ヘッドホンのアンプの使い方は?意外と簡単なの⁉

目次

ヘッドホンアンプの使い方について解説します

ヘッドホン アンプ 使い方

皆様はヘッドホンアンプという機械を知っていますか?音楽鑑賞を楽しんだりパソコンで楽曲製作を行う時に、ヘッドホンやスピーカー、DTMソフトや楽器と同じくらい重要なのがヘッドホンアンプです。

今回はヘッドホンアンプの使い方やメリット、種類や選び方をご解説し、おすすめのヘッドホンアンプを厳選してご紹介します。

ヘッドホンのアンプの使い方を教えて!

この記事を読んで下さっている方は、ヘッドホンアンプを買ったばかりの方、あるいは購入しようか迷っており、ヘッドホンアンプの使い方について知りたい、という方が多いでしょう。

そこで、まずは基本的なヘッドホンアンプの使い方、接続方法や注意点を挙げておきます。

使い方① in側の接続端子を確認する。

ヘッドホンアンプアンプはポータブルアンプ(通称ポタアン)とも呼ばれ、使い方はとてもシンプルです。

例えばスマートフォンの音楽をイヤホンで聴きたい場合はスマートフォン→ヘッドホンアンプ→イヤホンのように、音を出す機器と実際に音を聴く機器の間にヘッドホンアンプを挟むだけです。

しかし、曲作りにパソコンを使用している方やオーディオ機器に慣れた方はともかく、初めて使う際はどこに何を接続して良いのか難しいところです。

参考までに上のDENON ヘッドホンアンプを使って使い方を解説します。上から3番目の画像に裏側の端子部の写真があり、「DIGITAL IN」と書かれた囲み部分があり、3種類4つの端子があります。

音を出力する機器(スマートフォン、パソコン、CDプレーヤーなど)から繋いだケーブルを、この4つのDIGITAL IN端子のどこかに挿します。最も手軽なのが、USB端子で繋いでしまうことでしょう。

では、「OPTICAL」と「COAXIAL」とは何でしょうか?

OPTICAL

光デジタルケーブルのことです。一般的に高級オーディオ機器との接続に用いられ、ノイズに強く音質の劣化が少ないと言われています。

また、1本のケーブルで複数チャンネルの信号が伝送でき、ケーブル周りがこちゃごちゃしない利点もあります。

COAXIAL

コアキシャルと読み、基本的な特性はOPTICALと同じです。OPTICALが光によって信号を伝送するのに対し、COAXIALは電気信号で伝送します。

とは言え、難しく考えなくても全く問題ありません。

基本的には、手軽なUSBケーブルで音を出力する側とヘッドホンアンプのDIGITAL INを接続すれば大丈夫です。

出力側の機器にOPTICAL outやCOAXIAL outが付いている場合はそれぞれ光デジタルケーブルや同軸(COAXIAL)ケーブルで接続するのがおすすめです。

使い方② out側の接続端子を確認する。

in側の接続が終わったら、out側の接続を確認します。ヘッドホンアンプ→ヘッドホンの部分です。

たいていのヘッドホンアンプには、表面あるいはわかりやすい場所にヘッドホンアウトが付いており、そこにヘッドホンを挿しこめば大丈夫です。

その際の端子は、ステレオミニ端子か、フォーン端子であることが多いです。

ヘッドホン アンプ 使い方

↑ステレオミニプラグ

ヘッドホン アンプ 使い方

↑フォーンプラグ

ヘッドホンあるいはイヤホンのプラグは、ほぼこのどちらかです。困るのが、「手持ちのヘッドホンはステレオミニプラグなのに、アンプにフォーン端子しかない」といった場合です。

その際は別途変換プラグを用意します。このケースだと「ミニ→フォーン変換プラグ」です。

ヘッドホン アンプ 使い方

↑変換プラグ

変換プラグを使用する際は、極数に気をつけて下さい。上の画像だとプラグに2本、黒いラインが入っており、これは3極プラグということになります。ラインの数が同じものを用意していただければ大丈夫です。

ヘッドホンアンプの使い方の注意事項

ヘッドホンアンプと機器の接続が完了し実際に使用する時に、先にケーブル類を接続し、ボリュームが0であることを確認してから電源を入れることをおすすめします。

アンプのボリュームを上げたまま電源を入れる、あるいは電源を入れた後にケーブルを接続すると、アンプやヘッドホンが傷む可能性があります。

アンプを使うメリット

ヘッドホン アンプ 使い方

ここまでヘッドホンアンプの使用手順を先にご紹介しました。

では、ヘッドホンアンプを使うメリットとは何でしょうか?

メリット①音が良くなる

ヘッドホンアンプを使うメリットの大半が、音質に良い影響を与えることでしょう。

良い音で音楽を聴くための環境を作るのに大きな影響を与えるのがヘッドホンやスピーカー、そしてアンプです。

スマートフォンなどで音楽を聴いている場合だと、ヘッドホンアンプを挟んだ瞬間、音が驚くほど良くなります。

以下、仕組みを説明しますが詳しい方や興味のない方は読み飛ばしても大丈夫です。「ヘッドホンアンプを使うと基本的に音が良くなる」ということだけ覚えておいて下さい。

音が良くなる仕組み

音は、正確には音波です。CDはそのままではただのデータなので、読み取り部分で音楽データを電気信号に変換し、次にスピーカー部分で信号を音波に変換することで、人間の耳は音を認識します。これをデジタル→アナログ変換と言います。

そして、電気信号から音波に変換する時に音を増幅します。この音を増幅するのが、アンプの役割です。ヘッドホンアンプはこの変換と増幅とを担当する装置です。

スマートフォンやパソコンに直接ヘッドホンを挿し込むと、信号の変換と増幅をスマートフォンやパソコンで行いますが、音に特化しているわけではないので音質は良くない場合が多いです。ノイズが乗ったり歪んだり音がボソボソしたりします。

増幅と変換を専用のヘッドホンアンプに任せることでノイズの少ないクリアな音質で音楽を聴くことができます。

メリット②機材や場所を選ばない

専用のオーディオシステムを組んでしまえば良い音環境が出来上がりますが、持ち運びできないのが難点とも言えます。

ヘッドホンアンプとヘッドホンやイヤホンがあれば、場所や機材をを選ばずにある程度の音質を確保できるのもメリットでしょう。

最近では小型で持ち運びに向いたヘッドホンアンプもたくさん製造されています。

注意点として、基本的に大型であるほうが音が良くなりやすい傾向があります。

ヘッドホンアンプを使える機器

ヘッドホン アンプ 使い方

ヘッドホンアンプは、極端に言えば端子さえ合えばどこにでも使えます。

とは言え、最も効果的なのがスマートフォンやパソコンなど、「便利だが音響専用機器ではないもの」の音質を補強する使い方です。

以下に2つ具体例を挙げてみましょう。

iPhone

iPhoneは他のスマートフォンと比べて、やや高額ですが高機能な印象があります。音質も例に漏れず、携帯端末としてはかなり高いクオリティの音質を誇り、楽器の録音に非常に便利なアプリもあります。

とは言え、ボディの構造上専用のアンプを組み込むスペースがなく、ヘッドホンアンプを使用したほうがより良い音が出ます。

iPhone7以降にはミニプラグの端子が付いていないので、USBケーブルで接続するためにUSB端子がついたヘッドホンアンプが手軽でおすすめです。

ギター

パソコンを使って楽曲を作りたい場合(DTM)もヘッドホンアンプはおすすめです。

ギターなどを使って録音する際、音質が悪いと音がきれいに分離せず、最悪の場合自分の担当の音が聴こえないことがあります。

クオリティの高い楽曲を作る際にはヘッドホンアンプは必需品であり、その場合はアンプ機能+フォーン端子やマイク用のキャノン端子が幾つか装備されたオーディオインターフェースがおすすめです。

ヘッドホンアンプの種類と選び方

ヘッドホン アンプ 使い方

ここまでヘッドホンアンプを使うメリットをご紹介しました。いよいよ実際に購入する時、幾つか気をつけたいことがあります。

ここでは、ヘッドホンアンプの種類や選び方をご紹介します。

種類

一見同じように見えて、ヘッドホンアンプには特徴があります。

据え置き型

移動させにくい大型のもの。音質が良く、高額なものが多いです。

携帯型

小型で持ち運びに便利なもの。安価で手軽な反面、音質では据え置き型に劣ります。

PC用

明確な区別はないですが、入力可能端子や機能がパソコンでの使用を想定されているもの。

オーディオインターフェース(A/I)

正確にはヘッドホンアンプではありませんが、用途や機能が似ているので入れておきます。音質の向上+パソコンなどでの楽器の録音に特化したもの。
 

選び方

「ヘッドホンアンプに何をメインで繋ぐのか?」を考えると選びやすいです。

スマートフォンであれば小型のもの、パソコンやCDプレーヤーの音質を強化したければ据え置きのもの、というふうに分けると考えやすいでしょう。

あるいは、据え置きのヘッドホンアンプにスピーカーを繋いで固定し、スマートホンからBluetoothを使ってワイヤレスで音楽データを飛ばすといったことも可能です。

特に、「自分にとって必要のない機能はどれか?」を優先して考えると、予算が安く収まりやすいです。

おすすめヘッドホンアンプ3選

ここまでご紹介したヘッドホンアンプの種類や選び方をもとに、おすすめの製品を厳選してご紹介します。

商品名①AGPTEK HA1

とにかく「安い」点が魅力のヘッドホンアンプです。

主にスマートフォンでの使用が想定される製品ですが、USB端子がなくミニプラグ端子のみ、Bluetoothにも対応していないとやや前時代的な印象がありますが、構造をシンプルにしたからこそのこのコストパフォーマンスとも言えるでしょう。

低音を中心に持ち上げてくれ、携帯端末にありがちな音量不足も解消してくれるので、小型で使いやすいこともあって入門編にピッタリです。

商品名②JVC SU-AX01

上記の製品とは逆に、音質を追求したヘッドホンアンプです。基本据え置き型ですがやや小型でmicro USB端子もついているので、持ち運びにも対応できる万能モデルです。もちろん本格的なオーディオシステムに組み込むことも可能です。

価格が高額なことがネックですが、特に高音部分の繊細な表現力は、今までと違った世界を聴かせてくれるでしょう。

商品名③Roland Rubix22

パソコンを使った楽曲製作や編集に欠かせないオーディオインターフェースです。当然キャノンやフォーン入力端子を装備していて、マイクやギターなどの録音が可能です。

アンプも組み込まれているので音質の向上も期待できますが、反対に言えばDTMをしない人に取っては必要のない機能でしょう。

まとめ

ヘッドホン アンプ 使い方

今回の記事では、ヘッドホンアンプの使い方や種類、おすすめのヘッドホンアンプなどをご紹介しました。

ヘッドホンやスピーカーにこだわっている人でも、意外とヘッドホンアンプには関心がない人も多い印象です。

皆様も自分に合ったヘッドホンアンプを選び、より良い音楽環境を作ってみてはいかがでしょうか。

ヘッドホン アンプ 使い方

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アメ フラシ
初心者の方でも分かりやすいような記事の作成を心がけています。
家電を購入する際、私自身がインターネットで入念に情報を調べたいタイプです。ユーザー目線に立った時に欲しい情報、知りたいポイントなどを、なるべく多くの方にわかりやすく解説することを心がけていきますので、よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧