加湿器をの使い方をマスターしよう!使い方によって効果も違う⁉

目次

加湿器の使い方について解説します

乾燥対策として欠かせないのが加湿器ですよね。

加湿器は、室内の空気に潤いを与えて保つ役割があるので喉や肌の乾燥はもちろん健康管理の面でも重宝します。

ところが、使っていても効果をあまり感じなかったりしませんか?

加湿器は使い方次第でグンと効果が変わってきます。

今回の記事では、加湿器の効果的な使い方について解説したいと思います。

また、使い方に関連して加湿器のお手入れ方法おすすめの加湿器をご紹介します。

加湿器 掃除

加湿器の使い方を教えて!

使い方の前に、そもそも加湿器には大きく分けて4つのタイプの加湿方式があります。

■気化式

水を含ませたフィルターに風を当てて加湿する方式です。

水を含んでいるため、吹き出し口から冷たい空気が出ます。

■超音波式

超音波を当てて水をミストにしてファンで送風する方式です。

水を加熱しないため、タンク内の水に雑菌が繁殖すると、そのまま蒸気として外に放出されてしまいます。

また、水に含まれるミネラル(カルシウム)により、部屋が白く汚れることもあります。

■加熱式(スチーム式)

ヒーターで水を加熱して蒸気に変える方式です。

水の温度が高くなるので吹き出し口が熱くなりますが、カビや雑菌が発生しにくく衛生的といわれています。

■ハイブリット式(温風気化式)

ヒーターで温めた風を、水を含ませたフィルターに当てて加湿する方式です。

温風を利用するので、気化式よりも効率よく加湿できますが消費電力は高くなります。

■ハイブリッド式(加熱超音波式)

ヒーターで温めた水を振動させ、細かいミストにしてファンで送風する方式です。

ヒーターで加熱するため雑菌が繁殖しにくいですが、水に含まれるミネラル(カルシウム)により、部屋が白く汚れることがあります。

使い方① 部屋の広さに合った加湿器を選んで使用する

使い方というよりもそもそもどのような加湿器を使用するのかについてです。

まずは加湿器の定格加湿能力適用床面積を調べるのがポイントです。一般社団法人日本電機工業会の規定に基づき制定されています。

加湿能力とは、室温20℃で湿度30%の時に1時間あたりで放出できる水分量です。

適用床面積とは、室温20℃で湿度60%を維持できる部屋の広さになります。

冷暖房のエアコン使用時は空気が乾燥しがちなので、少し大きめの加湿器でもよいでしょう。

正しい使い方をしていてもそもそも加湿器が部屋にあっていなければ効果は期待できません。

参考元:一般社団法人日本電機工業会

使い方② 給水タンクに水道水を入れる

いずれのタイプの加湿器も水道水を使用します。

水道水は、法令により水の中の雑菌を殺菌するために塩素消毒が義務づけられています。

その微量の塩素によって、加湿器の給水タンクに入っている状態でも雑菌の繁殖を抑えてくれています。

浄水やミネラルウォーターで加湿器を使ってしまうと、塩素が含まれていないため、カビや雑菌が繁殖しやすくなっています。

カビや雑菌が水蒸気と一緒に吹き出し口から室内に放出されてしまいます。また、メーカーによっては加湿フィルターの寿命が短くなる可能性があります。

正しい使い方で加湿器の効果をしっかりと得たい場合は浄水やミネラルウォーターは避けましょう。

使い方③ 加湿しすぎないように使用する

加湿器の正しい使い方は、加湿のしすぎをしないように使うことです。

加湿器で加湿をしすぎると、壁など室内にカビが発生する原因になってしまいます。また、就寝時の加湿器のつけっぱなしでも湿度が上がります。

おやすみモードやタイマー付き、自動で室内の湿度を保つ製品などが便利です。

加湿器使い方

加湿器の効果的な使い方

効果的な使い方①

加湿器のタイプごとに、室内の温度で使用効果が変わります。

加熱式(スチーム式)やハイブリット式の場合、ヒーターで水を加温するため、室温に関係なく加湿効果が得られます。

気化式や超音波式の場合、洗濯物を外に干す原理と同じなので、室温が低すぎると飽和水蒸気量が低いため加湿効果が得にくくなります。

したがって、日本電機工業会の規定に基づき、室温20℃で使用すると効果的です。

効果的な使い方②

加湿器は置き場所によって効果が変わります。

部屋の隅に置いてしまうと部屋全体が加湿されにくいです。

部屋の入り口やドア付近に置くと、出入りのたびに湿度を含んだ空気が逃げてしまうので効果を感じにくくなります。

また、加湿された空気が壁やカーテン、家具や電化製品に当たると、カビなどの発生や電化製品の故障の原因になります。

さらに、湿気は低いところに溜まりやすい性質があるため、加湿器を床に直置きしたり低い位置に置くと、顔の位置は空気が乾燥したままになります。

各メーカーの取扱説明書を調べてみると、効果的な置き場所の高さは高さ50cm〜1mであることがわかりました。

したがって、加湿器の効果的な置き場所は以下の通りとなります。

●室内の中央付近に置く

●高さ50cm〜1mの高さに置く

参考元:アイリスオーヤマgizport

加湿器おすすめ3選

三菱重工 roomist スチームファン蒸発式加湿器(木造和室6畳まで/プレハブ洋室10畳まで) 純白 SHE35PDA-W

加熱式(スチーム式)の加湿器です。

運転開始から約1分で蒸気が吹出し、吸い上げた水だけを加熱・蒸発する省エネ設計になっています。

室内の湿度が35%以下になると「dr」表示の点滅とブザーでお知らせし、現在の室内の湿度を1%単位でデジタル表示してくれるので湿度管理ができて便利です。

また、小さなお子様がいる家庭でも安心のチャイルドロックを搭載しています。

シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター 13畳 / 空気清浄 23畳 ホワイト KC-G50-W

気化方式の加湿器と空気清浄機の2役のマルチな製品です。

高濃度の「プラズマクラスター7000」を搭載し、除電効果でホコリをしっかり吸引し脱臭します。

Ag+ イオンカートリッジにより、給水タンクやトレーのヌメリやニオイの原因となる菌を除菌し、清潔な空気で室内を加湿します。

部屋の明かりを消すと自動的に静音運転に切り換わり、乾燥を検知すると静かに加湿するので、寝室や勉強部屋などにピッタリです。

パナソニック 加湿機 気化式(ナノイー・DCモーター搭載) ~42畳 ホワイト FE-KXF15-W

広いリビングやオフィスや店舗、事務所での使用にピッタリな、ヒーターレス気化式加湿器です。

パナソニック独自の技術、水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」を搭載し、潤い効果を高めて、パワフルな加湿効果が期待できます。

アマゾンのレビューによると、室内の湿度が50%〜60%程度に上昇して保たれるので良いとの口コミが多くみられました。

加湿器のお手入れ方法

加湿器使い方

方法① タンクの水はできるだけ毎日交換を行う

微量塩素を含む水道水でも消毒効果は日ごとに抜けていきます。

雑菌の繁殖やカビによる「ぬめり」が発生しやすくなるため、できるだけ毎日交換することをおすすめします。

方法② タンクの水は残さず捨てる

雑菌が繁殖した水を残さないためにも、タンクに水が残っていたら必ず捨てましょう。

タンクを上下左右に振ると捨てやすいです。

また、すすぎをよく行うのがポイントです。

方法③ 蒸気の吹き出し口の水分は拭き取る

加湿器の使用後は、蒸気の出る吹き出し口が濡れています。

そのままにするとカビの原因になりますので、拭いておきましょう。

加湿器のお手入れの重要性

加湿器に使用する水道水は、法令により塩素消毒が義務づけられています。

水の消毒に用いている塩素が、アンモニアや有機物などに反応すると不快なカルキ臭を発生します。

カルキは塩化石灰なので付着すると取りにくくなるため、こまめなお手入れが必要です。

また、加湿器で使用する水に雑菌やカビが繁殖すると、空気と一緒に部屋中にばらまかれてしまいます。

さらに、加湿器は不衛生な状態で放っておくとレジオネラ菌が繁殖し、肺炎などの「レジオネラ症」になる危険もあります。

このように、加湿器をお手入れすることは健康管理において重要です。

加湿器を快適に使用するためにも、こまめな掃除を行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

加湿器の使い方とは、部屋の広さに合った加湿器を使用すること、水道水を使用すること、加湿しすぎないように使用することです。

また、加湿器は室内温度と置き場所によって、より良い使用効果が期待できます。

気化式や超音波式の場合は室温に左右されませんが、気化式や超音波式の場合は室温20℃で使用するのが効果的です。

なお、いずれのタイプも室内の中央付近に置くこと、高さ50cm〜1mの高さで使用すると効果的です。

加湿器のお手入れは、給水タンク内の雑菌やカビの繁殖を防ぐためにも水道水を使用し、タンクの水はできるだけ毎日交換を行うことが重要です。

メーカーによってお手入れ方法が異なるため、取扱説明書に記載の範囲内でお手入れをされることをおすすめします。

加湿器の使い方を知りたい人にとって、この記事が参考になればと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7284f282 5557 453e be91 d08202c80236
Written By
dosukoi s
モータースポーツと海外旅行が好き。
家電製品の魅力はもちろん、読者の皆様が疑問に感じることをわかりやすくお伝えできるような記事執筆を心がけて参ります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧