扇風機が動かない⁉故障?原因と対処法を紹介!

目次

扇風機が動かない場合の対処法について解説します

夏 扇風機

この季節になると大活躍するのが扇風機ですね。クーラーが苦手な方などは、とても重宝している人が多いのではないでしょうか。
しかし、そんな生活の必須品の扇風機がいきなり動かなくなったらどうしますか。扇風機は、今の時代安価で手に入るからといって直ぐに買い直すのはお金を無駄にしている可能性があります。
今回は、そんな扇風機が動かなくなってしまった場合の原因や対処法をご紹介いたします。動かなくなってしまっても、すぐに故障だと決めずに、よければこちらの記事をご参考にされてください。

扇風機が動かない原因

ドライヤー 掃除 女子高生 びっくり 驚

まず扇風機が動かなくなってしまった原因を紹介いたします。扇風機が動かなくなるのは様々な原因があります。

動かなくなる原因①寿命

扇風機が壊れてしまった原因に一番多いのは寿命です。扇風機は、長年使っている家庭が多いので10年前の物を使用している方も少なくないでしょう。
10年前の扇風機などは、保証期間も終わっており修理に出しても部品が製造定時になっていたりとても高くなっていたりします。
なので、長期で使用した扇風機が動かなくなった場合は寿命だと思って廃棄する方が良いでしょう。
廃棄する場合は、各地域の自治体の廃品回収などを利用しましょう。不法投棄などは決して行わないように注意しましょう。

動かなくなる原因②モーターの劣化

扇風機の羽の接合部分には、モーターが使用されています。そのモーターが劣化していたり壊れてしまっている場合に扇風機が回らない原因となっている事があります。
扇風機のモーターは、お使いの扇風機と同じサイズの物をホームセンターなどで購入して新しいものに変えてあげると良いでしょう。
モーターが劣化している場合は、自分で手で羽を回すと復活する場合もありますがモーターを交換しない限りは症状は続いてしまいます。

動かなくなる原因③ホコリなどが溜まっている

扇風機は、中々掃除をする事はないでしょう。しかし、扇風機のオフシーズンの間に扇風機にホコリが溜まりを繰り返しているうちに、モーター部分などにホコリが溜まり羽を回せなくなっている場合があります。
扇風機を長期保管した後に使用する場合は、ホコリを払い水拭きすると良いでしょう。

扇風機が動かない場合の対処法

動かない場合の対処法①一度コンセントを抜いてみる

扇風機が動かなくなってしまった場合、最初に試して欲しいことが扇風機のコンセントを抜きまたコンセントにさしなおす事です。家電製品などは、稀にコンセントの接触不良を起こしてしまいますので、挿し直す事によって電気を上手く供給でき扇風機が再び動く可能性があるでしょう。
しかし、扇風機のコードが切れかかっていたりするとコードが壊れてしまっているので扇風機は破棄しましょう。漏電や発火の原因となってしまいます。

動かない場合の対処法②羽のモーターを変えてみる

多少のdiyが出来る方などは、羽のモーターを変えてみる事に挑戦してみても良いでしょう。洗濯機の羽のモーターは、羽を取り外せば交換する事が出来ます。
モーターの種類やサイズを間違えないようにしましょう。また、洗濯機のモーターはオイルレスが多いです。なので、オイルを刺す必要はあまりありません。
モーターを交換するのが不安な方は買い替えを前提に行いましょう。また、羽を外す際に工程を写真に残しておくのも良いでしょう。
また、もし扇風機が回るけど異音がする場合は扇風機の羽にヒビが入っていたりモーターにヒビが入っている可能性があります。その場合は、羽やモーターを交換する必要があります。目視で充分に確認していきましょう。

動かない場合の対処法③扇風機の掃除を行う

扇風機のホコリが原因でモーターが詰まっている場合がありますので、扇風機を掃除しましょう。
おすすめの掃除方法は、お掃除シートを使用する事です。お掃除シートには、重曹やクエン酸などの汚れを落とす成分が浸してあります。羽や扇風機を綺麗に拭き取りモーター部分は、綿棒など洗濯機の細いものでホコリや汚れを取り除いていきましょう。

動かない場合の対処法④専門業者へ修理依頼をする

対処法を試しても扇風機が動かない場合は、電気屋などの専門業者へ修理を依頼しましょう。修理を依頼する場合は、保証制度の確認をしておきましょう。
また、購入した場所が家電量販店などでしたらそこに直接修理を依頼する方が、無料で診断してもらえたりしますので購入した場所を利用する事をおすすめ致します。

扇風機を買い替えるという選択

扇風機は、長年使用できる電化製品ですがやはり寿命はあります。気に入っていた扇風機であっても長年使い続けると、劣化してしまい最悪の場合発火してしまう可能性もあります。
もし、対処法を試しても動かない場合は扇風機を廃棄し新しい物を購入することをおすすめいたします。

扇風機が動かなくなるタイミングは?扇風機の寿命

扇風機は、本体が熱くなったり、モーター臭がしたり、振動を鳴らすようになったら寿命です。
実は、扇風機は家電の中でも事故がとても多いです。扇風機を30年ほど使っている方もいてその事故の原因は火災がほとんどです。
扇風機は、とても長持ちする電化製品ですがその長持ちが事故を急増させているようです。
何十年と使用している方は、速やかに買い替えを行いましょう。また、扇風機の調子が悪ければ扇風機の健康状態をチェックしてみましょう。

扇風機の修理場所と修理の平均料金は?

扇風機を修理に出そうと思った場合、どこに修理を出せば良いのでしょうか。また、修理の際にかかる料金はいくらかかるのでしょうか。見ていきましょう。

修理場所

修理場所は、購入した家電量販店などが良いでしょう。また、ほとんどの扇風機には保証が付いています。保証期間中の故障であれば、無償で交換や修理が行える場合があります。
その保証書に修理の出し方が記載されているのでそれに沿って修理を行って貰いましょう。

修理の平均料金

お金

もし、故障の原因が製品のトラブルでしたら保証などで無料で行えます。
しかし、保証が切れていたり故意的な故障であった場合には料金がかかってきます。
費用は、扇風機の壊れている場所や症状により変わってきますが、¥5.000〜15.000ほどで修理する事ができます。

参考東芝公式

扇風機おすすめ3選

商品名①ダイソン

羽の無い扇風機でお馴染みのダイソンの扇風機です。従来型の扇風機とは、見た目が全然違うのでぱっと見こんな物で風が来るのか、と思われがちですがダイソン独自のエアマルチプライアーテクノロジーを搭載しており、パワフルな風を送り込んでくれます。
また、扇風機独特の運転音が無く、最大限に音を軽減しています。少ない電力で、パワフルな風を送れるため節電にも繋がります。
もちろん、扇風機にはかかせない首振り機能も搭載されており羽がない分お手入れもとても簡単に行うことができます。

参考:ダイソン公式

商品名②デロンギ

こちらの扇風機も、従来型の扇風機とは異なる形をしています。この扇風機の凄い点は、空気清浄機機能も搭載されている事です。
空気清浄機を別に購入する必要がなくスリムなボディの為、場所を取ることもありません。
また、冷温どちらの風も送り込む事ができて3Dの風で心地よさを実感する事ができます。
エアコンがどうしても苦手だと言う方でもこちらの商品であれば猛暑も快適に過ごす事が出来るでしょう。

商品名③シャープ

大手電機メーカーシャープの扇風機です。こちらの扇風機は、従来型の扇風機であり羽根つきの為なめらかな風を送り出してくれます。
また、羽なしに比べて安価で購入する事ができます。プラズマクラスター搭載の扇風機のため健康的な風を生み出し扇風機特有のダルさを解消してくれます。同時に空気を綺麗にする効果もあります。
やはり、従来型の扇風機が好きだと言う方におすすめで、多機能を備えているためとても画期的な商品だと言えるでしょう。見た目もとてもスタイリッシュでどんなリビングにも馴染む事間違いなしです。
参考:シャープ公式

まとめ

いかがでしたでしょうか。扇風機は、動かなくなったからと言って直ぐに捨ててしまうのは良くありません。しかし、長年使用している扇風機は対処法をして治ったからと言ってそのまま使用するのは良くありません。
トラブルを起こす前に新しい物に変える事も考えましょう。
事故なく、快適に扇風機を使用していきましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧