SONY MDR-EX255をレビュー!コスパの高い音質や装着感を評価!

目次

こんにちはlemonlemonと申します。最近、イヤホンにこだわり始め、スマートフォンなどに最初から付属しているイヤホンから市販の評判のいいイヤホンまで、いろいろ聞き比べをしたりしています。今回は、その中からSONY MDR-EX-255という商品を紹介したいと思います。MDR-EX-255は3,180円 (+税) と非常にリーズナブルな価格設定です。私のようなオーディオ初心者でもソニーストアでも手が出しやすく良心的なイヤホンだと思います。深みと広がりのある豊かな高音質を実現しており、音漏れの影響を最小限に抑制しています。ケーブルには無数の縦線があり、ケーブルが絡まる問題が軽減されているため、同時に耐久性も向上しています。

MDR-EX255

 詳しい仕様は、下記の通りです。


ヘッドホン部 *1

型式: 密閉ダイナミック型

ドライバーユニット: 12mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)

感度: 106dB/mW

マグネット: ネオジウム

再生周波数帯域: 5-25,000Hz

インピーダンス: 16Ω

最大入力 *2: 100mW (IEC)

コード長: 約1.2mリッツ線

コードタイプ: Y型

入力プラグ: 金メッキ L型 ステレオミニプラグ

質量 *3: 約3g

*1: レシーバーのある製品はレシーバー部を含みます

*2: IEC(国際電気標準会議)規格による測定値です。

*3: コードは含みません


MDR-EX255

↑開封してみるとこのような感じです。

【SONY MDR-EX255の音質】☆☆☆★★

・高域☆☆★★★

高音域はやや控えめな印象を受けます。私個人の意見としてはもう少し高音域を伸びやかにしてほしいです。重低音域が非常にボリューミーなので、なおさら高音域が遠ざかって聴こえる気がします。

・中域☆☆☆★★

 ボーカルの声ははっきりと聴こえます。ぼんやりしていないとことがお気に入りです。私はイヤホンを決めるとき、ボーカルの音質を重視しているのでこの点は好印象でした。

・低域☆☆☆★★

 小ぶりなイヤホン本体であるにも関わらず、深みのある重低音域があります。厳しめに言うのであれば、もう少し輪郭のはっきりしたキレのある重低音域がほしいところですが、この価格帯であれば十分すぎるくらいの音質だと思います。

・音の透明感☆☆☆★★

 よくアコースティックギターの多いカントリーミュージックを聴くのですが、正直なところあまり相性が良くないのではないかと感じています。カントリーミュージックではアコースティックギターの絃 (げん) から放たれる音の余韻や解放感が重要であると感じています。その点ではもう少し高音域を重視したイヤホンの方がいいのかもしれません。

【SONY MDR-EX255のコストパフォーマンス】☆☆☆☆★

この価格で低音がしっかりしているので、コストパフォーマンスはかなり良い方だと感じました。値段も高価すぎず、普段使いでガシガシ使いたい人には最適だと思います。正直イヤホンは消耗品と言っていいほど壊れやすいので(使い方にもよりますが笑)、低価格だけど安定した音質を、という方にはSONY MDR-EX255をおすすめしたいです。この相場のイヤホンは、よく選ばないと安物買いの銭失いになってしまうこともありますからね…。

【SONY MDR-EX255のデザイン】☆☆☆★★

一般的なカナル型イヤホンのデザインと大きな違いはありませんが、ゴールドカラーが結構珍しいのではないかと思います。ゴールドというよりほぼベージュに近い色味なのですが、柔らかい色なので女性にも使いやすいカラーだと思います。主張しすぎないので、メイクや洋服を選ばず馴染んでくれそうな点も良いと思います。正し、金属に見える部分はメッキ加工になっているので、長く使用していると剥がれてきそうな点が少々残念です。

MDR-EX255

【SONY MDR-EX255の装着感】☆☆☆★★

 8時間程パソコンと向き合いながらこのMDR-EX255を装着していましたが、耳が痛くなってしまったり、何らかの不快感を覚えることはありませんでした。本イヤホンは非常に小ぶりで重さもケーブルを含めず約3gほどしかないので、そのような快適な使用感があるのだと思います。ケーブルも細身なので、ケーブルを含めた重さもほとんど感じません。

【SONY MDR-EX255のオリジナリティ】☆☆★★★

SONY MDR-EX255は、イヤホンと音楽プレイヤーの接続部分がL字型になっています。接続部分がまっすぐになっているタイプですと、早い段階で接続が悪くなりやすいため購入は避けるようにしていました。イヤホンの故障で一番多いのが「断線」ですが、L字型プラグは断線のリスクを軽減してくれるのでこのデザインは助かります。小さなポイントではありますが、スピーカーが正常でもコードに問題が起きるとイヤホンは使い物にならなくなってしまうので選ぶときに重要視しています。

【SONY MDR-EX255の機能性】☆☆☆★★

 遮音性は優れているように感じます。比較的静かな図書館で本商品を試してみましたが、音漏れはほぼありませんでした。また、イヤホン本体とケーブルの間がシリコン製の素材で保護されているので、耐久性も向上しているように感じます。また装着性の向上にもつながっていると感じます。

【SONY MDR-EX255の利用シーン】

特におすすめしたいのが図書館など静かな場所で音楽を聴きながら勉強する、というシチュエーションです。周囲に迷惑をかけず、自分だけの世界に浸りながら集中したいときにぴったりだと思います。図書館は音漏れが目立ちやすい場所のため、SONY MDR-EX255が持つ遮音性の高さが活かされるのではないかと思います。スポーツ時はコードが邪魔になってしまうため、こうした有線イヤホンよりも、コードレスタイプの方が向いていると思います。

【SONY MDR-EX255のジャンル】

MDR-EX-255を長期間聴いていて感じたのは、MDR-EX-255はダンスミュージックやJ-ROCKなどのジャンルに向いているのではないかということでした。重低音が好きな方はこのMDR-EX-255はぴったりかもしれません。

【SONY MDR-EX255の総合評価】☆☆☆★★

MDR-EX255

 SONY MDR-EX255はこれからオーディオの世界を楽しみたいと考えている方やデフォルトイヤホンから新たにイヤホンを買い替えたいと考えている方におすすめできるいやほんだと思いました。イヤホンの重さも軽いので、長時間装着していても疲れませんし、勉強や仕事のBGMとして音楽を聴くという方にもおすすめです。私の場合もこの使い方が多いです。重低音域が特徴的で、価格の割にしっかりした音が聴けるという点が気に入っており、これからも愛用していきたいイヤホンです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
lemonlemon

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧