サーキュレーターの使い方って?効果のある使い方を解説!

目次

サーキュレーターの使い方について解説します

扇風機のような外見をしていることから、一見その正しい使い方が見えにくいサーキュレーター。

中には扇風機と同じような使い方をしていた、という方もいるのではないでしょうか。

そんな紛らわしいサーキュレーターですが、実は正しい使い方で使用することで、エアコンの電気代を低下させることができるとか。

ということで今回の記事ではサーキュレーターについて

「サーキュレーターの使い方って?効果のある使い方を解説!」

に注目してお届けしていきます。

一見するとサーキュレーターとエアコンの併用は電気代が逆に上がりそうな気がしますよね。

果たして正しい使い方をすると本当に電気代は低下するのか、詳しい電気代についても紹介していきますので気になる方はぜひこの記事を読んでみてください。

サーキュレーターの置く場所によって効果が変わる?

サーキュレーター 使い方

結論から言うと、サーキュレーターの効果は使い方、というよりも置く場所という表現が正しいかもしれまs年賀、これによって効果がより変わります。

ということでエアコンの冷房使用時、暖房使用時それぞれのケースで紹介していきます。

エアコン冷房時の使い方と効果

それではエアコンの冷房時にはどのような使い方をすればよりサーキュレーターの効果が上がるのかと言うと、考え方としては冷風がとどまりやすい所に置くということが重要です。

サーキュレーターはそもそも空気を室内に程よく循環させるためのものですからね。

そして冷風の性質は暖風よりも重い性質となっているためサーキュレーターはエアコンの冷房使用時、エアコン近くに下を向くようにしてサーキュレーターを置くというのが正しい置き場所及び効果的な使い方になります。

暖風の方が冷風よりも重いイメージがあるかと思いますので、今まで間違った使い方を行っていたという方は多いのではないでしょうか。

今後は、今回紹介したことを参考にしつつ置き場所を気をつけてください。

ちなみにこの置き場所は、あくまでもあまり冷風の循環を阻害するような障害物がない場合に効果的な置き場所です。

家具が室内に多いと思われる部屋ではどうしてもサーキュレーターによる冷風の循環が上手くいきませんからね。

よって、室内に家具が多い部屋の場合ではエアコンから出る冷風をそのまま循環させるということが有効となりますので、置き場所はエアコン近くに、そして向きは上向きが効果的な使い方です。

以上のように室内の環境如何によっては、サーキュレーターが効果的となる置き場所、使い方は変わるということを覚えておいてください。

ここまでの内容をまとめると以下になります。

  • 室内に家具が少ない部屋の場合の使い方:エアコン近くに下を向くようにしてサーキュレーターを置く
  • 室内に家具が多い部屋の場合の使い方:エアコン近くに上を向くようにしてサーキュレーターを置く

室内に家具が少ない部屋にはリビング等の比較的広めの部屋が、室内に家具が多い部屋の場合には個室等の比較的狭めの部屋がそれぞれ当てはまるかと思いますので、サーキュレーターを効果的に使用したいという方は参考にしてみてください。

エアコン暖房時

それでは次にエアコンの暖房時にはどこに置けば、よりサーキュレーターの効果が上がるのかと言うと、考え方としてはこちらも暖房がとどまりやすい所に置くということが重要になります。

よってこのことを踏まえると暖風は冷風よりも軽い性質を持つため、エアコン近くに上向きでサーキュレーターを置くということが置き場所及び使い方として正解です。

ちなみにエアコンの暖房使用時の場合は、内装如何によって置き場所や使い方を変えるということはあまり必要ありません。

そもそも上には障害物は少ないでしょうし、このことからサーキュレーターによる暖風の循環を阻害することもほぼ無いと考えられますからね。

ということで、エアコンの暖房使用時に効果的にサーキュレーターを使用したいのであれば、エアコン近くに上向きでサーキュレーターを置きましょう。

サーキュレーターを使うことで電気代は節約できる?

サーキュレーター 使い方

それでは次にサーキュレーターを使用することは電気代の節約につながるのかどうか、について紹介していきます。

使用した場合の電気代

まず、サーキュレーターを使用した場合のエアコンの電気代ですが、一般的にはサーキュレーターを使用することで節約できる電気代は一日10円であるといわれています。

そのことを踏まえると、エアコンとサーキュレーターを併用した場合は以下のような電気代となります。

エアコンの冷房使用時の電気代(サーキュレーターあり)

  • 年間の電気代:1535kWh × 26円 - 3600 = 36310円
  • ひと月の電気代:39910円 ÷ 12 - 300= 約3025円

※1kWhあたり26円及びパナソニック製エアコンCS-WX568C2という情報の元に算出

サーキュレーターの電気代と、サーキュレーターにより得られるであろうエアコンの節約金額については省いていますが、サーキュレーターを使用すると節電効果が得られるということが分かるのではないでしょうか。

ちなみになぜ、サーキュレーターを使用することはエアコン単体使用の時よりも節電、節約になるのかと言うとサーキュレーターにより室内が効率的に冷やされるからです。

エアコンだけですと、どうしても冷風が溜まってしまう場所があり、それゆえに設定温度を低く設定しがちですが、サーキュレーターを使用するとむやみに設定温度を下げる必要性がないことから、節電及び節約につながります。

使用しなかった場合の電気代

次に、サーキュレーターを使用しなかった場合のエアコンの電気代はそれぞれ以下のようになります。

エアコンの冷房使用時の電気代(サーキュレーターなし)

  • 年間の電気代:1535kWh × 26円 = 39910円
  • ひと月の電気代:39910円 ÷ 12 = 約3325円

※1kWhあたり26円及びパナソニック製エアコンCS-WX568C2という情報の元に算出

メーカーに記載されているエアコンの年間の消費電力と、1kWhあたりにかかる電気代を掛け合わせただけという簡単な算出方法ですが、以上のような電気代となります。

やはり、サーキュレーターの効果は侮れないということが分かっていただけたのではないでしょうか。

エアコン使用時はサーキュレーターを使用するようにしましょう。

持っていない方はサーキュレーターの購入費用が掛かることになりますが、節電及び節約効果を見ればわかるように、元を取るのにそこまで時間はかかりませんからね。

参考元:Panasonic

サーキュレーターはお部屋の畳数によっても効果が変わる?

それでは最後にサーキュレーターは部屋の畳数によって効果が変わるのか、について紹介していきます。

適応畳数のチェック

まず結論からお伝えしておくと、サーキュレーターは部屋の畳数によりその効果の具合が変わります。

これはエアコン自体もその効果が畳数により変わってくることから、ある程度想像しやすいのではないでしょうか。

ということでサーキュレーターの適応畳数について紹介すると以下のようになります。

  • 6~10畳程度の部屋:直径18cm程度のサーキュレーター
  • 14~20畳程度の部屋:直径25cm程度のサーキュレーター

以上を目安に、自分の部屋に合うサーキュレーターを探してみてください。

ちなみに、広い部屋に小さいサーキュレーターを使用した場合、その節電効果、節約効果はどのようになるのかと言うと、もちろん低下します。

それどころかサーキュレーターの電気代も考えると、むしろマイナスになりかねません。

というのも、サーキュレーターのサイズに適応していない部屋でサーキュレーターとエアコンを併用しても、サーキュレーターによる冷風または暖風の循環効率は低下するため、結果として設定温度を低くするということが考えられるからです。

設定温度が低下すればそれだけエアコンの稼働率、消費電力は上がり電気代が高くなるでしょう。

よって、イマイチ効果の感じられないサーキュレーターの電気代を無駄に払うことになり、過剰に電気代を払うことになりかねないという結論になります。

サーキュレーターを購入する際は、使用する部屋とサーキュレーターのサイズが適応しているのか、という点にも注目し購入しましょう。

参考元:サーキュレーターの使い方ガイド

まとめ

サーキュレーターをどのように使えば、どこに置けば効果的に使用できるのかについては以下のようになります。

エアコンの冷房使用時
- 室内に家具が少ない部屋の場合:エアコン近くに下を向くようにしてサーキュレーターを置く
- 室内に家具が多い部屋の場合:エアコン近くに上を向くようにしてサーキュレーターを置く

エアコンの暖房使用時
- エアコン近くに上向きでサーキュレーターを置く

ちなみに、サーキュレーター自体の向きは室内に冷風、暖風が全体にいきわたるような向きにしてください。

サーキュレーターとエアコンを併用すると、年間で3600円の節約が行えるといわれていますので、便利なサーキュレーターを上手く利用しましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧