冷蔵庫の掃除方法を徹底解説!掃除手順から頻度、掃除の役立ちアイテムまで

目次

冷蔵庫の掃除を徹底解説

冷蔵庫

冷蔵庫は、毎日使用するものであり食品を保管しておく上でとても重要な役割を果たしてくれます。そんな、冷蔵庫ですが定期的にお掃除をされている方は少ないのではないでしょうか。冷蔵庫の中は清潔にしているつもりでも、以外と汚れが溜まりやすい場所です。今回は、冷蔵庫の掃除法をご紹介いたします。ぜひご参考にされてください。

冷蔵庫の掃除方法

冷蔵庫開ける

では、冷蔵庫の掃除法をご紹介します。今回は、重曹とクエン酸を使用しお掃除をしていきます。重曹やクエン酸は、100均などで安価に手に入り様々なお掃除にも役立つのでお一つ持っておくと便利です。

冷蔵庫の掃除方法① 重曹を使った掃除方法

まず、重曹には油汚れ特有のベタベタしたものにとても効果を発揮してくれます。冷蔵庫内は、油汚れもとても多いです。重曹を使用し油汚れを落としていきましょう。

重曹で冷蔵庫内を掃除していくには、まず重曹水を作る必要があります。重曹水の作り方は、「スプレーボトルに、水100mlに重曹を小さじ1杯入れよく混ぜる」と非常に簡単に作れます。また、より効果を出したい場合は「42度前後のお湯」で溶かしてください。また、重曹水は日持ちするものではありませんのでお掃除が終わったら捨てるようにしましょう。

参考URL:重曹掃除の基本と応用

冷蔵庫 掃除

画像撮影:松本茉緒

では、実際に冷蔵庫を重曹水で掃除していきましょう。まず、重曹水を冷蔵庫内部にスプレーしていきましょう。一気に全体にスプレーせず一部分ずつに吹き付けていきましょう。スプレーをふり、水で濡らした布でこするように拭いていきます。汚れが酷い場所は、スプレー→拭くを繰り返し落としていきましょう。

冷蔵庫全体の重曹水吹き上げが終わったら、新たな濡れ布巾で水拭きしていきましょう。重曹は、成分が白く残ってしまうので必ず拭きあげましょう。

冷蔵庫の掃除方法② クエン酸を使った掃除方法

では、次にクエン酸を使った掃除法を見ていきましょう。まず、クエン酸は食用と掃除用がありますので間違えずに掃除用を購入しましょう。

クエン酸の効果は、アルカリ性の汚れをよく落としてくれます。アルカリ性の汚れとは、蛇口のカルキ汚れなどです。重曹とクエン酸を使い分けると掃除の効率も上がり、重曹で落とせない汚れはクエン酸が落としてくれると考えて良いでしょう。

クエン酸も重曹同様にクエン酸水を作っていきます。作り方は、「スプレーボトルに、水100ml、クエン酸小さじ1/2を入れよく混ぜる」と重曹水とほぼ変わりません。また、効果をより上げたい場合は「42度前後のお湯」で溶かしましょう。重曹同様、日持ちはしませんのでお掃除が終わったら捨てましょう。

では、クエン酸水を使って掃除をしていきましょう。まず、冷蔵庫内の汚れ部分にクエン酸水を振りかけブラシまたは粗めの布、タオルなどでこすっていきます。汚れが酷く一度で落ちない場合は繰り返し行ってください。全体の清掃が終わったら、濡れ布巾で仕上げ拭きをしましょう。

このように、重曹とクエン酸水を使い分けながら冷蔵庫を掃除していくととても効率よく掃除ができるでしょう。

参考:URL:クエン酸掃除の基本と応用

冷蔵庫の掃除手順

効率よく冷蔵庫の掃除をしていくには、掃除手順がとても大事になってきます。では、冷蔵庫の掃除手順を見ていきましょう。

冷蔵庫の掃除手順① 冷蔵庫の中身を取り出す

まずは、冷蔵庫内の食品を取り出しながら食品を整理していきましょう。賞味期限の切れた食品を冷蔵庫に入れっぱなしにするのは、汚れやカビの原因となります。あまり、使用しない調味料や賞味期限切れや間近のものは思い切って捨ててしまいましょう。冷蔵庫に賞味期限切れの食材やカビの生えた食材をそのまま放置してしまうと、新鮮な食材に匂い移りしたり、食中毒の原因となってしまいます。
また、冷蔵庫の中が常にパンパンの状態であると冷蔵庫がうまく冷えず、もっと冷やそうと常にフル稼働の状態が続いてしまい、電気代もかさんでしまいます。

取り出した、食品類は以下のようにクーラーボックスなどに保管しておきましょう。

冷蔵庫 中身

画像撮影:松本茉緒

冷蔵庫の掃除方法② トレイ類を洗う

トレイ、ケースなどを取り出し食器用洗剤で洗いましょう。最近の冷蔵庫は、卵ポケットも取り外しができます。卵ポケットは特に雑菌が溜まりやすいので忘れずに取り外しましょう。洗い終えたら、拭き上げて十分に乾燥させましょう。乾燥後、キッチン用アルコールなどをお持ちの方は吹き付ける事をおすすめします。

冷蔵庫の掃除方法③冷蔵庫の内部の掃除

冷蔵庫の内部を掃除していきましょう。先ほどご紹介した、重曹やクエン酸を使用して掃除していくと効率よく掃除ができるでしょう。重曹やクエン酸が無い場合は、水拭きでも大丈夫です。
冷蔵庫内部を水分を使用して掃除していく場合は必ず乾拭きで仕上げましょう。成分が白く残ってしまったり、水垢が残ってしまい逆に汚くみえてしまったりしますので注意しましょう。

冷蔵庫 汚れ
画像撮影:松本茉緒

冷蔵庫の掃除方法④製氷フィルタの掃除

今は、製氷フィルタ付きの冷蔵庫が多いです。製氷フィルタは、使用頻繁は高いですが定期的に掃除をしている方は少ないでしょう。製氷フィルタは水洗いで掃除していきます。底にぬめりがたまっている事が多いので隅々まで掃除をしていきます。また、フィルタの寿命は3〜4年ですので、氷から異臭がしたり、フィルタが黒ずんでいる場合はフィルタの交換時期です。
また、掃除をする際には冷凍庫内の氷は捨てるか、食材の保冷代わりに使いましょう。中途半端に解凍された氷を使うのは雑菌が繁殖している場合が高いので口に入れないように注意しましょう。

冷蔵庫の掃除方法⑤冷蔵庫の上を掃除する

冷蔵庫の上は、凄くホコリが溜まっている場所です。普段の冷蔵庫の開け閉めでホコリが舞ってしまい食品に入り込む可能性も高いです。掃除をする際はマスクなどでホコリの吸い込みを防止しましょう。ホコリが酷い場合は、最初に掃除機である程度汚れを吸い取り、水拭きしていきましょう。冷蔵庫内の掃除の重曹水が余っていたら使用する事をおすすめします。

冷蔵庫の背面の掃除

冷蔵庫は、側面だけではなく背面にもびっしりほこりが溜まっている場合があります。背面を掃除する場合は冷蔵庫を移動させ背面に入れるくらいの空間が必要です。一人で作業するのは危険なので家族の方などに手伝ってもらいましょう。
冷蔵庫の背面を掃除する場合は、ほこりがあまりにも酷い場合はまず掃除機などでほこりを吸い取りましょう。吸い取ることで、ほこりが舞うのを防いでくれます。ほこりをある程度払ってしまったら、水拭きをしていきましょう。その後からぶきをすることで、水垢になるのを防いでくれます。また、内部掃除で使用した重曹水やクエン酸水を使用するのも良いでしょう。

冷蔵庫の下の掃除

冷蔵庫の下部の掃除方法は、まず冷蔵庫の下のカバーパーツを取り外しましょう。

冷蔵庫 下部 カバー
画像撮影:松本茉緒

下部は持ち上げて掃除すると危険ですので、ハンガーにいらないストッキングなどを巻き下部に入れていきましょう。これだけでもかなりほこりが取れてくれます。

冷蔵庫 下部 掃除
画像撮影:松本茉緒

掃除が終わったらカバーを元に戻すことを忘れないように注意しましょう。

ゴムパッキンの掃除

冷蔵庫のドア部分には、ゴムパッキンがついています。ゴムパッキンは一度カビが生えてしまうと中々取り除くことができない部分です。パッキン部分は掃除がしにくいですが、綿棒や割りばしにガーゼを巻き付けたもので隅々まで清掃していきましょう。

冷蔵庫 ゴム
画像撮影:松本茉緒

もし、ゴムパッキンにカビが生えてしまったらハイターなどで取り除いていきましょう。ハイターを5倍くらいで薄め、カビ部分に塗っていき15分ほど放置して水拭きする程度である程度カビは取れていきます。
ゴムパッキン部分は定期的に掃除する事を心掛けていきましょう。1~2か月の定期的な掃除を心がけることでゴムパッキンのカビは防げるでしょう。

冷蔵庫の側面の掃除

最後に冷蔵庫のドア部分など、目に見える側面を掃除していきましょう。側面は、掃除をしている際にも汚れてしまうので最後に掃除していきましょう。水拭きまたは、重曹水クエン酸水などで丁寧に拭き上げていきます。このさ際、乾拭きを忘れないようにしましょう。乾拭きを怠ってしまうと掃除したのに水垢が残ってしまいます。

食材を入れていこう

食材を入れる事が、冷蔵庫掃除で一番重要な場面です。思うがままに冷蔵庫に食材を詰め込んでいくと、せっかく掃除したのに中身が全く変わりません。食材を入れる前に、もう一度捨てて良いものかどうかを考えましょう。
また、冷蔵庫に食材を入れるとき、調味料はまとめて入れるように心がけましょう。賞味期限が短い食べ物などはできるだけ目の届きやすい手前などに置き、用途別に置く場所を考えると良いです。用途別にかごなどに入れるのも冷蔵庫を整頓させてくれ、どこになにが入っているのかが分かりやすいです。
野菜は、食用保存パックに入れ保存していく事でみずみずしさもキープしてくれ冷蔵庫ないの清潔も保っていけます。葉物には、キッチンペーパーを濡らしたものを芯に巻いておくと長持ちさせることができます。

参考URL:エネチェン

冷蔵庫を掃除の頻度はどれくらいが良い?

では、冷蔵庫を清潔に保つためにはどれくらいの頻度で掃除をしていけば良いのでしょうか。

3ヶ月に一度がベスト

冷蔵庫を清潔に保つには、3ヶ月に一度食品を取り出して大掃除していくのがベストでしょう。冷蔵庫の中は3ヶ月もすると余分なものや汚れが以外と多く溜まっています。定期的に行っていきましょう。
また、冷蔵庫内部に汚れを見つけたらその場で汚れを取り除くように心がけましょう。その都度汚れを、取り除いていく事で大掃除する場合とても楽に掃除ができるでしょう。

野菜室は1~2週間に一回お手入れをしよう

野菜室は、他の冷蔵室より温度が高く設定されています。その分、雑菌が増殖しやすい環境です。野菜室の水分などはこまめにふき取る様に心掛けましょう。
食用アルコールで吹き上げたり、定期的にふきあげをしていくことで、清潔に保つことができます。

毎日のプチお手入れ

毎日の中でも、プチお手入れができます。これをする事でより冷蔵庫を清潔に保て大掃除の際も楽に掃除をしていけるでしょう。プチお手入れ法は、お湯で濡らしたタオルで目に見えるとこだけでも拭きあげていくことです。汚れが酷い部分は、食器用洗剤などを100倍に薄めた水をスポンジなどで擦っていくと良いでしょう。一日の終わりに、冷蔵庫のプチお掃除を習慣的にしていくと清潔さを維持していけます。

時間が無いときのお手入れ法

冷蔵庫を定期的に掃除したいけど中々時間が取れない方や、大掛かりな掃除をするのは気が引ける方などは、冷蔵庫の一部ずつを掃除していきましょう。例えば、「野菜室だけを掃除しよう」「チルドポケットを掃除しよう」など一部を定期的に掃除していくことで部分的にきれいにしていく方法です。一部だけの掃除であれば、時間もあまりかからず一日の終わりの日課にもできるでしょう。

ささっとお手入れで定期的に冷蔵庫を掃除する

重曹やクエン酸を使用しての掃除は面倒だから定期的にできない、という方はキッチン用除菌シートや、冷蔵庫用掃除シートなどを使用しましょう。シートに重曹やクエン酸の成分が含まれているため、拭き上げるだけで簡単に掃除ができてしまいます。
後片付けもシートを捨てるだけなので、とても手軽に冷蔵庫のお掃除ができてしまいます。時間が無いけど定期的に冷蔵庫の掃除をしていきたい方は、このようなグッツを使用していく事をおすすめします。

冷蔵庫を掃除する際に電源は抜くべき?

冷蔵庫を掃除する際は、コンセントを抜きましょう。冷蔵庫内を掃除する場合は、ドアを開けっ放しで作業をしていきます。ドアを長時間開けることで冷蔵庫の温度が上昇し、冷蔵庫は温度を下げようとフル稼働し、電力をかなり消費してしまいます。ですので、冷蔵庫を掃除する場合はしっかりコンセントを抜きましょう。

冷蔵庫の掃除に役立つアイテム

冷蔵庫拭く

冷蔵庫掃除も、効率を良くするべくさまざまなアイテムがあります。冷蔵庫の掃除に役立つアイテムをご紹介していきます。

アルカリ電解水クリーナー

こちらのアイテムは、冷蔵庫をアルカリ電解水クリーナーを染み込ませてあるシートで拭くだけで掃除ができるものです。重曹水やクエン酸水をいちいち作るのが面倒な方などにはとても最適な商品です。

自動製氷機洗剤 氷キレイ

製氷機のタンクに入れるだけで、製氷機を洗浄してくれるアイテムです。製氷機は、洗いにくいので、こちらの商品を使う事で手間を省けてしまいます。

脱臭炭 冷蔵庫用

冷蔵庫内は、多くの食品が入っているため臭いがこもってしまう場所です。こちらの、脱臭炭を利用することで冷蔵庫内の臭いが軽減されます。コンパクトで奥の方に置いていれば邪魔になる事もありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。冷蔵庫の掃除をする事で、食品の安全も高まり冷蔵庫に入っている食材も把握できます。こまめに掃除を行っていく事で冷蔵庫をスムーズに使用していく事ができるでしょう。みなさまも、ぜひこちらの記事を参考に冷蔵庫の掃除に挑戦してみてはいかがでしょうか。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧