ウォシュレットの平均交換費用は?メーカーによって違うの?

目次

ウォシュレットの交換費用

トイレ ウォシュレット

ウォシュレットは、年々機能を変化させながら様々な新商品が出ています。ウォシュレットを必須とされている方は、そろそろ新しい物に変更しようかなと考えられる方もおおいでしょう。
ウォシュレットを、新調しようと思ったらまず交換費用や取り付け費用はどの程度かかってくるのかを気にしますよね。
そこで今回は、ウォシュレットを交換する際や取り付ける際に、どの程度の費用がかかってくるのかをご紹介していきます。
ウォシュレットの交換費用にお悩みの方は、ぜひご参考にされて下さい。

ウォシュレットの平均交換費用を教えて

では、早速ウォシュレットの平均交換費用を見ていきましょう。

平均交換費用

ウォシュレットの平均交換費用は、業者などに頼むと¥1.0000〜¥2.0000程である事が多いです。こちらの料金は、交換費用でありウォシュレット本体は別途料金がかかります。
また、取り付け費用とは別に便座を処分する費用がかかる業者もありますので、もし無料廃品回収などを利用しようと考えている場合は、取り付けの際に業者に伝えましょう。
回収料金は業者で様々ですが、¥1.000〜¥3.000ほどかかる場合が多いので処分はご自身で行う方が費用を浮かす事ができます。

ウォシュレットの交換費用はメーカーごとに違うの?

ウォシュレットは、どこのメーカーだと交換費用が高くなるという事はありません。しかし、そのメーカーで頼めば工賃が無料になりますというサービスを行なっているメーカーはあるでしょう。
もし、交換費用を浮かしたいと考えておられる方は、家電量販店などで購入すると工賃が無料になるケースが多いです。しかし、絶対無料だという訳ではありませんのでしっかり確認した上で購入しましょう。

ウォシュレットの交換費用を安くすませる方法

では、ウォシュレットの交換費用を安く済ませる方法をご紹介いたします。

自身で交換する

一番安く済む方法は、自分でウォシュレットを交換してしまう事です。工具さえ揃っていれば工賃は無料と言って良いでしょう。
しかし、自分で交換する場合にはデメリットが多数あります。
まず、自分で交換する=全て自己責任です。例えば、交換途中で水漏れが起きたり、ホースを破損させてしまっても自己責任ですので、結局水道屋さんを呼び無駄な工賃まで取られてしまう可能性もあります。
ウォシュレットの交換方法は、説明書などに記載されていますが難易度がとても高いため、初めてdiyをされる方などにはおすすめが出来ない方法です。
しかし、絶対に無理だと言う訳ではありませんので、時間が充分にとれる日に作業を行いましょう。

家電量販店に依頼する

先程も述べた通り、家電量販店などに依頼すると良いでしょう。しかし、家電量販店で工賃を安くするには条件があります。
まず、ウォシュレット本体を家電量販店で購入しましょう。家電量販店には、自分が欲しいウォシュレットが無い場合もありますが取り寄せしてくれるので安心して下さい。
家電量販店は、商品の配達から取り付けまでを無料で行なってくれる場合が多いです。水道屋さんなどに依頼すると、どうしても本体+交換費用となってしまいます。
しかし、家電量販店は交換費用を無料にしてくれ更に価格も交渉できる場合が多いです。分割払いにも対応してくれ、金利手数料も無料の場合が多いです。
交渉次第では、水道屋さんなどより1万〜2万ほど浮かす事ができますので、お得にウォシュレットを交換したい方は是非、家電量販店を利用しましょう。

ウォシュレットの交換費用が安い業者3選

ウォシュレット交換を業者に依頼しようとお考えの方へ、ウォシュレット交換費用が安い業者をまとめてみました。是非、ご参考にされて下さい。

ウォシュレットの取り付け王

対応地域・全国対応(離島は別途料金)
交換費用・取り付け¥8.000+取り外し¥5.000-同時申し込み¥1.000=¥12.000
支払い・当日現金のみ
ウォシュレットの取り付け王は、全国対応となっています。(離島は別途料金が発生する場合がありますのでお問い合わせ下さい)また、取り付けのみや取り外しのみの選択もでき、同時申し込みで¥1.000割引されます。
また、取り付け保証が付いており工事に不備がある場合や動作不良などを1年間しっかり保証してくれるので、何かあっても安心して相談する事ができます。
土・日・祝の予約も可能ですのでお仕事で平日家に居ない方でも利用する事が出来ます。
参考:ウォシュレットの取り付け王

ビックカメラ.com

対応地域・全国(一部離島不可)
交換費用・¥6.000

全国展開している、大手家電量販店のビックカメラのネットからの注文費用です。大手家電量販店と言うだけあり、工賃も格安です。もちろん、ビックカメラの店舗に行くと無料サービスも行なっている場合もあります。
また、ビックカメラ独自の長期保証があり商品代金の5%を利用して入ることができるので実質タダで5年間の保証が受けられます。
保証内容は、修理回数が無制限で自己負担額0で修理が可能です。
ネットからの注文なので、取り付けと保証加入のチェックを忘れずに行いましょう。施工する便器のサイズや給水方式の確認等もありますので忘れずに記載してください。

参考ビックカメラ.com

暮らし安心 クラシアン

対応地域・全国対応
交換費用・便座込み¥38.000〜

クラシアンは、CMなどで良く耳にする業者であると思います。クラシアンは、便座をクラシアンで購入すると全ての施工込みで料金を出してくれます。クラシアンのホームページに工賃込みの値段が載っておりとても見やすいです。
また、出張の見積もり費用¥0で24時間電話での対応も行ってくれますので、購入者からするととても安心安全で利用する事ができます。
また、その日が空いていれば即日工事も可能で年末年始まで365日工事が可能ですので、多忙な方でも依頼する事が可能です。
ウォシュレットと交換費用を込みで見て行きたい方には、クラシアンはとてもおすすめな業者です。

参考クラシアン公式

まとめ

トイレ ウォシュレット

いかがでしたでしょうか。ウォシュレットの交換費用には頼む業者によって価格が様々である事が分かりました。交換費用は、少しでも浮いてくれるととても有難いですよね。
ウォシュレットを、交換しようとお考えの方は是非こちらの記事をご参考にされて、交換費用を浮かしていきましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧