トラブル回避!賃貸物件でのエアコン掃除にまつわるお作法

目次

賃貸借物件とエアコン

賃貸住宅で生活を続けている人にとって、今の部屋を出て次の部屋へ移る、これは大きなイベントであり、この時期は様々な問題をクリアしていく大変な時期でもあります。電気ガス水道を始めとして数え上げたらキリがありません。今回取り上げるエアコンのお掃除の問題もその中の一つではないでしょうか。
例えばあなたが新しい部屋に入ると決めたら、そこに中古のエアコンが設置してあったとします。どうすべきでしょう。または結構新しいエアコンが設置してあったので利用していたけれども、退去する時には、さあ、掃除やメンテナンスをしていくべきでしょうか、それともそんな必要はないのでしょうか。
そこには民法の考え方がチラチラと顔を出します。賃借人、つまり借りている側の原状回復義務とか、賃貸人、つまり貸す側の些細な不備の修繕義務とか言うことです。実は個々のケースで細かく見ると、賃貸借の契約そのものや大家さん、管理会社の対応などによってかなりブレが生じます。しかし大雑把に言ってしまうと、管理会社や大家さんに、部屋に設置済のエアコンの掃除の義務はありません。つまり賃貸の場合、部屋にエアコンが付いていたらその掃除は借りる人の義務となるのです。

賃貸のエアコンはそもそも掃除して大丈夫?

賃貸物件に付属の、それも買えば安くないエアコンです。住人が勝手にクリーニングしても良いものかどうか迷いますね。しかし元々部屋の備品のエアコンの掃除は大家さんには義務はないのです。部屋を借りる時にせよ、退去する時にせよ、賃借人が行うしかありません。とは言えクリーニングの過程で機械内部に何かが発見されることもあるかもしれません。そうなると実は故障していたのではないかと言う話になり誰が負担するか等問題が変わってしまいます。また、住人がクリーニングに業者を呼ぶと、ご近所には迷惑なこともあるでしょう。業者が忙しげにバタバタするだけで嫌な顔をする人もいることがあります。管理会社か大家さんには連絡を入れておくべきでしょう。契約書を見直して費用を払うはずの住人が得をした、と言う例もあるのです。先に述べた契約によってブレが生じると言うことについては、後ほどもう一度説明します。

賃貸 エアコン 掃除

あなたは大丈夫?賃貸でのエアコン掃除にまつわるトラブル事例

ケース1:アパートのエアコンの掃除代は賃借人持ちかどうか

実際にアパートのエアコンのフィルター掃除をした住人が大家さんに負担を求めたところ、それはあなたの負担です、と断られてしまいました。エアコンのフィルター交換は通常それを利用する人の負担すべき範囲のこと、というのがその理由です。このあたりに賃貸の場合賃借人にエアコン掃除の義務はあるのか、という問題の答えが潜んでいそうです。もう一つあります。

ケース2:マンション退去の際、大家からエアコン掃除代3万請求された。

 賃貸マンション退去の際大家さんから請求されたのは、エアコンの3万円だけでなく絨毯クロスなど併せて11万円。そのエアコンの掃除代金の内訳も分解掃除等だそうです。ここで問題になるのは、賃貸のエアコンの分解掃除が通常使用する人が行う普通のメンテナンスかどうかということです。絨毯クロスなども含めて請求している大家さんの姿勢も見逃せません。この結果はもう少し先にあります。

賃貸物件に元々ついているエアコンは要注意!

賃貸住宅、賃貸マンション、新築は高いですよね。当然備品、例えばエアコンも新品ですから問題はありません。問題は中古の物件です。中古物件に備わっているエアコンも当然中古ですよね。建物がどのくらい古いかという問題とエアコンがどのくらい古いかと言う問題は比較になりません。どんなに性能の良いエアコンであっても電化製品です。その寿命は約8年からとても運が良くてせいぜい10年。しかもエアコンには特有の問題があります。その構造上カビが生えやすく、一旦生えてしまうと素人には手が出せません。そしてカビが生えてしまったエアコンからはとても臭く、カビの胞子の混じった健康に良くない空気が出てきます。フィルターで埃を取るというレベルではありません。こんな時に分解掃除が必要になるのです。つまり賃貸住宅のエアコンの掃除は必要ですが、フィルターを交換するぐらいでいちいち大家さんに立ち入られてはかないませんが、内部の分解掃除の費用は持ってもらいたい、というのが人情でしょう。

【借りる時】エアコン付きの中古物件はそのエアコンの状態を十分チェック

あなたが借りる物件のエアコンは最新?それとも年代モノ?

賃貸物件の付属のエアコンが最新の機種であればもう最高の気分ですね。古いタイプでも、管理会社か大家さんがキチンとメンテナンスしてくれていれば問題は発生しにくいと思われます。もうお分かりになってきたと思いますが、簡単なフィルター交換、これも人によっては簡単ではない、と言われそうですが、いずれにせよこのフィルター交換、というのが賃貸のエアコン掃除を住人がするのかどうかと言う時のキーポイントになっているのです。何故かと言うと、世の中には機械の中にカビの生えたままで、ハイ、エアコン付きですよ、と言ってシーズンオフに賃貸契約を交わしてしまう不動産屋さんやオーナーの方が結構いらっしゃるようだからです。次に、賃貸物件を借りる時に結構重要なことをお伝えします。それは備え付けの品々を、大家さんや管理会社の人がいるところで一つ一つチェックしていくと言うことです。面倒かも知れませんが、特にエアコンは高い品物です。時期はずれでも変な匂いがしないか、掃除がきちんとされているかどうかスイッチを入れて確認しましょう。

【退去する時】賃貸住宅のエアコンは住人が掃除してから退去?

賃貸の場合、基本的には居住者がエアコンの掃除費用を負担

賃貸住宅の原状回復義務という言葉を既に使いました。難しい言葉ですが、内容の運用にも法律の専門家も悩んだらしく、最終的には裁判所のガイドラインが適用されることになりました。それによると、原則的には住人側、法的には居住者側と記載されますが、要するに退去する人が賃貸のエアコン掃除をすること、となっています。
しかしこれはあくまでガイドラインです。こうしなくてはいけないわけではありません。特に分解掃除までしてからでないと退去できないとはどこにも書いてありません。つまり良識に則って運用すべきなのです。
先ほど賃貸マンションを退去する際3万円のエアコン掃除費用を請求された例をご紹介しましたが、結果を申し上げていませんでした。この方、払う必要なかったのです。大家さんが分解掃除をしてそれを退去する人に請求する行為がやり過ぎと見なされたのです。

賃貸 エアコン 掃除

賃貸のエアコンが掃除どころか壊れていたりしたら大家さんと相談

基本的な賃貸住宅の設備に対する考え方として、通常の使い方をしている上でのメンテナンスは賃借人・退去者の負担になるという点があります。それ以上のこと、例えば故障の修理などは大家さんや管理会社の負担になる、ということです。
従って普通の使い方をしていたにも関わらず賃貸住宅についていたエアコンの具合がおかしくなったら、掃除に関わらずに大家さんと相談しましょう。

賃貸のエアコンの掃除の負担のことで迷ったら契約書を見て見よう

さらに日本の法律の考え方として、基本法、例えば民法のような大きな法律があってもその中に特別法があればそちらを優先するということがあります。同じように個々のケースでは契約書に書かれていることが、法律に反していなければ優先されることがあります。例えばお客さん、賃借人のことを第一に考えてくれている管理会社であれば、賃貸物件備え付けのエアコンについての管理は全て当社が行うなんていうことを書いてくれている可能性があるのです。そうなれば退去する人はエアコンの掃除をする必要がないのです。

賃貸住宅を借りる時、退去する時のエアコンの掃除まとめ

賃貸住宅を借りる時、基本的には新入居者にはエアコンを掃除する義務はありません。ただし、入居時、あるいは契約時にエアコンの状態を確認しておかないと、さあ使うぞ、と言う時に悲しい思いをしかねないので十分注意してください。
退去する時は、エアコン掃除は賃貸住宅を退去する人の負担になりますが、それは通常の使用の範囲内での掃除、具体的にはフィルター交換ぐらい、故障の兆しを見つけた時には、大家さん、または管理会社に伝えておいた方がいいでしょう。賃貸物件には次の住人が入るのですから。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 65d73889 0923 49db 9f08 2f95cbe1aed0
Written By
かさい けいじろう
自分の文章でお客様の心に家電をネットで買う、スピード感と快感に安心感と信頼感を添えてあげることができれば幸せです。
私はいい加減いい歳をしていますが新しモノ好き、特に家電は何でもかんでも手に入れたい、お金さえあれば、というタイプの人間です。人より先に使ってみて、全ての家電のレビューをいつか書きたいなーと考えている、将来の夢だけは明るいPCおやじです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧