SSDとは何?HDDとの違いを徹底検証!

この記事を執筆するにあたって

自作パソコンにてSSDとHDDを複数運用しています。両者はかなり性質が違うので要所ごとに使い分けるのが大切です。

Written By あずま ようへい

目次

SSDとは何か、HDDとの違いを交えて解説します

パソコンのデータストレージ用としてすっかりおなじみになった感のあるSSD。
まだまだ容量あたりのコストはHDDと比べると高いですが、登場した当初と比べるとだいぶ現実的な価格まで下がってきており、500GBほどの容量であればかなり手の出しやすい価格になってきています。
SSDとはHDDに比べるとかなりデータ関係の速度が速く、特にOSをSSDに読み込ませたパソコンの起動の速さは感動ものです。

早ければものの数秒で起動が完了する圧倒的なスピードはHDDではまねできないレベルでした。
そんなSSDとは具体的にHDDとどのような違いがあるのでしょうか?本記事ではこの違いについて調べていきたいと思います。

そもそもSSDとは何なのか?

SSDとは、ソリッド・ステート・ドライブ( solid state drive)の略で、半導体素子をメモリとして利用している補助記憶装置のことで、HDDと同じように電源を切っても内部のデータを保存する性質(不揮発性)があり、これによってデータストレージとしての性能を発揮しています。おおざっぱに言うと、フラッシュメモリのお化けのような存在がSSDです。
SSDはHDDと同じ記憶装置ですが、両者の性質はかなり違うと言えます。そのため、SSDとHDDは使用目的によって使い分けるのが望ましいのですが、最近はSSDの大容量化によって使い分ける必要性が年々薄れています。
SSDの具体的な性質は以下の通りです。

SSDのメリット

  • データの書き込み、読み込みがHDDに比べて圧倒的に速い。
  • HDDと違って物理的な可動箇所、可動機構が無いため消費電力が少なく、それゆえ発熱量も小さい。
  • HDDと違って物理的な可動箇所、機構がないため衝撃に強く、HDDほどショックへの気遣いを考えなくてよい。
  • 物理的な可動箇所、機構がないため静粛性に優れる。

SSDのデメリット

  • HDDに比べてまだまだ容量の少ないものしか販売されていない。
  • HDDにくらべてGB当たりの単価が高い。
  • フラッシュメモリタイプのSSDはデータの書き込み、読み込みに回数制限があり、長期間使用するほど徐々に劣化していく。
  • データの長期保存がHDDに比べると苦手で、保存したデータが稀に消える可能性がある。
  • 故障したときのデータ復旧が非常に難しい。

といった性質があります。
このことから、SSDは主にデータストレージ用よりもそステム用に用いるのが一般的な考えだと言われています。

SSDとHDDはどっちのほうが速い?

圧倒的にSSDの方が速いです。
接続形式にもよりますが、おおむねSSDはHDDの倍から4倍ほど高速に書き込み/読み込みができると言われています。さらに高速な通信インターフェイスであるM.2SSDなどはさらにこの差は開いていきます。また下記の記事によればランダムアクセス速度は実に40倍もの差があるといいます。

参考URL:全ての作業が速くなる!! ~HDD/SSDユーザビリティ比較~ ドスパラ

ランダムアクセス速度はアプリケーションの起動や各種ファイルの解凍などに大きくかかわるため、パソコンの体感での速度感にかなり影響を与えます。

そもそも HDDとは何なのか?

HDDとは磁気を帯びたディスクを記憶装置とする仕組みを持つ補助記憶装置です。このディスク(プラッタといいます)にデータを保存、読み取りをさせるために磁気ヘッドと呼ばれる部品が付属しており、高速でディスクを回転させながら磁気ヘッドもディスク上を高速で往復できるようになっています。全体の仕組みとしてはレコードプレーヤーにも似ていて、非常に精密かつ繊細な機械装置ともいえます。

SSDとHDDの比較

HDDは記憶密度がとても高く、SSDよりも大容量に作りやすい利点があります。そのため、特に5TBを超えるような大容量のものではHDDがコスト面でかなり有利です。
反面、データの書き込み、読み込み速度ではSSDが圧倒的に優れており、OSなどのシステム系用途では全くSSDに歯が立ちません。消費電力や発熱量もSSDに比べて大きく、場合によっては加熱回避のためにパソコン内のエアフローに気を使わないといけない事もあります。また、上記のように非常に精密で繊細な構造のために原理的に衝撃や振動に弱く、ラフな環境での使用には向いていません。

しかしデータの保存に関してはSSDよりもHDDの方が優れた性質を持っています。
長期間のデータ保存の安定度がSSDよりも優れているほか、SSDのようなデータ書き換え回数制限もないため、理屈の上ではHDDは無制限にデータの書き換えが可能と言えます(実際は磁気ヘッドの寿命があるため無限には使えません。)
また、故障時のデータ復旧も手法が確立されており、SSDのように二度とデータがサルベージできないなんて事にもなりにくいと言えます。

他の周辺機器との違いは?

SSDは半導体メモリのため、構造的にRAMやフラシュメモリとよく似ています。ですが(特にRAMは)機能の違いがあるためにちゃんと適材適所で使用する必要があります。

メモリ(RAM)との違い

RAMもSSDも同じ半導体メモリですが、両者はかなり性質の違いがあり、最も大きな違いは電源を切った後のデータ保存についての部分です。
電源を遮断してもデータが保持させるSSDとは違いメモリ(RAM)は電源が入っている間しかデータが保持されません。揮発性メモリというのですが、データのやりとりをより早くするためにRAMはこのような形式を取っています。

USBメモリーとの違い

USBメモリーの中でも、フラッシュメモリと呼ばれる方式を採用したものは基本的にSSD(NAND型)と同じような構造を持っていると言えます。
USBメモリーにも、最近は500GBを超える容量を持つものが登場してきており、ちょっとしたSSD並みの規模になってきているのですが、違いはデータ通信の速度と言えます。USB規格を使っているためさすがにSSDほど高速ではなないのですが、最新のUSB規格であるUSB3.1はSATA規格をも超える通信速度を実現しているため、両者の速度差はどんどん縮んでいます。

SSDとはどんなものなのか、具体的に商品を紹介!

2.5インチSSD

現在最も普及しているSSDです。元々ノートパソコン用の小型HDDのために作られた2.5インチ規格ですが、現在は主にSSDがこの規格を採用しています。主な接続方式はSATAで、たいていのパソコンに備わっているインターフェイスです。この汎用性の高さから、はじめてSSDを導入するのに一番向いているタイプと言えます。

① Crucial SSD 500GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm (9.5mmアダプター付) CT500MX500SSD1/JP

2.5インチSSDで人気の高いモデルです。容量は500GBとSSDとしては十分なサイズを持ちながら、近年の価格現象でかなりお手頃な値段となっています。(12,734円 2018年7月31日現在 Amazon)
筆者もこのモデルを使用しています。

M.2SSD

M.2規格に対応したSSDです。特長としてはSATA規格を上回る超高速データ通信ができる点で、また多くの場合M.2インターフェイスはマザーボードに直接設置しているのでM.2SSDはマザーボードに直付けされるような形で装着される点が特徴的です。
そのため本体がかなり小型で、熱管理の面では2.5インチSSDよりシビアな状況になりがちでもあります。
接続方式もマザーボードごとで異なっているため、SSD側とマザーボード側で合わせる必要があるなど、2.5インチSSDと比べるとこちらはより上級者向けともいえる仕様になっています。

➁Samsung SSD 500GB 970 EVO M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 MZ-V7E500B/EC

サムスンの最新型M.2SSDです。SATA接続の10倍近い通信速度を実現しており、より高速なパソコンを目指す人にとっては欠かせないパーツと言えます。

まとめ

SSDは適切につかうとパソコンの動作速度を飛躍的に高めてくれます。
それまでの記憶装置であったHDDとの差は圧倒的で、初めて体験する人にとっては感動すら覚えるレベルです。
本記事が参考になれたなら幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
あずま ようへい
かゆい所に手が届くような記事を書いていきたいと思っています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧