LED蛍光灯の電気代はいくら?形状別の電気代を徹底調査【おすすめアリ】

この記事を執筆するにあたって

電気系技術者としてLEDと蛍光灯の動作メカニズムに基づき、電気代の差がどのように現れるのか、解説できると思い、執筆しました。また、ちょうど手元に分解したLED電球もあったので解説に活用しました。

Written By えどう タロー

目次

LEDと蛍光灯ってどっちが安いの?

「LED電球の電気代が安いって聞くんだけど、ホント?」とか「LED電球って商品そのものが高いんだけど、本当に安いの?」とか、最近、LED電球が話題になっていると思います。

蛍光 灯 led 電気 代

なんとなく、LED=安いというイメージがあるように思います。
街角の街路灯も次々と蛍光灯からLEDに変わってきていて、それによって自治体が支払う電気代が1/3になったなんてニュースもあります。

では、これまで電気代が安い、といわれてきた蛍光灯とLEDとでは、電気代はどのくらい違うのでしょうか?

今回は、蛍光灯とLEDの1ヶ月の電気代の違いについて調査してみました。
(以後、電気代は1kWあたり30円として計算しています)

参考:ITmedia 4900基の防犯灯をLED化するのはなぜ、埼玉県東松山市

【丸型】LED・蛍光灯の電気代【ワット形別】

まず、LED・蛍光灯の電気代について調べてみました。

【20ワット形】LED・蛍光灯の電気代

LEDだと9ワット


こちらの商品だと、20ワット形で消費電力は9ワットです。
1ヶ月の電気代を計算してみます。
|点灯時間|1時間/日|2時間/日|5時間/日|8時間/日|常時点灯|
|--:|--:|--:|--:|--:|--:|
|電気代|8.1円|16.2円|40.5円|64.8円|194.4円|

蛍光灯だと18ワット

蛍光灯のこちらの商品だと20ワット形で消費電力は18ワットです。
LEDと比較すると、消費電力は2倍になります。

このため、1ヶ月の電気代は・・・。

点灯時間 1時間/日 2時間/日 5時間/日 8時間/日 常時点灯
電気代 16.2円 32.4円 81円 129.6円 388.8円

【40ワット形】LED・蛍光灯の電気代

続いて、40ワット形です。

LEDだと18ワット


LED形の丸形タイプは消費電力が18ワットでした。
1ヶ月の電気代は・・・。
|点灯時間|1時間/日|2時間/日|5時間/日|8時間/日|常時点灯|
|--:|--:|--:|--:|--:|--:|
|電気代|16.2円|32.4円|81円|129.6円|388.8円|

蛍光灯だと38ワット

一方蛍光灯です。


こちらの商品では消費電力が38Wでした。

これを元に、1ヶ月の電気代を計算すると・・・。
|点灯時間|1時間/日|2時間/日|5時間/日|8時間/日|常時点灯|
|--:|--:|--:|--:|--:|--:|
|電気代|34.2円|68.4円|171円|273.6円|820.8円|

【コラム】なんでLEDの消費電力は小さい?

調べてみると、概ね蛍光灯と比較してLEDは半分以下の消費電力・電気代であることが分かりました。

では、なぜLEDは消費電力が小さいのでしょうか?

答えはその動作原理にあります。

蛍光灯は放電してできる電子を光に変換している

蛍光 灯 led 電気 代
図作成:えどう

蛍光灯は、蛍光灯内で放電し、飛ばされた電子が蛍光灯内にある水銀原子に衝突することで、紫外線を放出します。
その紫外線が、蛍光灯に塗られている蛍光体に当たることで、光を放ちます。

LEDは電気を直接光に変換している

蛍光 灯 led 電気 代
撮影:えどう

例として、LED電球の内部写真を示します。LED電球はとてもシンプルな構造に見えます。

実は、LEDは内部で電気エネルギーを直接光エネルギーに変換しています。このため、熱を利用した白熱電球や、放電を利用している蛍光灯と比べるとエネルギーロスが少ないので、同じ光量を実現するのに低消費電力化することができます。

また、LEDは、非常にシンプルな構造で、電流が流れている間だけ発光することが可能です。このため、人の目で判別することができないくらいの点滅スピードにすることで、さらなる低消費電力化を実現することができます。

【直管型】LED・蛍光灯の電気代【ワット形別】

では、続いて、直管型のLEDと蛍光灯の電気代を比較してみましょう。

【20ワット形】LED・蛍光灯の電気代

LEDだと10ワット

この商品だと、消費電力は10Wです。

この消費電力を元に、1ヶ月の電気代を計算すると、、、
|点灯時間|1時間/日|2時間/日|5時間/日|8時間/日|常時点灯|
|--:|--:|--:|--:|--:|--:|
|電気代|9円|18円|45円|72円|216円|

蛍光灯だと18ワット

蛍光灯の商品の場合、消費電力は18Wでした。

この情報を元に、1ヶ月の電気代を計算すると・・・。
|点灯時間|1時間/日|2時間/日|5時間/日|8時間/日|常時点灯|
|--:|--:|--:|--:|--:|--:|
|電気代|16.2円|32.4円|81円|129.6円|388.8円|

【40ワット形】LED蛍光灯の電気代

続いて、40W形について調査しました。

LEDだと18ワット

LEDタイプのこちらの商品の消費電力は18Wでした。

この消費電力を元に、1ヶ月の電気代を計算すると・・・。
|点灯時間|1時間/日|2時間/日|5時間/日|8時間/日|常時点灯|
|--:|--:|--:|--:|--:|--:|
|電気代|16.2円|32.4円|81円|129.6円|388.8円|

蛍光灯だと36ワット

こちらの蛍光灯タイプの商品の消費電力は36Wです。

この消費電力を元に、1ヶ月の電気代を計算すると・・・。
|点灯時間|1時間/日|2時間/日|5時間/日|8時間/日|常時点灯|
|--:|--:|--:|--:|--:|--:|
|電気代|32.4円|64.8円|162円|259.2円|777.6円|

LED蛍光灯にするメリットは?

メリット①:電気代が安い

蛍光灯からLED蛍光灯に置き換えることによって、電気代が半額程度になります。

たとえば、40W形の直管型蛍光灯をLEDに置き換えた場合、
1日中つけっぱなしの場合は年間で4656円の電気代が安くなります。
夜の間(8時間)だけつけていた場合でも、1555円の電気代が安くなります。

普通の蛍光灯はおよそ3年〜4年程度で寿命を迎え、LEDが10年程度で寿命を迎えることを考えると、イニシャルコストの差を考えたとしても、トータルコストでLEDの方が安くなる、といえます。

メリット②:交換間隔がおよそ4倍

一般に
- 蛍光灯の寿命はおよそ1万時間
- LED蛍光灯の寿命はおよそ4万時間

といわれています。このため、LED蛍光灯に交換すると、次に交換するのは10年以上先、ということになるといわれています。

参考:大塚商会 LED電球・照明の寿命・球切れ

メリット③:調光機能付きのタイプもある

一般の蛍光灯を利用している場合、光の強さを調整する調光機能は、照明器具本体に搭載されます。

しかしながら、LED蛍光灯は、そのものが電子機器であるため、町名器具本体とは別に調光機能を搭載することが可能です。

アイリスオーヤマのLDFCL3240Nは調光用のリモコンがセットになったモデルです。「LEDの光が強すぎる!」という場合であっても、お好きな光の強さに調節することが可能です。

LED蛍光灯を使う場合の注意点って?

「それじゃ、何でもかんでもLED蛍光灯に切り替えれば良いのでは?」と思われる方も多いかもしれません。しかし、LED蛍光灯に切り替える上では、注意が必要です。

注意点①:LED蛍光灯がそのまま使えない場合がある

蛍光灯には点灯方式として2種類の点灯方式があります。
- グロースターター型(グローランプを利用するもの)
- ラピッドスターター型(グローランプを利用しないもの)

このうちの、ラピッドスターター型と呼ばれるタイプの蛍光灯を利用していた場合はLED蛍光灯にそのまま置き換えることができず、専用のコネクタを介すか、工事が必要です。

注意点②:LED蛍光灯を製造しているメーカの殆どが無名

現在、大手メーカーでLED蛍光灯を製造しているメーカはアイリスオーヤマ*くらいで、他のメーカは蛍光灯からそのまま置き換えられるLED蛍光灯を販売していません。

このため、丸形LED蛍光灯も、直管LED蛍光灯も、コストパフォーマンスが優れているのは無名なメーカーです。

大手家電メーカーは照明器具ごと販売していることが多く、従来の蛍光灯からのそのままの置き換えは難しい場合が殆どです。

注意点③:熱対策が必要

LEDは蛍光灯と比較して発熱しやすい構造です。
このため、密封構造の蛍光灯照明器具などにはLED蛍光灯を取り付けると熱が籠もってしまい、LED蛍光灯が故障するリスクがあります。

このため、事前にお使いの蛍光灯照明器具がLED蛍光灯に対応しているか確認する必要があります。

注意点④:LEDは光の直進性が強い

LEDから発せられる光は、白熱電球や蛍光灯とは違い、とても直進性の強い光になります。

このため、LED蛍光灯の真下はとても明るいのですが、
少し離れると暗くなってしまいます。従来の蛍光灯の照明器具にLEDを装着した場合、”光りのムラ”が発生する場合がありますので気をつけて下さい。

これらの注意点をもってしてなお、LED蛍光灯による電気代の安さやメンテナンス性の良さは優れていると言えます。

電気代が安くなるLED蛍光灯のおすすめ商品

では、ここから、電気代が安くなるLED蛍光灯のお勧め商品についてご紹介します。
一般的な蛍光灯に買い換えた場合と比較して、どの程度使用したら費用対効果が上回るのか、についてもご紹介しますね。

丸型LED蛍光灯のおすすめ商品

アイリスオーヤマ LDFCL3240D

従来の32W形と40W形を搭載している照明器具用に開発された
「一つの蛍光灯で二つの蛍光灯分の明るさ」という商品です。

アイリスオーヤマが販売しているため、他のメーカーと比較して信頼できると言えるでしょう。

調光機能を搭載している点もおすすめのポイントと言えます。

消費電力は31Wですので、
一般的な蛍光灯(68W)とトータルコストを比較すると・・・

種類 商品価格 消費電力 1000時間 2000時間 5000時間 8000時間 10000時間
LED 4280円 31W 5210円 6140円 8930円 11720円 13580円
蛍光灯 1073円 68W 3113円 5153円 11273円 17393円 21473円

5000時間使用すると、LED蛍光灯を利用した方がトータルコストが安いことが分かります。
また、蛍光灯の寿命といわれている10000時間使用すると、2倍近いコスト差が生まれてしまうことが分かります。

点灯時間の長い照明であればあるほど、LEDの方がコストが安いことが分かります。

千飾 丸型LEDランプ 30形 ledライト

30W形の丸形LED蛍光灯です。本体価格がリーズナブルで有りながら、安心のPSEマークを取得している製品です。

消費電力は14Wで、
一般的な蛍光灯(28W)とトータルコストを比較すると・・・。

種類 商品価格 消費電力 1000時間 2000時間 5000時間 8000時間 10000時間
LED 1960円 14W 2380円 2800円 4060円 5320円 6160円
蛍光灯 714円 28W 1554円 2394円 4914円 7434円 9114円

こちらも、5000得時間使用すると、LED蛍光灯の方が蛍光灯よりもコストパフォーマンスが優れていることが分かります。

直管型LED蛍光灯のおすすめ商品

続いて、直管型のLED蛍光灯についてお勧め商品を紹介します。

ひかりナビ led蛍光灯 直管 40w形 昼白色

グロー式の直管40W形を利用している蛍光灯からそのまま置き換えが可能なLED蛍光灯です。

消費電力は18Wです。なんといっても嬉しいのは2年間のメーカー保証がついていること。初期不良などがあっても交換対応してくれます。

一般的な蛍光灯(36W)とトータルコストを比較します。

種類 商品価格 消費電力 1000時間 2000時間 5000時間 8000時間 10000時間
LED 1080円 18W 1620円 2160円 3780円 5400円 6480円
蛍光灯 410円 36W 1490円 2570円 5810円 9050円 11210円

こちらもやはり、5000時間を越えると、LEDの方がコストパフォーマンスが優れることが分かります。

BAIZEE LED 蛍光灯 20w形 直管 led 58cm グロー式工事不要

グロー式の直管20W形を利用している蛍光灯からそのまま置き換え可能なLED蛍光灯です。1100lmという光量を持っていながら、製品について1年間の保証をつけています。

一般的な蛍光灯(18W)とトータルコストを比較します。


|種類|商品価格|消費電力|1000時間|2000時間|5000時間|8000時間|10000時間|
|--:|--:|--:|--:|--:|--:|--:|--:|
|LED|1050円|10W|1350円|1650円|2550円|3450円|4050円|
|蛍光灯|315円|18W|855円|1395円|3015円|4635円|5715円|

20W形であっても、5000時間を越えると、LEDの方がコストパフォーマンスが優れていることが分かります。

まとめ

この記事ではLEDと蛍光灯の電気代について比較し、LED蛍光灯へ変更することのメリットや注意点について解説しました。
要点をおさらいします。

LEDと蛍光灯ってどっちが安いの?

グロー式の蛍光灯からLEDに変更する場合、概ね5000時間を越えて使用する場合はLED蛍光灯の方が安い、ということが分かりました。

LED蛍光灯にするメリットは?

  • ①電気代が安い
  • ②交換間隔がおよそ4倍
  • ③調光機能付きのタイプもある

LED蛍光灯を使う場合の注意点って?

  • ①LED蛍光灯がそのまま使えない場合がある
  • ②LED蛍光灯を製造しているメーカの殆どが無名
  • ③熱対策が必要
  • ④LEDは光の直進性が強い

この記事が皆さんのお悩みの解決の手助けになれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 2e100651 ba8c 4f85 979f 106846fbac22
Written By
えどう タロー
ガジェット大好き技術屋さんです。
電気系の研究者として勤務している傍ら、フリーライターとして活動しています。 様々な電子機器に触れることが多い電気電子系の技術者としての観点を交えながら、 皆様にわかりやすい記事を提供できるように心がけております。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧