんは、サーキュレーターと扇風機の違いをちゃんとご存知でしょうか?
まだまだ、「サーキュレーターって床置き型の扇風機でしょ?」という方もいらっしゃるかもしれません。
ここでは、サーキュレーターの効果について、サーキュレーターと扇風機の動作の違いを理解していただき、それぞれに適した目的と使い方をマスターしましょう。
どちらもうまく使うことで、夏のエアコンの電気代節約にもつながります。

サーキュレーター

Circulation(サーキュレーション):循環、から派生した単語で、本来は部屋の空気を循環させる装置、送風機と言えばイメージできるでしょうか。サーキュレーターは、直線的でより遠くまで届くような風を発生させます。一般的には「スパイラル気流」とよばれ、気流が渦を巻きながら直進する風です。一般の扇風機では風が拡散され(風を扇ぐ)、遠方には届きにくい風になります。サーキュレーターが発生させた風の到達距離は10メートルを超えるものもあり、部屋の端から端まで、空気を循環させることができます。

扇風機

既にみなさんがご存知のように、人が直接的に涼をとれるように、広範囲に届く風を起こします(風を扇ぐ、扇風機です)。風が届く範囲は数メートル、暑いときに直接体に風を当てて涼をとります。扇風機の効果や動作は、みなさんもイメージが理解できると思います。

サーキュレーターの風は、とても風量がありますので涼をとるには適しているように思いますが、直線的な風が継続的に体に当たりますので、冷やしすぎることもあります。ご利用は計画的にかつ、慎重に使ってください。

実はサーキュレーターとは正反対の性格をもつ装置なのです。

効果的なサーキュレーターの使い方

直線的で遠くまで到達する風邪を発生させることができるサーキュレーター。扇風機よりもなんとなく凄い装置だという気もしますが、では不向きな使い方などは無いのでしょうか?
ここでは効果的なサーキュレーターの使い方や、逆に効果がなくなるサーキュレーターの使い方について解説します。

効果的な使い方

【エアコンなどの冷暖房器具と併用する】

暑い夏場には、サーキュレーターから出る強風は涼をとるのにとてもいいです。しかし、サーキュレーターが本領を発揮するのは冷暖房器具との併用です。本来、直接涼をとる機械ではありません。

【風向きは、真上がおすすめ】
暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まります。そのため、サーキュレーターを使って、床付近に溜まった冷たい空気を天井付近に溜まっている暖かい空気と攪拌することで、部屋全体の温度差を均一にし、冷暖房器具の過剰な動作を抑制します。光熱費が抑えられるのはそのためです。そのため、一般的なサーキュレーターには首振り機能を搭載していないものが多数あります。首振り機能は、サーキュレーターではなく扇風機の代用をするときに役立つ機能です。

効果が減る使い方

【狭い部屋】

狭い部屋ではサーキュレーターだけでなく、扇風機であっても空気の循環をすることが可能です。場合によっては自然循環でも大丈夫な場合もあります。
また、部屋の大きさに依ってサーキュレーターの大きさも変えないと効果がでない場合があります。大口径(大型)のほうが風量が大きくなり、ゆっくり回して静音性も確保できます。一方で、小口径(小型)のサーキュレーターはある程度の回転数がないと風量を確保できませんので、動作音(風切り音)が大きくなりがちです。購入を考えている方は部屋の広さなどもしっかり確認してから購入することをおすすめします

しっかりと効果が見込めるサーキュレーターを紹介!

ここでは、空気の循環効果がしっかり見込めるようなサーキュレーターをご紹介します。

バルミューダ GreenFan Cirq

部屋の空気を循環させると、冷暖房効率を飛躍的にアップさせることができます。
暖房を付けていても、風がなければ冷たい空気は床に、そして、暖かい空気は天井へ溜まったままになってしまいます。
GreenFan Cirq(グリーンファン・サーキュ)は、最小のエネルギー、最小の騒音で力強い風を送り出す、まったく新しいサーキュレーターです。
独自の2重構造の羽根「グリーンファンテクノロジー」により、少ない回転数でパワフルな風量を実現しました。
実に15メートル先の空気まで動かす GreenFan Cirq なら、部屋の温度層を破壊し、室内上下の温度差を素早く解消、暖房を少し弱めても、今までより暖かく、快適に過ごすことができます。
扇風機を変えたグリーンファン・テクノロジーが、 今度はサーキュレーターを変えます。

GreenFan Cirqの使い道は、部屋の温度調整だけではありません。
たとえば、部屋干しの洗濯物の下から風を当てれば、衣類の乾きを早くし、においの発生を抑えることができ、 部屋干しの時間短縮、カビの予防にも 効果的です。
また、GreenFan Cirqには微風を送り出す "そよ風モード" も搭載していますので、扇風機の代わりにも使うことができます。

ユーイングUCF-DHR18L-R

コンパクトサイズなのに機能的、部屋干しに便利な「上下左右自動首振」を搭載し、左右首振り、上下首振り、上下・左右首振りができます。温度センサーが周囲温度の変化に応じて風量の強・弱コントロールや、離れた場所からリモコン操作で、入・切と風向き調節が可能。機能的には一般の扇風機と遜色はありません。

風向きが真上90度まで向けられるので、エアコンと併用で室内の温度ムラを抑え、年中快適に過ごすことができます。

デザイン性やカラーリングも個性的で、リビングから寝室まで、あらゆる部屋でかっこよく使うことができるでしょう。

まとめ

この記事は「サーキュレーターの効果を知りたい」という方に向けた解説を行いました。
最近では、冷暖房費用の節約のために、扇風機ではなくサーキュレーターを使用して、部屋の空気を大きく循環させる方法が有名になりました。風を発生させるという点では、どのご家庭にもある扇風機とサーキュレーターは同じものだと思う方も多いことと思います。サーキュレーターの発生させる風は、直線的で遠くまで到達しますので、部屋の隅々まで冷暖房機の効果を発揮させることができ、それは冷暖房だけでなく湿度のコントロールにも活用することができます。
梅雨の時期、夏の冷房、冬の暖房…、四季折々の日本では年中活躍させることができ、光熱費の節約だけでなく、室内の快適さにも効果があります。
一家に一台、サーキュレーターがあることで、今までとは違う空気の質感を味わうことができると思います。

関連記事

また他にも気になる家電の効果について解説している記事があるので気になる方はこちらも読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
キイ @
デジタルガジェットから家電製品まで、実際の使用者目線で解説します。
電子部品メーカーの現役エンジニア?です。新しい商品やサービスが大好きで、なんでも試してみたくなる性分です。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧