【まるっと掃除!】冷凍庫を掃除するポイントと方法を解説

目次

冷凍庫の掃除をしましょう

冷凍庫の掃除、していますか?滅多にしないよ、という方も多いのかもしれません。しかし、長年掃除をしていない冷凍庫は、衛生上よくありませんし、匂いも気になるかと思います。
そこで、冷蔵庫を掃除するときのポイントと方法を詳しく解説し、冷凍庫のお掃除に便利なアイテムも紹介しますよ。

冷凍庫掃除の下準備

冷凍庫の中の掃除を始める前に、冷凍庫周りのごみやほこりを掃除しておきましょう。
下回りや背面などは、長い間掃除していない場合、だいぶごみやほこりが溜まっていると思われます。
雑巾などを使ってよく掃除しておきましょう。

冷凍庫の中身を全て取り除く

冷凍庫の食材や、取り外せるパーツを全部取り出します。
要冷凍の食材などは、クーラーボックスなど保冷できるものに一時的に保管しておきます。
賞味期限の過ぎているものがあれば、なるべく処分してしまったほうがよいですね。
できれば、冷凍庫を掃除する日を決めておいて、あらかじめ冷凍庫内の食材の量を調整しておきましょう。

歯ブラシやタワシを用意

歯ブラシ(使い古しのもの)やタワシを用意します。
歯ブラシは、掃除しにくい隙間などの汚れを掃除するのに役立ちます。
タワシは、アクリルタワシがいいでしょう。庫内の内壁や仕切りパーツにこびりついた頑固な汚れを掃除するのに役立ちます。

お湯を用意

40~50℃くらいの温度のお湯を用意します。
熱湯はだめです。プラスチックパーツなどを痛めてしまいます。
お湯は、汚れのひどい場所のお湯拭きに使用したり、冷凍庫の霜取りにも使用します。
水で掃除するより、きれいに掃除できますよ。
また、重曹などを使用する場合、溶かすのに使えますし、洗面器などにお湯を張り、外したパーツを付けておきますと、汚れが取れやすくなり掃除がしやすくなります。

ビニールシートやタオルを用意

ビニールシートを用意しましょう。床が濡れないように養生します。シンク周りも、汚れたパーツなどを洗う際に水が飛び散りますので、ビニールシートで覆います。
タオルは、冷凍庫の掃除の際にはたくさん使います。使わなくなったタオルでよいので、たくさん用意しておきましょう。
ちなみに冷凍庫内を掃除するときは、なるべく新しいタオルがいいです。
使い古しのタオルは、雑菌だらけになっている場合があります。

冷凍庫を掃除するときに便利なアイテム

洗剤などを含ませなくても、水だけで汚れをきれいにするマイクロファイバークロスです。高密度な超極細繊維で作られていまして、頑固な汚れがスッキリと拭き取れますよ。

冷凍庫の掃除に、重曹を使う方も多いかと思います。その重曹より更に掃除がしやすいのが「セスキ炭酸ソーダ」です。重曹に比べて水に溶けやすいですし、無機物ですので環境にも優しく安心して使えますね。


除菌や消臭もできる泡型の万能クリーナーです。無色無臭ですので、冷凍庫の掃除をするのになるべく洗剤は使いたくない、という方におすすめです。

消毒用のエタノールは、アルコールなので殺菌や消毒もできてしまいます。元々、人の手などに使うものですので安心して使用できますね。冷凍庫の掃除に使う場合、水とエタノールを4:6の割合で薄めて使用します。使用する際には、スプレーに入れて使いましょう。

冷凍庫のお掃除方法(コンセントを切る場合編)

1.冷凍庫のコンセントを切る

冷凍庫を掃除するときは、コンセントを切っておいたほうがいいです。冷凍庫に「霜取りモード」の機能がついていない場合には、コンセントを切って、冷凍庫内に付いた霜を溶かし「水抜き」をしなければなりません。
まずは冷凍庫内の食材をクーラーボックスや保冷用のバックや容器に移しておきましょう。
それから、コンセントを切るわけですが、電源プラグを抜いたコンセント周りはほこりだらけと思われます。きれいに掃除をしておきましょう。
また、この機会にコンセントにカバーをつけておくのもよいでしょう。

2.ビニールシートを敷き、コンセントを切ってから20〜30分ほど放置

コンセントを切りましたら、20~30分の間放置します。
そうしますと、霜が溶けてきますので、床がびしょびしょになってしまいます。最悪の場合、床が傷んでしまいますので、ビニールシートで床を養生しておきましょう。
その際、少々面倒かもしれませんが、キッチンの床部全体を養生するようにしてください。
霜は溶けだしますと、あらゆる方向に流れていく可能性があります。

3.溶け出してきた水をタオルなどで拭き取る

コンセントを切ってしばらく放置しますと霜が溶けだしてきますが、思ったより大量の水が断続的に流れ出してくる可能性もあります。
冷凍庫の下回りにタオルを敷いて、拭き取りながら掃除しましょう。
なるべく、たくさんのタオルを用意しておいた方がいいですね。
その際のタオルは、使い古しで結構です。

4.タワシや歯ブラシを使用し、隅やゴムパッキン部分を念入りに洗浄

庫内にこびりついた頑固な汚れは、タワシや歯ブラシを使って掃除しましょう。その際、あまり無理な力を入れて行いますと、庫内が傷ついてしまいますので、注意しながら掃除をしましょう。
特に、霜がついている部分などを、無理矢理剥ぎ取ろうと必要以上に力を入れてはいけません。
そんな時は、お湯で濡らしながら霜をとりましょう。
また、重曹スプレーを用意しておくといいですね。
掃除がやりにくり隅やゴムパッキン周辺などは、歯ブラシを使いますと、掃除がやりやすいです。
古い歯ブラシは捨てないで取っておきまして、ぜひ活用しましょう。

5.お湯を使用しながら、冷凍庫内部を洗浄

冷凍庫内を洗浄するなら、水よりも40~50℃くらいのお湯を用意しておきますと便利です。
前述の水抜きをしても、霜が溶けないで氷状に固まっていて剥がれない部分の掃除などに役立ちます。
細かい霜なども、お湯を浸したタオルなどで拭き取りますと、掃除がはかどります。
特に、液だれしてしまった汚れは、水を使用するよりも、短時間でキレイに掃除することができますので、ぜひ活用しましょう。

冷凍庫のお掃除方法(コンセントを切らない場合)

1.霜取りモードに切り替え

霜取りモードは、内臓のヒーターで一時的に冷凍庫内の温度を下げて、付着した霜を溶かす機能です。製品によっては、自動霜取り機能が搭載されているものもありますね。
ただし、霜取りモードを使用しても、庫内に大量の霜が発生している状態では、ヒーターがうまく作動しない可能性もあります。
その場合、故障しているかもしれませんので、点検を依頼しましょう。

2.ビニールシートを敷き、水をタオルなどで適宜拭いていく

霜取りモードのない冷凍庫と同じように水が流れ出すのに備え、キッチン回りの床をビニールシートで養生します。
水が流れ出してきましたら、タオルで拭き取っていきましょう。

3.タワシや歯ブラシを使用し、隅やゴムパッキン部分を念入りに洗浄

頑固な汚れや、隅などの細かいところを掃除するには、タワシや歯ブラシを使用します。
頑固な汚れがありましたら、重曹をお湯で溶かしたものを使うと汚れがきれいに落ちます。
歯ブラシには、ガーゼやキッチンペーパーを巻き付けたものに重曹で湿らせて掃除しますと、汚れが取れやすいです。
また、上記で紹介した「セスキ炭酸ソーダ」などの便利アイテムを使用しますと、更に汚れが簡単に落ちますよ。

4.お湯を使用しながら、冷凍庫内部を洗浄

冷凍庫を洗浄するときは、水ではなくお湯を使いましょう。
もし、霜取りモードのスイッチを入れても霜が残ってしまっているようなら、お湯で濡らしながら掃除をしますと、うまく取れます。
また、霜が残っているからといって金属製のヘラ等を使用する場合、あまり無理な力をいれないでください。

冷蔵庫を掃除するときにやってはいけないこと

尖った工具は使わない。

霜がうまく溶けないでとれない時などに、例えばアイスピックなどの先の尖ったもので突いてはいけません。
冷凍庫内の冷却器が破損し、冷媒ガスが漏れて噴出することもあります。
また、冷媒パイプに穴が開いたりしますと、全く庫内が冷えなくなりますので、ご注意ください。

電源プラグを水につけない

電源プラグをコンセントから抜いた際には、冷凍庫本体にテープ等で止めておきましょう。
霜取りなどで流れ出た水に濡れたままの電源プラグをコンセントに差してしまいますと、冷凍庫のショートや、最悪の場合感電してしまいます。

換気をする

エタノールなど、引火性のあるもの、火気厳禁と但し書きのあるものを冷凍庫の掃除に使用する時は、必ず換気をしながらやりましょう。

使いまわしたタオルを使用してはいけません

散々使用したタオルを、よく洗って絞っても、雑菌が残ってしまいます。
その雑菌だらけのタオルで冷凍庫内を掃除しますと、食中毒になってしまうかもしれません。
冷凍庫内を掃除する際には、必ず新しいタオルを使いましょう。

ベンジン・シンナー等は使用しない

ベンジンやシンナーは、汚れがよく取れるからといって使ってはいけません。
冷凍庫内、表面ともに、傷めてしまいます。
特に、プラスチックのパーツ類は、最悪割れてしまう場合もありますので、気を付けてください。

研磨スポンジ・化学雑巾は使用しない

これらは、研磨剤が入っていますので、冷凍庫を傷つけてしまいます。
決して使用してはいけません。

アルカリ性洗剤は使わない

アルカリ性の洗剤で、あまり頻繁にゴシゴシ掃除しますと、冷凍庫の表面を傷めてしまいます。
食材を入れる冷凍庫ですから、極力洗剤は使用しない方がいいと思います。どうしても洗剤で、という場合は、中性洗剤を使いましょう。
なるべくなら、上記で紹介してきました重曹などを使用した方が、冷凍庫の掃除もしやすいですし、おすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
冷凍庫は長い間掃除しないと、雑菌の温床となるばかりか、臭いなどもこびりついてしまいます。
余った食材の整理もかねて、3か月に一度程度、冷凍庫の掃除をしてみてはいかがでしょうか。
食材を入れておく冷凍庫ですから、常に清潔にしておきたいものですね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small aaf10c11 634b 4f66 aee5 084e9a5ab528
Written By
あべ こうじ
元家電量販店の店員です。家電について解説します。
某家電量販店で働いておりました。店頭での接客だけではなく、配達、取り付けなどもしていましたので、その経験を生かして執筆します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧