実は汚れまくり!テレビのお掃除方法を徹底解説!

目次

テレビの掃除について解説!

テレビ

テレビは毎日1度は見る方が多いでしょう。また、現代では一家に一台あるのが常識となってきています。そんな、毎日見るテレビですが良く画面や裏面を見た事がありますでしょうか。画面に近づくとホコリがビッシリとあり、ティッシュで拭いただけでも画面が見違えるほど明るくなった経験がある方も多い事でしょう。
また、分かってはいるけどどうしても掃除が億劫になってしまうテレビ裏があります。
しかし、一度掃除法を覚えてしまうとテレビの画面もテレビ裏も簡単に掃除ができてしまいます。今回は、本当はとっても汚れているテレビの掃除法をご紹介いたしますのでぜひご参考にされてください。

実践!テレビの掃除方法

テレビを掃除していきます。正しい手順で掃除を行い、テレビをピカピカ清潔にしていきましょう。

マイクロファイバーでほこり落とし

液晶画面の掃除で大活躍してくれるのが、マイクロファイバークロスや、マイクロファイバーモップです。マイクロファイバーでの掃除手順はまずテレビの電源を切ります。テレビの電源を切ることで、静電気抑え空気中のほこりがつかないようにしましょう。
次に、マイクロファイバーモップをお持ちの方は、優しくほこりを払って掃除していきましょう。ほこりを払い終えたら、マイクロファイバークロスを使い円を描くように拭いていきましょう。この時汚れの酷いところは、息をハァーと吹きかけ拭いていきます。
原始的な方法ですが、息を吹きかけることにより、汚れ部分が温まり浮き上がります。そこをマイクロファイバーで拭き掃除することで汚れがきれいに落ちていきます。

マイクロファイバークロス


画面を拭く際傷つけないように、とても小さな繊維で作られています。汚れやほこりをしっかりと拭っていってくれます。

マイクロファイバーモップ


ホコリが舞ってしまわないよう、しっかりとキャッチしてくれます。マイクロファイバークロスと共に使うととても効率よく掃除をしていくことができます。

表面の細かい汚れや画面のツヤ感を戻すには中性洗剤!(機種による)

機種によっては中性洗剤での掃除ができないものもあります。必ず説明書を確認しましょう。中性洗剤を使用するのは最終手段としてください。テレビ画面のコーティング剤を落してしまう可能性があります。何をしても落ちない汚れや、子供がマジックなどで落書きした場合のみにしましょう。
中性洗剤を使って掃除する方法は、まず中性洗剤を水やぬるま湯で1%以下の濃度で薄めていきましょう。希釈が終わったら、柔らかい布に含ませ汚れている部分のみをクルクルと円を描くように拭いていきましょう。この時、力を入れずに洗剤を汚れに馴染ませてとっていくような感覚で掃除をしていきましょう。ゴシゴシと擦ってしまうと、画面を傷つけてしまう原因となってしまいます。

掃除の必要性!実はとっても汚れているテレビ

テレビの汚れは、目立ちにくく汚れていると認識する事が難しいですが、日々の生活の中でテレビも汚れている事が事実です。テレビには、どのような汚れがあるのでしょうか。見ていきましょう。

料理の油汚れ

料理をする際、油が飛び跳ねることが多あります。冷凍ポテトなどを油に入れた時に、ものすごい勢いで油が飛び跳ねた経験をされた方も少なくないでしょう。その油は、透明なため中々見えにくく、調理台付近にテレビがおいてあれば、テレビにももちろん油は付着します。それが、蓄積されていくきベトベトなテレビ画面が完成してしまいます。

静電気によるホコリ

テレビの画面に触れた時静電気を感じた事はあるでしょう。髪の毛などを、テレビの画面に近づけると、髪の毛がくっついて行きます。このように、テレビ画面には静電気が充満しています。その静電気に反応し、空気中のホコリがテレビ画面へと集まってくっついてしまいます。頻繁にテレビ画面を掃除しているのに、ホコリがすぐに溜まるのは、これが原因となっています。

手垢が付きやすい

テレビの液晶画面は、手垢が非常に付きやすいです。小さな子供さんがいる家庭では、テレビ画面をお菓子を食べた手などで触ってしまう場合があります。そんな、手垢を放置してしまうと、液晶画面に手垢がこびり付いてしまい中々取れなくなってしまいます。

テレビの画面を掃除する際の注意点

テレビを掃除するに当たっていくつか注意点があります。テレビを正しい方法で掃除していかなければ、故障やトラブルの原因となってしまいます。
まずは、アルコールスプレーを使用して掃除を行う事です。一見、除菌もでき掃除には大活躍と思いがちですが、アルコールの成分でテレビ画面のコーティング剤を剥がしてしまう場合があります。液晶画面により、使用しても問題ないものもありますが、テレビ画面の掃除には不向きであると言えるでしょう。
次に、テレビを水拭きすることです。画面を水拭きしてしまうと、無数の水アカが出てしまいます。どうしても、画面用クロスなどがない場合は、水を固く絞ったタオルなどで拭き、必ず乾拭きをしましょう。また、水では油汚れや皮脂を落とすことはできないので、専用のシートなどを使用する事をおすすめします。また、画面裏はとても繊細な場所のため、水分が付着すると故障の原因となってしまいますので、水拭きは控えましょう。

激落ちシート 液晶テレビ用


劇落ちシリーズの液晶テレビ専用シートです。こちらには、液晶画面を傷つけてしまう恐れもなく、簡単に水拭きをしていくことができます。取れにくい、油汚れや手あかもこれでスルスルと落していきましょう。

やってはいけない!間違ったお手入れ方法

ダメ

テレビには、やってはいけない間違ったお手入れ方法があります。テレビの写りを良くしたいためにした掃除方法が、間違ってしまっていると返ってテレビの写りが悪くなってしまいます。間違ったお手入れ方法を、確認していきましょう。

アルコールで拭く

アルコールは、画面のコーティング剤を剥がしてしまう可能性が高いため、使用することはおすすめできません。除菌などを行いたい場合は、テレビ専用の拭き取りシートなどを使用していくと良いでしょう。

掃除用洗剤を吹き付ける

掃除用洗剤も、アルコールと同じく画面のコーティング剤を剥がしてしまう原因となります。画面のコーティング剤は、テレビの写りを良くし見やすくしてくれている働きがあります。掃除用洗剤など、コーティング剤を剥がしてしまうものを使用すると、かえってテレビの写りを悪くしてしまいます。必ず、テレビ専用の拭き取りシートや洗浄剤を使用していきましょう。

ティッシュで拭く

ティッシュで拭くと、表面のホコリが取れて一見キレイに見えますが、テレビ自体の掃除にはなりません。テレビには、ホコリ以外にも油や皮脂、雑菌など多数の汚れが付着しています。掃除をする場合は、テレビ用の拭き取りシートや、洗浄剤、クロスを使用して行なって行きましょう。
また、ティシュは油汚れなどを画面に伸ばしてしまう恐れもありますので気を付けましょう。

ガラスクリーナー

一見使えそうに思えますが、ガラスクリーナーには研磨剤が入っています。ガラスを研磨する事でつやつやにしているので、テレビの画面に使ってしまうと、画面のコーティングを剥がしてしまい、画面に小さな小傷をたくさんつけてしまう恐れがあります。ガラスクリーナーは使用しないようにしましょう。

テレビが汚れるのを防ぐには?

テレビが汚れてしまうのを防ぐには、定期的なお掃除や油が飛んでしまうキッチン周りに置かないこと、子供が手を伸ばしても届かない高さにテレビを設置するなどの方法があります。
テレビ台に、クロスやホコリ取りを用意しておくと、手が空いているときにささっとお手入れができます。一か月に一回は、シートなどで油汚れや除菌をし、頻繁にクロスでホコリを払っていくことでテレビを常に清潔に保つことができます。

まとめ

テレビ 故障

いかがでしたでしょうか。テレビは、毎日見る方が多く、より快適に見るためには定期的なお掃除が必要な事が分かりました。テレビを清潔に保つと、画面はより一層見やすくなり楽しいテレビの時間を送る事ができます。一度、テレビのお掃除方法を見直して見るのも良いでしょう。テレビをピカピカにし楽しいテレビライフを送っていきましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧