うるさい爆音目覚まし時計!これで寝坊も怖くない!

目次

うるさいくらいの目覚まし時計!

「目覚まし時計の音が全く聞こえなかった!」
こんな出来事に遭遇したことはありませんか?
確かに目覚まし時計をセットしたにもかかわらず、目が覚めて時計を見たら起きなければならない時間をとっくに過ぎている。一瞬で血の気が引き、自分の心臓の音がバクバク聞こえて、慌てて飛び起きる、なんてことは心身にとてつもない負荷を与えるので、できれば避けたいですよね。
同時に「寝坊する」という行為は、信頼の喪失に直結します。特にビジネスの世界に生きていると「自己管理ができていない」というレッテルが貼られ、重要な仕事を任せてもらえなかったり、昇進や昇給に影響が出たりします。
では、寝坊をしないためにはどうしたらいいか?
もちろん誰か、たとえば母親や奥さんのように一緒に生活をしてくれて、時間になったら起こしてくれる、こんな便利な目覚ましはありません。しかし、そんな恵まれた環境で生活することのできる人ばかりではないからこそ、オートマティックに時間を知らせる目覚まし時計をほとんどの人が所有しているのです。
最近ではほとんどのスマートフォンの中にはアプリが入っていますが、なかなか音が聞こえなかったり、布団の間やベッドの隙間に入ってしまい音が聞こえにくくなったりしてしまうのが問題です。
今回ご紹介させていただくのが、夢の中まで聞こえるほど「うるさい目覚まし」です。朝起きるのが苦手な人、何度も失敗していてこれ以上は寝坊できないという人は、ぜひ「うるさい目覚まし時計」を試してみてください。

うるさい 目覚まし 時計

うるさい目覚まし時計を購入しよう

メリット① うるさい音の置き型目覚まし時計でバッテリー切れとさよなら!

スマートフォンや携帯電話の目覚ましで寝坊をしたことがある人はいませんか?
「バッテリーが切れていて目覚ましが鳴らなかった!」
夜中までスマートフォンを使用していて、充電器に接続し忘れてそのまま眠ってしまい、その間にバッテリーが切れてしまう。当然バッテリーの切れたスマートフォンは定刻になっても鳴らないわけです。
スマートフォンを目覚まし時計として使用している人はかなりこのリスクが高いです。ヘビーユーザーならなおのこと。目覚まし時計とスマートフォンは使用用途が違うので、分けて使用したほうがいいでしょう。特に、寝落ちの確率の高い人、スマートフォンの使用頻度が高い人は要注意です。
うるさい目覚まし時計を枕元に置くことで、バッテリー切れで鳴らないと言う心配はまずなくなります。そして、薄く小型のスマートフォンだから起こりやすい、布団に紛れたり隙間に落ちたりして音が聞こえないというリスクも回避できます。
朝起きるのが苦手な人だからこそ、うるさい音で鳴る目覚ましを別でしっかりと持つことが必要です。

メリット② 目覚まし時計はうるさいことに意味がある!

母親や奥さんがあなたを起こすとき、小さな優しい声で起こしにくるでしょうか。
高確率でそうではないでしょう。なぜなら、深い眠りについているあなたに小さな優しい声は届かないからです。だから必然的に、時にうるさいくらい大きな声になってしまうのです。通常の時計で失敗しているのであれば、それはボリュームが足りていない証拠です。うるさい目覚まし時計にすることで、夢の中まで音が届くでしょう。

うるさい 目覚まし 時計

スマートフォンや携帯目覚まし時計との違い

違い① うるさい目覚まし時計は桁違いの音量であなたを起こします!

スマートフォンをイヤホンなしで使用した時に、音量が物足りなく感じたことはないでしょうか。小型のスマートフォンには音量に限界があり、最大にしたとしてもそれは通常の目覚ましでも起きることのできない人にとっては十分とは言えません。
うるさい目覚まし時計の最大音量はだいたい100㏈くらいです。これは、電車が通るときのガード下と同じ音の大きさです。スマホや携帯目覚まし、普通の目覚ましとは音量が違いますので、通常のもので起きることのできない人はうるさい目覚まし時計を試してみるといいでしょう。

暗騒音工法研究所

違い② 時間のディスプレイが大きいので寝ぼけていても時間を確認できる!

スマートフォンや携帯の時計のディスプレイはとても小さく、寝ぼけていると時間を間違えて認識することも少なくはないでしょう。そのまま、まだ大丈夫と思って二度寝してしまうと大変なことに…。特に最近では視力が低く、コンタクトレンズや眼鏡を使用している人も多くいます。その際に、そもそもスマートフォンや携帯電話がどこにあるのか探すところから困難だったりします。
置き型の目覚まし時計はまずほとんどの場合が場所を固定されているので、どこにあるかは明確です。また、時間を示す部分は大きく作られていることが多いので、正確に時間を把握することができます。

爆音目覚まし時計の特徴

爆音で起こす

とにかく天変地異でも起こるかのような大音量でないと起きられないという方には、100~110㏈の爆音でうるさく鳴り響きます。

音で起こす

ただ大音量が鳴るだけでは毎朝起きるのが億劫になってしまう、という方向けには、「心地よい音色を大音量で聞かせる」、音で起こすことのできるタイプもあります。

振動で起こす

大音量と振動の2つの叩きおこし機能を持った爆音目覚まし時計もあります。振動はだいたいスマートフォンや携帯電話の振動の約5倍。振動のタイプも断続や連続から選べるもののあります。

爆音目覚まし時計TOP3

商品名 SEIKO 目覚まし時計 NR436W

時計の代表的なメーカーであるセイコーが製造している大音量ベル音アラーム付きの目覚まし時計です。「ベル音」と「電子音」の切り替えができるため、絶対に遅刻できないときには「ベル音」の大きな音で、休日などゆったり起きればいい時は音量を下げたり電子音に切り替えたり、使用の幅が広がります。
アナログ式のとてもシンプルなデザインで、コンパクトではありますが音量に問題はありません。
アラームを止めても5分後にまた鳴り出すスヌーズ機能がついているので、二度寝にも対応できます。
また、ライトもついているので暗い中でも時間の確認ができ、とても便利です。

商品名 SEIKO 目覚まし時計 PYXIS SUPER RAIDEN NR523K

超特大のふたつのベルを搭載したデジタルタイプの大音量目覚まし時計です。寝ぼけた頭を叩きおこす迫力の音量なので、朝なかなか起きられない人の不安を解消します。アラームオートストップ機能で、約5分間で自動に止まるので鳴りっぱなしの心配はありません。音量は3段階に調節ができ、特大は両側のベルト高速回転で打ち鳴らす仕様になっていて、スーパーライデン最大音量です。
標準電波クロック機能を搭載しているので、自動で正しい時間に修正をします。
温度と湿度を表示するので、お部屋のコンディションを一目で確認することができます。
LEDバックライトがついているので、暗い中でも時間を確認することができます。

商品名 ビッグタイム BIG-T 振動式 目覚まし時計

大音量の目覚まし音に加え強力な振動で寝ている人を起こす、デジタル式の目覚まし時計です。最大100㏈まで音量を上げることができ、音でも十分目覚めさせる効果がありますが、それに加えベッドシェーカーがついています。ベッドシェーカーは携帯電話のバイブレーションの約5倍振動する特殊な構造を持っていて、枕の下や枕カバーの中に入れて使用します。音だけでは心配という方や、難聴者にも重宝されている、音ではない方法でも起こすことのできる目覚まし時計です。
ボディはブラックでお部屋のインテリアに馴染みやすく、ブルーLEDのディスプレイは暗闇でも視力の弱い方でも安心して時間を確かめることができます。
徐々にスヌーズの感覚が変化するスマートスヌーズ機能を搭載しています。

おしゃれな爆音目覚まし時計

商品名 IDEA LABEL 電波大音量アラームメガホン LCR091-YE

メガホンをモチーフにした、ビビットカラー(イエロー・レッド・ホワイト)のデジタル式です。最大100㏈という防犯ベルの最大音量と同じくらいのボリュームが出て、夢の中から引きずり出してくれます。音が大きすぎるのに躊躇している方でも問題ありません。裏には音量を調整できるダイヤルがついているので、デモ再生ボタンを押しながら好みの音量にできます。
電波時計なので手動で時間を合わせる必要はなく、さらにコンパクトサイズなので、旅行などでも持ち歩くことも可能です。
その他にも、暗い中でも使用できるブラックライト機能や、二度寝防止のスヌーズ機能も搭載しています。

商品名 Teecoo LED 木目調 大音量デジタル置時計

手触りと質感にこだわった木目調の大音量デジタル式目覚まし時計です。この美しいデザインには大音量だけではない様々な機能が搭載されています。
LEDの明るさは3段階に調整が可能で自動調節し、また時刻のほかに温度・湿度・カレンダーの表示ができます。音感センサーが搭載されていて、60㏈以上の音に反応して表示し、しばらく経つとディスプレイが消える機能を持っています。
アラームも時間を最大3つ、サイクルを2つ設定することが可能なので、起床時間が曜日によって異なる場合はいちいち設定する必要がありません。

うるさい目覚まし時計の注意点

近所迷惑

うるさい目覚まし時計を使用すると当然びっくりするほど大きな音が鳴るわけです。使用する際に気をつけなければならないのはご近所への配慮です。あまりにも大きな音がずっと鳴り続けると、いずれはトラブルになりかねません。使用する際は以下の点に気をつけましょう。
・すぐに止める
目覚ましが鳴って目が覚めたらすぐに止めるようにしましょう。体を起こして動き出したら二度寝防止のために発動するスヌーズも切っておくことが大切です。1日に1度なら許されますが、何度も爆音が鳴ったらそれはご近所の方もお怒りになるかもしれません。部屋にいないのに鳴りっぱなしということが絶対に起きないようにしなくてはいけません。
・自分の部屋の防音性を確認する
自分の部屋を選ぶ際、あらかじめうるさい目覚ましの使用がわかっていれば、防音対策をしておきましょう。例えば部屋を選ぶ際、角部屋を選んでみたり、防音に気を配っている物件を選んだりするといいでしょう。

うるさい 目覚まし 時計

まとめ

いかがでしたでしょうか。どうしてもスマートフォンや携帯電話の目覚ましや通常の目覚まし時計で起きることのできない人にとって、うるさい目覚まし時計は寝坊しないように起きる最後の砦となることでしょう。種類や機能も豊富にあるので、自分に合ったうるさい目覚まし時計を探してみてください。ただし、使用するときは大きい音を立てていることをしっかりと認識し、マナーを守って使用してください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧