マウスが動かない!マウスが動かない場合の考えられる原因と対処法をご紹介

目次

マウスが動かない!

マウス が 動か ない

さっきまで問題なく動いていたのに、突然マウスが反応しなくなりパソコンの操作ができない。こんな経験はありませんか?

普段当たり前のように使っているものだけに、いざ使えなくなると本当に不便で作業効率ががた落ちします。

ため息をつきながらスマホでマウスの価格を調べる前に、少し待って下さい。まだ故障と決まったわけではなく、元通り動くようになるかもしれません。

今回の記事では、マウスが動かなくなる原因と対処法、応急処置などをご紹介します。

操作も簡単で所要時間も15分ほど。あきらめる前にぜひ試してみて下さい。

マウスが動かない原因は?

突然マウスが動かなくなるとびっくりしてしまいますが、まずは落ち着いて原因を特定しましょう。マウス「だけ」が動かないのか、マウス「も」動かないのか。

ここでは原因を5つに分け、詳しくは後述します。全て読まなくて良いように、現在の症状はどれが原因の可能性が高いのかを判断します。

  • 確認手順1

キーボードのホームボタンを押してみて下さい。ウインドウズであれば左下のメニューが開くはずです。

もし開かなければ、マウス「も」動かないということなので、原因④のパソコン本体の問題の可能性があります。あるいは可能性は低いですが③のUSBポートの問題かもしれません。

  • 確認手順2

キーボードでホーム画面が開いた場合、マウス「だけ」が動かない可能性があります。開いたメニュー画面から「デバイスとプリンター」の項目をキーボードの矢印ボタンを使い選択し、Enterキーを押して下さい。するとデバイス画面が開きます。

マウス が 動か ない

マウス が 動か ない

上の画像は参考までにWin7環境で撮影したものです。デバイスの中にマウスがあるにも関わらず動かなければ原因②か⑤の可能性があります。

  • 確認手順3

なければパソコン本体がマウスを認識していないということなので、原因①か③の可能性が高くなります。

  • まとめ

キーボードも動かない→④、③

キーボードは動く→分岐a

分岐a:デバイスを認識している→②、⑤

デバイスを認識していない→①、③

ある程度特定ができたところで、原因について見ていきましょう。

※また、可能であれば予備のマウスを挿し直してみて下さい。

それで動くのならマウス側、動かなければポートかパソコン側と言うようにさらに特定がしやすくなります。

原因①電池切れ

ワイヤレスマウスなど無線タイプのマウスの場合、単純に電池が切れている、あるいは充電がなくなっていることも考えられます。長時間利用できるタイプのマウスや買ったばかりのマウスを使っていると忘れがちですが、無線マウスは常に電力を消費していて、バッテリーが切れると動かなくなります。

また、独立して動作するタイプのマウスは電源スイッチを切り忘れると電池切れになることがあります。

また、光学式やBlueLED読み取り方式のマウスは、裏返すと読み取り部分が赤や青に光っています(目を傷めるのでご注意を)。

光っていなければ電池切れか③のUSBポートの問題の可能性が高いです。

レーザー式やIR LED式はもともと光らないので注意して下さい。

原因②設置面の問題

マウスは裏側にある読み取り部分で動きを感知して、パソコン画面のポインタ(矢印)に信号を送っていますが、読み取り方式によって感度や精度にかなり差があります。

読み取り性能が上がるほど設置面の形状に関係なく使用できますが、最も苦手な材質が光沢面、次いでガラスなどの透明面です。

反対に布などの柔らかく引っ掛かりが多い面では、マウスに問題がない限り反応する可能性が高いです。

それでも動かなければ原因⑤の汚れの問題か故障の可能性があります。

原因③USBポートの問題

マウスに問題がないにもかかわらず電源が入らない(光らない)、あるいはキーボードも動かない場合に原因として考えられるのがUSBの差込口の問題です。

マウス本体が原因である場合と症状が似ています。対処法は後述します。

原因④パソコン本体の問題

キーボードも動かないとなると③のUSBポートの問題も考えられないことはないですが、最も可能性が高いのがパソコン本体が重くなっている、あるいはフリーズしている可能性です。

重くなっているだけであれば該当のプログラムを停止すれば動作が軽くなり可能性があります。一度電源を切るために動きそうであればホームボタンを押し、メニューからシャットダウンを選択します。

マウス が 動か ない

フリーズしている場合はしばらく待って反応がないことを確認してから電源ボタンを長押しします。本来、データの消去や故障に繋がる非常に危険な操作ですが、やむなしです。

原因⑤汚れが原因

少し古いタイプのマウスだと、読み取り部分が外れてボールが内臓されているものがあります。この場合だと中にほこりが溜まっていて、それが原因で動作がしなくなっている可能性もあります。

また、光学式などのマウスの場合でも、読み取り部分に汚れが付いている、あるいは傷が原因で動かなくなることも考えられます。

マウスが動かない場合の対処法

マウス が 動か ない

ここまで、マウスが動かない原因を5つに分けて解説しました。

ここではそれぞれの原因に対応した対処法をご紹介します。原因の数字と対処法の数字は符合しています。

対処法①マウスの電源を入れなおす

電池切れや充電切れを起こしているだけなら、電池交換あるいは充電用のUSBケーブルとパソコンを繋ぐだけで動作します。

また、原因不明でマウス自体が一時的にエラーを吐き出している場合がたまにあり、マウスの裏側に電源ボタンが付いていれば電源を入れなおすことで復帰してくれることもあります。

あまりに頻発する場合はドライバーとパソコンの相性を疑うことも必要でしょう。この場合最も簡単なのはドライバー入れ直し、あるいはメーカー問い合わせになります。

対処法②マウスパッドを使用する

設置面に問題があるなら、柔らかい布やマウスパッドの上で動作を確認してみて下さい。金属製のデスクなどでは、マウスの読み取り性能は極端に落ちます。

また、マウスパッドの材質とマウスの読み取り方式の相性によっては動作しにくい場合があります。可能であれば設置面を変えて試してみたいところです。

対処法③USBポートを変えて挿し直す

マウス本体が原因であるのかUSBポートの問題であるのかを判断するのに一番手っ取り早いのが、USBポートを変えて挿し直すことです。

内部基盤の接触不良などで、特定のUSBポートだけが故障することもあります。個人的な体験談ですが、数時間前まで使用できていたマウスがスリープ解除後突然反応しなくなり、フリーズも疑いましたがとりあえずポートを変更したところ動作した、ということがあります。

対処法④セーフモードで立ち上げる

対処法③で触れましたが、本来USBポートは個別で接触不良などの問題を起こすケースが多く、複数のUSBポートがいっせいに使用できなくなる場合は、パソコン本体側の問題であることが多いです。

パソコンがフリーズしてしまった時に考えられるのが、故障ではなく、複数のプログラムによって処理能力が足りない、あるいはエラーを起こしているケースもあります。

一度電源を切った後、コンセントを抜いて30秒程度放置し、再度電源を入れた直後からF8キーを何度か押してみて下さい。これで、セーフモードでパソコンが起ち上がるはずです。

セーフモードとは、最低限の機能でパソコンを動作させるモードです。セーフモードでもマウスが動かない場合、本体の故障の可能性があります。

反対に問題なく動作する場合は、プログラムの削除やメモリの増設も選択肢に入ってきます。

対処法⑤掃除をする

可能性は少ないですが、読み取り部分の汚れを拭き取ることでマウスの動作が復帰する場合があります。

その場合は柔らかい布でレーザー部を優しく拭き取って下さい。

あまり強くこすると傷の原因にあってしまうので注意して下さい。

それでもマウスが動かない!

マウス が 動か ない

ここまでマウスが動かない原因と対処法に分け、手軽にできる方法を解説しました。

ここまで行って直らないと、かなり故障の可能性が高くなってしまいます。その際の対処法も考えてみます。

まずは保証を確認

故障の際に一番確実なのは、メーカーに修理を依頼することです。その際は保障を必ず確認して下さい。

保障対象期間外である場合や、期間内であっても保障規定から外れる場合(物理破損、水没など)は修理料金がかかります。

配送運賃や人件費、工賃を考えると本体価格を上回る場合も多いでしょう。

よほどお気に入りのものや高額のマウス以外はあまりおすすめできない方法です。

自分で修理する

低価格のマウスなら思い切って自分で修理するのも手です。
有線マウスならケーブルとの接点の断線や接触不良、無線マウスなら信号部の発信不良がよく故障するケースです。

ただし専門知識と工具が必要、保障からも外れてしまうことから慎重に検討して下さい。

買いなおすという選択

最も現実的かつおすすめしたい方法です。ショートカットボタンが付いているゲーミングマウスや読み取り精度に優れたレーザーマウスなどでもかなり安くなっています。

その際、携帯性や取り回しを重視しなくて良いのなら有線マウスをおすすめします。無線のものと比べ、安価で性能が良く、接続トラブルも少ないためです。

マウスが動かない場合の応急処置

上に挙げた対処法で直らず、買いなおしや修理を選択しても当面の操作の問題があります。ここでは、応急処置的に使える操作を見てみましょう。

フラットポイントを使う

フラットポイントとは、ノートパソコンのキーボード中央下部についている静電式のパネルのことです。普段使っている方も多いのではないでしょうか。

指で動かすことでポインターが反応し、叩くことでクリックができます。なれないと使いにくいですが、応急処置としては有効です。

キーボードを使う

キーボードのショートカットを駆使すれば、かなりのところまでマウスなしで操作できますが、覚えるのが非常に大変です。

ひとまず電源を切るためには、原因④で紹介した、ホームボタンを押す→メニュー→シャットダウンが有効です。

まとめ

マウス が 動か ない

今回の記事では、マウスが動かない時の原因や対処法についてご紹介しました。

修理の必要がないのに出してしまい、予算が余計にかかったり、二次トラブルのもとにならないようにここで書いた知識を活用していただけれれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アメ フラシ
初心者の方でも分かりやすいような記事の作成を心がけています。
家電を購入する際、私自身がインターネットで入念に情報を調べたいタイプです。ユーザー目線に立った時に欲しい情報、知りたいポイントなどを、なるべく多くの方にわかりやすく解説することを心がけていきますので、よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧