iPadの容量不足には外付けHDDがおすすめ!メリットとおすすめ商品までご紹介します

この記事を執筆するにあたって

初めてのスマホはwindowsmobile機です。その後登場したandroidやiPhoneによってwindowsOSのスマホは既に殆ど見かけなくなりましたが、触ってみなければ納得も批判も出来ないとiOS機器も4Sから5C→6S→7+iPadと愛用しています

Written By 田奈 修

目次

iPadの外付けHDDについて解説します

今回は、iPadでのHDD導入に関してのご紹介を行っていきたいと思います。
前回別の記事にてiPadでのUSBメモリの解説も行いました。

しかし、USBメモリと外付けHDDは似て非なる物。
その取り扱いや、iPadに対して外付けのHDDを導入するメリットなどを踏まえながら、出来るだけ分かりやすく解説をしていきますので、特に現在iPadの容量不足に親並みの方などはじっくり記事を読んで貰えればと思います。

iPadと外付けHDDの使い方

iPadで使うことの出来る外付けHDDはケーブルなどを用いる形態よりも自宅のネットワークに接続して扱う機器が多く、PCやTV用として販売されている従来のHDDとは使い方が異なります。
ここでは、実際のデータのバックアップ方法などと併せて基本的な外付けHDDの使い方を紹介していきます。

写真のバックアップ方法

iPadで外付けHDDを扱う際には、基本的にアプリを経由してバックアップするデータを選択します。
外付けHDDのメーカーが指定したアプリを使う事が多いと思いますが、専用アプリをインストールした後に、外付けHDDとiPadを無線ネットワークにて接続します。
外付けHDDにアクセスできる状態になれば、アプリを起動して写真を選択後外付けHDDにコピーやバックアップを行う。という流れになります。
初期に行うHDDとの接続以外は大きく難しさを感じる部分は無いかと思いますが製品によって家庭内LANに接続をするのかiPadと直接接続を行うのかは異なる部分もあるので自分の使い方にあった製品を選ぶのがおすすめです。

重要なデータのバックアップ方法

写真や動画のみにならず、もっと大切なデータのバックアップを取りたいと言うニーズももちろんあると思います。
苦労して作った仕事用の資料であったりなども重要なデータと言えますね。
こういったデータのバックアップもHDDがあれば万が一に備えて対応が出来ます。
ただし写真などのバックアップと違う点としては、各HDDのメーカーが配信しているアプリでこれらの希望するファイル形式をサポートしているかという注意点があります。
重要なデータであるが故に、迂闊にデータの移動や削除が出来ては逆に大変だという思いからの仕様ではないかと思われますが、バックアップを取りたいデータを触ることが出来なければ困ってしまうのも事実。
万が一にもこういった場合には、別途ファイルマネージャー等の【PC等と同じようにある程度自由にファイルの参照や移動が行えるアプリケーション】が必要になってきます。
これらのアプリでファイルを選択し、接続されているHDDに送信するという流れでデータ保存を行う事になります。
しかし、アプリ開発元とHDD及び専用アプリの開発元はやはり異なるため、該当のアプリケーションでどんな種類のファイル形式を扱えるか?やどこまでの保存をサポートしているかと言った問題点も別に出てきてしまうため、おすすめとしてはファイルやフォルダの表示までを可能としている外付けHDDなどを選択する方が間違いが無いです。

動画撮影方法

HDDと接続がされていれば、本体の容量が一杯であっても直接写真や動画の保存が可能な製品が存在します。
こういったダイレクト保存に対応していれば特に難しい設定なども必要無く通常通り写真や動画を撮影すればしっかり保存もされるので心配がありません。
HDDにそのような機能が付いていない場合は、現在iPad本体内に保存されている動画などを一度HDD内に移動させて本体容量を増やしたり、本体容量に多少の余裕があれば撮影した後にHDDに移動やコピーを行うという方法で対応も可能です。

外付けHDDの導入理由!iPadの容量が足りない原因は?

外付けHDDの導入前に容量が不足してしまう原因を考えてみたいと思います。
iPadの容量が不足してしまう原因は様々あるかと思いますが、自身が使用してみたり周りの人々のiPadを調べてみて原因となり得る部分を挙げてみましょう。

iPad本体の初期の空き容量が少ない

意外と当たり前の事ではありますが比率としては決して少なくないのがこちらの原因。特に、初めてiPadを所持する方だと後から「こんなに簡単に容量が不足してしまうとは思わなかった」という声も珍しくありません。外付けHDDで購入の際の計算ミスを解消することがベストでしょう。

様々なアプリを導入している

続いての原因がこちらです。
iPadは、その製品の特徴として製品1台で様々な事が出来るという便利さを備えています。
プリインストールされているNumbers等のワーク系アプリからゲームに至るまで、AppStoreには実に様々なアプリが存在します。
アプリによってはアプリ本体その物の容量がかなりの大容量となる物もあるためあまりに多くのアプリを導入すると容量の圧迫に繋がるケースがあります。

写真や動画などのデータが大量にしまいこまれている

最近は、iPadもiPhone同様世代がかなり進んできて「今のiPadはこれで〇台目なんだ」と、iPadを新しくしつつ今でも愛用している方も多いと思います。
その際に昔から保存していた写真や動画データなどを、旧iPadから新iPadに移行しつつ使い続けて居る人も居るのではないでしょうか?
長年蓄積されたこれらのデータは数も多くかなりの容量になりますのでこちらも容量不足を引き遅く1つの原因となります。

iPadに外付けHDDを使うメリットは?

では、実際にiPadを使う人にとって外付けのHDDを使用するメリットにはどのような物があるのでしょうか?こちらで挙げきれないメリットもあるかも知れませんが、大きく分けていくつかのメリットを挙げてみたいと思います。

iPadの容量に悩まされない

一番は確実にこちらです。
iPadは新モデルが出る度に本体の容量アップを図り今では最大512GBの大容量モデルも存在します。
しかしやはり、ストレージの容量と比例して本体の価格も高くなっていきます。
実際購入前から「確実にこの容量が必要」だと言う人よりは、実際に使ってみるまでどれだけの容量を今後必要とするのか判断が付かない人の方が多いのではないでしょうか。
外付けのHDDがあれば、iPadを新たに購入する際にも容量をある程度抑えた安価なモデルの購入も検討出来ますよね
「少ない容量で大丈夫と思って居たのに・・・」と、後から後悔してしまう事も減り、容量に悩むこと無くデータのやりとりが可能になります。
いざ写真を撮ろうとしたら保存が出来なかったり、苦労して作った書類などのファイルが保存できず、なくなくやり直すことになったりしたら・・・
こんな不安が解消されるのは非常に大きいメリットではないでしょうか

iPad内にある写真データをすぐに渡せる

続いてのメリットです。
iPadには今ではおなじみとなったAirドロップという機能があります。
macや同じiOS搭載製品が相手なら、Wi-Fiなどのネットワークを利用してすぐにデータを渡すことが出来ますがこれはあくまで使える機器が限定されていると言う点に注意が必要です。
PCにデータを渡す際にも、基本的な方法はケーブルで接続し、専用のソフトを起動し・・・と、決して手軽とは言いがたい方法になっています。
外付けHDDならば、各種の設定を済ませる事で、家庭内のネットワークを通じPCやその他の機器に写真データを渡すことが可能となります。
そのおかげで、「常にケーブルを用意して」であったり、「メールにこの写真を添付して・・・」いう煩わしから開放されます。

大切なデータのバックアップ

日頃から扱う機器だからこそ、中には大切なデータが多いもの。
「旅行先にもiPadを持っていくよ」という人なら中には思い出となる写真が数多く残っているでしょうし、「仕事で扱うデータもiPadで持ち歩いて活用しているよ」という仕事熱心な方ならこれらのデータが消えてしまったときには死活問題になってしまうと思います。

これらの大切なデータのバックアップは特に重要とされていますが、実際に行おうとするとどうでしょうか?
PCを所持している方なら「iTunes」なるソフトでバックアップを取ってみた事があるという人も居るかと思いますが、日頃から定期的なバックアップをしようとすると、この作業は中々手間もかかります。
出来る事なら、バックアップは取るのは、簡単で手間のかからない方法が良いと思うのは当たり前のことです。
iPad用の外付けHDDは、Wi-Fiなどのネットワーク経由でiPadと接続されるためケーブルも不要で手軽に、残しておきたいファイルをバックアップすることが出来ます。
必要に応じてデータをやりとりできるので、時間もかかりにくくそのままiPadの利用を続けられるのも嬉しい点ですね

iPadにぴったりの外付けHDDはどれ?

現時点でも、iPadに対応出来るアクセサリの1つとしてHDDやUSBメモリの種類も豊富になってきました。
どんな部分を重視して選択すれば良いかと悩まれる人も多いと思いますので、いくつかぴったり当てはまりそうなおすすめの商品をご紹介したいと思います。
また、この記事を執筆している2018年7月現在では、USBメモリの様に直接iPadに有線接続を行えるHDDの類いはほぼ存在をしていないか極めて少ない状況下となります。
ここではあくまでも「iPadとHDDのみの環境でも手軽に使える」事を前提に、ネットワーク環境が無くとも使用が可能な製品を基準に選択させて頂きました。
また、重要となるHDDの容量ですが、「実際に1TBと言われてもどれくらいのデータが保存出来るの?」と言う人の為にも、事前にイメージしやすい写真データで換算して解説してみますと【1TB=写真25万枚分】にもなります。かなり驚きの大容量ではないですか?
iPadで使用するHDDともなれば容量も多めの製品が多いので、そちらの容量もイメージしつつ製品の紹介を読んで頂ければと思います。

東芝 TOSHIBA キャンビオ AeroCast 1TB ネットワークストレージ Canvio HDTU110EKWC1

参考価格:¥25,532(2018年7月14日現在)

まずはこちらから。こちらの製品は、東芝から販売されているHDDとなります。
写真で見て頂いても分かるように、小型でかさばらないコンパクトなサイズでありながら1TBという大容量のストレージ容量。そのため大量のデータを保存しておくことが出来ます。
同時接続出来る機器は6台まで対応可能となっており複数人でのデータ共有も簡単に行えます。
他社製のHDDと異なる点としてはSDカードスロットを搭載している点。
旅行などのシチュエーションでは、「写真は別途持参したカメラで撮影する」という人も少なからず居ると思います。デジタルカメラなどのデータ保存に使われるのはSDカードが主流となっていますので、撮影した写真などを即座に共有できるというのも嬉しいポイントになるのではないでしょうか
iPadなどへの接続も専用アプリをインストール後に、指示に従ってWi-Fi接続を行うだけなので難しい設定も不要となっています。

SEAGATE ワイヤレスポータブルHDD Wireless Plus 1TB(Wi-Fi ストリーミング内蔵)

参考価格:¥18,480(2018年7月14日現在)
続いては、SEAGATE社から販売されているHDDのご紹介です。
製品特徴としては、他社製品と同等の部分もありますが同時接続数は東芝の製品よりも多く、7台まで対応可能になっています。
また、【Wi-Fiハブ】なる機能も備えており、こちらのHDD製品をネットワークに接続する事で「HDDに接続したiPadなどの製品でネットワーク接続の共有が出来る」という優れもの。
**「ネットワークがあるならiPadも直接接続すればいいのでは?」
という疑問を感じる人もいると思われますが、iPad・スマホ・果てはPCまでと人によっては使用する機器が多くその全てを1台ずつネットワークに接続するのは地味に面倒な作業になってしまいます。
更に、「データの共有をするためにまたHDDに接続し直して・・・」という煩わしさを感じる事無く、HDDへの接続さえ済んでいればそのままインターネット接続も可能というのは効率も良く非常に便利な機能に仕上がっています。
GoogleDriveやDropbox等のオンラインストレージと同期も可能になっている他、iPad使用者には嬉しい【AirPlay】にも対応している為、HDD内の動画データなどを自宅のTVに出力して大画面で再生すると言った使い方も出来てしまいます。
TVへの映像出力は他にも専用ケーブルを用いる方法がありますが、ケーブルも高価でiPadを手元で操作するのが困難になるためワイヤレスで出力が出来るこの機能は地味にありがたい機能ではないでしょうか。
HDDとiPadの接続は、App Storeで専用アプリが配信されているため接続及びデータ転送も簡単に行えるなど使いやすさも考えられているのでおすすめしやすい商品の1つだと思います。

引用元:公式サイト商品詳細ページより

バッファロー(BUFFALO) MiniStation Air Wi-Fi接続ポータブルHDD HDW-PDU3-Cシリーズ

参考価格:1TBモデルで¥17,366~(2018年7月14日現在)

まずはPC周辺機器を多数販売して居るバッファロー制のHDDとなります。
製品の特徴としては、Wi-Fiネットワークなどの環境下では扱えるのはもちろんながら、こちらの製品も自宅にネットワーク環境が無い等の場合でも、iPadと直接接続が可能なので自宅にインターネット環境がないと言う人でも安心です。

HDD本体の動作は電源不要の充電式となっており、万が一の際にはこちらのHDDからiPadなどへの充電も行えるなど多少ながらモバイルバッテリーとしての使用も出来る点が嬉しいポイントです。
また、容量は1TBと2TBのモデルが用意されているため、「1TBでは少し心許ない」という人でも複数のHDDを用意すること無くデータ管理が行えるので選択の幅も広がるのではないでしょうか。

なお、同時に接続出来る機器の台数は8台まで対応
持ち運びも視野に入れた小型で軽量な作りとなっているため外出先でデータのバックアップを行うのはもちろんの事ながら周りに居る知人や友人も一緒に接続をしてデータの共有なども簡単に行えます。
初期の設定やデータ転送は専用のアプリを用いるため細かく難しい設定も不要で機器の設定に不安を感じる方にもおすすめしやすい製品となっています

まとめ

前回に続き、今回もiPadで使用する為の外部ストレージの解説をさせて頂きました。
USBメモリなどと違って、【大容量】【同時接続可能】【ワイヤレスでストレスフリー】【機能面もUSBメモリと比べて多機能】と目的は同じくデータの保存といってもその製品の特徴は大きく異なると思います。
なんと言っても、【1TBは写真データ換算で25万枚分、動画ならフルHDの画質で160時間分】とこの容量の大きさは非常に大きなメリットになると思います。
動画のストリーム再生に対応している製品なども豊富なので、動画データをしまい込んでおいて外出先で視聴するといった使い方も出来ますし、1つ所持していればその使い道も色々出てくる製品となっています。
HDDというと、どうしても大きく場所を取るというイメージもついて回りますが最近はモバイルバッテリー並みに小型で軽量の製品も数多く販売されているので、今後も長くiPadを使用する人には特におすすめ出来る外部機器だと思います。
記事を読んだ皆様に興味を持って頂ければ幸いだと思いますので、是非お気に入りの1台を見つけて、更に便利にiPadを利用して貰える事を願っています。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7532c94a 9ab3 4d18 a855 7a990a2b8cc0
Written By
田奈 修
見た人全てに「見て良かった」と感じて貰えるような記事作成を目指しています
家電好き、ガジェット好きが引き金となって2018年より家電製品関連のライター業務を行って居ます 数多くある商品の中から、使う人目線での有益な情報を発信していけるように努めていきたいと思います。 「こんな製品があったのか」と驚きを生まれさせることが出来る様に記事作成には特に力を入れて取り組みたいと思って居ます。 宜しくお願い致します

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧