SSDの適切な温度は何℃?発熱した場合の対策方法も。【メーカー別】

この記事を執筆するにあたって

現在、自作パソコンにてSSDを二基運用中です。SSDの速度は素晴らしく、ものの数秒でOSが起動してしまう所を初めて見た時は、感動すらした思い出です。

Written By あずま ようへい

目次

SSDの温度について解説します

SSDとは、ソリッドステートドライブの略で、ハードディスクドライブ(HDD)と比較して圧倒的に早い書き込み/読み込み速度が特長です。

OSをSSDに入れた方などは、その起動速度の速さに感動した経験も多いと思います。

この速度の速さは、SSD内に物理的に可動する部品がない事と、SSD特有のランダムアクセスに強い所からきています。
他にも耐衝撃性能や省スペース性など、SSDはHDDよりも優れる部分がたくさんあります。ネックといえば容量当たりの値段がHDDに比べてかなり高い事と、突然死(故障の予兆なくいきなり壊れる)するといった所でしょうか。
またSSDの他の特徴に、あまり発熱しないという点が挙げられます。ストレージを高温にさせると保存データの破損などにつながるため、発熱が少ないSSDはかなりありがたいのですが、では、SSDの適切な温度はどれくらいなのでしょうか?
発熱した場合のSSDの状態も含め、本記事ではそれを調べていきたいと思います。

SSDの温度は何℃?

SSDは構造上あまり発熱しないPCパーツです。登場初期の一部では高温になるSSDもあったようですが、現在販売されているものはほとんど熱を発生させません。大容量のSSDでも最大動作時の消費電力は数Wほどです。アイドル時の消費電力は更に低く、数十ミリワット程度と、ほとんど無視していいレベルの少なさです。消費電力の点からみても、SSDの熱くなりにくさが分かるかと思います。

読み書きを行っていない、アイドル状態のSSDはおおむね40℃以下の温度に収まるようです。実際、筆者の使っているSSDを見てみたところ、温度は34℃となっていました。

と言っても発熱しにくいだけであって、SSDは全く熱を出さないわけではありません。また、HDDと同様にSSDも極端な高温環境下では保存したデータが破損したり、消えてしまうようになります。なので、SSDはできるだけ適正な温度環境で使いたいところです。これは他のPCパーツにも言えますが…

SSDは大手電子メーカー各社からリリースされており、それぞれ個性と言っていい微妙な違いがあります。
SSDの発熱特性にも違いがあるのでしょうか?下におおまかな一覧を作ってみました。

メーカー別のSSDの温度

SSDは容量や構成によって多くのモデルがあります。そのため、なるべく同一の条件にするために、容量や構成を統一してから比較することにしました。ここでは、一般的なSSDと言える240GB、2.5インチSATA規格SSDで調べてみます。

SSDの発熱量は消費電力に依存するため、同容量でもより消費電力の少ないものほど発熱しにくいということになります。

SSDの発熱のしやすさは筐体の放熱性などにも影響されるため、消費電力が高い=熱くなりやすいと一概には言えません。あくまで参考程度に見てもらえると嬉しいです。

SanDiskのSSDの温度

SanDiskのSSDは動作温度0℃から+70℃までです。

SanDiskの汎用SSD PLUS SDSSDA-240G-J26は、アイドル時消費電力82.5mW 動作時消費電力130mWとなっています。

SumnsungのSSDの温度

SumsungのSSDの動作温度は0℃から+70℃までです。

Sumsungの汎用SSD 840 EVOは、アイドル時消費電力45mW 動作時消費電力71mWでした。

CrucialのSSDの温度

CrucialのSSDも動作温度0℃から+70℃まで
CrucialのMX100は、アイドル時消費電力600mW 動作時消費電力1.7Wと、ほかのSSDに比べてかなり消費電力が大きい事がわかりました。

Western DegitalのSSDの温度

Western DegitalのSSDも動作温度は0℃から+70℃まででした。
Western DegitalのBlue SSDは平均消費電力しか情報が載っていなかったのですが、110mWと書かれていました。

IntelのSSDの温度

IntelのSSDも動作温度0℃ to 70℃と他のメーカーと全く同じです。
Intelの汎用SSD Intel SSD 535はアイドル時消費電力55mW 動作時消費電力165mWとなっていました。

【結論!】メーカーの平均を取るとSSDの適切な温度の範囲は?

上記で紹介したメーカーのSSDの動作温度はいずれも全く同じで、適切な温度範囲はどのメーカーのものでも同じと考えていいようです。

消費電力から見てみると、Sumsungの消費電力の少なさは他と比べて頭一つ抜けていました。
反対にCrucialのSSDは全メーカーで唯一動作時消費電力が1Wを超えており、一覧の中では最も上でした。

GIGAZINEによると、SSDの温度は40℃台まではごく普通に使用でき、50℃を超えると長時間のデータ保持に悪影響を及ぼすようになるようです。
SSDの中には50℃を超えると警告メッセージが出るものあるので、50℃以下がSSDの適切な温度範囲と言えます。

参考URL:「高温環境下でSSDのデータが数日で消える」という騒動は正しいのか? GIGAZINE

【対処法】SSDの温度が異常に高い場合は?

内蔵SSDの温度が高い場合の対処法

内臓SSDにはいくつか種類があり、どの種類のSSDかによって対処法も変わってきます。しかし、基本的にPCケース内のエアフローを改善する所は共通しています。

2.5インチSATA規格のSSDの場合

もっとも普及しているSSDのタイプとなります。2.5インチSATA規格のSSDは主にHDDが収納されているベイにアタッチメントを取り付けて収納されていたり、PCケース底面の搭載スペースに設置されていたり、発熱性の低いSSDならではとも言えますが裏配線スペースのあるPCケースでは裏配線スペースにSSDが収納さていたりもします。
また、自作PCの中にはケース内の空いたスペースにとりあえず置いてある事も多いです(筆者がそうです。)
いずれも、CPUやGPUのような大きく発熱する物体からは比較的遠くに設置されているため、PCケース内の冷却ファンの位置をずらす・PCケース内のホコリを綺麗に掃除する 等のエアフロー改善によって簡単に解決できる場合があります。

M.2規格のSSDの場合

M.2規格のSSDはマザーボードに直付けされていることが多く、2.5インチSATA規格のものよりは熱的に厳しい環境にあります。
このようなSSDを冷ますには、より冷却能力の高いCPUクーラーを使ってマザーボードごと冷やすといった方法が有効です。
他にも、PCケースファンの数をふやして、空気の流量自体を上げるのもM.2SSDを冷ます手助けになります。

外付けSSDの温度が高い場合の対処法

外付けSSDはほとんどの場合USBを介してつながっています。
PCケースにもよりますが、多くの方がケース背面のUSBポートに接続していることが多いと思います。SSD本体もその付近にある場合、ケース背面はPCの排熱がこもりやすい場所ので風通しのいいところに移動させるといいでしょう。

外付けSSDは耐衝撃性能確保のために密閉されていることがおおく、これが放熱の妨げになっている事があるので、なるべく風通しのいい場所に設置して熱くなりにくくさせることが大事です。

まとめ

SSDは高温状態では長時間のデータ保存に悪影響があり。なるべく適切な温度で稼働させたいところです。
SSDの温度は50℃までが許容範囲で、50℃以上になると悪影響が大きくなることが分かりました。そのため、以上に発熱しているSSDに気づいたら、はやめの対策(エアフローの改善やPCファンの増強)が重要です。

関連記事

またこちらの記事ではSSDの寿命について解説しています。気になる方はぜひ読んでみてください。

[article: 1726]

他にも気になる家電製品の温度について解説している記事があるので、ぜひ合わせて読んで見てください!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
あずま ようへい
かゆい所に手が届くような記事を書いていきたいと思っています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧