冷蔵庫のアース線って必要?冷蔵庫にアースがない場合の対処法も解説

目次

冷蔵庫のアース線について解説します

家電製品を使用していてアース線があってよかったと思うケースはそこまで多くありませんよね。

そもそも元々の製品自体に漏電対策がしっかりとされていますから多くの場合で出番がないのではないでしょうか。

さて、そんなアース線について今回の記事では

「冷蔵庫のアース線って必要?取り付け方や必要性について解説!」

という内容に注目しお届けしていきます。

冷蔵庫にアース線ってつけるべきなの?つけなくてもいいの?と日々もやもやしている方はぜひこの記事を読んでみてください。

冷蔵庫のアース線はつけた方がいいの?

冷蔵庫 アース

冷蔵庫にアース線をつけた方がいいのかどうか。

もちろん付けた方が良いです。

これはアース線には漏電により人間が感電することを防ぐ効果があるからです。

そして漏電による火事なんかもアース線を取り付けていれば防ぐことができます。

冷蔵庫は故障の症状によっては水が発生することもあります。

水に濡れるということは漏電が発生しやすくなるということを示していますから予防という意味でも冷蔵庫にはアース線を取り付けてみてはいかがでしょうか。

もしもの時の対策を講じているかどうかは精神的な安静につながるかどうかにも影響してきますし、子供がいる家庭では特に心配でしょうから、精神的な面を見ても冷蔵庫にアース線は取り付けることを考えてみてください。

アース線をつけた方がいい場所とは?

ではアース線をつけた方がいい場所、そうでない場所はあるのか。

結論をお伝えするとそういった場所はあります。

それではどこがアース線をつけた方が良い場所なのかと言うと、水気や湿気のある場所だったり水を扱う場所にはアース線を取り付けた方が良いです。

これは上記でも紹介しましたが家電製品が水に濡れる=漏電の可能性が高まるからです。

そして漏電が起きた際にアース線がなければ感電や火事等の可能性が出てきてしまいます。

なので、水気や湿気のある場所等ではアース線を取り付けることが推奨されているのです。

冷蔵庫をそういった場所に置く際はアース線の取り付けを行ってみてくださいね。

冷蔵庫にはアース線がついているものと、ついていないものがある

冷蔵庫 アース

冷蔵庫にはアース線がついているものとそうでないものがあります。

これには以下のような理由があります。

  • 昔の冷蔵庫であれば、漏電対策や絶縁対策が十分に行われていなかったりするためアース線が必須だったが、現在の冷蔵庫はそういった対処がしっかりと行われているから

  • 一般家庭において水気があるような場所、もしくは水気が多いような場所にはそもそもコンセントを配置しなくなったから

アース線があるタイプの冷蔵庫から無いタイプの冷蔵庫へと買い替えを行った際、アース線が無いことに驚く方もいるかもしれません。

しかし現在においては無いことも正常なことなので、安心して使用してくださいね。

アース線がない時の対処法とは?

上記でも紹介したように洗濯機やエアコン、ウォシュレットなどにアース線が取り付けられているように、アース線を取り付けておいた方が良い場所と言うのがあります。

そういった場所に冷蔵庫を配置する場合は、万一の時のためにもアース線を取り付けた方が良いでしょう。

しかし最近の冷蔵庫には漏電の心配がほぼなくなったことからアース線がそもそも取り付けられていないことがあります。

そんな時は、冷蔵庫にアース線を取り付けるべく、冷蔵庫の購入店に依頼してみましょう。

アース線の需要が減ってきているとはいえ、オプションでアース線を取り付けるかどうかを選択することもできますからね。

又は、自分でアース線を取り付けるという方法も有効です。

ただこちらに関しては初めてやる方は時間もかかるでしょうし、できないという方もいるかもしれません。

なので漏電対策を行うということで漏電遮断器を利用してみるのも良いでしょう。

漏電を察知してから漏電を遮断するという商品の性質上、完全にアース線の代用品とはなりませんが取り付けるだけで漏電による感電の軽減や事故の軽減を望むことができます。

アース線の取り付けを自分でできないという方にはおすすすめな商品なので、そういった方はぜひ検討してみてください。

アース線を取り付けてみよう!

冷蔵庫 アース

冷蔵庫にアース線を取り付けたい。

そんなときは自分で取り付けてみてはいかがでしょうか。

やはり業者に頼むよりも自分で済ませてしまった方が安価で済む可能性が高いですからね。

その分時間はかかるかもしれませんが…。

と、言うことで冷蔵庫にアース線を取り付けたいという時はぜひ自分でチャレンジしてみてください。

そしてアース線を冷蔵庫に取り付ける詳しい方法については当サイトの別記事でも紹介していますが、以下の参考サイトのように冷蔵庫のメーカーサイトでその方法が紹介されています。

参考サイト:Panasonic | アースの接続について。

安全のためにも手探りで行うのではなくこういったサイトを参考にしつつ行ってくださいね。

ちなみにですが、アース線にはねじ式とワンタッチ式という2種類があります。

それぞれの方式で若干その方法が異なるということには注意しておきましょう。

アース線の取り付け方や必要性について疑問が残ったら

アース線は場所により取り付けてはいけないところがありますので紹介しておきます。

  • ガス管の近く
  • 水道管が近くにある所
  • 電話のアース線が取り付けられている所や避雷針がある近く又は場所

これらの場所ではアース線がアース線としての役割をきちんと果たすことができない可能性があるほか、爆発などの事故に繋がる可能性もあります。

よってアース線を取り付けてはいけない場所については十分に把握しておきましょう。

そしてアース線の取り付け工事は場所により義務となっている所もありますので下記にてまとめておきます。

  • 湿気が多い場所、良く溜まる場所
  • 水気が多い所、又はある場所

水気が多い場所についてはアース工事ではなく、正確には上記でも紹介したような漏電遮断器が必要となります。

以上についてはアース工事の疑問点として挙がりやすい所だと思いますのでぜひ覚えておいてください。

また、上記以外の点について何か疑問がありましたらその旨お伝えいただければ幸いです。

まとめ

冷蔵庫にはアース線を取り付ける必要があるのかどうか。

結論をお伝えすると現在販売している冷蔵庫は絶縁対策や漏電対策がしっかりと行われていることから基本必要はありません。

ただし、冷蔵庫を置いている場所が湿気の多い場所だったりするとアース線を取り付ける必要が出てきます。

こちらについてはアース工事を行うことが義務となっているので注意しましょう。

とはいえ、冷蔵庫にアース線は取り付けておいた方がより安心かつ安全であることは一つの事実としてあります。

子供がいる家庭では飲み物をこぼしてしまいそれが漏電に繋がるということも無きにしも非ずですので、念には念を入れるという意味でも冷蔵庫にはアース線を取り付けるということを考えてみてはいかがでしょうか。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧