洗濯機の電気代はどのくらい?節約方法からおすすめの機種も網羅

目次

洗濯機の電気代は意外と高い!?

近年様々なタイプの洗濯機が存在します。縦型洗濯機・ドラム式洗濯機とありますが、その電気代がいくらかかっているのか、知らない方がほとんどだと思います。毎日回す洗濯機だからこそ、電気代を知っておきたいですよね?
ここからは、タイプ別での洗濯機の電気代とその節約方法をご紹介していきます。

ズバリ、洗濯機の電気代はいくら?ドラム式と縦型では電気代は違う?

それでは、さっそく洗濯機の電気代をタイプ別で見ていきましょう!
※ 消費電力は機種によって違いますので、あくまで参考程度にお願い致します。

縦型洗濯機

縦型洗濯機

まず縦型洗濯機とは、縦型に設置された洗濯槽の下にパルセーター(回転羽)を回すことにより、洗濯槽を回し洗う方式です。メリットとしては、洗濯物同士をこすり合わせて汚れを落としていくので、泥などの固形汚れに強いところです!デメリットは水を多く使用するのと、衣類同士をこすり合わせるので、傷みやすいところです。
では、縦型洗濯機の電気代はいくらでしょうか?
縦型の洗濯機の消費電力量は約0.1kWhとなります。そこから、洗濯をする時間帯によって数値は異なりますが、一回約40分かかるとすると、
約10.8円となります。一か月使用で約334.8円、1年使用で3,942円になります。
これに水道代がかかってくるので、洗濯は意外と光熱費がかかっていることがわかります。

ドラム式

ドラム式洗濯機

まず、ドラム式とは、洗濯槽を斜めにして洗う方式です。メリットとしては、洗濯槽を斜めにして回転さすことによって、水を大幅に節約でき、衣類を持ち上げて洗う「たたき洗い」をすることで、衣類が傷みにくくなっています。また、少ない水で洗剤を溶かすので、泡が濃密になり油汚れなどをしっかり落とすことができます。
デメリットとしては、少ない水で洗うので、色移りしたり、黒ずみが目立ったりすることがあります。
では、ドラム式の電気代はいくらでしょうか?
ドラム式の消費電力量は約70kWhとなります。そこから、洗濯をする時間帯によって数値は異なりますが、一回約40分かかるとすると、約1.2円となります。一か月使用で約39.0円、一年使用で459.9円となります。

縦型とドラム式はどちらが電気代が高い?

上記を見る限り、やはりドラム式のほうが電気代はかからないことが言えます。また、ドラム式は縦型より節水となりますので、水道代も節約でき、非常にエコな製品となっています。
しかし、ドラム式のほうが、商品代が高い(縦型の商品価格が約10万円に対しドラム式は約25万円)のが悩ましいところですね。。。

洗濯機の電気代を節約するにはどんな方法がある?

ここからは、洗濯機の節約方法を解説していきます。
電気代を節約するのに参考にしてください!

電気代節約法1>洗濯物は大きな衣類から行う

この方法はあまり知らない方がほとんどかと思いますが、ズボンなどの重いものを先に入れ、靴下や下着など軽いものを後から入れる方法です。そうすることによって洗濯槽がスムーズに回転し、無駄な電気代と水道代を節約することができるんです!
とにかく重いものは「下」軽いものは「上」です!!

電気代節約法2>なるべくまとめて洗濯する

この方法は、まとめて洗うことにより、洗濯回数を減らすということです。1回約4円かかりますから、2回も回すとその倍になりますよね?更に水道代も倍になりますから、まとめて洗うほうがいいですよ!

電気代節約法3>洗濯物を一度に詰め込みすぎない

上でまとめて洗うほうがいいといいましたが、詰めすぎもよくありません!汚れが落ちにくいうえ、電気代・水道代が余分にかかってしまいます!洗濯の量は約8割までに抑え、適度にまとめて洗濯するほうがベストです!

電気代節約法4>洗濯のコースを「お急ぎコース」にする

これは、単純にすすぎ・脱水の数が少なくなるコースを選ぶことで、洗濯機の稼働時間が短くなるのと節水にもなるので電気代・水道代を抑えることができます。しかし、回数を減らす分汚れは落ちにくくなるので、注意が必要です!

電気代節約法5>洗剤は適量を使用する

これは、洗剤の量を適量にしないと、洗剤を落とすのに時間がかかりすすぎの回数が増えるので、洗濯機の稼働時間が長くなるからです。また、洗剤も多く使うと洗剤の消耗率も上がるので、洗剤の量は適量を使用するようにしましょう!

新品を購入するだけで節約になるかも!?

近年の洗濯機は非常に省エネに優れた商品が多数登場しております。実際、最新型と旧型どれくらい違うのでしょうか?

旧型(2007年製同社のドラム式洗濯機)

旧型は新型に比べ、洗濯時間が約55分かかります。消費電力量も約0.13kWhと高くなっております。これを電気代計算すると、約3.5円かかります。
10年前は電気代が非常に高かったですね。。。

新型(2018年製同社のドラム式洗濯機)

新型は旧型に比べ、洗濯時間が約30分となります。消費電力量は約0.07kWhと低く、洗濯時間も短くなるので、電気代は、約0.9円と安くなります。
10年前と比べると洗濯機はここまで進化しているので、買い替えるほうが省エネで節約になりますね!

省エネに優れた、おすすめの洗濯機

ここからは、今すぐにでも買い変えたいおすすめの洗濯機を3つご紹介致します!

こちらの機種は少ない洗剤の量で大量の泡を作り出し、衣類を傷めずしっかり洗ってくれる優れものです!更に洗剤を自動投入してくれるので、洗濯物の量に合わせた最適な洗剤の量を入れ、節約してくれます!また、温水洗浄可能ですので、油汚れもしっかり落とす優れものです!
この洗濯機の消費電力量は0.068kWhとなり、洗濯時間は32分ですから、一回当たりの洗濯の電気代は約0.97円と驚異の電気代となります!
毎日洗濯をしても、一か月で約30円となりますので、非常にエコな商品と言えるでしょう!

シャープ ES-GV10C 縦型洗濯機

こちらの機種の特徴は、穴なし槽がとってもいいんです!なにがいいかというと、穴があると、洗濯槽の裏側まで水を出さないといけない分、余分に水道代がかかりますが、穴なし槽は洗濯槽に穴がないので、洗濯槽の外まで水を出す必要がないので、節水になります!また、洗濯槽の外から入り込む黒カビや雑菌などから守ってくれる優れものです!
更に音が35㏈とかなり小さいので、夜に洗濯を回す方でも、気にならないところもいいですね!
この洗濯機の消費電力量は0.098kWhとなり、洗濯時間は45分ですから、一回当たりの電気代は1.98円となります。一か月で61.5円となり、ドラム式よりも電気代はかかりますが、非常におすすめの商品です!

日立 BD-V9800L  ドラム式洗濯機

こちらの機種の特徴はとにかく間口が直径61cmと広いところです!毛布を入れたり、まとめて服を入れたりするときに間口が狭いと入れにくくて苦労すると思いますが、この機種は非常に楽に服を入れることができます!また、「ナイアガラ洗浄」で圧倒的な遠心力と水圧で、衣類に潜んだ汚れや取りきれてない洗剤などを徹底的に取ってくれる優れものです!
この洗濯機の消費電力量は0.069kWhとなり、洗濯時間は32分ですから、一回当たりの電気代は0.99円と驚異的な電気代となります!一か月間毎日使用しても約30円となりますので、毎日洗濯をされる方は非常におすすめです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?少しでも光熱費は抑えたいものです!洗濯機の電気代を安くするポイントはなるべくまとめて洗濯すること!洗剤は適量を使用する!古いタイプの機種から新しいモデルに買い替える!これを行うことで、大きく電気代、水道代を減らすことができると思います!
近年洗濯機も大きく進化をしています。それにより、非常にエコになっております。
あなたにピッタリの洗濯機が見つかるといいですね!
以上、「洗濯機の電気代はどのくらい?節約方法からおすすめの機種も網羅」でした!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ミズウエ ソウタ
主に家電量販店に働いていた経験を活かし家電を紹介できればと思っています。
2018年6月から参加せてもらいました。家電量販店で得た知識を活かせれればと思います。よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧