液晶テレビの掃除方法について解説!間違った掃除方法や掃除を減らす方法も

この記事を執筆するにあたって

家電量販店でお仕事していると、テレビのお手入れに関する質問も多くあります。 テレビを購入していかれる方にもオススメしている基本的なお手入れをご紹介します。

Written By もり なつみ

目次

液晶テレビの掃除方法について解説

近年、テレビは1人1台持っているなんて言われる時代。サイズも大きく、ご家庭では各お部屋に1台置いている方も少なくありません。

当たり前のように置いてあるテレビ。皆さんはお掃除されていますか?

簡単なお掃除でも見違えるほどキレイな映像を映し出してくれます。今回は、汚れの原因と対策も合わせてお掃除についてご紹介していきます。

実践!液晶テレビの掃除方法

液晶 テレビ 掃除

マイクロファイバーでほこり掃除

テレビの汚れのほとんどがホコリです。ですので、こまめにホコリを掃除するとキレイに保つことが出来ます。

ホコリを取る際は、しっかり取り除くことが大切です。
はたき等でホコリを落としても舞い上がったホコリが、またテレビの静電気に吸い寄せられ吸着してしまうので、マイクロファイバーを使用したお掃除道具で取り除いてあげるようにしましょう。

スティックになっているものと、タオルのようになっているものもあります。気になった時、日々のお手入れにサッとお掃除できるのでとても便利です。100円ショップにもありますので、一つ用意しておきたいですね。

ウエットティッシュやクロスが掃除に便利

気になる汚れを見つけた時や、ヤニ汚れ、油膜が気になった時は、液晶用のウエットティッシュがオススメです。

ただし、水分を含んだものでお掃除する時は、その後乾いたクロス等で水分を拭き取ることを忘れないようにしましょう。

窓掃除と同じで、汚れが水分と一緒に画面全体に伸びてスジのように残ってしまうので、余計に汚くなったような印象になってしまいます。

この商品は、液体が別でスプレーになっているので必要な時に、適量をクロスに出してから画面を拭きます。そして、もう一枚のクロスで水分を取り除くようにセットになっているので掃除が便利です。

表面の細かい汚れや画面のツヤ感を戻すには中性洗剤で掃除!

中性洗剤を使用する時は、必ず薄めてから使用します。

泡立てるのではなく、薄めた洗剤をクロスに少し染み込ませ、画面に塗るようにゆっくり撫でていきます。その後、水だけを染み込ませたクロスで浮き上がった汚れを掃除していきます。最後は乾いたクロスで水分をしっかり取りましょう。

中性洗剤を使用する際は、必ずその洗剤が中性であるか再度確認してから使用するようにしてください。中性以外の物を使用すると、画面が溶けたような状態になってしまったり、白く濁ったような色になることがあり、元に戻すことが出来ませんのでよく注意してください。

テレビの掃除が必要な理由!実は結構汚れてる

液晶 テレビ 掃除

そもそも本当にテレビに掃除は必要なのでしょうか?ここでは実は意外と汚れているテレビの汚れについて解説します。

静電気によるホコリ

毎日目にしているテレビはパッと見た感じそれほど汚れていないような感じもしてしまうのですが、よく見るとスタンドや背面だけでなく画面にもホコリが溜まっているのに気づきます。

テレビには静電気が発生しているので、浮遊しているホコリを吸着してしまうのです。

お部屋をこまめにお掃除されていても短時間でテレビにはホコリが溜まってしまうものなので、こまめなお掃除がオススメです。

タバコのヤニや料理の油

テレビの汚れに多いのはホコリだけではありません。

テレビのあるお部屋でタバコを吸う方がいるとヤニが画面に付着します。サッと画面を拭いてみると茶色くなっているのがわかると思います。

少し話がずれてしまいますが、レコーダーを使っている方は、ヤニが原因でレコーダーが故障してしまうことが多々あります。ですので、精密機器の使くではタバコを吸わないように出来るといいですね。

キッチンとリビングやダイニングがつながっている間取りの場合、キッチンから離れていても同じ部屋の中にテレビがあるご家庭が多いと思います。
料理中の油は、湯気とともに空気中を浮遊します。風向きによってはテレビまで届き、画面に吸着することがあります。それが繰り返されると油膜となり画面の汚れになり掃除が必要になってしまいます。

お子さんの手跡など

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんがテレビの真ん前に立ち、テレビに合わせて一生懸命踊ってみたり、動物が映っていると手を伸ばして撫でてみたり。うっかり画面に触ってしまうことが多々あります。画面の方を向いたまま盛大なくしゃみもしてくれます。

多くのお子さんは手にお菓子のカスや油分、よだれがついたまま触ってしまうのですが、テレビは電源が入っていると熱を持っているのですぐに乾いてこびりついた汚れになります。そして、汚れに気づくのは画面が黒い時、電源を消した時がほとんどで、すでに手遅れになってしまっているわけです。
こうなってしまうとティッシュでさっと拭く程度では綺麗にならないので掃除をしっかりする必要がありますね。

液晶テレビの画面を掃除する際の注意点

テレビをお掃除するときに一番注意しなければいけないのは、力を入れてゴシゴシしない。ということです。

力を入れることによって、画面に傷が付くだけでなく、液晶が割れてテレビが見れなくなってしまう場合があります。

テレビの画面をお掃除するときは出来るだけ優しく行うことを心掛けてください。

やってはいけない!間違ったお手入れ方法

液晶 テレビ 掃除

アルコールで拭く

昔のテレビ(ブラウン管テレビ)は画面がガラスで出来ていたので、アルコール(消毒のようなもの)を使ってお掃除されていた方もいらっしゃるようです。

今のテレビはほとんどが液晶でプラスチック製です。メーカーによっては、その表面に特殊な加工をして画質を良くしている物もあります。

アルコールを使うと、汚れも落ち乾きが早いので拭いた後のスジも残らずキレイになるのはわかるのですが、プラスチックには向かないので掃除には使用しないでください。

掃除用洗剤を吹き付ける

ヤニ汚れや油膜が気になるからといって、住宅用の洗剤を使用するのはダメです。中性ではないものもあり、画面が溶けたような状態になったり、白く濁ったような色になってしまう可能性があります。元に戻すことはできないので注意してください。

汚れの種類によって違うタイプのウエットティッシュもあるので、試してみてください。

また、液晶用の洗剤でも直接吹き付けるのはやめましょう。垂れた洗剤が縁から内部に入り込み故障の原因になってしまいます。必ずクロスなどに適量出してから拭くようにしましょう。

ティッシュで拭く

お掃除にティッシュを使用するのは時と場合によります。

何か水滴が画面に飛んでしまった。などのすぐに水分を吸い取らせるために使用するのは問題ありません。

やってはいけないのは、先ほどから何度か出てきている”クロス"の代わりに使用することです。

ティッシュは意外と繊維が粗いので、画面を傷つけてしまう可能性があります。そして、繊維が画面に残りやすいのでホコリが残っているように見えてしまいます。

”クロス”というのは、メガネ拭きのような柔らかい布のことを言います。決してティッシュで代用しないでくださいね。

雑巾で水拭き掃除。NGではないが・・・

水拭きについては、賛否両論ありますので少し触れておきたいと思います。

筆者は、雑巾で水拭きは有りだと考えます。

ただし、私の場合はガーゼのような柔らかい素材の雑巾を洗濯機の脱水をした直後(干す前)の物を使用します。

水拭きをやってはいけないという意見の大半は「傷がついてしまう」「拭いた後がスジになって汚い」というものです。

確かに、使い古したゴワゴワの雑巾を濡らして手でギュッと絞っただけのものではやってはいけないという意見の通りだと思います。

わざわざ脱水して使うのが面倒だと感じるようであれば、雑巾ではなくウエットティッシュを常備しておくほうがお掃除しやすいかもしれませんね。

掃除の頻度を減らす!液晶テレビが汚れるのを防ぐには?

防ぐことのできない汚れ

ホコリは日々室内を舞っているため防ぐのは難しいです。しかし、帯電防止のウエットティッシュというものがあるので付きにくくすることはできるかと思います。あとは、こまめにマイクロファイバーでホコリを取り除いてあげるようにしましょう。

また、テレビを見ながらタバコを吸いたい方の気持ちもわからなくはないのでヤニ汚れも防ぐのは難しいのかもしれません。こまめにお掃除してあげましょう。

お子さんの付けてしまう汚れは防げる

お子さんが直接テレビに触れたり出来ないよう保護パネルや保護シートを付けることをオススメします。

保護パネルは透明な板をテレビの前面に付けるので、多少見にくく感じたり光の反射が気になる事があります。しかし、気兼ねなく拭くことも出来ますし、汚れだけでなく衝撃からも守ってくれるので、お子さんがリモコンやオモチャを投げつけて画面が割れてしまう。なんてこともありません。

実際、半年に一組あたりはお子さんが画面を割ってしまった。といって買い替えに来られるので、起こり得る事例です。

保護シートはスマホの保護フィルムと同じなのでわかりやすいと思います。衝撃は守ってくれませんが、パネルより低価格で見え方もパネルよりは気になりません。

画質、見え方を変えるのは嫌だ。という方は防ぐのが難しいので、やはりすぐに拭けるものを用意しておくのが一番だと思います。

我が家は、子供が赤ちゃんの時に使っていたガーゼを、朝の洗濯に一緒に入れておき干さずにテレビの近くに置いておきます。気が付くと子供が自分でくしゃみの後に拭いてくれてたりしてなかなか可愛いです。

液晶 テレビ 掃除

まとめ

今回はテレビの液晶の汚れについて、原因と対策、お掃除の仕方についてご紹介させていただきました。

テレビに限らず、パソコンやタブレットスマホにも使えますので是非参考にしてみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 849f3e28 b016 4fa1 9831 5af92b6ce53c
Written By
もり なつみ
主婦ならではの解釈で、わかりすくお伝えしていきます。
御覧頂き有難うございます! 量販店での販売経験を活かし、ご購入の不安を取り除けるよう わかりやすい文章を心掛けています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧