スマホのバックアップは必要?スマホのバックアップの必要性を紹介!

この記事を執筆するにあたって

私はスマホを買い替えたりすることが多いので、買い替えるたびに悩みの種になるのが今使っているスマホのデーターの扱いですが、電話帳やデーターの移行をするときに、バックアップがあると非常に便利です!

Written By 黒澤 まち

目次

スマホのバックアップの必要性について解説します

生活の中にかなり浸透したスマートフォン(スマホ)。従来は電話やメール、簡単なインターネットサービスが主でしたが、現在では、ゲームやオンラインバンキング、各種申請などもスマホで行うことができ、見方を変えればそれだけ重要な情報やシステムがスマホの中に入っているとも言い換えることができます。
そうなると、スマホに何かあったときにデーターが消えてしまうと大問題に…。かといって紙などにいちいち書き写すのも限界があり面倒で手間がかかります。私もスマホを購入したばかりの頃は、電話帳の情報を紙にわざわざ書き写していました。ひょんなことからスマホの本体が故障してしまい、メーカーで修理してもらって手元に端末が戻ってきたときにスマホのデーターがまっさらになっていたことがあり、電話帳のデーターだけかろうじて書き写していたメモから復旧することができました。それ以来、スマホのバックアップは大切だなと痛感した経験があります…。
そこで、スマホのデーターをスマホ本体以外に保存しておくスマホのバックアップについて今回は見ていきたいと思います。

バックアップ

スマホのバックアップの必要性とは?

スマホのバックアップは本当に必要なの?とお思いの方もいらっしゃると思います。スマホは先の説明と重複しますが、生活の必需品に近いものになっているため、なくなってしまうと生活に支障が出てしまうこともあり得ます。ここではスマホのバックアップの必要性をいろいろな角度で見ていきます。

必要性1:アクシデント時の復旧

スマホが高性能になってきているので、高性能になるにつれて精密機器の使用割合は増えていきます。精密機器の割合が増えるとその分デリケートになり、衝撃や熱などに弱くなります。スマホは形状として長方形なので、しっかりと手でグリップしていないと、手からするりと抜けてしまい、床に落下。落ちた床が固い床や凸凹面ですとより故障してしまいやすくなります。そのようなアクシデントの時にあらかじめスマホバックアップを取っておくことで、修理して消えてしまったり、あるいはまったく新しい端末に変えた場合でも、バックアップデーターから元の環境、または元の環境に近い状態にを戻すことができるようになります。

必要性2:なぜか突然初期化された際の復旧

実際に私も発生したことがありますが、スマホが突然フリーズし、画面がブラックアウトしました。しばらくすると起動してきたので「再起動したのかな…」と思っていたのですが、起動後、初期設定のメニューが出たため、そのままウィザードに従って進めていったのですが、すべて完了してホーム画面が表示されると、なぜか設定や電話帳などがきれいさっぱり初期化されて、工場出荷時の状態になっていました。このような場合にもスマホのバックアップがあれば書き戻すことができるようになります。

バックアップ

スマホのバックアップを使用する場面

スマホのバックアップはどのような場面で活用されるのかを見ていきます。

バックアップ

スマホを買い替える場合

新機種が発売されて、新しいスマホにした場合に、メールのデーターや電話帳データーなどを引き継ぐシチュエーションがあると思います。アプリや電話帳単位などでエクスポート、インポートをする方法もありますが、手間がかかりますし、間違えることもあります。スマホを新しく買い替える場合やスマホを交換する場合など、今使っているスマホから他のスマホに変更する場合に、あらかじめ買い替える前のスマホのバックアップを取っておくことで、このバックアップのデーターを使って、買い替え、交換など今使っているスマホ以外の新しいスマホに今までのデーターや基本設定などを移したり、書き戻したりすことができます。

設定変更前の状態に戻す場合

アプリや操作を進めるうえで、スマホの設定を変更した時などに、やはり前の状態が良かったな、あるいは前の状態に戻す必要が出てきた場合、元の状態に戻すためにあらかじめ全設定をメモに書き出したりするのは手間がかかりますし、一部項目のメモを忘れてしまった場合に完全な状態の元の設定が分からなくなってしまう可能性があります。
そうならないようにあらかじめ設定変更前のスマホの状態をバックアップし(この状態でバックアップを取ることをスナップショットポイントとも言います)、設定変更後に前の環境に戻したい場合に、バックアップを使って戻すことで、設定状態を復元することができるようになります。

スマホのバックアップ手順

ここまではスマホのバックアップが必要な理由や、スマホのバックアップが活用される場面を説明しました。
ここでは、スマホのバックアップを実際に取る手順を説明します。機種によって項目が変わる場合がありますが、ここではiOSを例に紹介します。
iOSのバックアップの手順も複数ありますが、今回はコンピューターなどの別のデバイスに接続したりすることなく、スマホ単体でネットワークにつながっていればバックアップを作成できるiCloudを用いたバックアップの手順にて説明します。
なお、Androidでは手順が異なりますが、Androidスマホの設定内にもバックアップのメニューがあります。Androidの場合はiCloudではなくGoogleアカウントと紐づけて、Googleのストレージ領域(GDrive)を使ってバックアップを行うことで、今回説明させていただきますiCloudに近いバックアップを取ることができます。

バックアップ

iCloud設定画面を表示させる

iCloudにスマホのバックアップデーターを保存させるために、まずはiCloudの設定画面を表示させます。
1)ホーム画面より、「設定」をタップします。
→歯車のアイコンの「設定」をタップします
2)画面上部にあります「アカウント名」をタップします。
→Apple IDのアカウント名が表示されている部分がありますので、そちらをタップします。
3)「iCloud」をタップします。
→画面の中央部分に「iCloud」と表示されている部分がありますので、そちらをタップします。
4)「iCloudバックアップ」をタップします。
→画面を下のほうへスクロールさせると「iCloudバックアップ」と表示されている部分がありますので、そちらをタップします。

バックアップを実行する

1)「iCloudバックアップ」を「ON」にします。
→「iCloudバックアップ」が「ON」になっていないとiCloudへバックアップを取ることができません。すでに「ON」になっている場合は、次の手順へ進んでください。
2)「今すぐバックアップを作成」をタップします。
→バックアップの作成が開始されますのでしばらく待ちます。また場合によっては大きなデーターを保存しますので、パケット通信が多く発生する場合がありますので、モバイル回線を利用する際にはパケット制限にご注意ください。心配な場合は、wifi環境で今回の操作を実施していただいたほうが安心かつ早く終了する場合があります。
バックアップが完了すると、再び「今すぐバックアップを作成」メニューが表示されます。「最後に作成されたバックアップ」に現在の時刻前後の時間が表示されていればバックアップは成功です。

バックアップ以外のデーター保存方法

スマホのバックアップはバックアップの機能以外にもとる方法があります。ここでは、スマホのバックアップ機能以外でデーターを保存する方法の一部をご紹介します。

データーお預かりサービス

携帯キャリアが提供しているサービスです。現在は「au」と「docomo」が提供しています。
使用や料金などがキャリアにより異なりますが、基本的な機能としては、スマホのデーターを携帯キャリアのクラウドストレージに保存し、必要に応じてデーターの書き戻しができるサービスです。

参考元:au

マイポケットStyle

NTTコミュニケーションズが提供しているオンラインストレージサービスです。月額有料のサービス(月額324円税込)ではありますが、なんといってもOSをまたいでデーターの移行ができる点が非常に魅力的です。(iOS→AndroidやAndroid→iOSでのデーター移行が行えます)
設定を行うことで、定期的にデーターを保存するので、ついうっかりデーターの保存を忘れていたといったことがなく、定期的なデーターの保存を意識することなくデーターをオンラインストレージ上に定期的に保存してくれるところが非常に便利です。

参考元:NTTコミュニケーションズ

まとめ

今回はスマホのバックアップについてご紹介しました。ほんの一部の方法しかご紹介ができておりませんが、普段便利に使っているスマホですから、データーもしっかりとバックアップをとっておき、もしもの時に戻すことができるように備えておくことでより便利に安心に使うことができるようになると思います。今回の記事を通しまして皆様のスマホ生活のお役に少しでも立てれば幸いです。

完結

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
黒澤 まち
疑問から納得へ
はじめまして、実際に使ってみたいけれど、初めてのものは不安や疑問がたくさんあると思います。 疑問をもったらもうスタート地点には立っています。 その疑問が少しでも納得になれるように、疑問解決に役に立つような情報をわかりやすくご紹介できるようがんばります! よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事