スマホ画面をテレビに出力する方法を解説

目次

簡単!スマホの画面をテレビに出力させる方法をお教えします

お手持ちのスマホの画面をテレビに出力して大画面で「映画を見たい!」「アニメを見たい!」そんな事ができると知っていても…なかなか踏み込んだ内容まで知らない方もいると思います。

「ミラキャストやクロームキャスト…聞いた事あるけどどう違うの?」

どちらが使いやすいのか、他の方法と比較するとどうなのか、メリットとデメリットはあるのか、など。

そんな初心者向けに誰でも簡単にスマホの画面をテレビに接続して出力するまでの方法を丁寧にお伝えしていきます。

実際に出力してテレビをご覧になるご自宅等での選択肢の1つとして参考になれば幸いです。

HDMIケーブル(有線)でテレビに出力する手順方法

まずは、HDMIケーブルでの有線を使った出力方法のメリット・デメリットから見ていきます。

ケーブル接続のメリット・デメリットについて

メリット

HDMIケーブルとはディスプレイ上に映像や音声のデジタル信号を転送するためのインターフェイス(ケーブル)です。デジタル形式の映像と音声を転送しますからデータの劣化がなく、高画質で高音質の状態でデータ転送することが可能です。

デメリット

唯一のデメリットと言えばケーブルが邪魔という事です。長さが制限されるため十分な長さのHDMIケーブルが必要になります。テレビ周辺のスマホの電波状況が悪いと使用する事ができません。

テレビに接続できるケーブルを用意

まずスマホとテレビ間をHDMIケーブルで接続しなくてはなりません。しかし、お手持ちのスマホを見てみると分かるのですが通常HDMIケーブルを差し込める端子がついていない事が分かります。そのため、iphoneをお使いでiPhone 5以降やLightningコネクタを搭載したiPadシリーズの場合は、

専用アダプタ「Apple Ligftning Digital AV アダプタ」というHDMI端子に変換するためのツールが必要になります。上図の変換アダプタ + HDMIケーブルが必要となります。

iPhone 4/4S、iPad2、iPad(第3世代)を使っているなら、

こちらの変換アダプタが必要となります。

アンドロイドの場合は、

こちらも同様にHDMI変換ケーブルが必要になります。

テレビの接続端子を確認しておきましょう

テレビ裏面をよく見てみるとHDMI端子と書いてある端子があるでしょうか?

地デジ対応以降のテレビの場合、HDMI端子が標準化されていますが、それ以前のテレビにはデジタル信号のHDMI端子はついておらずコンポジットやS端子、D端子といったアナログ信号のものしかないため、それらも変換する必要があります。

こちらはアナログ信号テレビを使用している方は極端に少ないと思われるので割愛させて頂きます。

スマホを設定してテレビに出力

いざ、HDMIケーブルで接続したら次はスマホ側の設定です。設定といっても何も特別な事はなくテレビをHDMI入力に切り替えればOKです。動画を再生すると映像がテレビに出力されて、スマホの画面には再生コントローラが表示されます。

またゲームなどの場合はプレイ画面をテレビに出力してスマホ側は操作パネルや他の情報を表示するようになります。

AppleTVを利用してテレビに出力する(iPhoneのみ)

2015年10月27日発売のAppleTV。Apple TVとはiOSを搭載したメディアストリーミングのこと。要インターネット環境。

メリット

AppleTVのメリットは何と言っても「iOS」とは違い公式アプリを直接ダウンロードして実行できることにある。動画配信サービスだけでなく、バンダイなどのアニメチャンネル、スポーツチャンネルなど多岐に渡りスマホを必要とせず鑑賞する事が可能である。

また、siriによる音声認識による操作が可能で「〇〇の映画が見たい」「面白いバラエティが見たい」などの要望に応えたり、動画再生中に巻き戻し早送りといった操作や、他の調べものをしたりする事ができる。

デメリット

デメリットとしては、値段が高いこと。今はスマホのアプリを通して手軽に映画や音楽を聴く事ができるため、AppleTV自体の存在価値が少しあやふや。わずか数千円のケーブルで接続できる事を考えると安易には買えない代物である。

また、常にインターネット環境を必要とする。今はWi-Fiがどこにいても充実しているが人里離れた場所では有線を必要とし使い勝手が良くない事が挙げられます。

AppleTVを購入しセット

Apple TV を電源につなぎ、HDMI ケーブルを使ってテレビに接続します。Apple TV 4K では、HDMI 2.0 以降のケーブルを使いましょう。Apple TV 4K をレシーバーに接続する場合は、レシーバー側も HDMI 2.0 以降に対応していることを確認しておいて下さい。続いて、2 本目の HDMI ケーブルでレシーバーをテレビに接続します。

iPhone、iPad、iPod touchをミラーリングしてテレビに出力

iosデバイスの「コントロールセンター」を開いて「画面ミラーリング」をタップします。
表示されたリストからApple TVを選択します。

Air Playのパスコード入力を促す画面が表示されたらテレビ画面に表示されたパスコードを端末から入力して下さい。

ミラーリングを停止する場合は同様に「コントロールセンター」から「画面ミラーリング」をタップして「ミラーリング停止」を選択します。

iPhoneが無くても利用可能に

Apple TVは標準セットで購入すると付属のSiriリモートコントローラーがついています。このコントローラーを使って観たいものを探したり、Apple Store上でダウンロードしたゲームアプリを楽しむ事もできます。

ミラキャストでテレビに出力する

アンドロイド端末の画面をテレビ画面に出力する方法の1つとして無線で接続できる「ミラキャスト」という方法があります。最新機種はほとんど対応しており、特にAndroid 4.2以降のモデルから対応が進んでいます。

メリット

最大のメリットはワイヤレスで目障りなコード類が全くないのでとてもスリムに使用する事が出来ます。また、Wi-Fi環境下でなくても使用可能です。

デメリット

メリットに対してデメリットとしては無線という事でやはり電波が不安定になったり動作の激しいゲームアプリの場合は転送に遅れが生じて端末の操作とシンクロしない事があります。

これらの条件をクリアできれば出先でもどこでもテレビやPCモニターに映し出す事が出来るので仕事などの場面では上手に活用する事も出来ます。

ミラキャストレシーバーとHDMIを用意

ミラキャストを使用するにはまずテレビ側にミラキャストレシーバーという受信機を設置します。ミラキャストレシーバーとテレビ間はHDMIケーブルの有線で接続する必要があります。あと、電源も必要となります。これはテレビのUSBポートに繋ぐ場合と充電器を別に用意しないといけない場合がありますのでくれぐれも購入前にお使いのテレビで使用できるか詳しく調べておきましょう。

デバイス名にスマホを接続して出力する

ミラキャストを接続してテレビの入力を切り替えます。すると接続待機の状態になります。
しばらくすると「デバイスの選択」が表示されます。モバイル端末の画面を共有すると簡単にテレビの画面に出力する事が可能になります。

クロームキャストでテレビに出力する

ミラキャストと混同してしまいがちですが、クロームキャストは現在第二世代の物が主流です。発売当時の第一世代は動画配信サービスなどのストリーミング投影を行いスマホを「リモコン」とする使い方がメインでした。

メリット

ストリーミングデバイスとしては比較的安い値段で手に入れる事ができます。アンドロイドユーザーで動画配信サービスを利用している人はテレビで見るためのツールとしてとても使い勝手が良いでしょう。もちろんミラーリングとしても利用できます。

デメリット

Google社製という事ですが、他メーカー機器との互換性があまりよくありません。特にiphoneとの互換性が弱くiphoneユーザーにはオススメできません。

クロームキャストをテレビに接続

クロームキャストは出力したいテレビのHDMI端子に本体付属のケーブルを接続します。接続すると若干アップデート等で待ち時間がかかります。また、ミラキャスト同様に電源接続が必要なので専用アダプタをコンセントに差し込んで下さい。

スマホにGoogle Homeアプリをインストール

テレビ出力するにはこの専用アプリが必要不可欠です。まだ、インストールされてない場合はクロームキャストを接続するとアプリのインストールを要求されますのでそれに従ってアプリ「Google Home」のダウンロードとインストールを行って下さい。

セットアップを完了してテレビに出力

クロームキャストを接続してアップデートが終了するとテレビ画面にセットアップの手順が表示されます。表示に従ってセットアップを進めましょう。テレビに表示されたコードが同じことを確認していきます。

接続完了の表示が出たらメニュー画面から「画面や音声をキャスト」を選択すると端末の画面がテレビに出力されます。

端末画面を横にしてブラウザ表示するとテレビに全画面で大きく表示されます。

まとめ

どんな接続デバイスがあって、そのメリットとデメリット、Apple TVという存在がある事そしてその使用方法をご紹介してまいりましたが何となくご理解頂けたでしょうか?

HDMIケーブルなどの有線接続や高価なApple TVは映像や音質を重視する方にお勧め。

ミラキャストやクロームキャストは無線で手軽さを重視する方にお勧め。

こう考えてみるとたくさんあるデバイスも少しすっきりと分けられるのではないでしょうか。難しそうに見えるスマホのテレビ出力ですが、以外と簡単に接続する事が可能です。

さぁ、あとは目的に合わせてあなたが接続デバイスを選択するだけです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧