コンセントの掃除にはたった3つだけでOK!おすすめグッズからNGまで

目次

コンセントの掃除について解説しました

コンセント 故障

皆さんは、コンセントのお掃除をしていますか。コンセントは、家電など生活にかかせないものですがコンセントについて考えることは少ないでしょう。
また、引越して一回もコンセントの掃除をした事のない方や、テレビ裏などの普段目にする事のないコンセント部分の長期間の放置などはございませんか。
実は、コンセントの掃除を怠り放置しておくと最悪の場合発火してしまい大変な事態を招きかねないのです。掃除を怠り、マイホームを無くしてしまうなんて事が起こらぬよう今回は、コンセントのお掃除方法についてご説明していきます。ぜひ、ご参考にされてください。

コンセントが掃除されていないとどうなる?

では、コンセントを掃除していないと一体どんな事が起こってしまうのでしょうか。見ていきましょう。

ホコリにより発火し、火事になる恐れも

コンセントにホコリが溜まっているのは家の中で良く起こっている光景です。かといって、コンセントに少量のホコリが溜まっているからと言ってわざわざ掃除する方は少ないです。
しかし、ホコリは空気中の水分を吸い取る性質があります。
コンセントに溜まっているホコリは見た目は乾燥しているように見えますが水分を含んでいます。その湿気たホコリがプラグに溜まり微量の電流が流れた際に発火する危険性があります。

湿気による感電

雷が、プールに落ちた場合水全体を感電させてしまうように、コンセントにも電流が流れているため湿気に反応し感電する事は多くあります。
先程述べた、コンセントにホコリが溜まり湿気と共に発火するのはこのメカニズムであります。コンセントのプラグに湿気がかかりホコリと共に感電し発火してしまいます。プラグの湿気を定期的に拭き取る事で防ぐことができます。

参考:東京ガス

コンセントの掃除方法!【3つだけでOK!】

それでは、コンセントの掃除方法を見ていきましょう。コンセントを手順通り安全に掃除していきましょう。

【掃除1】コンセント表面の掃除にはマイクロファイバー乾拭き!

マイクロファイバー は、テレビの掃除などで良く使われる水気が無くともホコリや汚れを拭き取ってくれる優れものです。水分が点滴なコンセントプラグを掃除するのには持ってこいの掃除用具です。では、手順を確認していきましょう。

掃除方法手順
①コンセントのプラグを抜きましょう。その後、プラグ部分をマイクロファイバー で拭きます。細かい部分などは拭きにくいので最初にマイクロファイバー を小さめに切っておくと良いでしょう。
②プラグを拭き終わったら、コンセントの頭部分を拭きます。コンセントの頭部分はホコリが一番溜まりやすい場所です。ここのホコリを取り除く事でプラグへのホコリの侵入を防ぎます。
③コンセントのコード部分を拭いていきましょう。コンセントコードは、絡まり合っている場合が多いので掃除の場合に一本一本優しく解いて行きましょう。コード部分もホコリを直に受けますので丁寧に拭きましょう。

掃除の際の注意点
マイクロファイバー で掃除する際、決してプラグ差込口にマイクロファイバー を入れて掃除をしないようにしましょう。
コンセントの差込口には、電流が流れています。感電の恐れが大いにありますので、マイクロファイバー を入れ込んで掃除をしたり、棒を入れたりしないようにしましょう。

【掃除2】コンセントの中の掃除にはブロアー!

先程、注意した通りコンセントの差込口は大変危険です。しかし、コンセント差込口にもホコリは溜まっておりそれが原因で発火する恐れもあります。
そこで、コンセント差込口の掃除に最適なのがブロアーです。ブロアーでの掃除方法を見ていきましょう。

掃除方法手順

①コンセントを全て抜きます。次に、コンセント差込口に向かってブロアーで空気を送り込んでいきましょう。こうする事で、コンセント差込口に溜まったホコリが払われます。

②ブロアーで何度か空気を送り込みホコリが払われたら、マイクロファイバー を使用し差込口付近のホコリを拭いていきましょう。

注意点

ブロアーの先端は、細い棒状になっていますので差込口に入ってしまわないように気をつけましょう。入ってしまうと、感電などの原因となってしまいます。

【掃除3】コンセントコードの掃除にはマイクロファイバー!

コンセント掃除で、忘れてはいけないのがコードの掃除です。コンセント使用量が多いテレビ裏などはホコリが溜まりやすく、絡まりやすい部分なので掃除と共に絡まりも解いていきましょう。

掃除方法手順

①コンセントを全て抜きます。次に、コンセントの絡まりを優しく解いていきましょう。

②コンセントのホコリをマイクロファイバー で吹いていきましょう。コンセントの置かれていた床もホコリが溜まっているので一緒に拭き取ります。

③ホコリを拭き取ったら、コンセントのコードをタイラップなどを使用して出来るだけまとめてしまいます。コンセントの絡まりは、コンセント故障や家事の原因となる場合があるのでまとめる事をおすすめします。

今は、コンセントを集中的に使用する場所のためにコンセントをまとめてホコリから守ってくれるグッツも多くあります。それらを使用しながら発火を防ぎましょう。

コンセントの掃除に使えるグッズ

コンセントの掃除に使えるグッツをご紹介いたします。ぜひ、参考にされて下さい。

ブロアー

カメラの掃除などで使用される、空気を当ててホコリを払っていくグッツです。手で掃除の出来ない、コンセント差込口の掃除にとても最適なグッツです。

マイクロファイバー

テレビなどの掃除で使用されるため各家庭に一つある事が多いでしょう。水分が入らずにホコリや汚れを拭き取ってくれる掃除グッツです。メガネ拭きなどもマイクロファイバー の一種ですので、代用する事も可能です。

ハンディワイパー

ハンディワイパーは、各家庭に1つある場合が多いのではないでしょうか。コンセント差込口を掃除する際、ブロアーが無くともハンディワイパーで掃除する事が可能です。掃除手順は以下の通りです。

掃除方法手順

①コンセント差込口から、コンセントを抜きます。抜いたら、ハンディワイパーを使い優しく差込口をのホコリを払って行きましょう。この時、あまり中まで入れ込むと危ないので手前部分のみにしましょう。

②ハンディワイパーで差込口のホコリを払えたら、マイクロファイバー などを使用して、差込口の周りを拭き取っていきましょう。差込口付近のホコリを拭き取る事で差込口へのホコリ混入を防ぎます。

注意点

コンセント差込口を掃除する前に、ハンディワイパーに水分が無いか、周りに水分や湿気が無いかを確認したください。湿気や水分に電流が反応し感電してしまう恐れがあります。

掃除機

掃除機は、一家に一台ある事が多い掃除グッツです。掃除機を使用してコンセントの差込口を掃除しましょう。

掃除方法手順

①掃除機の先端を、細い物に変えましょう。次に、コンセントを全て抜きます。

②コンセント差込口から、10センチほど掃除機の先端を離しホコリを吸い取っていきましょう。

注意点

掃除機先端は、ブラシ使用の物は使用しないようにして下さい。ブラシがコンセント差込口内部に入り込んでしまうと感電の原因となってしまいますので注意しましょう。

コンセント掃除に使ってはいけないグッズ

コンセントの掃除には、使用してはいけないグッズがあります。間違った掃除グッズで、危険な目に合わないように使用してはいけないグッズを確認していきましょう。

濡れた雑巾

コンセントは、水分や湿気が対敵です。よく、水は電気を通すと言われますが、まさにその通りで、水分を多く含んでいる濡れた雑巾を使用する事で最悪の場合、コンセントより水を通して感電してしまう場合があります。
手に持ったまま感電してしまうと、身体に影響を与えかねません。床の拭き掃除をする時、一緒にコンセント掃除をしている方は直ちに辞めましょう。
濡れた雑巾もですが、濡れティッシュやウエットティッシュの使用も控えましょう。

アルコール類を使っての掃除

アルコール類には、引火性があるものがあります。一見、除菌も出来て清潔になると思われますが、コンセントの掃除には不向きです。アルコール類で掃除をしたために引火に繋がってしまわぬよう使用するのは控えた方が良いでしょう。

ドライバーで中のゴミを掻き出す

コンセントの差込口には、電流が流れています。そこに、ドライバーを差し込むと金属に電気が反応し発火する危険性が高いです。ドライバーのほか、ネックレスなどの金属の塊をコンセント付近に置くのも危険です。
金属が近づくとだけでも火花を散らしてしまう程、金属と電流は相性が良いです。ドライバーでゴミを掻き出すなどは決して行わないようにしましょう。

まとめ

コンセント 故障

いかがでしたでしょうか。コンセントの掃除には最適な道具があり、感電などに注意しながら行わなければいけない事が分かりました。
コンセントは、こまめに掃除しなければ最悪の場合、発火し火事を起こしてしまう可能性が充分にあります。
定期的に、コンセントをお掃除していくことで防ぐことが可能ですのでテレビ裏などコンセントを多く使用する場所から順に掃除をしていきましょう。

関連リンク

また他にも様々な国のコンセント事情について執筆しています。気になる方はぜひ合わせて読んでみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧