USBメモリの使い方を解説!意外と簡単⁉USBメモリで大切なデータを保存しよう!

この記事を執筆するにあたって

パソコンを日々使うことが多く、データの管理や受け渡しの際にUSBメモリを頻繁に使っています。

Written By 黒澤 まち

目次

意外と便利なUSBメモリの使い方!

パソコンを使っているときに、データーを誰かに渡したり、ちょっとしたデーターを保存したいときに便利なツールとしてUSBメモリがあります。普段使わない方などにとってはUSBメモリって何、と思われる方もいらっしゃるかと思います。今回はUSBメモリとは何か、といった部分から便利な使い方までいろいろな角度からUSBメモリを見ていきたいと思います。

USBメモリ

USBメモリの使い方を教えて!

USBってそんなに便利なの?使うの難しくない?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。まずは、USBメモリの基本的な使い方を見ていきましょう。

USBメモリ

使い方手順①

USBメモリの形状を確認します。USBのコネクタ部分は表裏がありますので、挿入する面が異なる場合は、そもそも挿入することができないのですが、あらかじめUSB差込口の裏表は確認していただいたほうがスムーズです。

使い方手順②

USBメモリを挿し込みます。PCにマウントされると、USBメモリがドライブとして見えるようになります。PCによっては時間がかかりますので、ドライブとして表示されるまでしばらく待ちます。

使い方手順③

ドライブとしてマウントされたら、そこにファイルを作成したり、移動させたいファイルを持っていきます。

使い方手順④

USBデバイスの取り外しから接続したUSBメモリの接続を切断し、PCからUSBメモリを取り外します。

様々なデータをUSBメモリに保存する際の使い方!

USBメモリは手軽に使えるのが特徴です。またドライブとしてマウントができるので、データーをUSBメモリに手軽に保存することができます。ここでは、USBメモリにデーターを保存する際の使い方を見ていきたいと思います。

usb メモリ 使い方

写真を保存する際の使い方

パソコン上に保存されている写真などをUSBメモリへ保存することができます。USBメモリを接続し、USBメモリをパソコンにドライブとしてマウントさせます。通常であれば自動的にドライブとしてマウントされますので、そのマウントされたドライブを開き、任意でフォルダを作成し、画像ファイルなどを保存する先を作成します。
パソコン上の保存されている写真のフォルダやファイルをコピーし、前の手順で作成したUSBメモリ上のフォルダに貼り付けをします。
エクスプローラーの機能での操作方法を説明しましたが、そのほかにも画像管理ソフトによってはUSBメモリを画像保存や管理用に最適化し、日付別でフォルダを作成し管理する機能がついているソフトもあります。

音楽データを保存する際の使い方

音楽データもUSBメモリへ保存することができます。パソコン上に保存した音楽データのファイルのフォルダや、音楽データのファイルをコピーし、あらかじめマウントさせておいたUSBメモリのドライブを開きます。任意でフォルダを作成し、音楽データを保存する先を作成します。USBメモリ上のフォルダにコピーしたファイルやフォルダを貼り付けます。
また音楽ソフトによっては、USBメモリを接続することで、自動的にフォルダを作成し、アーティスト別で振り分けたり、曲名で分けたりする機能がついているものがあり、プレイリストを作成し、音楽専用ドライブとして使うことができるソフトもあります。

ドライブマウント

パソコンの空き容量が少なくなった場合に、ダウンロードしたファイルやあらかじめ保存してあるファイルを保存する先として、USBメモリをドライブとしてマウントして使う方法があります。USBメモリはフラッシュメモリですので読み書きが早く、ファイルの検索も早いメリットがあり、ハードディスクを利用しているパソコンの場合は、ファイルの読み書きが早くなることもあります。
またデータを受け渡したりする際に非常に便利というメリットもあります。

USBメモリの中身を削除する際の使い方

USBメモリの使い方を説明しましたが、データが不要になった場合に、USBメモリの中身を削除する必要が出てくる場合があります。また、データの流出を防止する観点からも誰かに空っぽのUSBメモリを渡す場合に初期化した状態で渡すほうが無難です。一口に削除といってもいろいろな削除の方法がありますので、ここでは、状況やスピードなどUSBメモリの中身を削除する際の使い方や違いを見ていきたいと思います。

usb メモリ 使い方

①エクスプローラーからファイルを削除

USBメモリをパソコンに接続し、マウントさせた状態で、エクスプローラーからUSBメモリの中身を開きます。
個別でファイルを削除することもできますし、フォルダ単位、あるいはすべてを削除することもできます。
ただし、この方法の場合は、ファイルの復元ソフトやツールなどを用いることでファイルを復元できてしまう可能性があり、悪意を持ってUSBメモリの中身を復元しようとする人がいる場合に、削除したはずのファイルが戻ってしまい、思わぬトラブルを招く場合がありますので、確実に削除をした状態で渡す必要がある場合には適していない削除の方法です。

②フォーマット(初期化)

パソコンの機能の中に、ドライブをフォーマットする機能があります。USBメモリをマウントすると、ドライブとして認識されるので、このドライブをまるごとフォーマットすることができます。
またフォーマットの種類も大きく分けて2種類あり、1つはクイックフォーマットと呼ばれるフォーマットの方法で、ドライブ丸ごと削除しますが、非常に早く削除することができます。ただし、エクスプローラーと同様で悪意のある人がUSBメモリの中身を復元しようと専用のツールを利用すると、ファイルが復元できてしまう可能性があります。そのため、ドライブを手軽に速く削除したい場合に適している方法です。
もう1つは通常のフォーマットと呼ばれる方法で、容量にもよりますが削除に非常に時間がかかります。容量が大きくなればなるほど時間もかかり、環境によっては丸1日以上かかることもあります。しかし、このフォーマットの方法の倍は、ファイルの復元ソフトやツールなどを用いても、ファイルを復元することはほぼできないため、たとえ悪意のある人にUSBメモリが渡ってしまった場合でも、リスクはかなり低くなるフォーマットの方法です。よっぽどセキュリティに関係するファイルをやり取りすることがない限り、そこまで神経質になる必要や場面はないと思いますが、片隅にでも覚えておいていただくともしもの時に便利かと思います。

USBメモリの様々な場面での使い方

USBメモリの基本的な使い方や運用方法、削除の方法を見ていきましたが、次にUSBメモリはどんな時に使えるのかなどUSBメモリが活躍、活用できるシチュエーションを見ていきたいと思います。

usb メモリ 使い方

場面①カーオーディオでの使い方

一部のカーナビゲーションシステムや一部のカーオーディオシステムなどにはUSBの差込口があり、そこにUSBメモリを挿入することができます。所定のフォーマットや形式にてUSBメモリ上に保存された楽曲ファイルを、オーディオシステム側が読み込み、音楽を再生することができ、車の中で楽しむことができるようになります。
付属のCDやDVDROMにインストーラーがついており、パソコンにそのソフトウェアをインストールして、楽曲を管理できるタイプのカーナビゲーションシステムやカーオーディオシステムはその手順にて利用することができますが、一部はソフトを必要とせずに、エクスプローラーを用いて、指定のフォーマットで構成しないとUSBメモリ上の楽曲を読み取らないシステムもありますので、詳しくはお使いのカーナビゲーションシステムやカーオーディオシステムの取扱説明書をご確認いただくことをお勧めします。
USBメモリをカーオーディオシステムで使うことができると、パソコン上で自分でプレイリストを作ったり、お気に入りの曲をパソコンに取り込んでUSBメモリに転送させ、そのUSBメモリをカーオーディオシステムにセットするだけで車の中でお気に入りの楽曲を再生することができるのでとても便利です。
話はそれてしまいますが、カーオーディオシステムやカーナビゲーションシステムを選定する際には、USBメモリの楽曲再生に対応しているかどうかをチェックして選定するのも1つの選定ポイントにしてもいいかもしれませんね。

場面②ファイルの受け渡し

一番基本的なUSBメモリ使い方の1つではあるのですが、比較的大きいデーターなどを他人に渡す際に、インターネット越しに渡すのもありではありますが、直接会う機会があるのであれば、USBメモリを使ってファイルを直接渡すほうが手軽で確実です。
私自身は直接会う人に対してもインターネットのオンラインストレージ上でファイルのやり取りをする派だったのですが、以前、オンラインストレージサービスにファイルをアップロードして渡したつもりが、アップロード後に自動的にファイルを圧縮する機能が働いて、その際にファイルがうまく圧縮されず、壊れた状態で相手にわたってしまっていたことが多々ありました。またLTEでインターネット接続している人もおり、パケットの通信制限に到達してしまうとの指摘もあり、それ以来、自動で圧縮されたり、通信容量制限のかかる心配のないUSBメモリでのファイルのやり取りを行うことがメインになり、今ではほとんどはUSBメモリでやり取りを行っております。確実に見えますし、意外と便利であると改めて実感しています。

まとめ

今回はUSBメモリの使い方を見ていきました。パソコンを使う上で、せっかくUSBのポートがあるので、USBメモリを使うことでパソコンの作業もはかどったり、ファイルの管理も非常にしやすくなったりするメリットも多くありますので、ぜひUSBメモリを活用していただき、快適なパソコンライフを過ごす上でのお役に立てれば幸いです。

usb メモリ 使い方

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
黒澤 まち
疑問から納得へ
はじめまして、実際に使ってみたいけれど、初めてのものは不安や疑問がたくさんあると思います。 疑問をもったらもうスタート地点には立っています。 その疑問が少しでも納得になれるように、疑問解決に役に立つような情報をわかりやすくご紹介できるようがんばります! よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧