おしゃれ部屋に置きたいこだわりのサーキュレーター7選【2018年版】

この記事を執筆するにあたって

自宅には2台のサーキュレーターが、真夏はフル稼働しています。エアコンの効きが非常によくなり、1℃設定温度を上げようと思う場面が出てきます。

Written By キイ @

目次

おしゃれなサーキュレーターを紹介します

ジメジメと洗濯物の乾きが悪い梅雨、年々暑くなる夏、節電に努める冬。四季折々の日本の中で、注目されている家電の一つがサーキュレーター。扇風機との違いも少しずつ理解されてきており、普及も進んでいます。

一方で、普及すればするほど気になるのが、おしゃれなサーキュレーターが少ないという点。リビングに置くには無骨すぎるので躊躇される方もいらっしゃるのではないかと思います。そんな方に、サーキュレーターという送風機能だけでなく、おしゃれやデザイン性にもこだわった製品が発売されてきています。

ということで今回は、どこに置いてもかっこいい、おしゃれなサーキュレーターをご紹介しましょう。

無骨なサーキュレーターのトレンドは「おしゃれ」!

この暑い夏の時期に必要なサーキュレーターは、エアコンのあるリビングなどでも使用するので、どうせならおしゃれに見えるものを選びたい!そんなことを思っている人も多いことと思います。

そもそもサーキュレーターは、サーキュレーション【circulation】=循環、から来た単語であり、空気を循環させる装置という意味です。白物家電というよりは住宅設備なイメージも強く、おしゃれというよりはどうしても無骨なデザインに仕上がったものが多かったのが実情です。

一方で、冷暖房の効率化やエアコンの節電効果もあり、徐々に一般家庭に普及してきています。広めのリビングなどでエアコンを使った場合には、エアコンに近いところ/遠いところで温度差が発生し、遠いところに合わせた温度設定にすると、余分な電気代が必要なだけでなく、近くの方は非常に寒く感じたりします。そこで、部屋中の空気を循環させ、温度差を解消することで省エネと快適性を両立するために、サーキュレーターが用いられます。

そして最近では、「デザイン性にも優れていて、かっこいい、おしゃれなサーキュレーターを探している」、そんな消費者のニーズをくみ取って、複数のメーカーがリビングなどの人目につくところでもおしゃれに使えるサーキュレーターを発売しています。
それでは、それらのメーカーとそのブランドを見ていきたいと思います。

おしゃれなサーキュレーターのブランドって何がある?

ツインバードのおしゃれなサーキュレーター

比較的低価格帯を得意とするツインバードからは、現行モデルとして5機種が発売されています(2018/08/01調べ)。3モデルは従来からあるような一般的な床置きコンパクトモデル、1モデルはマイナスイオン発生機付きですが基本デザインは同じ。ここでは残る1モデルは立体的な首振り機能を、あまりお見かけしない筒形のデザインでおしゃれにまとめています。
安いけどおしゃれじゃない、そんなイメージから脱却しようとしているのかもしれません。

バリュミューダのおしゃれなサーキュレーター

元ミュージシャンの創業者、寺尾玄氏が一人で創業したバリュミューダ。「世界一カッコいい製品を作りたい」、そんな音楽家にも通じるこだわりが今もこのブランドに根付いています。
バルミューダの製品は、グッドデザイン賞(日本)やiFデザイン賞(ドイツ)など、世界的に権威あるデザイン賞を数多く受賞しています。
また、おしゃれなだけでなく、その製品が持つ本来の機能性にもこだわりをもち、つかいやすさにも定評があります。

カモメファンのおしゃれなサーキュレーター

ドウシシャが発売するカモメファンは、カモメの羽をヒントにつくられた羽根が、風のやわらかさはそのままにふわりと遠くまで届けます。カモメの羽のやわらかさは、風だけでなくそのデザインにも反映され、リビングにおいてもものものしくない、まさにやわらかでおしゃれに仕上げられています。

Q-fanのおしゃれなサーキュレーター

1998年にMartin Stadler(マーティン スタドラー)によって設立された、スイスのデザイン家電ブランド“Stadler Form(スタドラ―フォーム)”を代表するサーキュレーター”Q”です。スタドラーフォームのプロダクトは、実際の生活シーンに役に立つ商品を、生活を共にする「家族」としてデザインし、提案しています。
スイスというだけでもおしゃれに聞こえますが、その個性的なデザインはおしゃれなどというありきたりの表現では表せないくらいの見た目と、その見た目だけでない実力を内に秘めています。

おしゃれなサーキュレーターのおすすめ7選

バルミューダ GreenFan Cirq

ファンとモーター。そして、それらを支えるもの。ただそれだけの構造ですは、GreenFan Cirqの特別な形は、大量の空気を効率よく送り出し、自由に風の方向を変え、出来る限り騒音を少なくするといった、サーキュレータに求められる条件を満足させるために設計されるとととも、白黒のツートンカラーとその流線型のデザインがおしゃれ感も演出します。

わが家でもリビングで使用していますが、無骨でもなくそしてなによりも、存在自体に何も違和感ない、さりげないサーキュレーターです。

スタドラ―フォーム Otto

天然素材を使ったサーキュレーターは、もう別次元のクオリティです。ボディの素材に竹の集成材を使い、円形に曲げる高度な加工技術によってせいぞうされていますが用いられています。集成材の質感や細部のクオリティは、高級家具のような仕上がりでインテリアと美しく調和します。

めんどうな解説など必要ありません。見た目で選びたくなる一品です。

スタドラ―フォーム Q

おなじスタドラ―フォームでも、Ottoとは全く個性の異なるQは、別名Q-fanとも呼ばれています。
Ottoが、フローリング素材のリビングならば、Qは一人暮らしのシンプルなワンルーム、そんなイメージではないでしょうか。金属素材のイメージはシンプルそのもので無骨にも見えますが、そのおしゃれさはひときわ際立ちます。さすがはスイス製デザインというところでしょうか。

PIERIA FCT-193D NWD

“あの人ならこんな商品があったら喜ぶかな。こんな商品があると 助かるだろうな。
そんな気持ちを大切にしてモノづくりを行っています。
それぞれの快適をカタチにする、私たちはPIERIAです。”

そんなコンセプトの下で開発された商品ブランドがPIERIA。サーキュレーターにありがちな白一色の無骨さを、木目調をあしらうことで柔らかく表現することで、見た目もかわいくオシャレなデザインに仕上げました。

コストにも重視をおくドウシシャらしい価格設定もうれいしポイントです。

カモメファン クレベリンサーキュレーター

家族思いの やさしい風。ふわりとやさしく家族をつつむ、Kamomefanの風。そんなカモメファンシリーズのサーキュレーターです。かもめのやさしさを表現したこのシリーズは、なにげないやさしさ・やわらかさをうまく表現したデザインに仕上げています。
子どもたちを、家族をそっと包み込む、そんな気持ちを感じることで出来るのではないでしょうか。

ボルネード VFAN2-JP 

ボルネードのオリジナルモデルが戻ってきました。1940年代に生産されたボルネードのデザインを忠実に再現したレプリカモデルのサーキュレーターです。クラシックなスタイルはどのような室内のインテリアにも自然に調和します。

優れた性能および材質を誇るVFAN-JPは、デザイン性に優れているだけでなく、室内全体の空気を循環させ冷暖房の効率をあげることができます。

パナソニック 創風機 F-BP25T

一体なんなんだろう?、このSF感は。
サッカーボールと同じ程度の大きさに、サッカーボールのようなデザインの送風口。360度に風を送り出す独特のデザインは、だれもの目を引き付けること間違いなしです。

しかし、けっして奇をてらった構造ではなく、パナソニックらしい真面目で堅実に計算された結果の構造ですので、送風能力などは一流品。近未来のイメージが漂うおしゃれで新しいデザインを堪能してみてください。

まとめ

この記事では、「デザイン性にかっこいい、おしゃれなサーキュレーターを探している」という方に向けて、デザインにもこだわったサーキュレーターのコンセプトやデザイン性をご紹介しました。
部屋の空気を大きく循環させることで、省エネと快適性を両立させることができるサーキュレーターは、今注目されている家電製品の一つです。扇風機では実現できない空気の循環に関しても少しずつ理解されてきており、一般家庭にも普及が進んでいます。
リビングなどに置く場合には、多くの人の目に触れますので、どうせならおしゃれなサーキュレーターを使いたい。
そんなニーズにこたえてくれる製品が多数発売されていますので、ぜひ検討してみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
キイ @
デジタルガジェットから家電製品まで、実際の使用者目線で解説します。
電子部品メーカーの現役エンジニア?です。新しい商品やサービスが大好きで、なんでも試してみたくなる性分です。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧