iPadが動かない!故障⁉考えられる原因と対処法!

目次

iPadが動かない?原因と対処法を紹介します

iPad マイク

今や、一家に一台と持っている方も多くいらっしゃるiPadですが、あまり使わずに放置している方も多いのではないでしょうか。
久々にiPadを使用しようと電源を入れてみるも電源が入らなかったりディスプレイが反応しなかったり、動かない場合が多く見られます。
そこで、今回はそんなiPadの動かなくなってしまった原因や対処法をご紹介したいと思います。ぜひ、ご参考にされてください。

iPadが動かない原因を教えて!

なぜ、iPadが動かないのか考えられる原因は何でしょう。

動かない原因①バッテリー切れ

実は、iPadは使用してなくともバッテリーを消耗している場合があります。長期使用しない時は常に電源を元から切ってしまうようにすると良いでしょう。

動かない原因②ホームやスリープボタンの故障

iPad自体のボタンなどが壊れてしまって反応しない場合は、故障してしまっていると言えるでしょう。しかし、久々に使う場合などは単に反応が鈍っている場合も多いので、一概に故障しているとは言えません。

iPadが動かない時の対処法は?

動かない時の対処法①画面が真っ暗の時は充電をしてみよう

まず、画面が真っ暗で起動しない場合は、充電をしてみましょう。充電不足であると、真ん中に赤く充電がカラのマークが出てきます。ある程度、充電が完了するまで待ちましょう。

動かない時の対処法②デバイスをリセットしよう

デバイスをリセットするには、ホームボタンとスリープボタンを同時に10秒間押しましょう。画面にアップルマークが現れたらリセット成功です。

iPadが動かない状態の予防法

iPadが動かなくなる事の予防法は、いったいどのような物があるのでしょうか。見ていきましょう。

動かない状態の予防法①定期的に電源を入れよう!

やはり、機械ですので使用しないと段々と風化していってしまいます。定期的に電源を入れアプリ起動など簡単な操作を行い、iPadの健康状態を把握しましょう。
電源を入れる頻度は、週に1〜2回をメドに行うと良いです。

動かない状態の予防法②なるべく丁寧に扱おう

使用しないからといって、タンスに放り込みiPadの上に重い物を置く事は絶対に避けましょう。iPadは、とてもデリケートです。強い衝撃的や、長時間重い物を乗せるのは禁物です。
なるべく、iPad専用の立て掛けに掛けたり、保護カバーや保護フィルムを使用して丁寧に扱い衝撃から守ってあげましょう。

〜iPadスタンド〜

iPadがどうしても動かない場合の修理の出し方

iPadが動かなくどうやら故障してしまっているようだ、と思ったら速やかに修理に出す事をおすすめします。場合によっては、機器本体が何らかの原因で故障してしまっていて交換してくれる事もあります。では、iPadの修理の出し方をご説明いたします。

下準備〜来店編

①機器がまだ反応する場合はバックアップを!

機器が、まだ反応しバックアップが取れる場合はバックアップを取っておきましょう。修理状況によっては、中身が初期化される場合があります。
また、アップルidなども必ずメモを持っていきましょう。スムーズに処理を行っていけます。

②購入証明書がいる場合も!

場合によっては、購入証明書を提示しなければなりません。キャリア店で購入した場合は、その時に購入した証明書が付いていますので忘れずに持っていきましょう。
中古店で購入した際も、購入証明書が付いているはずなので証明書または、無ければレシートや保証書などを持っていっておきましょう。

③運転免許証などの顔つき身分証明書を用意!

本人確認書類や証明書を提示して下さいと言われる可能性はとても高いです。顔つき身分証明書を持たない方は、行く前にアップルストアに他に証明書になるものが無いのかを確認しましょう。

④予約を取っておこう!

アップルストアは、いきなり行っても混み具合によっては、すぐに対応してくれない場合が多いです。また、アップルストアはiPadだけでなくiPhoneやiPod touchなどを修理に出しに来ている方も多くいらっしゃいます。
来店する前に、来店したいアップルストアのホームページなどから予約をしましょう。

⑤来店!

上記の項目が全て整ったら、予約日に来店しましょう。
ここで注意ですが、修理は状況次第で数日かかる場合があります。部品の在庫が無い場合は取り寄せから始まるので、予め数日かかるかもしれない事は予想しておきましょう。

〜下準備〜配送編
中々、来店の時間が取れない方は直接配送する事ができます。手順を見ていきましょう。

①バックアップを取る

これは、来店と同じくバックアップが取れる状況であれば取りましょう。

②デバイスの消去

「設定」→「一般」→「リセット」→「全てのコンテンツを消去」でデバイスを消去します。機器が動かない場合は、icloud.comから消去が可能です。

③アクティベーションロックを解除する

デバイスを消去した後もアクティベーションロックがかかったままな場合があります。アクティベーションロックを無効にしておきましょう。

④iPad付属品を外そう

iPadに付けているsimカード、カバー、フィルムなどを外します。購入した時のままの状態で送りましょう。

⑤予約を取る

アップルストアより、配送修理を選び必ず予約を取り配送しましょう。いきなり配送する事はできません。

⑥配送しよう

アップルストアが指定する住所へ配送しましょう。配送の場合は、直接来店より数日時間がかかる場合がありますので、予め了承しておきましょう。

参考:アップルストア公式

iPadが動かなくなる前にバックアップをとっておこう!

いつ何時、iPadが壊れてしまうか分かりません。そのため、定期的にバックアップを取っておく必要があります。

バックアップの必要性

バックアップは、そのiPad内のデータを元どおりにする役割があります。従来の携帯などは、故障すればデータを送る手間がありましたが、バックアップを取ることでパスワードのみでデータを復活させる事ができます。バックアップはとても必要性のある工程です。

バックアップ手順

  1. 機器がWi-Fiに接続されている事を確認してください
  2. 設定→ユーザー名→iCloudをタップします。
  3. 今すぐバックアップをタップしバックアップをします。

バックアップ 手順

  1. バックアップ終了後、設定→ユーザー名→iCloud→iCloudバックアップをタップし、今すぐバックアップの下に記載されている場合作成日と一致していたらバックアップ成功です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。iPadが反応しないからと言ってすぐに修理に出すのではなく、一度充電を行って見たりデバイスをリセットしてみたりと、いくつか方法を試してみる事が有効というのが分かりました。
また、iPadは定期的にバックアップを取る事で万が一故障してしまった場合もデータを元に戻す事ができます。
もし、ご家庭に長期使用していないiPadをお持ちの方はぜひ一度iPadの健康状態を確認してみましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧