蛍光灯の電気代っていくらなの?形状別の電気代比較から蛍光灯を賢く使う方法まで!

この記事を執筆するにあたって

家電量販店にていろいろな蛍光灯があり、形だけではなく色合いやワット数に対する明るさの違いなどを店頭や実際に購入してみて比較をしています。

Written By 黒澤 まち

目次

蛍光灯の電気代について解説します

暗いところを明るくするために必要な光、手軽に、さらに明るいので多くで採用されている蛍光灯。最近ではLED型のものも増えてはきましたが、それでもなお完全に置き換わったわけではなく、まだまだ蛍光灯を採用している照明器具も多くあります。
蛍光灯を普段何気なく利用していますが、蛍光灯を使った場合の電気代はどのくらいかかるのでしょうか。蛍光灯はさまざまな種類が市販されており、この形のものはどのくらい電気を使うのだろう、とかかなりまぶしいから相当な電気代がかかりそうだな、など疑問に思うことが多々あり、今回は蛍光灯の種類や形状などに応じた電気代を調べてみましたのでご紹介します。

蛍光 灯 電気 代

蛍光灯の電気代はどのくらい?【形状別】

一口に蛍光灯と言っても、家電量販店の蛍光灯などの照明機器売場に行くとさまざまな形状の蛍光灯が販売されています。
形状に応じて電気代は変わってくるのでしょうか?蛍光灯の形状別の電気代を見てみましょう。

蛍光 灯 電気 代

電気代を計算するための計算式

まず、電気代を計算するための計算式を確認しましょう。
蛍光灯の電気代を調べるのは、以下の式で計算ができます。
消費電力[W]×使用数[本]×1日使用時間[時間]×電力料金単価[円]

引用元:株式会社ナニワ

電力料金単価を算出するには、1時間当たりの1[W]の電気料金を求める必要があります。
電気料金の検針票などを見ると、1kW/hあたりの料金で記載されていることが多いと思います。
これは1[キロW]なので、この料金を1000で割ることにより、1[W]の単価を出すことができます。
例えば、1[kW/h]あたり25[円]の場合は、25[円]÷1000=0.025[円]と算出できます。

蛍光灯の電気代は1日10時間使い、1[kW/h]あたり25[円](単価0.025[円])、20形にて算出します。

蛍光 灯 電気 代

丸型蛍光灯の電気代は?

丸型蛍光灯は、円形の蛍光灯です。
様々な商品がありますが、今回丸型蛍光灯の例として、NECライティング株式会社のライフルックHGX
FCL20EX-D/18-X
製品を例に算出します。
FCL20EX-D/18-Xの定格ランプ電力は18[W]ですので、電気代は、18[W]×1[本]×10[時間]×0.025[円]=4.5[円]
1日あたりの蛍光灯の電気代は4.5[円]と算出することができました。

引用元:NECライティング株式会社

蛍光 灯 電気 代

直管蛍光灯(スタータ型)の電気代は?

直管蛍光灯は棒状の蛍光灯です。その中のスタータ型はグロースタータと呼ばれる点灯管を使い、点灯させる方式です。
蛍光灯だけではなく、グロースタータ点灯管が必要なタイプですが、後程紹介します点灯管の不要なラピッド型が普及してきており、今後、スタータ型は減少していくものと考えられます。

直管蛍光灯(スタータ型)の例として、NECライティング株式会社のライフルックHG FL20SSEX-D/18-HG製品を例に算出します。
FL20SSEX-D/18-HGの定格ランプ電力は18[W]ですので、電気代は、18[W]×1[本]×10[時間]×0.025[円]=4.5[円]
1日あたりの蛍光灯の電気代は4.5[円]と算出することができました。

引用元:電球豆知識NECライティング株式会社

蛍光 灯 電気 代

直管蛍光灯(ラピッド型)の電気代は?

ラピッド型は、ラピッドスタート形とも呼ばれ、蛍光灯が即時に点灯するように設計されています。スタータ型よりも安定器が大きく、重たいのが特徴ですが、点灯管が不要で蛍光灯のみの交換で運用ができるタイプです。

直管蛍光灯(ラピッド型)の例として、NECライティング株式会社のライフルックHG FLR20SEX-D/M-HG製品を例に算出します。
FLR20SEX-D/M-HGの定格ランプ電力は20[W]ですので、電気代は、20[W]×1[本]×10[時間]×0.025[円]=5[円]
1日あたりの蛍光灯の電気代は5[円]と算出することができました。

引用元:電球豆知識NECライティング株式会社

丸型蛍光灯の明るさによる電気代の違いは?

蛍光 灯 電気 代

丸型蛍光灯は色合いの違いで種類が分かれています。ここでは、丸型蛍光灯の色合い種類の違いで電気代が変わってくるのかを調べていきます。

電球色の電気代

電球色はオレンジ色に近い色合いが特徴です。
丸型蛍光灯電球色の例として、NECライティング株式会社のライフルックHGX FCL20EX-L/18-X製品を例に電気代を算出します。
FCL20EX-L/18-Xの定格ランプ電力は18[W]ですので、電気代は、18[W]×1[本]×10[時間]×0.025[円]=4.5[円]
1日あたりの蛍光灯の電気代は4.5[円]と算出することができました。

引用元:NECライティング株式会社

昼白色の電気代

昼白色は白に近い自然光のような色合いが特徴です。
丸型蛍光灯昼白色の例として、NECライティング株式会社のライフルックHGX FCL20EX-N/18-X製品を例に電気代を算出します。
FCL20EX-N/18-Xの定格ランプ電力は18[W]ですので、電気代は、18[W]×1[本]×10[時間]×0.025[円]=4.5[円]
1日あたりの蛍光灯の電気代は4.5[円]と算出することができました。

引用元:NECライティング株式会社

昼光色の電気代

昼光色は昼白色に比べ青みが入った青白い色合いが特徴です。
丸型蛍光灯昼光色の例として、NECライティング株式会社のライフルックHGX FCL20EX-D/18-X製品を例に電気代を算出します。
FCL20EX-L/18-Xの定格ランプ電力は18[W]ですので、
電気代は、18[W]×1[本]×10[時間]×0.025[円]=4.5[円]
1日あたりの蛍光灯の電気代は4.5[円]と算出することができました。

引用元:NECライティング株式会社

丸型蛍光灯の色合いによる電気代の違いをまとめると

色合いが異なる製品ですが、ランプの電力は変わらず、今回比較した製品では、どの色の丸型蛍光灯の電気代は変わらないこという結果が分かりました。

直管蛍光灯(ラピッド型)の明るさによる電気代の違いは?

次に直管蛍光灯の明るさの種類による電気代の違いについて調べていきます。
前項でも掲載しましたが、ラピッド型が普及し、スタータ型は減っていますので、直管蛍光灯のラピッド型のみ電気代を比較します。

電球色の電気代

直管蛍光灯電球色の例として、パナソニックのパルック FLR20SEX-L/M製品を例に電気代を算出します。
FLR20SEX-L/Mの定格ランプ電力は20[W]ですので、電気代は、20[W]×1[本]×10[時間]×0.025[円]=5[円]
1日あたりの蛍光灯の電気代は5[円]と算出することができました。

引用元:yodobashi.com

昼白色の電気代

直管蛍光灯昼白色の例として、パナソニックのパルック FLR20SEX-N/M製品を例に電気代を算出します。
FLR20SEX-N/Mの定格ランプ電力は20[W]ですので、
電気代は、20[W]×1[本]×10[時間]×0.025[円]=5[円]
1日あたりの蛍光灯の電気代は5[円]と算出することができました。

引用元:yodobashi.com

昼光色の電気代

直管蛍光灯昼光色の例として、パナソニックのパルック FLR20SEX-D/M製品を例に電気代を算出します。
FLR20SEX-D/Mの定格ランプ電力は20[W]ですので、電気代は、20[W]×1[本]×10[時間]×0.025[円]=5[円]
1日あたりの蛍光灯の電気代は5[円]と算出することができました。

引用元:yodobashi.com

直管蛍光灯(ラピッド型)の色合いによる電気代の違いをまとめると

丸型蛍光灯と同様に、今回比較しました製品では、色合いによって電気代は変わらないという結果でした。

蛍光灯の電気代を安くするにはどうしたら良い?

製品ごとの蛍光灯の電気代を調べましたが、電気代を安くするためにはどのようにしたらよいのかを調べてみました。

定格ランプ電力の小さい製品を選ぶ

電気代は定格ランプ電力(ワット数)によって変わります。定格ランプ電力が小さいものを選ぶと電気代を安くすることが可能です。ただし、製品によっては定格ランプ電力が小さい製品ですと暗く感じるものもありますので、心配な場合は購入前に一度販売店の方にご確認いただくことをおすすめします。

蛍光 灯 電気 代

点灯時間を短くする

電気代の算出項目で一番調整しやすいのが時間だと思います。使用する時間が長いほど電気代は上がりますし、反対に時間を短くすれば電気代を安くすることが可能です。使わない蛍光灯はこまめに消灯するように心がけると電気代を安くすることにつながります。

蛍光 灯 電気 代

まとめ

蛍光灯の電気代に着目して調べましたが、改めて電気代を算出・比較してみると、蛍光灯の明るさ種別ではあまり電気代に差がないことが分かりました。色温度や好みの色、周囲との調和などがあるかと思いますが、同じ形でしたら、できる限り明るい色の蛍光灯を購入して、こまめに電気を消灯するようにすることで蛍光灯の電気代を安くすることにつながります。
いろいろな蛍光灯がありますのでお気に入りの蛍光灯をみつけて、電気代を賢く節約しましょう!

蛍光 灯 電気 代

関連記事

他にも気になる家電製品の電気代について解説している記事がいくつかあるので、ぜひ合わせて読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
黒澤 まち
疑問から納得へ
はじめまして、実際に使ってみたいけれど、初めてのものは不安や疑問がたくさんあると思います。 疑問をもったらもうスタート地点には立っています。 その疑問が少しでも納得になれるように、疑問解決に役に立つような情報をわかりやすくご紹介できるようがんばります! よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧