この記事を執筆するにあたって

実際にスマホが重くなったことがありその経験から執筆しました。

Written By 双葉 あきら

目次

スマホが重い、その原因と対処法解説します

スマホを利用していると一回は「動作が重くなる」という現象を体験することがあります。これは多くの人が体験していることで、使い始めのころよりも確実に動作が鈍くなっているものです。あまりに重いとスマホが故障してしまったのではないかと思ってしましますが、実際はそうでないことの方が多いです。スマホが重くなる原因というのは大体きまっていて、だれでも解消できるようになっています。もしも、この記事に書かれていることを実行してもスマホが重い状態を解消できない場合は故障を疑っても良いかもしれまん。難しい作業もいらないし専門的な知識もいらないので、まずはこれを試してみて、動作が重いスマホを回復させてみましょう。

スマホ リング

スマホが重い原因は?

重い原因① スマホでアプリをたくさん開いている

大量のアプリをインストールしすぎている場合、スマホが重くなることがあります。これはスマホの保存メモリを占領するためで、アプリ以外の動作に支障をきたす原因です。インストールしすぎているアプリがある場合は、動作に支障が出ない範囲で削除する必要があります。定期的に使うアプリと、あまり使わないアプリを確認して、メモリの保存容量を増やすことが大切です。意外に不要なアプリというものは多いものですので、ぜひスマホが重い場合はお試しください。

重い原因② スマホのCPUに負荷がかかり過ぎている

スマホのCPUは脳みそにあたる部分で、動作全般にかかわってくる重要な部品です。多くの人はスマホを選ぶときにデザイン性や、ディスプレイの解像度などを大切にしていますが、実用的な面でいえばCPUこそが重大な購入基準になります。ブラウザを開いてインターネットに接続したり、アプリを正常に起動させたりするときにはCPUに負荷がかかりますが、これが動作を重くさせている原因になっているかもしれません。

スマホアプリのサーバー負荷が多い

負荷の重いアプリを利用することで、スマホが重くなることもあります。これはユーザーのスマホが悪いのではなく、運営側のサーバーが重いのが原因です。現在のインターネットはクライアントサーバーシステムを導入しているので、サーバー側の状況もユーザーに大きな影響を与えます。例えば、3Dゲームは負荷が重くなるアプリの代表でスマホ側にも負担が多くかかります。特に高画質で利用者が多い人気のゲームになれば、それだけ負荷が大きくなるのが特徴です。

スマホがウィルスにかかっている

ウイルスに感染している時は正常な動作ができなくなっているので、スマホの動作も重くなります。コンピューターウイルスはインターネットが出てきて以来、ユーザーを悩ませるものですが、スマホの世界でも猛威をふるっています。特にAndroidはアプリの提供基準が緩く、悪質なウイルス付のものを多くダウンロードできてしまします。大体が個人情報を盗むウイルスが多いですが、スマホの動作を重くするような迷惑なものも存在しているのが現状です。

スマホ 熱い 温度 クーラー アプリ

スマホが重い・遅い時の対処方法

重い・遅い時の対処方法① メモリの開放を行う

スマホが重くなる原因の一つに、メモリの占有容量が多いという特徴があります。メモリが混雑しているので、新しい動作命令を格納することができずに動作が重くなってしまうのです。キャッシュやインストール済みのアプリを削除することで、メモリを解放することができるようになります。特に難しい作業は必要なく、誰でも簡単に行うことができるのでおすすめです。

重い・遅い時の対処方法② タスクを削除する(タスクキル)

スマートフォンを初めて利用する方に多いのですが、アプリを終了したつもりでも起動していることがあります。ほっておくとメモリの占有やバッテリーの消費をつづけることになるので、是非ともタスクの終了は適切に行う必要があるのです。パソコンのように×ボタンがあれば分かりやすいのですが、スマホにはあいにくそのような機能はありません。スマホの場合はスライドタッチを利用して、アプリを終了させる必要があります。

重い・遅い時の対処方法③ キャッシュの削除をする

日々スマホを利用してきて動作が重くなったという方は、キャッシュが原因のことが多いです。キャッシュとは一時的に保存しておくデータのことで、インターネットの閲覧などをスムーズにしてくれる効果があります。しかし、一時的といえどもデータを保存しておくということは、メモリを占有するということですので、メモリ不足の原因になることがあります。キャッシュの削除は設定タブから行うことができます。

重い・遅い時の対処方法④ 端末の再起動を行う

どうしてもスマホの動作が重い場合は端末の再起動をすると解消することがあります。動作がもっさりと重くなる時には、一番簡単に行うことができるので、多くの人が一度は試したことがある方法です。パソコンも動作がおかしくなったときに再起動することがあると思いますが、スマホの場合も同様にリフレッシュさせることで動作が軽くなる場合があります。動作メモリの無駄を解消してくれるのでおすすめです。

重い・遅い時の対処方法⑤ 使っていないアプリの削除

単純にインストールしているアプリが多すぎる場合は、メモリの占有量も多くなるので動作が重くなります。このような場合はインストールしているアプリを削除することで、メモリの解放をおこなうことが大切です。スマホを使っているとついつい「面白そう」「便利そう」「なんか気になる」などと思って、必要ないアプリをインストールしてしまいがちです。これはすぐにメモリを圧迫してしまうので、必要ないアプリは削除してしまいましょう。

重い・遅い時の対処方法⑥ OSアップデートを行う

スマホが重くなる原因にOSが古くなっていることが挙げられます。OSとはオペレーションシステムの略で、スマホを動かすプログラムのことです。プログラムというのは何らかの不具合があると、ハッキングなどの対象になるので定期的にアップデートする必要があります。OSも同様で、アップデートしないと何らかの不具合が起こってしまうことがあります。もしもOSが古い場合はアップデートを行うことをおすすめします。

スマホ 熱い 温度 クーラー アプリ

それでもスマホの動作が重い時は…

スマホ内の不要なデータを削除する

それでもスマホが重くなる場合は、不要なデータが多すぎる可能性があります。スマホを長いこと使っていると色んなことをやると思いますが、そのたびにスマホ内にはデータが蓄積されていきます。ブラウザでインターネットを見ているときにキャッシュデータもそうですし、履歴などのデータもメモリを占有するものです。一つ一つは微々たる大きさかもしれませんが塵も積もれば山となるように、長期間では動作が重くなる原因にもなります。

端末の買い替えを検討する

動作が重くなるのがメモリの占有やOSの問題ではない場合、スマホ自体に問題があります。古いスマホを利用している場合、中身のパーツの性能が低いことが多く、十分なCPU性能を実現することができません。OSに関しても最新のバージョンをインストールすることができないので、セキュリティや動作に影響を与えます。重大な脆弱性がみつかっているものも多いので、端末を新しいのに買い替えることが重要です。

まとめ

スマホの動作が重くなる原因は、一つではありません。例えば、インストールしているアプリが多すぎると、メモリに空きがなくなるので動作が重くなります。高画質な3Dゲームを行うときや、多くのタスクが開いているときはCPUに負荷がかかりすぎて動作が重くなります。サーバー側が重くなることで、スマホ自体には問題がないのに動作が不安定になることもあります。理由は一つではないのですが、そのような場合でも再起動は簡単にできるので最初に試すことをおすすめします。メモリの解放やOSのアップデートなどできることをしても、改善しない場合は端末を買い替えることも大切です。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
双葉 あきら
読者の方が読みやすい文章を心がけています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧