【用途別にご紹介】仕事もはかどる!おしゃれなキーボードのオススメはこれ!

この記事を執筆するにあたって

現在自作パソコンとiMACを使用中です。キーボードはiMACに付属していたものとロジクールの安いキーボードを使っているのですが、さすがにiMAC、キーボードもおしゃれにデザインされています… 使い勝手ではテンキーのあるロジクールのキーボードが明らかに優秀です。

Written By あずま ようへい

目次

おしゃれなキーボードを紹介します!

パソコンを操作するうえで絶対に欠かせない道具と言えばキーボードです。中には、マウスを一切操作しないでキーボードのみで完結させる猛者もいるほどです。少なくとも、タイピングをするためには必ず使わなければならない道具です。
そのような重要な役割をもつ道具ゆえなのか、これまではキーボードというと操作性や耐久性を重視した、質実剛健なモデルばかりでした。おしゃれなデザインにはあまり気を配られなかったように思います。

しかし、近年デザイン性に優れたおしゃれキーボードが登場し始めてきています。appleを筆頭にアルミやBluetoothを採用したシンプルなデザインのキーボードや、ゲーミングといった特別な用途に対応するフルカラーLEDを搭載したキーボードです。
これらの製品は、それまでタイピングの道具に過ぎなかったキーボードにおしゃれという新しい流れを取り入れてくれました。

特に最近盛り上がりつつあるPCゲーム文化に対応したキーボードは個性的なものが多く、一部モデルには普通に使う分にもおしゃれに生えるものも登場しています。
本記事では、そんな多様に進化したキーボードを、おしゃれの面から見ていこうと思います。

タブレット、スマホにおすすめ!おしゃれなBluetoothキーボード

現在、もっともバラエティー豊かなキーボードといえばBluetoothキーボードと言えるほど、多彩なデザインのものが発売されています。モバイル用途のBluetoothキーボードはタブレットやスマホの付属品ではなく別売りで販売されている場合が多く、このことがデザイン面の自由度の高さに貢献していると言えます。

現在多くのメーカーがBluetoothキーボードをリリースしており、消費者はその中から自由に好きなものを選べる時代となっています。本項では、特にデザイン的におしゃれなものをピックアップしてみました。

①Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A

言わずと知れたappleの純正キーボードです。この製品は日本語対応モデルです。
おしゃれなキーボードのベンチマーク的な存在であり、アルミを使用したシンプルで洗練されたデザインはどのタブレットやスマホに接続してもデザイン的にとても映えます。

欠点としては、キーの配列がapple準拠になっているため、iPadやiPhoneといったapple製品以外のタブレットやスマホだと多少操作がしにくい所でしょうか。
Windowsタブレットやandroidを使ったスマホで、Magic Keyboardのようなおしゃれキーボードが欲しい!という方は、次のような商品もおすすめです。

②Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

こちらはMagic Keyboardに非常によく似たモバイル用Bluetoothキーボードです。アルミのような銀色の筐体に無垢のキーボードという構成はたしかにそっくりです。Magic Keyboardにない利点としては、Windowsにも対応したキー配列ですね。
価格もMagic Keyboardの約五分の一というとても安価な設定になっているのも嬉しいポイントです。ただ、そのせいかキーボードの作り自体は価格なりだそうです。

③Logicool ロジクール K380RD Bluetooth ワイヤレス キーボード

安く、安定したクオリティのある製品を出すことで定評のあるロジクールからは、実用性とおしゃれを両立したK380がオススメです。デザインとしては筐体自体はとくにこれといった特徴がないのですが、そこにタイプライターのような丸みのあるキーを配置することによって独特な雰囲気を醸し出しています。

ロジクールらしく、バッテリーに単四乾電池を採用したり、ボタンひとつで接続するデバイスが切り替えられたりと、実用面でもしっかりと考えられています。
価格が安価なのも嬉しいです。ちなみに、Mac/Windows/androidに対応しているので汎用性も高くなっています。

④Celluon 超小型 バーチャルキーボード / Celluon Ultra-Portable Full-Size Virtual Keyboard

強烈な個性が欲しい…そんな方には、まるでSFの世界から飛び出してきたかのような姿をしたこのCelluon Ultra-Portable Full-Size Virtual Keyboardあオススメです。レーザープロジェクターによって投影された仮想キーボードは、どのモバイルキーボードにはない斬新な見た目をしています。物理的には存在しないこのキーボードは、本体に搭載されるセンサーが指の動きをトラッキングすることでタイピングを実現しています。ガジェット好きにはたまらないおしゃれな一品ですが、価格がかなり高いところがネックです…

デスクトップパソコンにおすすめ!おしゃれなワイヤレスキーボード

デスクトップパソコンにもBluetoothや2.4Ghzキーボードといったワイヤセルキーボードの波が起きています。

ワイヤレスだと、コードを取りまわさなくていいという利点やコードが届かないような場所にキーボードをおけるという利点があり、またデスクトップタイプのものはモバイル用のものと比べてサイズ面での制約が少なく済むため、テンキー付きのものや凝ったデザインのものなど、個性豊かな製品が多数登場しています。

①Apple Magic Keyboard(テンキー付き)

appleのMagic Keyboardにテンキーを追加モデルです。テンキーを追加することで実用性は大幅に向上しています。サイズ自体も余裕ができたため、方向キーや右側のコマンドキーも無理のない配置になっているのが特長です。
apple純正モデルのため、基本的にMacに最適化されたキー配列となっています。Windowsでも使用できない事もないですが、操作は若干複雑になります。

appleらしいクオリティの高いデザインが魅力的です。Mac所有者でワイヤレスキーボードが欲しいという方は、まずこのおしゃれな製品を第一選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

②(Tstar)竹製キーボード&マウスセット

こちらは外装がすべて竹製というとてもユニークでおしゃれな見た目をしているワイヤレスキーボードです。
竹ならではの風合いと質感がこの製品のすべてといって良いくらい非常に個性的な姿をしています。質感という点ではかなりおしゃれなキーボードなのですが、日本語表記に対応していないため、実用性では他のキーボードと比べて低くなっています。

③Logicool ロジクール KX1000s bluetooth ワイヤレスキーボード CRAFT マルチデバイス

ロジクールの高級ワイヤレスキーボードとして位置づけられるKX1000sは、機能性の良さがデザインの良さに繋がっている製品と言えます。最大の特徴はキーボード左上に装備された「クリエイティブダイヤル」と呼ばれる装備で、タッチ・押し込み・回転の3操作で有機的にPhotoshopやExcelといったソフトを操作することができます。
デザイン的にも金属質のアクティブダイヤルとそれに連なる金属の加飾パネルがアクセントになっていてとてもおしゃれです。
キー自体もタッチ感を向上させるための窪みがタイプライターのキーのようにも見え、こちらもおしゃれです。

本当に使いやすいのか!?変わり種おしゃれなキーボード

ここに紹介するのは、キーボードの中でも特に強い個性を持っている癖のある製品達です。見た目からして強烈なデザイン性を持っていたり、七色に光り輝いていたり、高度な操作にも対応できたり…
万人受けするようなモデルではありませんが、ハマる人にはとことんハマる、そんなおしゃれキーボードを見ていきます。

①HKW タイプライター風メカニカルキーボード 青軸 104キー USB有線 日本語キーボード

完全に見た目がタイプライターになっているキーボードです。「青軸」を採用しており、メカニカルキー特有の打鍵音の大きさがまさにタイプライターの見た目とマッチしていてとてもおしゃれです。LEDバックライトも搭載し、レトロクラシックながら現代的な雰囲気もある、サイバーパンクなキーボードとなっています。

ただ、打鍵音がかなり大きいため、職場や静かな環境で操作するには勇気が必要なキーボードだと言えます。

②Razer BlackWidow X Chroma JP 日本語配列版

光りものがすきな方には、Razerの虹色に輝くBlackWidow X Chromaあいかがでしょうか。
ゲーミング用デバイスを専門に開発しているRazerは高い信頼性と耐久性で多くのゲーマーの信頼を得ているメーカーで、このキーボードもゲーミング用に開発されました。1680万色を再現するLEDライトが非常に派手ですね…

かなり奇抜に光るキーボードですが、Razerおなじみの高い耐久性を誇っており、見た目にそぐわず非常に高い実用性があります。製品のクオリティが高いぶん価格もそれなりに高いのですが、好きな人にはたまらないおしゃれキーボードとなっています。

③Surface Ergonomic 無線キーボード 日本語キー配列

なんとキーボードが歪んでいます。まるでダリの絵画に出てきそうな不思議な形状をしたキーボードですが、実はこの形状は人間工学的に非常に重要な働きを持っているのです。

Microsoftが開発したこのSurface Ergonomicは、人がタイピングをするときに最も負担がかからないようにデザインされており、この不思議なゆがみも全ては負担軽減を追求した結果できた形なのです。あくまで機能のためのデザインですが、この独特すぎる形はとてもおしゃれに見えます。

キーボードはそのままでおしゃれに変身させる

キーボードカバー

キーボードにカバーを被せて一気に雰囲気をかえるという方法もあります。
例えば、Macbook用のキーボードにはこのようなおしゃれなカバーが発売されています。

このように、新しいキーボードを買い替えなくても、一部のキーボードはカバーを上から被せる事でおしゃれにカスタマイズすることができます。

まとめ

今まで単なる道具として存在していたキーボードは、このように個性的な見た目と機能性を備えたおしゃれツールへと進化を果たしました。
パソコンを使う上でほぼかならず目にする道具ですので、見た目もおしゃれに決めるのが今後のトレンドとなるのかもしれません。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
あずま ようへい
かゆい所に手が届くような記事を書いていきたいと思っています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧