除湿器の効果とは?効果的な使い方をご紹介!

この記事を執筆するにあたって

自宅でも除湿器を使用しています。 家電量販店の販売員をしていましたので、仕組みの説明から具体的な商品のおすすめまでできます。

Written By 遠藤 皇士

目次

除湿機の効果的な使い方とは?

お部屋の中を快適な環境に変えてくれる除湿器。梅雨や冬はもちろん、夏場でも除湿器を使うこともあります。お部屋の除湿だけでなく、最近では洗濯物乾燥も主流になっていますね。そんな除湿器の正しい使い方をご存知でしょうか。今回は元家電量販店販売員である私が、除湿器の使い方と効果的な使い方、そしておすすめの除湿器をご紹介したいと思います!

除湿器の使い方を教えて!

床暖房 後付け 質問 疑問 こんな方法 回答

使い方①

洗濯乾燥に使用する場合の手順をご説明します。

  • 狭い空間を選ぶ(お風呂場など)
  • 洗濯物を干す
  • 干した洗濯物の下に除湿器を設置する
  • 衣類乾燥モードを選んで作動させる

洗濯乾燥では除湿器の種類によってさまざまな機能がれておりますので、種類によって適切なモードを選んでください。乾燥時には換気扇を回さないことがポイントです。換気扇を回してしまうと除湿器の効果が半減し、洗濯物が乾くまでに時間がかかって臭いの原因となってしまいます。

使い方②

お部屋の乾燥に使用する場合の手順をご説明します。

  • お部屋を閉め切る
  • お部屋の中心に設置する、もしくは重点的に除湿したい場所の近くに設置する。
  • 適切なモードを選んで作動させる

扇風機やサーキュレーターと同時に使用すると除湿効果が高まります。しっかりと除湿をしたあとは、換気をして清潔な空気を入れておきましょう。

除湿機の効果的な使い方

床暖房 後付け 解決 疑問 質問 OK

効果的な使い方①

お部屋を除湿する際に効果的な使い方をご紹介します。
まずは除湿機能を高めるためにお部屋を閉め切ってください。部屋が早く温まって除湿効果が高いです。お部屋を開けたまま除湿器を使用すると、湿気が逃げてしまい、思うように除湿することができなくなってしまいます。
部屋全体の除湿であれば除湿器はお部屋の中央に置きます。カーテンの近くや押し入れなど、重点的に除湿したい場所がある場合はその近くにおいても良いです。除湿機能をより効果的にするために扇風機やサーキュレーターを一緒に使用するとより除湿効果が高まります。

効果的な使い方②

除湿器は洗濯ものを乾かす際にも使用できます。梅雨の時期など雨の日には外に干すことができず、部屋干しをしてみると洗濯物が乾かなかったり、部屋干し臭が発生したりしてしまうことってありませんか?そんな時には除湿機の出番です。
部屋干しで発生する生乾きの臭いの原因は、洗濯をしても落としきれずに残った菌が、洗濯物が乾くまでの時間の間で増え、臭いを発生させます。なので臭いを抑えるには乾燥時間を短くすることが大切です。
除湿機で洗濯物を乾かすための効果的な使い方としては、小さなお部屋で使用するということです。お風呂場などが最適でしょう。使用する際には扉を閉めて使用してください。
除湿機はなるべく洗濯物に近づけ、風は下から当てるようにしてください。洗濯物は重力で下の方が乾きにくく、上の方から乾いていきます。置き方ひとつで乾燥までの時間が短くなり、臭いの予防や電気代の節約にもなります。

除湿機を使うメリット

除湿機

メリット①

お部屋の家具や壁に発生するカビを予防したり、カーテンから嫌な臭いがでることを防ぐことができます。特にお部屋の湿気が多くなる梅雨や冬は室内での除湿器の利用が必須です。夏場ですと換気がされていない浴室などもカビが発生しやすいです。
冬場には結露の対策にもなります。結露が発生すると、そこからカビが発生してしまうことになるので、除湿器を使用して結露対策もしておきたいところですね。

メリット②

日本の暑さの原因は湿度によるところが大きいです。なので除湿器を使用することで湿度を下げ、快適に過ごす環境をつくることができます。ただし気温を下げることはできないので、真夏のような暑さではエアコンの代わりにはなりません。ですが初夏や残暑の季節、あるいは梅雨のジメジメとした季節など気温がそれほど高くなければ除湿器で室内を快適にできます。除湿器は電気代が安いため、エアコンとうまく組み合わせて1年を乗り越えたいですね。

除湿機の種類と選び方

除湿機

種類

除湿器は大きく分けて3つの方式があります。

  • コンプレッサー式
  • デジカント(ゼオライト)式
  • ハイブリッド式

同じ除湿器でもそれぞれに特徴があります。
コンプレッサー方式とは、簡単に説明しますとエアコンと同じ仕組みです。液体が蒸発するときに空気中の熱を奪う性質を利用します。空気中の熱を奪った方は熱くなり、奪われた方は冷たくなります。これがエアコンでいうところの暖房機能と冷房機能です。除湿器では冷たい風で湿気を結露させ、除湿する方法を取っています。これがコンプレッサー方式です。
デジカント方式とは、デジカント素子に水分を吸着させて除湿する方法で、ゼオライトという水を吸脱する乾燥材と、吸着した水分を放出するためのヒーターで構築され、ゼオライトが水分を吸着しそれをヒーターで乾燥させる方式になります。
ハイブリッド式はデジカント式とコンプレッサー式を組み合わせた除湿器になります。

参照元:パナソニック公式サイト

選び方

除湿器を選ぶ際にはコンプレッサー式かデジカント式、あるいはハイブリッド式から選ぶ必要があります。
コンプレッサー式のメリットとしては、電気代が安いことと、比較的室温の上昇が少ないことが挙げられます。デメリットとしては、仕組みが複雑なため本体が重く音もうるさい傾向があり、冬場は暖房をいれないと効率が悪くなるということが挙げられます。
デジカント式のメリットとしては比較的軽くて持ち運びやすいこと、室温に影響されないため冬場も使うことができることが挙げられます。デメリットとしてはヒーターを使用する分、電気代が高いこと、部屋の温度の上昇が大きいことが挙げられます。
ハイブリッド式は両方の良い面を取り入れているので性能が良い分、本体価格は高くなりますが、1年中変わらない除湿能力を発揮してくれます。
これらの理由から、夏場はコンプレッサー式の方が向いており、冬場はデジカント式が向いています。ハイブリッド式は年中パワフルに使用することができます。
選ぶ際にはこれらの特徴を踏まえた上で、どのように使うのか、どのくらいの広さで使うのかを考えて選んでください。

参照元:パナソニック公式サイト

除湿器おすすめ3選

商品名①

まずはパナソニックのF-YHR120です。

ハイブリッド方式で洗濯物が乾きにくい梅雨や冬でも、1年中パワフルに乾かすことができます。ワイド送風機能で広く干した洗濯物にも対応、衣類に付着した花粉を抑制する花粉モードも搭載しています。
温度と湿度を自動で検知し、乾き具合を自動で見極めます。乾いたら自動でストップするカラッとセンサーと省エネ設定のおまかせモードで電気代の節約ができます。
結露・カビ対策は広いリビングでも大丈夫なパワフル除湿。運転後は本体内部に残った水滴や湿気を乾燥させて、使った後も清潔に保つことができます。

参照元:パナソニック公式サイト

商品名②

続いては三菱電機のMJ-P180NXです。

大容量なのでハイパワーで広いお部屋もスピーディーに除湿ができます。夏に強いコンプレッサー式でありながら冬場にも強い冬モードを搭載。低温時の除湿量をアップさせるので冬場でも大活躍してくれます。ハイパワーの除湿能力は衣類乾燥でも大いに発揮。大量の洗濯物をスピーディーに乾かすことができます。4.7Lの大容量の排水タンクで面倒な水捨ての回数を減らします。キャスターがついているので移動も楽々です!

参照元:三菱電機公式サイト

商品名③

最後におすすめするのは日立のHJS-D562です。

デジカント方式を採用しているので軽量、持ち運びが楽なモデルです。また本体がコンパクトで場所を取らずに置けるので家中どこでも使うことができます。デジカント方式なので冬でもしっかり除湿。夜間の運転におすすめな静穏モードや結露セーブモードなど便利なモードを多数搭載しております。

参照元:日立公式サイト

除湿機のお手入れやお手入れのメリット

除湿器 部屋干し

お手入れ手順

除湿機を使用したあとにはしっかりとお手入れをしましょう。

  • タンクに溜まった水を捨てる
  • タンクを洗う
  • 本体のフィルターを掃除する
  • 内部乾燥モードでカビ予防

お手入れのメリット

除湿機のお手入れをすることで、除湿機本体の寿命を延ばすことができます。またフィルターやタンクを清潔にしておくことで除湿性能を落とさずにしっかりとした除湿を行うことができ、電気代の節約にもつながります。除湿機構造上、どうしてもカビが生えやすくなっているので、お手入れをして除湿器を長く清潔に使用していきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は除湿機の基本的な使い方と効果的な使い方、おすすめの除湿機、それからお手入れの方法をご紹介しました。
除湿機は様々な場面で活躍する製品なので、使う場所や目的に合わせて最適な除湿機を選んでくださいね。この記事がみなさまのお役に少しでもたてたら幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small a8433945 4767 4f98 a45c d8e4dc2b2037
Written By
遠藤 皇士
家電の購入を考えている皆様のお力になれるようなライターを目指しています。
家電量販店で約3年間働いた後、ライターとなりました。元販売員の目線から皆様に本当におすすめできる家電を紹介したいと思います。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧