パール圧力鍋の使い方!使い方をマスターして時短料理をしよう!

この記事を執筆するにあたって

家電製品だけでなく、鍋などの器物も担当していました。

Written By IDE です

目次

圧力鍋は使い方は難しくないの?

圧力鍋蒸し11

圧力鍋と聞くと、今までに使ったことがない人は、事故が起こりやすいというイメージから恐怖を覚えるほどの存在に聞こえてきますが、はっきり言って

使い方を誤らなければ安全で便利で簡単な調理器具です。

ただ誤った使い方をしても安全装置は付いているのでよほどのことがない限り大丈夫です。

ただ、普通の鍋ではないので、使い方にもちゃんとした手順があります。

パール金属の圧力鍋と言うと、業界では結構有名なブランドになりますので、それだけ安全性もしっかりしています。

今回はパール金属の圧力鍋の使い方を1から10までこの記事を読んだら使えるように解説します。

パール圧力鍋の使い方を教えて!

圧力鍋蒸し02

使い方①蓋の閉め方

パール圧力鍋にしても他のメーカーにしても、圧力鍋は層が厚いので普通の鍋と比べるとかなり重量があります。

2キロぐらいであればまだ軽いほうですが、5キロとなるとずっしりと重さを感じてしまいます。

まずは、パール圧力鍋の使い方の基本の蓋の閉め方ですが、普通の鍋と同じように、ただ閉めるだけと思っていませんか?

実はパール圧力鍋の使い方も含み、全ての圧力鍋が ねじり 方式になっています。

蓋を閉める場合に、斜めから蓋をかぶせて、きちんと矢印またはマークどうしがあったことを確認します。

それから左に蓋ごと回します。

右に回すタイプはほぼないと思いますが、もし右閉めのタイプの時は右に回してください。

このときに、蓋の印どうしをきちんと合わせずに力で無理やり閉めた場合はどうなるかというと、2つの蓋の突起がかみ合ってないので、当然外れなくなります。

これを外そうとした場合は、諦めて鍋を廃棄する人もいるほど、かなりの力が必要になりますのでくれぐれも無理やり閉めないようにしてくださいね。

使い方②圧力の設定の使い方

圧力の設定という言葉は聞いたことがない人が多いと思います。

圧力鍋は圧力を自分で設定するのかと思いがちですが、そんなことはありません。

説明書またはレシピに書いてある、加圧時間の把握と水の量をきちんと入れるだけで十分です。

※レシピの加圧時間は、圧がかかり始めて弱火にしてからの時間です。

圧力の設定というのは加圧時間を間違えず、圧力鍋は水の水蒸気で圧をかけていくので、ちゃんと水を入れることだったんですね。

パール金属製の圧力鍋に関しては圧力目盛りが付いている物もあります。

その目盛りによって圧力を高く低く設定することが出来るようになっています。

そういった圧力鍋を使ったとして、いろいろな料理を作ってみましょう。

注意点を1つ言っておきますが、圧力鍋の具材と水を合わせた容積は全体の3/2ぐらいまでで収めるようにしてください。

パール金属圧力鍋の中にはちゃんとラインが引いてありますので安心して使えますね。

なぜかというと、沸騰をしたときに蒸気弁などを塞いでしまうと正常に圧力を抜く事が出来なくなるからです。

パール圧力鍋で時短料理をする際の使い方

料理①カレーの時短料理の際の使い方

イヤホン 目覚まし 時計

カレーを作るときは普通だったら材料を切ってから、厚底の鍋で炒めて水を入れて煮込みますよね。

しかしパール圧力鍋でカレーを作る場合は、材料を切って、圧力鍋で炒める事はしません。

  • 炒めずに水と一緒に圧力鍋に放り込みます。

  • このとき中の最大調理量のラインは超えないようにしてください。

  • それから過熱をしていくのですが、圧力の設定は高圧力の2にして、このときは強火でも全然構いません。

  • それから圧力調整目盛りは触らない事と、おもりの場合も一緒で、おもりには触らないようにしてください。

  • それから圧力鍋に圧力がかかり始めるとシューッといい始めます。

  • するとおもり式の場合はおもりが回り始めて、すごく忙しい感じで回り始めます。

  • それから圧力がかかった事がわかるように赤色のピンが上がり始めて圧力がかかったことがわかるようになります。

  • それからしばらくすると蒸気がおさまって圧力が完全にかかって赤いピンが完全に蓋を開けられない状態になります。

  • 蒸気がスイッチ部分の穴から出始めたら弱火に落とします(重要です)

※火力を落とさないと、中の具材が水分がなくなって水分が飛んでしまってとても食べられない食材になってしまいます。

  • そして圧力鍋の性能にもよりますが、5~20分で火を止めます。

※この時間の差は何かというと、圧力鍋を使わずに鍋を使った場合の煮込んだ時間になりますので、20分以上煮込むと中の具材は溶けてしまいます。

  • 火を止めてからしばらく放置して自然に冷やしていきます(15分から30分)

  • すると赤いピンが下がり始めるので、下がったところで、目盛りを蒸気排出口というところに合わせてから完全に蒸気を抜きます。

  • それから目盛りを取り外しに合わせてから蓋を外します。

※火を止めて、赤いピンが下がった段階で完全に蒸気が抜けているので安心して外してください。

※もし万が一蓋が外れない時はもう少し時間を置いてください。

  • あとはカレーのルーを入れて、再度蓋をせずに煮込みながら溶かしていってできあがりですね。

途中ドキドキする人がいたかもわかりませんが、パール金属の圧力鍋の使い方は簡単だったと思います。

※圧力鍋の蓋は圧力をかけるためだけに使いますので、作ってから再度温めるときは圧力鍋以外の蓋を使ってください。

パール圧力鍋の使い方の復習に肉じゃがを作ってみよう

肉じゃがも結構煮込むのに時間がかかりますよね。

それをパール金属圧力鍋で作ってみると、最初に水と調味料と具材を鍋に入れてから火にかけます。

  • 圧力メモリはジャガイモが入っているので、適度に崩れてもいい人は2でも構いませんし、崩れが気になる人は1でも構いません。

  • それから強火でぐぐっと圧をかけていくと、そのうちシューッといいながらピンが上がってきますね。

そしたら圧がかかったという事なので弱火にします。

  • 仮にこのときに無理してピンを押さえて開けようとしたらどうなるかというと、当然鍋の中は圧力がかかっていますので、一気に放出されて場合によっては蓋が飛んできてケガをします。

  • 待つこと1分~3分して火を止めて自然に冷却していきます。

  • 短すぎると思われる方は作ってみるとわかりますが、肉じゃがは結構、中の具材が柔らかくなるまで煮込む必要があるのですが、圧がかかるので短時間で柔らかくする事がパール圧力鍋の使い方では可能です。

  • ピンが完全に下がったのを確認してから目盛りを圧力抜きに合わせて、蓋を開けてから出来上がりですね。

パール圧力鍋での煮崩れしやすい料理の使い方

圧力鍋蒸し03

料理①魚料理の際の使い方と設定圧力

よく店にいくと缶詰めでサバやイワシなどが売ってありますが、圧力鍋を使うとあんな風に、柔らかくする事が可能です。

パール圧力鍋の使い方は、肉じゃがを作った時と同じ要領で大丈夫だと思います。

最初に具材と調味料を合わせて入れてしまいます。

それから目盛りを今回はあまり圧力をかけすぎると中身がなくなってしまうので、1に設定をして、加熱します。

それからまたピンが上がり始めたら圧がかかり始めた合図なので、弱火にします。

それから3分経過後に火を止めて、自然に冷却をします。

それからピンが下がるのを待ってつまみを圧力排出口に合わせます。

この時点でシューッと蒸気が出ることはピンが下がっている場合であればありませんので安心してください。

あとは蓋をあけて完了です。

※もしこの時点で、まだ予想と反して煮込みが足りないと思ったときは、鍋として蓋をせずに使って煮込んでもいいと思います。

パール圧力鍋で火の通りにくい料理の使い方

ティファール圧力なべ画像02

料理①肉の塊などの料理の際の使い方と設定圧力

よく家庭で作られる料理の中に豚の角煮という料理がありますが、ほとんどの家庭では圧力鍋で作っていると思います。

この豚の角煮は鍋で作るとものすごく時間がかかってしまって1日がかかりになることも珍しくありません。

しかしパール圧力鍋の使い方によっては簡単に短時間で作ることが可能です。

今までの手順通りに、まずは鍋に具材と調味料を入れて蓋をします。

それから目盛りを2に合わせて強火にして圧力がかかり始めたら弱火にします。

豚の角煮をホロホロになるぐらいするには10分間くらい圧力をかけてから火を止めます。

ピンが下がってきて完全に圧力が抜けてしまったら、目盛りを圧力排出口にあわせて圧力を完全に抜いてしまいます。

たった10分で1日がかりで作る料理がおいしく出来てしまいました。

鍋で煮ていると時間がかかって仕方がありませんよね。

同じ要領で豚以外の大きな塊肉も調理が可能で、牛のモモ肉などもこの鍋で煮込むと、時間短縮できて便利ですよ。

まとめ

パール金属の圧力鍋の使い方は手順を知ると簡単だと思います。

圧力鍋の全てがそうですが、蒸気が出ているときや、おもりが激しく回っているときは触らないようにしてください。

もし触ってしまうと、蒸気をバランスよく抜いているのにバランスを崩してしまって大きな音がします。

音がするだけであとは何もないですが、事故につながる原因の1つの、無理やりピンを押し下げて蓋を開けるという行為はしないようにしてください。

意外と事故が多いように思われがちですが、全然大丈夫です。

興味を持たれた方はパール金属ホームページを添付しておきますので是非ご覧になってみてください。

パール金属株式会社

使い慣れると手放せなくなるくらい便利な鍋に変化しますので、勇気をもってご使用をお勧めします。

時間がかからないということは電気代やガス代の節約にもつながってきますので、是非圧力鍋の使い方をもっと勉強して楽に楽しくおいしく料理をしましょう!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
IDE です
もともと店舗で家電の販売を行っていました。
家電に関してお客様から聞かれることは多々あります。こちらが準備していない質問もあります。 その際調べて自分の知識として蓄えられるようになりました。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧