外付けHDDの使い方は?簡単に使用できるってホント⁉

この記事を執筆するにあたって

現在WDの外付けHDDをデスクトップパソコンの外部ストレージとして使用しています。

Written By あずま ようへい

目次

外付けHDDの使い方について解説します

DDの種類と、その使い方について解説していきます。

外付けHDDの使い方を教えて!

外付けHDDの使い方①TV用、レコーダー用の場合

使い方1. 接続先のUSB端子に外付けHDDを接続する。

録画機能のあるテレビやレコーダーに付けられているUSB端子に外付けHDDを接続します。
※外付けHDDが使用できるのは録画機能を持った機材のみです。USB端子があっても録画できないテレビなどは外付けHDDを接続するだけでは使用できないので、別途レコーダーを買う必要があります。

使い方2. テレビやレコーダー側でHDDをフォーマットする。

フォーマットとは、初期化を意味する言葉で、簡単に言えばフォーマットをすることでHDDをテレビに認識させ、使えるようにする作業のことです。
基本的に、このフォーマットをすることでテレビに認識させるのですが、どうじにHDDはそのテレビ専用の機器にもなります。例外機種もありますが、この作業を行うと以降保存されるデータは接続したテレビやレコーダーのみで再生することになります。

外付けHDDの使い方②パソコン用の場合

使い方1. USB端子に外付けHDDを接続する。

こちらもTV用のものと作業は同じです。
USBにはUSB2.0とUSB3.0と二つの規格のものが主ですが、より通信速度の速いUSB3.0規格のものを使ったほうが色々とお得です。

使い方2. パソコン側でHDDをフォーマットする。

この作業もTV用のものと基本的に同じ作業です。
違う点があるとすれば、TV用のものは著作権保護の点から一度認識した機器以外はデータを再生したりコピーしたりはできない作りになっているのに対し、パソコン用外付けHDDは他のパソコンでも使えるといった点です。
また、TV用の外付けHDDとはフォーマットの仕様が違うため、TV、レコーダーで保存したデータとパソコンで保存したデータにが互換性がなく、例えばTVで録画した番組をパソコンで見るといった使い方はできません。

おおむね、外付けHDDの使い方はごく簡単で、よっぽどおかしな操作をしない限り正常に使えます。

使い方がわかりやすい!おすすめ外付けHDD3選

商品名①BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 2TB HD-LC2.0U3/N

TV録画用でおすすめなのがバッファローのこの外付けHDDです。容量は2TBと、特に大容量ではありませんが、ほとんど全てのテレビ、レコーダーに対応できる汎用性の良さで評価の高い製品です。
「外付けHDDが欲しいけど、よくわからないから何を選べばいいのか分からない」といった方には特におすすめの外付けHDDです。

商品名②I-O DATA NAS 4TB RAID 1 HDL2-AA4

サムネイルからも分かるように、かなり大きなHDDです。I-ODATAのHDL2-AA4はミラーリングに対応する外付けHDDで、非常に安全性の高いデータ保存が特長です。ミラーリングとは、複数のHDDに同じデータを同時に保存する仕組みで、どちらか片方が故障してももう片方が無事であればデータが守られるという考えを元にしています。この冗長性の高さで強力なデータ保存を可能にしており、大切なデータをより完璧に保存してくれるありがたい外付けHDDです。

使い方も、従来の外付けHDDと同じで、他の外付けHDDとは違って自分で中のHDDを交換できるようになっているメンテナンス性の良さも魅力的です。

商品名③Transcend USB3.1 2.5インチ スリムポータブルHDD 耐衝撃 M3シリーズ アイロングレー 2TB 3年保証 TS2TSJ25M3S

ポータブル用にも使える外付けHDDはなるべく頑丈なものにしたいですが、Transcendのこの外付けHDDは米軍の耐衝撃規格にも合格する本格的なポータブルHDDです。構造上どうしても衝撃にもろいHDDに、どうしても衝撃を与えてしまいがちなポータブル用途は相反するのですが、これを高いレベルで両立しています。使用に関しても、USBを接続して本体のボタンを押すだけでいいのでかなり使い勝手がいいです。

外付けHDDの種類と選び方

種類

外付けHDDには使用する用途や接続方法によって細かく仕様が分かれています。大まかに説明すると、

  • 据え置き用HDD
  • ポータブルHDD

に分かれていて、据え置き用は頻繁に移動する事を考えて作られていないので比較的大容量で安価であり、大容量のものでは別途電源ケーブルが必要な事もあります。
ポータブルHDDは名前の通り携帯して持ち運ぶことを想定して作られており、より厳しい環境でも故障しない頑丈さが重要となります。HDDは構造上ものすごく衝撃に弱く、ポータブル用途とは相性が悪い機械なのですが、厳しい耐衝撃基準をクリアすることでこれを乗り越えています。よってポータブル用HDDは同じ容量だと据え置き用HDDこ比べて価格が高い傾向にあります。

保存方法

  • ミラーリング(RAID)
  • 暗号化

ミラーリングは、前項でも説明したように複数のHDDに同じデータを保存することで冗長性を高める機構の事です。
TV用の外付けHDDではあまり必要ありませんが、パソコン用の外付けHDDではミラーリングはかなりありがたい機能となります。特に失いたくない思い出の写真やCドライブに保存してあるデータのバックアップに威力を発揮します。
暗号化は、主に仕事でデータを扱う人にとってありがたい機能となります。暗号化によって内部のデータを外部から読み取らせずに保持しておけます。

参考URL:HD-LXU3Dシリーズ バッファロー

選び方

TV用、レコーダー用に外付けHDDを使う場合は、他の機器に使い回さず、専用HDDとして用いる必要があります。
そのため、大容量の据え置き用HDDが最適と言えます。
パソコン用の場合は、データの保存を重視した場合はミラーリングに対応した外付けHDDを、複数の機器に接続させたい場合はポータブルHDD、保存したデータを誰かに見られたくなかったり、業務で使いたい場合は暗号化が可能な外付けHDDが望ましいと言えます。

まとめ

外付けHDDといっても、使いたい用途ごとに特化したものに分かれており、それそれ最適な外付けHDDを選んで初めて効果を発揮します。
使用用途にあった外付けHDDを探す際にこの記事が参考になれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
あずま ようへい
かゆい所に手が届くような記事を書いていきたいと思っています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧