音楽プレイヤーを使ってみよう!MP3やiPhoneへの音楽転送方法を紹介!

この記事を執筆するにあたって

音楽プレイヤーは小さな機器に沢山の音楽を入れてもちあるき、いつでも何処でも音楽を楽しめる大変便利な機器です。また、音楽を聴くだけでは無く、英語教材のリスニングや、精神の安楽などさまざまな場面で使われている、私達の生活に重要な機器になりつつあります。

Written By アテ ワン

目次

音楽プレイヤーの使い方が知りたい!

今回は音楽プレイヤーの使い方についてご紹介いたします。音楽プレイヤーは小さい機器に、驚くほど沢山の曲を入れていつでも何処でも音楽を楽しむ事のできる便利な電子機器です。是非、楽しい毎日にご活用ください。

音楽 プレイヤー 使い方

音楽プレイヤーの使い方

音楽プレイヤーの使い方:MP3

MP3プレイヤーはさまざまありますが、今回は私の使っているウォークマンNWシリーズのNW-315を使ってご紹介いたします。ほかのウォークマンとあまり大きな操作性の違いはないと思います。少し古い機種ですがご容赦ください。

まず使い方として基本操作を紹介しましょう。基本操作は真ん中のボタンと、上下左右にある十字ボタンで行います。当然十字ボタンが操作で、真ん中のボタンが決定になります。

音楽 プレイヤー 使い方

MP3を使う上で再生がもっとも重要ですが実に簡単です。順に説明していきましょう。
まず、何かしらのボタンを押すと画面がついて起動します。起動したらメニューから音符のミュージックを選びましょう。するとミュージックのメニューが開きます。全曲、アルバム、アーティスト、ジャンルなどから選択できるので選びます。
すると該当する楽曲が表示され、再生されます。音楽は真ん中の再生ボタンを押すと再生され、再度押すと一時停止になります。
トップ画面の音楽マークの下は再生画面へのジャンプ、左はFMラジオ、右は録音(後述します)、右下はBluetooth、左下は設定になりそれぞれ選択することで操作をすることができます。

音楽プレイヤーの使い方:iPhone

iPhone、録音・転送した音楽を記録して音楽プレイヤーとしても使うことが出来ます。使い方は以下のようになります。

  • トップ画面からミュージックアプリを起動する
  • プレイリスト、やアーティストから曲を選択する
  • 曲を再生すると再生画面が表示される

このとき表示された再生画面をいじることで以下のような操作も可能です。

  • 曲をシャッフルする:再生中画面下部からシャッフルアイコンをタップ
  • リピート再生する:再生画面下部のリピートアイコンをタップ。一回でアルバム、二回で曲のリピートが可能。三回目で解除
  • 歌詞表示:再生中画面の下部をタップすることで指定可能

音楽プレイヤーの使い方:音楽プレイヤーに音楽を入れてみよう

音楽プレイヤーの使い方:音楽転送方法(MP3)

MP3で音楽を転送する方法は基本的にアプリをパソコンにインストールし、そのアプリを使ってパソコンに録音します。そして専用のケーブルを使って転送するのが一般的です。

音楽プレイヤーの使い方:音楽転送方法(iPhone)

iPhoneはまず、iCluudを使用することで転送しなくとも、どこからでもアップルのデバイスを使えば音楽を楽しむことができます。
iPhoneですと以下のような手順になります。

  • 設定を選択する
  • ミュージックの選択をする
  • iCloud ミュージックライブラリを選択後、設定をオンに切り替える

またユーザーの中にはこのiCluudでの同期にすこし抵抗のあるひともいるようです。その場合はPCとUSBケーブルでつないでItunesと同期することで音楽の転送を行うこともできます。
この場合はまずUSBケーブルでiPhoneとパソコンをつなぎましょう。
するとデバイスを検知してiTunesの画面左上にiOSデバイスのアイコンが表示されます。その後は以下のような手順で転送をすすめていきましょう。

  • デバイスを選択したらミュージックのタブを開く
  • ミュージックタブを開いたら音楽を同期という欄にチェックを入れる
  • 既存の音楽、ムービー、テレビ番組、ブック、および着信音をこのiPhoneから削除し、このiTunesライブラリと同期してもよろしいですか?と聞かれるので削除して同期を選ぶ
  • 同期が完了したら全体か一部を選択して音楽を転送する

iPhoneは1つのiTunesライブラリとしか同期できないためこのような表示がでます。

おすすめ音楽転送アプリ

MP3では以下のようなソフトを使って音楽をPCから音楽を入れることができます。

  • music center for PC
  • x-アプリ
  • wondows media player
  • content transfer
  • media go
  • itunes

このなかで今回私は自身のパソコンがwindowsで使っているのがウォークマンでiphoneは使っていないということもあり、music center for PCというアプリをご紹介いたしましょう。決して品質によい悪いがあるわけではなく、それぞれの機種や環境で選んでかまわないとおもいます。ウォークマンでもitunesを使えますし、実際は好みの問題です。実際の録音の様子と一緒にご紹介いたします。
まずはsonyのサイトからmusic center for PCをダウンロード・インストールしましょう。

音楽 プレイヤー 使い方

インストールができたら音楽を録音します。録音の方法は実に簡単で、音楽CDを入れるだけです。すると自動的に感知されるのでCDからの取り込みというタブを選択すると音楽CDアルバム内の楽曲が一覧で表示されます。そこにチェックを入れれば一部だけ、すべて選べばすべてをダウンロードすることができます。あとは取り込みのボタンを押せば勝手に楽曲の取り込みが行われます。
取り込みできた音楽はパソコンのこのアプリ内に記録されます。そうしたらいよいよ音楽をデバイスに転送します。まずはデバイスを専用のUSBアダプタでパソコンとつなぎましょう。つなぐことができたら機器へ転送を選びましょう。

音楽 プレイヤー 使い方

機器へ転送を選ぶとそのまま転送画面が表示されます。楽曲と並列して表示されます。これであとは転送したい楽曲を選択し、転送ボタンを押すだけです。転送する楽曲を選択肢自由にライブラリに送ることができるので実に便利です。

音楽プレイヤーの使い方:パソコンなしで音楽を転送する使い方は?

音楽プレイヤーの使い方:転送方法(NW-315)

音楽をMP3プレイヤーに転送するにはパソコンがなくてもできます。今回は私のもっているNW-315を使ってご紹介しましょう。
まず、残念ながら専用のケーブルが必要になります。ほかの音楽機器のLINE OUT端子に対応した端子がついているケーブルを購入しましょう。


ケーブルを購入できたら録音していきます。LINE OUT端子がある場合は機器とウォークマンを接続してケーブルについているLEVELスイッチを2にします。もしLINE OUT端子がなければ、ヘッドホンのジャックにつないでLEVELスイッチを1にしましょう。
接続ができたらホーム画面から録音を選択してシンクロ録音を選びます。できたら録音のはじめます。
LINE OUT端子がなければ、ウォークマンにイヤホンやヘッドホンをつないで録音の音量を調整します。方法はウォークマンの音量を10にあわせ、ウォークマンを鳴らして確認します。音がひずんだりしなければ録音を開始しましょう。
録音画面で決定ボタンをおします。すると表示が「StandBy」にかわります。この状態で機器で音楽を再生すれば表示が「REC」にかわります。ウォークマンが音を検知し録音されます。
録音を終了したいタイミングで音楽をとめれば自動的に音がとまります。

参考:sony

音楽プレイヤーの一歩さきの使い方!音楽プレイヤーでできる事

音楽プレイヤーの使い方:車で音楽を聴ける

車で音楽プレイヤーを使って音楽を聴く方法は2種類あります。ひとつはカーナビを使う方法と、ラジオを使う方法です。
カーナビの場合、カーナビの仕様にだいぶ左右されるのですが以下のパターンがあり、それぞれに対応した方法で接続してカーナビから音楽プレイヤーを楽しむことができます。

  • Bluetooth
  • USBケーブル
  • AUX端子

ラジオの場合はFMトランスミッターでシガーライターからラジオとつないで、FMチューナーへ送信する方法で音楽をきくことができます。

音楽プレイヤーの使い方:スピーカーとしての使用

音楽プレイヤーはイヤホンやヘッドホンでひとりで楽しむのが王道とも言えそうですが、おおくのスピーカーが販売されており、それでつないでスピーカーから音楽を流すこともできます。これを使えば多くの場合アウトドアなど音楽機器を持ち歩くのが難しい場所などで音楽を楽しむことができるのでとても人気があります。

使い方がわかりやすいおすすめ音楽プレイヤー3選

商品名①ソニー SONY ウォークマン Sシリーズ NW-S14


ウォークマンSシリーズです。音楽再生、ビデオ視聴、写真の取り込み、FMラジオ、ポッドキャスト、ノイズキャンセリング機能あり。計量で、操作も簡単。パソコンがあれば録音はラクラクですが、なくても機器からの直接録音が可能です。音楽圧縮時に高音感が失われる音域を再現するクリアオーディオという技術でよりよい音楽を聴くこともできます。6色のカラーバリエーションから好きな機種を選ぶ事も可能です。また、おすそ分け充電機能で、スマートフォンへ電力を分けられるので、携帯式充電器としても使用可能です。
寸法:0.8x4.2x9.2cm
重さ:49.9g
画面サイズ:2インチ
容量:8192MB
連続再生時間:77時間

商品名②MP3プレイヤーpolarlion

HiFi超高音質技術を採用しているので、臨場感溢れる音質が楽しめます。原音に忠実なライブ感溢れる音を体感することが出来ます。低音から高音まで広い音域でクリアな音質を実現しています。昨日は音楽再生、FMラジオ、録音、電子ブック、カレンダーにアラーム、動画再生、画像の閲覧など多機能にわたります。MP3,WMA,OGG,APE, FLAC,WAV,AAC-LC,ACELP,AUDIBLEなどの再生格式に対応出来るのも魅力です。
寸法:9x3.9x0.8cm
重さ31.8g
画面サイズ1.80インチ
容量:8GB
連続使用可能時間70時間

商品名③Newiy Start

音楽再生機能は勿論、FMラジオ、Line-inダイレクト録音、音声録音、電子ブック、ビデオ、スクリーンセーバー、A-B区間リピート、再生スピード調整、ランダム再生が可能。子供の言語学習やスポーツのパフォーマンス向上にも役立ちます。Bluetooth搭載でワイヤレス再生も楽しむ事ができます。パソコンを使わなくても録音できるダイレクト録音が出来るのでテレビ、ラジオ、youtubeの音源を録音可能です。

寸法:9x4.1x0.8cm
重さ:141g
画面サイズ:1.80インチ
容量:8GB

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、MP3プレイヤーの使用方法についてご紹介してきました。音楽を小さな機器に入れて持ち歩くことが出来る様になって大変便利な世の中になりました。ぜひ音楽プレイヤーを活用して快適な生活を手に入れてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧