イヤホンの使い方をマスターしよう!効果的な使い方とは⁉

目次

イヤホンの使い方を解説します。

外出時にも音楽を聴きたいという方は多いかと思います。けど、頭に被せてつかうヘッドホンは目立つしかさばるのでもっと小さいのがいい…という方にお勧めなのがイヤホンです。
ヘッドホンと同様にイヤホンも種類や価格によって本当に色々な特色があり、「音を鳴らす」という機能の他にもノイズキャンセリングや無線通信、ハンズフリー通話にも使えるといった多機能な使い方のモデルも登場しています。
本記事ではシーンごとにどんなイヤホンがいいのか?といったイヤホンの使い方などを解説していきます。

イヤホンの使い方を教えて!

使い方手順

インナーイヤー型イヤホンの使い方

おそらく、イヤホンというと多くの方が想像する形式のイヤホンではないでしょうか。耳穴周りの凹みにひっかけるように装着する使い方のイヤホンです。手軽に付けはずしできるのが特長ですが、その反面音漏れも比較的大きく、静かな場所や大音量での再生には向きません。

カナル型イヤホンの使い方

カナル「外耳道」という言葉のように、耳により深く差し込むタイプのイヤホンです。アイキャッチにあるイヤホンもカナル型のイヤホンですね。

カナル型イヤホンの使い方も、インナーイヤー型と同じく耳の穴に合わせて装着するだけですが、人によって耳垢のタイプが異なるために不快に感じる事があるかもしれません。
カナル型イヤホンは性質上耳に密着しているため音漏れが小さく、電車内のような人が多い環境で使用するのに向いていますが、その分周囲の音も聞こえにくくなります。

耳掛け型イヤホンの使い方

主にスポーツモデルに多い形式です。耳介に引っかけるように固定する事から耳掛け型と言われています。
特長としては激しく体を動かしても外れにくい固定の良さで、使い方としてはスポーツやジョギング用に向いています。
メーカーもその用途を想定して防水仕様としたモデルも販売しています。

ワイヤレスイヤホンの使い方

イヤホンのコードをなくしてワイヤレス化したイヤホンです。コードが無いため取り回しが非常によく、またバッテリーを内蔵するためにノイズキャンセリング機能も付属しているものもあります。
スマートに通勤通学したい方や、ノイズキャンセリングで騒音の大きい環境でも静かに過ごすといった使い方が多いです。

イヤホンの効果的な使い方

電車での通勤、通学用にはカナル型イヤホンやノイズキャンセリングイヤホンを

電車内で過ごす時間に音楽を楽しみたい人にはカナル型イヤホンがおすすめです。
この形式は周囲の音を遮断するのに向いているので、騒音の大きい環境で威力を発揮します。
また音漏れも小さく、近距離に他の人が居がちな電車内の環境にも相性がいいです。

またノイズキャンセリングとも相性が良く、両方を併用したイヤホンだと静かな環境で快適に音楽を聴くこともできます。

ジョギングなどの運動用には耳掛け型がおすすめ

運動中で体が大きく動いていても耳からイヤホンを外したくない人には耳掛け型がおすすめです。
また、shureなどの一部のカナル型イヤホンも耳掛け型のように装着するタイプがあるので、このようなイヤホンを使用するのもアリです。

イヤホンの種類と選び方

選び方

イヤホンによって音質は大きく異なります。
音を鳴らす方式は主に2つあり、それぞれ得意な音があるので、好みの音質に合わせた方式のイヤホンを選ぶと、より快適に音楽を楽しめます。

ダイナミック型

ダイナミック型は、ダイナミックスピーカーと同じようにコイルと磁石によって振動版を揺らし、音を生み出す方式のイヤホンです。現在売られているイヤホンの大半がこの機構を採用しており、低音から高温までバランスよく音を再生できます。また仕組み上音圧の大きい、低音の再生にも向いていると言われています。

BA型

BA(バランスド・アーマチュア)型は、補聴器にも使われる駆動方式で、構造上ダイナミック型よりも小型にドライバーユニットを作ることができます。このため、複数のドライバーユニットを搭載して一般的なダイナミック型を超える高音質を生み出せるイヤホンも一部ですが登場しています。
また、BA型は一般的に中高音の再生が得意だと言われています。

変わった使い方ができるおすすめイヤホン3選

商品名①SHURE イヤホン SEシリーズ SE215 Special Edition トランススルーセントブルー SE215SPE-A

音質と装着性の面で高い評価を得ているSHURE社のエントリークラスイヤホンです。見た目からして不思議な形は「SHURE掛け」といわれる独特のかけ方のために作られた形で、これによってカナル型ながらあまり耳から外れない装着感の良さが特長です。
音質面では1万円前後のイヤホンでは優秀な性能を持っており、このモデルではSHURE製品群の中でも比較的低音がよく出るようにチューニングされているようです。
ちなみに、SHUREのイヤホンはBA型がメインですが、このSE215は例外的にダイナミック型を採用しています。

商品名②Logitech UE 900s Ultimate Ears Noise-Isolating Earphones (NEWEST 2014 VERSION)

少し古いモデルですが、3万円以下のイヤホンではかなり評価の高いモデルです。BA型で駆動するUE900sは、各ハウジング内部にそれぞれの音域に特化したBAユニットを4基搭載しており、この価格帯では非常に高い音質を誇ります。
また、SE215とともにこの製品もコードの交換(リケーブル)という使い方が可能で、イヤホン故障原因上位にあるコードの断線を回避することができます。
また、ケーブルを変えての音質の微妙な変化も楽しむ遊び方もあり、非常に魅力的です。

商品名③Bose SoundSport Free wireless headphones

BOSEの完全ワイヤレスタイプのイヤホンです。このタイプのイヤホンはサイズの関係上連続嗄声時間が短めになりがちですが、Bose SoundSport Free wireless headphoneは最長5時間の連続再生が可能と、実用十分な駆動時間を誇ります。
また運動しながらの使用を想定した防滴能力もあり、かなり汎用性が高い仕上がりとなっています。

イヤホンのお手入れ方法

手順①イヤーピースを清掃する

特に耳穴に直接装着するカナル型イヤホンは、イヤーピース部に耳垢がたまりがちです。
掃除しなくてはならないペースには個人差がありますが、放置すると空洞部が塞がれて音質が悪くなる原因になるので、なるべくこまめに清掃しましょう。

手順②一部のモデルではリケーブルするのもおすすめ

こちらはお手入れとカスタムも兼ねますが、SE215など一部のイヤホンにはコードが交換できるようになっているモデルがあります。
このようなイヤホンはコードの不具合によって音がおかしい、出なくなるとコードを交換して元通りに戻せます。

お手入れのメリット

一言でいえば、イヤホンの寿命を延ばします。
また耳のすぐ近くにある機器のためわずかな違いでも音質に影響が出ます。そのため、こまめに手入れすることは良い音質の維持にも繋がります。

まとめ

イヤホンは聞きたい音質や使うシーンごとに細かく適応、特化している製品が多くあります。そのため自分が求める音楽と使用環境に合わせたイヤホン選び、イヤホンの使い方が大切になってきます。
本記事が参考になれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
あずま ようへい
かゆい所に手が届くような記事を書いていきたいと思っています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧