消えた後では遅い!!iPhoneやスマホの大事なデータは絶対バックアップ!

目次

iPhone, Androidのバックアップについて解説します

皆さんは、iPhoneやスマホが壊れたり無くしてしまって、大事な写真や電話帳などのデータが消えてしまった経験はありませんか?

こういう時に、バックアップを残していれば消えてしまった写真や電話帳などのデータは問題なく戻ってくるのですが、なかなかバックアップを残している方は少ないようです。

今回は、iPhoneやスマホの大事な写真や電話帳などのデータを守るためにバックアップについて解説していきたいと思います。

iPhoneやスマホのバックアップを取るってどういう意味?

悩む

そもそもバックアップとはどういうことなのでしょうか。
意味としては、危険に備えて態勢を整えるや、後ろだてといった意味になります。

その通り、iPhoneやスマホに万が一のことが起きた場合に備えて大事な情報を別で保管しておくことをバックアップを取る。という言い方になります。

例えば、iPhoneを無くしてしまった時に、機種は新たに用意が出来てもそれまでに連絡を取っていた知人の連絡先や旅行の写真など、残しておきたいデータは戻ってきません。

これから紹介するバックアップのいずれかを行っていれば、このように消えてしまった情報を新しい機種へ復元することも簡単にできます。

基本的なバックアップの方法

バックアップ iphone

バックアップには大きく3つの方法があります。

クラウドサービス

ネットワーク上にデータを保管するサービスをまとまてクラウドサービスと言います。クラウドを使用すると、設定次第で自動的に本体とクラウドの両方にデータなどの保存がされるので、意識的にバックアップを行っていなくても、いざという時データがしっかり復元できる可能性が高いです。

ただし、ネットワーク上に預けるという点で不安を感じる方も多く、特に電話帳などの個人情報や、写真にデータとして紐づいている地点情報などが第三者に流出する可能性がゼロではない。という点は把握しておいていただきたいです。

パソコンを使用

ネットワーク上にデータなどを預けることに抵抗がある方は、ご自身のパソコンを使用してバックアップを取ることをオススメします。

ただし、自動的に保存されていくことはないので、定期的にバックアップをしなければいけないので、忘れないようルールを決めるといいと思います。

SDやUSBなどのメモリーにコピーを残しておく

パソコンを持っていなかったり、面倒な方はiPhoneやスマホ本体からSDカードやUSBメモリーへバックアップを取ることが出来ます。

こちらも定期的にバックアップを取る作業が必要にはなりますが、とても簡単に行うことが出来ますので、後ほどオススメアイテムと一緒に詳しくご紹介します。

クラウドサービスを使ってiPhoneやスマホをバックアップ

まずは、クラウドサービスを利用したバックアップの方法をご紹介します。

iPhoneの場合

icloud

iPhoneやiPadなどのApple製品には独自のicloudというサービスがあります。

購入した最初にApple IDというアカウントを作成していると思います。このアカウントを作成した段階でicloudを使用する準備は完了しています。

バックアップ iphone

あとは、設定画面からアカウントの設定が確認できる①をタップ。その中にicloudがあるので②をタップ。

バックアップ iphone

この画面では、どの項目をバックアップしておきたいか選択出来るので、ご自身で選択をします。緑色になっていればバックアップされます。

バックアップ iphone

写真は、詳細に設定が出来ます。他にお使いのApple製品でも同じ写真を見るか、家族などと共有するか。などの設定になりますので、ご自身が使いやすい設定にしましょう。

各キャリアのサービス

iPhone等のApple製品に対しては、au、ソフトバンクからクラウドのバックアップサービスが提供されています。ドコモはクラウドはありませんでしたが、機種変更などのデータコピー(機種を2台並べて通信するタイプ)と、有料契約のデータ復旧サービスがあります。

Androidスマホの場合

Androidのスマートフォンでは様々なサービスがあり、ご自身で使いやすいサービスを選んで使用するようになります。

バックアップ iphone

スマホのアプリ一覧を見ると、電話帳やメール、写真を見るアプリは1つではないと思います。これは、各キャリアが提供しているアプリとGoogleが提供しているアプリがあるからなのですが、バックアップを取るうえでアプリを統一しておくと管理が楽に出来ます。

Googleアカウント

Androidに搭載されているGoogleを使用したバックアップは、先ほどのiPhoneと同じように、スマホを購入した最初にGoogleのアカウントを作成した段階で使用できるようになっています。

利点はドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアも問わず使用できるので、MNP乗り換えをした際でも簡単にデータを復元することができます。

また、スマホだけではなくパソコン上でもデータの共有や確認などが行えるので、バックアップ状況が判りやすいです。

各キャリアのサービス

ドコモやソフトバンクではそれぞれバックアップのサービスを提供しています。

ドコモでは、電話帳や写真はそれぞれのアプリから設定などでバックアップするか選択できるようになっています。

ソフトバンクでは、アプリを使用してクラウドへのバックアップかSDカードへのバックアップを行えるようになっています。

auでは、クラウドでのバックアップサービスは提供されていないようで、SDカードへのバックアップはアプリで行えるようになっています。

その他

最近の連絡手段はほとんどの方がLINEなどのSNSを使用していて、電話帳やメールアプリは使ってない。なんて方も少なくありません。

LINEも正しく設定しておかないと、もしもの時に引き継げないことがあります。

会話の内容は諦められたとしてもLINEの連絡先が消えてしまったら、全てを元通りにするのは不可能に近いです。

設定のアカウントからメールアドレスとパスワードの設定をしておくようにしましょう。

iPhoneやスマホの写真をバックアップ

バックアップ iphone

消えてほしくない1番のデータは写真だという方は多いのではないでしょうか?

特にお子さんがいらっしゃる方は、成長の記録である写真をスマホで気軽に撮影されている方が多いです。

筆者も下の子の写真はほとんどスマホで撮影していますが、先日初めてスマホを紛失し、機種変更してから1年間の写真を紛失した一人です。

それまでは、先にもお話したようにネットワークに保存をすることに抵抗があり、クラウド機能はほとんどOFFにしていました。まさか自分がスマホを紛失するなんてあり得ない。という変な自信を持っていたわけです。

もう泣きたいぐらいへこみましたが、今後同じ事が起きないようにとバックアップをすることを決め、現在は2か所にバックアップをしています。

Googleフォト

IOSアプリAndroidアプリ

筆者も使用している1つがGoogleフォトです。iPhoneでもAndroidスマホでも管理でき、パソコンでも簡単に確認することができます。

自動で撮った写真を全てバックアップすることもできますし、手動で選択してバックアップすることも出来ます。

通常15GBまで無料で使用できるのも魅力です。

Yahoo!簡単バックアップ

IOSアプリAndroidアプリ

Yahoo!が提供しているバックアップサービスです。

写真や動画と電話帳が対象で、Yahoo!のアカウントを持っている方が利用出来ます。ソフトバンクを利用している方は、無制限で利用できるのでオススメです。

自動バックアップもしてくれて、iPhoneからAndroidなどのデータ移行にも使用できるので、便利ですね

dフォト

IOSアプリAndroidアプリ

筆者が使用しているもう1つのアプリです。

ドコモで提供している写真用のバックアップ共有アプリで、5GBまで預けることが出来て月額280円かかります。ですが、月に1冊フォトブックを作成でき、自宅に届けてくれます。フォトブックにした写真は削除しても良いかと思いますので、5GBでも余裕があります。

筆者がスマホを紛失した時に気づいたのですが、撮影した写真をなんの形にもしていなかったので手元に残る物がありませんでした。時々スマホで見返して満足してしまっていたのです。

もちろん機種変更の時には新しい機種に移行させたり、パソコンに移したりしていたのですが、またそこで眠ってしまうのなら形に残しておこう。と思い、dフォトを利用しています。1か月に1冊作るのが難しい時は翌月に繰り越すことができるので、イベントがある月に2冊作成することも出来ます。

これはズボラな筆者にもピッタリな方法だったので、同じように写真のその後に悩んでいる方にはとてもオススメです。

iPhone、スマホで使えるUSBメモリーがバックアップに便利!

バックアップ iphone

さて、最初に少しご紹介したメモリーを使用したバックアップについて詳しくご紹介したいと思います。

パソコンを頻繁に使う方であればパソコンへのバックアップが良いかと思いますが、メモリーへのバックアップもとても簡単に出来るのでオススメです。

SDカードを使用する

SDカードを直接使用できるのはAndroidスマホのみです。電池パックの下にSDカードを入れるところが付いている物が多いです。

もともとは付属していないものが多いので、心配な方は、スマホを購入した時に一緒に用意するようにした方が良いかと思います。

auやドコモではSDカードのバックアップするためにアプリがありますので、項目を選んで実行をするだけ。と、かなり簡単です。

USBメモリー

USBメモリーというとパソコンに使用する形を思い浮かべますが、コネクタがiPhoneやAndroidスマホ用になっているUSBメモリーも多数発売されています。

こちらはiPhoneのLightning端子とパソコンのUSB端子になっているメモリーです。

専用アプリを使用してバックアップを取ったり、iPhoneとパソコン間のデータ共有が可能です。

32GB以外にも種類がありあます。設定画面から、本体内のデータが何にどれぐらい使われているかわかるようになっているので、参考にしてどの容量の物がよいか検討してください。

こちらは、端子がLightning、USB-A、microUSB、USB-Cと4種類あります。iPhoneとスマホ、パソコンでデータ共有が出来るようになっています。

128GBあれば安心して様々なデータを保管できます。

先ほどの4 in 1のメモリーは便利ですが、ちょっと高い。という方は、こちらもオススメです。

こちらは、メモリー部分がSDカードになっているタイプです。端子は先ほどと同じようにLightning、USB-A、microUSB、USB-Cで、プラスカードリーダーが付いており、保存をするときにはSDカードを差し込み使用します。

SDカードは足りなくなったら次のSDカードを買い足していけるので、長期的に使用できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。バックアップはそれぞれメリット、デメリットがありますが、どの方法も簡単に行えます。ご自身の使い方に合ったやり方でぜひバックアップを取る習慣をつけてみてください。

今回のご紹介で少しでも多くの方が安心してiPhoneやスマホを使えるようになることを願っております。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 849f3e28 b016 4fa1 9831 5af92b6ce53c
Written By
もり なつみ
主婦ならではの解釈で、わかりすくお伝えしていきます。
御覧頂き有難うございます! 量販店での販売経験を活かし、ご購入の不安を取り除けるよう わかりやすい文章を心掛けています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧