スマホの適切な温度は何℃?シーン別の温度を徹底チェック!【対策もあり!】

この記事を執筆するにあたって

筆者は家電量販店に勤めております。スマホの適切な温度と熱くなる原因について、解説を行っていきます。

Written By ブレンディ 0120

目次

スマホの温度について解説します

今の時代、スマートフォンを持つことが当たり前になり、皆さんもスマートフォンを使っている時間はとても多いのではないでしょうか?

スマートフォンが便利なあまり、色々なアプリをスマホの中にダウンロードし、溜め込んでいる人も少なくないと思います。

でも、ふとした瞬間にスマホの温度がとても熱くなった経験はありませんか?

それも熱くなる時とならない時がありますが、その違いは一体何なのでしょうか?

スマホが熱を持ちすぎるとバッテリーの減少も速くなり、酷い時にはスマホの電源が勝手に落ちてしまう事があります。

今回は、そんなスマートフォンが熱くなる原因から対処法について筆者の意見を交えて解説を行っていきます。

クーラー アプリ

スマホの温度が熱すぎた!なんてことありませんか?

あるある~!そう思ってくれた方は多いのではないでしょうか?

心当たりがある方は、その時に何をしていたのかを思い出しましょう。

写真や動画撮影ですか?Youtubeの再生ですか?それとも、ゲームをしている最中ですか?

理由は様々考えられますが、スマートフォンの熱くなる原因の多くは「負荷が掛かり過ぎた処理をしている為」です。

どういう事かというと・・・。

写真、動画撮影の場合・・・高画質モードでの長時間撮影(4KやHDR撮影)

動画再生の場合・・・高画質動画の長時間視聴(1080p)

ゲームプレイの場合・・・オンラインゲームや高グラフィックゲームのプレイ

など、通常の動画や簡易的なゲームよりも更に高度な操作をスマホに要求すると、スマホはそれに応えようと頑張ります。

人間でいう所の、周りの声援に応えて全力疾走している状態です。

これは、他の通信機器にはよくある事ですが、スマホの最大の弱点は「冷却ファン」が付いていないことなんです。

そうです、全力疾走しているランナーはダウンジャケットを着ているんです!

この状態が長く続くと、人の体温も上がりますし息切れしますよね?

スマホも同じで、冷却が追い付かない場合にスマホの熱暴走に繋がっているという事なんです。

スマホは、最低稼働温度と最高稼働温度があります、つまりは安全に使える規格の温度です。

この規定値を下回るor上回る場合、スマホは自身を守るために強制的に電源を停止し、通常温度に戻るまでに再起動が出来ません。

スキー場にスマホを持って行って、いつの間にか電源が切れていた・・・。というのがまさにこれです。

クーラー アプリ

スマホの適切な温度って?

さて、スマホの適切な温度とは一体何度のことを指しているのでしょうか?

ずばり「25℃程度」が最も適している温度になります。

25℃といえば、春から初夏にかけての時期ですね。男性でいう所の腕まくりシーズンです。

スマホは基本的にリチウムイオン電池を使用しており、リチウムイオン電池は劣化します。

熱暴走によるバッテリーの劣化を早める事が有名で、スマホが熱いとバッテリーの劣化にも繋がっているという事ですね。

夏の時期に日のあたる場所にスマホを放置すると平気で25℃を超えてきますので、置き場所にも注意が必要です。

スマホ 熱い 温度 クーラー アプリ

ネットサーフィンやSNSの場合の温度

スマートフォンでネット閲覧やSNSを使用している際の適切な温度は「20℃程度」といった所でしょう。

この2つの作業は比較的軽い作業であり、スマホに負荷をかけません。

スマホにとっては、軽いフットワーク程度です。

しかし、近年のネットサイトには動画が流れる広告やSNSでのビデオ通話など対応してきており、こうなってくると一概には言えません。

スマホ 熱い 温度 クーラー アプリ

動画閲覧の場合の温度

動画の閲覧時の適切な温度は「20~30℃程度」でしょう。

SNSなどと比べて音楽と写真の連続再生ですので、通信も送受信を常に行います。

スマホにとっては、ランニングや筋トレを始める位の負荷になります。

長時間の使用をすると、熱を持ちやすくなり、次第に温度が上昇していくでしょう。

スマホの温度が熱くなるころには、データ通信量も消費している事でしょう。

スマホ 熱い 温度 クーラー アプリ

ゲーム(操作が簡単な作品など)の場合の温度

ゲームプレイ時の適切な温度は「20~30℃程度」でしょう。

動画の視聴と比べると同じくらいの負荷ですが、簡単なゲームアプリであれば、ネットサイトの閲覧と大して変わりません。

ゲームプレイ時間が長くなると徐々にスマホの温度も上昇してくるので、プレイ時間に注意しましょう。

ゲーム(3DのRPG作品など)の場合の温度

最近話題のバトルロワイアルゲームやオンラインゲームなど、スマホゲームのクオリティは年々増してきています。

こういった高画質、高品質のゲームを使用している場合の適切な温度は「20℃~40℃」といった所でしょう。

現在発売されている最新のスマホであってもこのレベルの高画質ゲームをプレイすると僅かながら、ほのかに温かい温度になります。

購入より約2年以上経過しているスマホについては、搭載スペックが劣っており、熱暴走するリスクは大きいですし、すぐにスマホ温度の上昇に繋がるでしょう。

スマホのメモリも少ない場合、動作がまともにできずに強制的にアプリ落ちすることも考えられます。

スマホ 熱い 温度 クーラー アプリ

【結論】スマホを通常使用の場合の温度は20℃〜25℃

スマートフォンの適正温度に関しては、人肌程度の認識で問題ないでしょう。

人が手にもって熱いと感じる時には既に熱を帯びており、リチウムイオン電池の劣化に繋がっていることを意味します。

熱が高い状態が長く続くことで、バッテリーの劣化を招き、バッテリーの劣化が起きるとバッテリー持ちが悪くなります。

今の時代のスマホはバッテリー一体型なので、ひと昔前みたいにバッテリー交換は行えません。

携帯会社のショップに来店し、修理依頼をするか、補償サービスを使い、リニューアル品と交換する他ありません。

その都度、お金を払いデータ移行する手間がありますので、おすすめできません。

スマホの充電しながらスマホを操作していませんか?

スマホが熱くなっても気にせず使用を続けていませんか?

スマホのバックグラウンドのアプリは都度消していますか?

こういった普段の使い方を見直すだけでも、バッテリーの寿命を伸ばすことはできます。

せっかく好みのスマホを選んだんですから、長く使えるように気を付けましょう。

クーラー アプリ

【番外】スマホの温度が熱すぎた場合の対策方法とは?

では、スマホの温度が熱くなってしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

主な方法として、以下の方法が有効になりますので、覚えておくといいでしょう。

電源を切り、一定時間置く

人にもスマホにも休息は必要です。あなたの目を休ませることも必要ですので、長時間スマホと睨めっこをしていたら、お互いに休みましょう。

スマホのバックグラウンドアプリを終了する方法としても、スマホの電源を落とすことは有効です。

そして、10分程度スマホを日のあたらない場所において休ませましょう。

スマホケースを外し、素の状態にする

最近のスマホケースは手帳型が多くなりました。

スマホはダウンジャケットを着ている状態と比喩した通り、冷却ファンが付いていません。

パソコンと比べても熱くなりやすいのは当然なのです。

ケースを付けていると、その分熱が逃げにくい状況になる為、ケースを外すと温度の低下を早めることが出来ます。

充電している場合には充電器を外す

充電中にスマホが熱くなるのはよくある事です。

人も食事をしている時に汗をかくのと同じです。

充電中、スマホの温度がいつもより熱いと感じた時にはスマホの充電を一時的に中止し、温度が平熱に戻るまで少しの間待ちましょう。

充電器が高圧タイプの高速充電器の場合、こういった現象が起きやすいものです。

再起動し、アプリを全て終了。複数立ち上げた状態にしない

スマホの再起動を行いましょう。

メモリの稼働し過ぎによる、スマホの熱暴走の可能性が考えられます。

スマホはホーム画面に戻っても、実は裏でアプリは常に稼働しています。

知らずに次から次へとアプリを使うと、必ず動きが重くなりますし、スマホの温度が熱くなります。

バックグラウンドのアプリの閉じ方を知らない方の為に、再起動というのは一番手っ取り早い解決方法なんです。

Androidの方はホーム画面で□ボタンを押して、バックグラウンドのアプリを×で消します。

iPhoneの方は、ホームボタンを素早く2回押し、バックグラウンドのアプリをフリックして画面から消します。

iPhoneXの方は、画面下部から指を真上に上げて、途中で指圧を強く押すとバックグラウンドのアプリを消せます。同じくフリックしましょう。

それでも操作が分からない方は、シャットダウンです!

冷却シートを貼る

スマホ冷却シートを貼るというのもありです。

お金はかかってしまいますが、何も対処しないよりはマシでしょう。

ですが、スマートフォン販売にも携わる筆者としては、その現象の要因が本体のスペックやリチウムイオン電池の劣化が進んでいる状態で行うのであれば、根本的な解決にはなりません。

機種交換やリニューアル品への交換をおすすめします。

スマホ 熱い 温度 クーラー アプリ

【番外】スマホの温度を管理するアプリをインストールする手も!

アプリでの温度低下が期待できるアプリの紹介です。

メモリが稼働しすぎている状態の時に有効です。

温度管理のiPhoneアプリ3選

①バッテリー・ライフ (Battery Life)

温度を調べるアプリです。

②バッテリーケア(Battery Care)

温度を下げる方法などを紹介しています。

③モバイルマジッククリーナー

使用中のアプリの一斉終了が行えるアプリです。

温度管理のAndroidアプリ3選

①クーラーアプリ無料 & CPUクーラーアプリ (メモリブースター軽量)

無料アプリでスマホの温度管理をしてくれます。

②CPU Cooler Master - 携帯電話クーラープロ

CPUの使用を制限してくれるアプリです。

③スマホあつくない??

スマホの温度を測ってくれるアプリです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?スマホの熱暴走の原因から対処法まで、いくつかご紹介を致しました。

スマートフォンは次々に新機種が発売されていますが、これに伴ってアプリも高性能化・大容量化しています。

快適な使用をする為には、ハードウェアとソフトウェアの性能が釣り合っている必要があります。

スマホの交換時期はおおよそ2年ずつです。これ以上の使用に関しては、一般的にリチウムイオン電池の劣化や熱暴走が考えられるため、症状があまりにも酷い場合は、お取替えの時期であると理解しましょう。

また、使用方法についても、人それぞれだとは思いますが、過度な使い方や充電中の使用などは避けるようにしましょう。

また、こういった症状が出始めた段階で、それ以降スマホの調子は悪くなる一方です。

気付いた時には、時既に遅し・・・。とならないように、大切なデータのバックアップをしておくことをおすすめします。

データさえ逃がしておけばいつでも交換や修理が行えますからね。

以上の事を踏まえてスマートフォンを正しく使うようにしましょう。

関連リンク

またそのほかの家電の温度について解説している記事もあるので、気になる記事があれば合わせて読んでみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ブレンディ 0120
家電量販店勤務の家電マニア!よろしくお願いします。
家電量販店勤務経験のある家電マニアです。 家電の記事の執筆を行っていきます、よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧