ついつい使いたくなるおしゃれなトースター8選【2018年版】

目次

おしゃれなトースターを紹介します

朝食をとるときに「チン!」となるものといえば…そう、トースターです。
映画やドラマの食事シーンにもおしゃれに登場するこの家電は、ある意味朝食を象徴するシンボル的な存在になっています。
タイマーが切れる時に鳴るチン音(?)は聞くと思わずおなかが空いてしまいそうになります…

実はトースターには2種類あって、よく食卓でチンという音とともにトーストが飛び出てくるものはポップアップ式トースターと呼ばれるものです。
比較的構造が簡単で、かつ発熱体とパンの距離が近いためにすぐ焼き上がれる特長を持ちます。
もう一つはオーブン型トースターで、いわゆるオーブントースターです。
こちらはほぼ食パン専用なポップアップ式トースターと違ってサイズさえあえば色んな食品につかえる汎用性の高さが売りです。
一般家庭にあるのはだいたいオーブントースターの方だと言われています。
本記事では、生活必需品ともいえるトースターを、主におしゃれの面からいくつかピックアップしていきますね。

アンティークな雰囲気なトースターが「おしゃれ」だと話題に!

特に、ポップアップ式トースターは食卓に置かれがちな事と、古くから登場していることもあってクラシックでおしゃれなスタイルが人気を集めています。比較的安価でスペースも取らずに済む所も、デザインの自由度を高めているようです。

オーブン型トースターもバルミューダを筆頭にクラシックなテイストを含むものが発売されています。
こちらはおしゃれを重視したタイプと機能性を重視したタイプに流れが分かれているのがおもしろいですね。
トースターのデザインバリエーションが多くなると、インテリアの雰囲気と統一しやすくなるので嬉しいです。

おしゃれなトースターのブランドって何がある?

amadanaのおしゃれなトースター

東京生まれの洗練されたデザインが特長的なamadanaはトースターにおいてもそのモチーフを存分に活かしたシンプルかつモダンなおしゃれ製品をリリースしています。
バルミューダもおなじようなシンプルでスマートなデザインのトースターを作っていますが、違いとしては木材を積極的に用いた質感の違いを強調するデザインでしょうか。
アクセントとしての木材は、おしゃれで使う人にとって満足感を大幅に高める効果があります。

バルミューダのおしゃれなトースター

おしゃれで質感高い家電製品を作ることで有名なバルミューダは、オーブントースターも手掛けています。
デザインと質感を高いレベルで両立させており、ただの道具でしかなかったトースターに「所有する喜び」を付加した点において画期的な製品です。ちなみに、バルミューダは多くの家電をおしゃれにリデザインして新しいムーブメントを生み出すことで知られていますが、トースターにおいても例外ではありません。

ラドンナのおしゃれなトースター

まるで1950年代から飛び出してきたようなレトロデザインを持ち味にしているブランドです。
かわいさとアンティーク感がすばらしく、インテリアのコンセプトによってはものすごく空間におしゃれに映えるポテンシャルを秘めています。

アラジンのおしゃれなトースター

ラドンナと同じくレトロでクラシックなトースターが人気のアラジンですが、こちらは0.2秒で発熱すると言われるグラファイトヒーターを使う事で素早く食品を加熱、おいしく温められる性能も実用的なのが魅力となっています。

おしゃれなトースターのおすすめ8選

①バルミューダ スチームオーブントースター BALMUDA The Toaster K01E-KG

洗練されたデザインの高級オーブントースターを流行らせた張本人といっても過言でもないバルミューダの BALMUDA The Toasterです。トースターとしてはかなり高い価格(約25000円 2018年7月27日現在)と引き換えにマットで質感高い金属のボディとスチームを使った非常に高いクオリティで焼き上げるハイエンドなおしゃれ製品となっています。

トースターを使用する時に水を用いることで絶妙な焼き加減を実現しており、トースターを焼くという行為を極限まで突き詰めている所がこの製品の特長です。
またユニークなポイントとして、出来上がり時になる音も普通の「チン」とはまた違うのもおもしろいです。

➁アラジン グリル&トースター CAT-G13A

なんともいえないグリーンの色と丸みのある形がアンティーク感を醸し出しているおしゃれなオーブントースターです。
バルミューダのThe Toasterのように、つや消しのマットな金属ボディはかなり高い質感を持ち、レトロながら所有感を大いに高めてくれます。

また見た目とは裏腹にグラファイトを使った即時発熱能力によって中のトーストを素早く焼き上げるというハイテクな面も持ち合わせています。
カラーバリエーションも豊富で、ここに紹介しているグリーンの他にブラック、ホワイト、ピンクがラインナップされています。使用する部屋のカラーに合わせやすいのもグッドですね。

③デロンギ ポップアップトースター オリーブグリーンDeLonghi  アイコナ・ヴィンテージ コレクション CTOV2003J-GR

同じグリーンでもポップアップ型トースターがいいという方には、ちょうどデロンギが販売しているCTOV2003J-GRがおすすめです。
元々レトロな雰囲気を醸し出すポップアップトースターにグリーンカラーを組み合わせるとそれはもうレトロレトロしていてとてもおしゃれな事になっています。

オーブントースターとは違っ実質食パンにしか使えないのがデメリットですが、このタイプのトースターを使いたい人にとってはそもそも問題になしていないでしょう。

④ミニコンベクションオーブン 1400W デロンギ EO420J SS

デロンギからはこのようなトースターも発売されています。コンベクションオーブンという少し聞きなれない形式のオーブンですが、コンベクションオーブンは普通のオーブントースターと違って発熱体で直接温めず、加熱した空気を食品にあてて焼き上げる仕組みを使っています。このため、食品を芯から加熱できる長所があり、さまざまな食品をおいしく焼けることができます。
この製品はコンベクションオーブンの中では最小クラスと小さく、コンパクトさとデザインのよさがバランスしています。

デメリットとしてはこれも仕方のない面があるのですが消費電力が1400Wとかなり高く、家庭によって使用時に注意しないとブレーカーを落とす可能性がある所でしょうか。

⑤タイガー オーブン トースター ぷちはこ ホワイト レシピ付き やきたて KAO-A850-W Tiger

電気ポットで有名な大手家電メーカーのタイガーが販売している小型のオーブントースターです。
デザイン家電メーカーではないタイガーですが、上記の製品群に劣らぬかわいらしいレトロデザインが特長的です。
値段も上記の製品と比べて大幅に安く、amazonでの価格は3300円(2018年7月27日現在)と気軽に買える価格が大変すばらしいです。

デメリットな点は名前のとおりかなり小さく、実際に焼けるスペースが食パン一枚分くらいしかありません。なので、一人暮らし用で使うのが前提のような所があります。

⑥コイズミ オーブントースター 縦型2段 1000W クリーム KOS-1014/C

コイズミからはかなり高い評価を得ているオーブントースターKOS-1014を紹介します。
角の取れたスクエアデザインとクリーム色のボディはどことなくレトロな雰囲気を出していておしゃれですが、なんといっても一番の特長は縦長な姿です。トーストを上下に二枚ずつ焼けるおもしろい構造を取っています。また縦長のおかげでのぞき窓が大きく、内部の食品がよく見えるのが地味に嬉しいポイントとなっています。

⑦siroca ハイブリッドオーブントースター ST-G111

デロンギのEO420J SSのように熱風調理が可能なオーブントースターです。コンベクション機能があるので、細かい温度管理とすばやい加熱が可能になっており、この製品もわずか0.2秒で加熱できるという驚きの速さです。
他にも、異なる食品を同時に調理できるので、忙しい人にはありがたいです。デザイン的にはモダンよりのクラシックな外見をしており、あまり部屋を選ばないのが良いですね。

⑧ラッセルホブス オーブントースター 7740JP

シンプルな見た目が特長のラッセルホブスのオーブントースターは、塗装も何もない無地の金属面が美しいです。
装飾も塗装もされていない無垢な表面はまるで業務用の機器を思い起こさせます。
レトロやアンティークなデザインを売りにしている製品とはまた違ったおしゃれさがこの製品を引き立てています。

まとめ

おしゃれなトースターを紹介してきましたが、ほとんどがレトロデザインに集中しているところが興味深いです。
また、おすすめできる製品のほとんどがオーブン型トースターなのも日本の食卓事情?を表わしているようで面白いですね…
この記事がトースター選びの参考になれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
あずま ようへい
かゆい所に手が届くような記事を書いていきたいと思っています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧