スマホを徹底お掃除!お掃除方法からおすすめアイテムまで網羅!

目次

導入

スマホ バッテリー 寿命 診断

スマホは、現代人にとって無くてはならない電子機器です。外出時も肌身かかさず持ち歩き、一日に何度もスマホに触る機会があるでしょう。そんな、スマホですが意外にも雑菌や汚れが多く付着しています。今回は、そんなスマホの掃除方法をご紹介いたします。是非ご参考にされて下さい。

スマホの掃除方法【お手入れ別】

スマホ 女性

では、スマホのお手入れ方法をご紹介していきます。

スマホの掃除方法 その1.クロスで画面の汚れを拭きとる

まずは、液晶用やメガネ拭きなどのクロスを用意しましょう。クロスは繊維が細かいためスマホ画面を傷つける事はありません。次に、充電器やイヤホンなど外部から接続している機器を外していきます。スマホカバーをしている方はカバーも外しましょう。そして、画面をクロスで拭いていきます。指紋や油汚れなどが残っていないかあらゆる角度からチェックしましょう。

スマホの掃除方法 その2.綿棒・ブロアーでスマホのホコリを除去

次に、綿棒やブロアーを使用しスマホのホコリを掃除していきましょう。スマホのホコリは、イヤホン端子の穴や、充電部の穴にどに溜まっています。目に見えない場所なので掃除を怠りがちですが、故障の原因ともなりますので必ず掃除をしましょう。
まず、綿棒は先端を細くします。ベビー用綿棒やメイク用綿棒など先端が細い物をお持ちの方はそちらを使用しましょう。そして、先端部分を隙間へ入れ掃除をしていきましょう。また端子部分はデリケートですので、優しく掃除することを心がけましょう。
また、綿棒で届かない部分への掃除に役立つのが「ブロアー」です。ブロアーで、隙間へ風を流し込みホコリを吹き飛ばしていきましょう。

スマホの掃除方法 その3.スマホ専用クリーナーで汚れを徹底除去

スマホ専用クリーナーを使用すると、スマホの汚れをより完璧に除去してくれます。しかし、使用には注意点もありますのでそれを踏まえ掃除方法を見ていきましょう。
まず、クリーナーにはリキッドタイプとスプレータイプがあります。スプレータイプは、端子部分へ入り込む場合が高いのでスマホなど小さいものへの使用はリキッドタイプの方がオススメです。リキッドをクロスなど糸くずの出ないものに染み込ませ、丁寧に拭いていきます。端子の隙間へ入り込まないように十分に気をつけましょう。
クリーナーには、除菌効果があるものもありますので、ご自身にあったクリーナーを選びましょう。

参考URL:Apple公式

注意したいスマホの掃除方法

ストップ

スマホは、電子機器ですので掃除方法にも注意が必要になってきます。注意点を見ていきましょう。

端子部分に注意

クリーナーなど、水分を含む掃除用具を使用する場合は、端子部分には最善の注意をしましょう。端子部分に、入り込んでしまうと故障の原因になってしまいます。特に受話口の、電話のさい耳を当てる部分には気をつけましょう。

画面を傷つけないように注意

画面は、必ず柔らかく糸くずの出ない物を使用しましょう。ティッシュなどで拭く方も多いですが、ティッシュは油分や皮脂を拭き取る事はできません。また、ティッシュの種類によっては画面を傷つけてしまう場合があります。スマホの画面にはコーティングが施されていますので、クロスなど柔らかい素材を使用しコーティングを剥がしてしまわぬよう優しく拭きましょう。

参考URL:Apple公式

スマホの端子・細かい凹凸部を掃除するときにおすすめのアイテム

スマホの端子部分は、狭くとても掃除がしにくいです。そんな端子部分に最適な掃除アイテムをご紹介いたします。

スマホの奥まった場所の掃除には、細い綿棒やブロワーがおすすめ!

スマホの奥まった場所には、ベビー綿棒やメイク用綿棒のように先端が細いものがオススメです。普通の綿棒では、少し大きいため先端を自身で細くする必要があります。スマホ掃除用に1ケース持っておくのも良いでしょう。
また、綿棒では入りきれない部分へはブロアーという空気を吹き出してホコリを飛ばすことのできる道具を使うと良いでしょう。良く、カメラマンなどがレンズなどに吹きかけているものがブロアーです。ソフトテニスボールの空気入れなどでも代用可能です。

メイク用綿棒

アイメイクのボカシのさいに使用されることが多い綿棒です。先端が尖っているのが特徴で、この先端を端子の隙間へ入れ込む事で掃除をしていくことが出来ます。

ブロアー

丸い部分を押す事で、先端から空気が排出されます。端子に向かって排出する事で奥まで空気が入り込みホコリを取り除いてくれます。

ベビー綿棒

ベビー綿棒は、赤ちゃんの耳の穴でも入るように先端を細くしてあります。この細さが端子へ入り込み掃除を行う事ができます。

スマホ各所の細い溝の掃除には、毛足がやわらかい歯ブラシがおすすめ!

また、スマホには各所に細かい溝があります。その溝をクロスなどで完全に拭き取るのは限界があるでしょう。ですので、毛先が柔らかい歯ブラシなどを使用する事で細かい部分まで掃除が行き届きます。また、メイクブラシのように毛先が柔らかく細いものでも代用できるため、安易に取揃える事ができるでしょう。

エビス超やわらかめ歯ブラシ

歯茎をマッサージする事を目的として作られた歯ブラシです。とても柔らかくスマホを傷つけず溝に入っていき掃除ができるでしょう。

メイクアップブラシ
肌に使用するため、とても優しい素材で作られており柔らかい毛質が溝へと入り込んでいき掃除をしてくれます。

スマホの画面・外装部を掃除するときにおすすめのアイテム

スマホの画面や、外装部はスマホを扱ううえで必ず触ります。ですので汚れが付着しやすい部分です。定期的に掃除をしていくために、おすすめのアイテムをご紹介いたします。

スマホの軽微な汚れ掃除には、消毒用エタノール・無水エタノールとティッシュがおすすめ!

スマホの軽微な汚れには、消毒用エタノールや無水エタノールを使用すると良いでしょう。スマホの画面にはたくさんの雑菌が付着しています。その雑菌は、クロスでは取り除くことができません。エタノールをティッシュに染み込ませ優しく拭き取っていきましょう。端子部分へ入り込まないよう十分注意していきましょう。

無水エタノール

生活用具の消毒などにも使用できますので、スマホ以外への掃除にも利用していく事ができます。また、蒸発が早く素早く除菌が可能です。

消毒用エタノール

消毒用エタノールは、外傷などに使用されることが多く、家にある場合があるので安易に掃除に使えます。蒸発が無水に比べ時間がかかるため拭き取り用にクロスを用意すると良いでしょう。

スマホの頑固な脂汚れや手アカには、専用のクリーニングクロスがおすすめ!

脂汚れや手アカは、メガネ用クロスや普通のクロスでは、完全に拭き取れない場合があります。また、メガネ用クロスでゴシゴシ擦るのは画面を傷つける原因となります。頑固な汚れには、クリーニングクロスがおすすめです。
クリーニングクロスは、吸水性、通気性に優れ油分を綺麗に拭き取ってくれます。スマホ画面を徹底的に綺麗にしたい場合はクリーニングクロスを常備しておきましょう。

スマホを徹底的に掃除するには、専用のクリーニングキットがおすすめ!

スマホを綺麗に保つべく、専用クリーナーとクロスのキットが販売されています。スマホ専用にクリーナーとクロスが作られているため、徹底的に掃除していくことができます。また、カメラ用のクリーニングキットもあり、ブロアーやブラシも付いていてそれでも代用が可能です。
クロスは、繰り返し使っても優れた拭き取りを発揮してくれ、クリーナー液とともに使用する事でとても綺麗に掃除することが可能です。

カメラ用ですが、スマホ掃除の内容のものが入っており、ブロアーやブラシ、クロスを別々に買わずにすみます。

参考URL:東レ公式

やってはいけないNGお掃除方法

スマホには、やってはいけないNGなお掃除方法があります。何気なくやっていたスマホの掃除が実はNG行為な場合もあります。

ティッシュでの掃除

画面をティッシュのみで拭くと、油分を取り除くどころが油分を伸ばしてしまいます。ぱっと見綺麗になっているように見えますが、汚れが伸びているだけなのでティッシュで拭き取る場合は、エタノールやクリーナーと一緒に優しく拭きましょう。でにれば、ティッシュではなくクロスを使用するのが好ましいです。

防水スマホの丸洗い

防水スマホであれば、水で丸洗いできるのではないかと思われる方が多いでしょうが、水が内部に浸透してしまうと故障してしまいます。クリーナーなどで掃除していきましょう。

アルコールでの掃除

アルコール入りは、エタノールと違いスマホ画面のコーティングを傷めたり、プラスチック部分にもあまり良くありません。アルコール除菌シートなどを使用する方も多いですが、アルコールではなくエタノールの方で掃除を行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。スマホは、意外にも多くの汚れを持っており、定期的に掃除をしていくことが大切です。スマホクリーナーや、エタノールを上手く使って、除菌や皮脂汚れを綺麗に取り除いていきましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧