タブレットの使い方をマスターしよう!活用法や使い道は?

この記事を執筆するにあたって

iPadやKindle、タブレットPCなどをよく使っています。読書やゲーム、画像編集などに使っているので、ぜひその使用感とともにタブレットの良さを紹介できればと思います。

Written By 宮ノシタノ コトリ

目次

タブレットは一人1台の時代へ?タブレットの使い方をしっかりと理解する必要性

iPad マイク

読書やゲーム、ネットサーフィンや動画視聴などをタブレット一つで快適にできる時代になりました。読書はたくさんの本を本棚に収める必要はありませんし、出先でもPCに劣らぬ快適さでネットサーフィンや動画視聴などの使い方が可能です。タブレットは一人1台持っていてもおかしくない時代になってきたと言えます。

もしご自宅にタブレットが使用されずに放置されているとしたら、この記事と一緒に、使い方を改めて考えてみることをおすすめします!

タブレットの使い方・操作方法を解説

タブレットのタッチ使い方・操作方法

  • タップ
  • ダブルタップ
  • スワイプ
  • フリック
  • ピンチイン・ピンチアウト

操作方法は以上が基本的な使い方・操作方法です。指1本から操作が可能なので、非常に簡単です。

使い方・操作方法① タップ

指1本で画面を触る、タッチする使い方・操作方法です。画面上に表示されるボタンなどをタップすることで、次の動作に進むことができるようになる基本の使い方・操作方法です。

使い方・操作方法② ダブルタップ

タップを2回連続で素早く行う使い方・操作方法です。タブレットの種類などにもよりますが、ダブルタップした箇所のズームして大きく表示させることができる操作方法です。もう一度同じ箇所をダブルタップで元に戻ります。

使い方・操作方法③ スワイプ

画面をなぞるように動かす操作方法です。表示されているwebページを下にスクロールする際などに使います。

使い方・操作方法④ フリック

スワイプと似た動作ですが、縦や横に指をなぞらせながら素早く画面から指を離す動作です。指先で埃を払うようなイメージで行うと良いでしょう。

使い方・操作方法⑤ ピンチイン・ピンチアウト

2本の指を使って行う使い方・操作方法です。画面を2本の指で触り、外側へ広げるように操作します。そうすることで、画面の特定の箇所を拡大して表示させることができます。

逆に2本の指の間隔を近づけるように操作を行うと、画面を縮小させて表示領域を増やすことができるようになります。

使い方・操作方法⑤ 横持ち

タブレットを通常とは異なり横に持つことで、画面が横向きに変わります。画面の表示領域が変化するので動画視聴をする際に画面サイズを有効活用できるようになります。

タブレットの活用法・使い方

タブレットで読書

タブレット の 使い方

タブレットの魅力は画面サイズの大きさ。ほとんどのスマホよりも画面が大きいため、活字が見やすく実際の本を読んでいるかのように読書ができるのが利点です。また、タブレットのデータ容量次第では、100冊以上は書籍データを保存できるので、自宅の書籍保管スペースがいらなくなるのもメリットですね。

ゲームアプリで遊ぶ

タブレット の 使い方

画面の大きさのメリットはゲームにも対応します。大きい画面で迫力のあるゲームの演出を見ることができるなどの利点があります。また、スマホと2台持ちにしてタブレットでゲームをすれば、スマホの電池残量を機にする必要もありません。

地図アプリでナビゲート

タブレット の 使い方

地図アプリやナビゲートアプリも充実しているので、旅行・車の運転時などのナビゲーターとして活用ができます。画面が大きいので、位置を確認するのも便利ですよ。

動画視聴

タブレット の 使い方

スマホでは画面が小さく、出先なのでPCがないという場面でもタブレットがあれば動画視聴も快適です。大きい画面なので、家族や友人と同じ画面をシェアしやすいのもメリットですね!お気に入りのYoutuberやhuluなどの番組配信サービスを利用して動画を観ましょう!

サブディスプレイとして使える

iDisplayなどのアプリを入れることで、PC画面を映してサブディスプレイとしても活用ができます。PCは使うけどタブレットが家の物置で眠っている、なんて方はサブディスプレイとしてタブレットを使用するのもおすすめですね!

タブレットでのラインの使い方 iPad向け

iPadではスマホで利用しているラインと同じIDで利用することが可能です。その方法を紹介します。

アプリをインストール

まずはラインアプリをインストールしましょう。タブレットでのログインと、スマホで普段使用しているアカウントを同期する必要があるので、その手順を説明していきます。

QRコードでログイン【おすすめ】

QRコードをラインの入っているスマホ側で読み取ることで、簡単にログインすることができるようになります。

タブレットでログイン画面を開く

タブレット の 使い方

タブレット側で上記画像のようにQRコード画面を表示させましょう。

スマホのラインでQRコードを起動

タブレット の 使い方

その後、お使いのスマホでラインを起動し、友達追加の「QRコード」を起動します。QRコードを読み取るためのカメラが起動するので、カメラでタブレット状のQRコードを読み取ることでログインをすることができます。

タブレット の 使い方

無事ログインができたら、スマホと同じアカウントでラインを使うことができます。

メールアドレスでログイン

タブレット の 使い方

メールアドレスでログインする場合は、スマホで登録しているメールアドレスとパスワードが必要です。それぞれを入力してログインしましょう。

タブレット の 使い方

無事ログインができたら、ラインが使えるようになります。画像の通り、大きい画面で連絡先とやりとりが見れるようになり、便利に活用ができますね!

タブレットでのラインの使い方 Android向け

スマホと同じIDが利用できない

Androidタブレットでは、同じラインIDを使い回すことができません。そのため、タブレットで新たにIDを作成して利用する必要があります。

facebookで登録する

ラインは電話番号承認とfacebook承認の2つの方法で登録することができます。ですので、タブレットのように電話番号がない端末でも、facebookアカウントがあれば利用を開始することができますよ。

Androidタブレットでラインを使いたい場合は試してみましょう!

タブレットを持ち歩くメリット

PCとして利用できる

タブレットの多くはPCでできる機能を一部使えるため、外出先にPCを持っていくのが面倒な時などに非常に便利です。仕事用の補助ツールとして利用ができるので、思いPCをわざわざ持ち歩かなくても良くなるでしょう。

電源周りの荷物が増えない点も利点ですね。PCを持ち歩く場合は、長時間使用のためにACアダプターを持っていくことがありますが、なかなかの重さなのでやはり不便です。その点、タブレット用の充電は軽量な場合が多いので、荷物がかさばらないのも良いところですね。

スマホの電池消耗を抑える

スマホとは別に使用することで、スマホの電池消費を抑えることができます。タブレットで動画やゲームをすれば、スマホで連絡を取る必要が出てきた際に電池がなくて困る、ということがなくなります。

タブレットおすすめ3選

iPad

タブレットの代名詞とも言えるiPadがおすすめです。操作性、見た目ともに良く、対応アプリも豊富なため、使い道が非常に幅広いです。また、自宅用がメインとなる場合はiPad Proシリーズ、持ち運びがメインとなるのであればiPad miniシリーズがおすすめです。

LAVIE Tab

タブレットPCを多くリリースしているNECから発売しているタブレットです。メリットはマルチウィンドウで同時に画面を2つ表示できるため、PCのような使い勝手です。PCスペックのようなタブレットを探している人におすすめができます。

HUAWEI

ファーウェイのAndroidタブレットです。価格が安いため、安価でAndroidタブレットを探している人におすすめできます。ややベゼルが大きく、重量もそこそこあるため持ち運びはやや不便に感じることがあるかもしれません。

まとめ

使いこなすことができれば、非常に便利に感じるタブレット。読書をよくするような方であれば、書籍をデータで購入することで自宅の本棚がかさばることもありません。
また、PCで作業をすることが多い方であれば、外出先での補助ツールとしても使えるため頼もしい存在になってくれること請け合いです。

スマホと2台持ちで使い分ければ、スマホの電池消費を抑えることもできますし、ゲームや読書、動画鑑賞を我慢する必要もありません。

もし自宅にタブレットが眠ってしまっているのであれば、いまいち掘り返して使い道を見出してあげるのがおすすめですよ!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 0313b369 0625 42c6 8d37 5da72024d7a1
Written By
宮ノシタノ コトリ
圧倒的に質の高いコンテンツを量産できるよう頑張ります。
特に意味もないのに家電屋さんを覗くの楽しいですよね。スピーカー、ヘッドホンやコーヒーメーカー、照明器具にエアコンや掃除機など見てて飽きません。Apple製品にゲームなどの電子機器も好きです。そんな機器たちの紹介ができたらと思い、キーボードを叩きます。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧