テレビの壁掛け。配線処理はどうするの?隠す、目立たなくする方法ご紹介!

目次

テレビの壁掛けの配線処理について解説します!

テレビをテレビ台や床に置くよりも壁掛けした方が、スペースが有効活用できますし何より景観もスッキリし綺麗になりますよね。

そのような理由から壁掛けしたいという方は多いのではないでしょうか。

しかしテレビの壁掛けをするにあたり、配線処理はどうすればいいのだろうか、といった疑問をお持ちの方も同じように多いのではと思います。

そこで今回の記事ではテレビの壁掛けについて

「テレビの壁掛け。配線処理はどうするの?隠す、目立たなくする方法ご紹介!」

という内容でお届けしていきます。

テレビの壁掛けの配線処理について悩んでいる方は、この記事をぜひ読んでみてください。

テレビを壁掛けした際の配線処理はどんな方法?どこまで自分で出来る?

テレビ 壁掛け 配線 処理

それではまず、テレビを壁掛けした際の敗戦処理の方法にはどのようなものがあるのか。

そしてその配線処理はどこまで自分でできるのかについて紹介していきます。

特に処理をしなくても問題ない

テレビを壁掛けした際の敗戦処理の方法としてまず一つ目に挙げられるのは「特に処理をしない」です。

別に無理に壁掛けしたテレビの配線を綺麗に隠す処理はしなくても良いですからね。

景観が若干損なわれてしまう、せっかくのテレビの壁掛けが残念な見た目になるという面もありますが、配線が見えてもいいや、という方はこちらの方法がおすすめです。

そしてこちらの方法の場合、特に配線を隠す処理をしないのですから当然自分でできます。

完全に隠したい

テレビを壁掛けした際の敗戦処理の方法として二つ目に挙げられるのは「完全に隠す」です。

具体的に言うと、壁に設置するテレビの裏やその近くにコンセントを増設し、壁の中に配線を隠してしまうという方法です。

特に処理をしないという方法に比べ非常に綺麗な景観になることが特徴ですね。

配線を壁内に隠すのですから当然といえば当然ですが…。

そしてこの方法はもちろん自分で行うことはできません。

コンセントを増設するという工事は第2種電気工事士という資格が必要となりますからその時点で素人にはどうにもできませんからね。

また、コンセントを増設する=壁に穴を空ける必要もあるため、その面でも自分で行うことは無理です。

もしも変な所に穴を空けてしまった時には、修繕で余計な費用が掛かるということが容易に想像できますし。

ということでテレビの壁掛けを行うに際し、配線処理の方法に完全に隠すという方法を選ぶのであれば素直に業者に依頼しましょう。

目立たない程度に処理したい

テレビを壁掛けした際の敗戦処理の方法として最後に挙げられるのは「目立たない程度に処理をする」です。

こちらの方法について具体的に言うと、テレビ等の配線をモールを使用し隠すという方法になります。

ちなみにモールというのは以下の商品のような、配線の整理を行う道具のことです。

商品を見れば大体察すると思いますが、この穴の中に配線を通すことで、目立たないように処理をします。

そして、このモールを使用するテレビの壁掛け後の配線処理がどこまで自分でできるのかというと、基本自分で最後までできます。

モールに配線を入れていくだけですからね。

わざわざ業者に依頼する必要もありません。

ちなみにモールで処理するだけだと目立ちそうだと思う方は、壁紙と同じ色のモールを使用するとより目立たなくなるのでおすすめですよ。

それぞれの処理にメリット、デメリットはある?

テレビ 壁掛け 配線 処理

それでは次に、上記で紹介したテレビの壁掛けの際の配線処理の方法のメリットデメリットについてそれぞれ紹介していきます。

特に処理していない場合

テレビの壁掛けの際の配線処理の方法の一つである、特に処理をしないという方法のメリットは以下のような事柄が挙げられます。

  • 配線処理にかかる工事費用が浮く
  • テレビを買い替えた際に既存のテレビをスムーズに移動させられる

何も処理をしないということですから、壁の中に隠す等の方法に比べ工事費用が抑えられるというメリットはもちろん、テレビの買い替えによる取り換えもスムーズに行うことができるというメリットもあります。

特に配線処理はしなくても良いかなと思った方も多いのではないでしょうか。

続いて、特に処理をしないという方法のデメリットには以下のような事柄が挙げられます。

  • 景観が悪い

この方法のデメリットは何と言っても景観が悪いということです。

見た目重視の方は、やはりこの方法以外の配線処理方法を選んだ方が良いでしょう。

隠ぺい処理の場合

テレビの壁掛けの際の配線処理の方法の一つである、完全に隠すという方法の場合のメリットには以下のような事柄が挙げられます。

  • 景観が凄く綺麗

このメリットから、見た目を最重要視するという方にはこの完全に隠すという方法が合ってると言えますね。

次に完全に隠すという方法のデメリットにはどのようなものがあるのか紹介します。

  • 工事する必要がある
  • テレビを買い替える際に再度工事が必要となる場合がある
  • 接続機器が増えるもしくは変更になった際に再度工事が必要となる場合がある

完全に隠すには業者に依頼する必要があるのですから、当然工事を行うというデメリットがあります。

やはりお金がかかってしまうため、デメリットの一つとなるでしょう。

そしてテレビの買い替え時、再度工事が必要となる可能性があるということもデメリットの一つになります。

壁の中に配線を隠すと、壁掛けしている方法によってはその配線を取り出すのにコンセントを外したりする必要が出てくる可能性がありますからね。

上記の3つ目で挙げたデメリットも同じ理由によるものです。

業者の中には良い面だけを言い、悪い面は言わないという業者もありますからこちらは十分に覚えておいた方が良いでしょう。

モール処理の場合

テレビの壁掛けの際の配線処理の方法の一つである、モールを使用し隠すという方法の場合は以下のメリットが挙げられます。

  • 工事をするより安い
  • テレビの買い替え時も簡単に処理できる

やはりモールを使用するという配線処理方法ですから、以上の2点がメリットとなります。

続いてこの方法によるデメリットについて、ですがこちらの方法に限っては特にありません。

テレビの買い替え時に余計な再工事も必要ありませんし、費用が高いというわけでもないですしね。

しいてあげるとするなら、壁と同色のモールを見つけるのは意外と難しいということです。

同じような物はあっても全く同じ色となると中々ありません。

テレビの壁掛けを辞めた時に起こりうる問題は?

上記までで紹介したような配線処理を行ったにも関わらずテレビの壁掛けを辞めた時に起こり得る問題ですが、壁内に完全に隠すという配線処理方法を用いていた場合、再度配線を引っ張り出さなければならないという問題が起こり得ます。

流石にそのまま床やテレビ台に置くことは難しいと考えられますからね。

テレビの壁掛けを辞める際はこの点にお気を付けください。

まとめ

おしゃれな部屋へと一気に雰囲気を変えてくれるテレビの壁掛け。

しかしながらその配線処理はどうすればいいのか、という点において悩んでいる方もいたことでしょう。

そんな悩みの種の一つである配線処理の方法には以下のような方法があります。

  • 特に何もしない
  • 壁の中に隠す
  • モールを使用する

外観にはこだわるという方は二つ目か三つ目のいずれかの方法を、外観はとりあえず何でもいいという方は一つ目の方法をそれぞれ選択してみてはいかがでしょうか。

テレビの壁掛けを行うに際し、必ず判断を迫られるであろう配線処理の方法についてこの記事が参考になりましたら幸いです。

関連記事

またこちらの記事では壁掛け工事にかかる費用について解説しています。業者にお願いをするか、自分で行うのか。迷っている方はこちらの記事も参考にしてみてください!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧