洗濯機の各メーカーの特徴とおすすめポイントを徹底解説!おすすめのメーカーはどれ?

目次

おすすめの洗濯機メーカーを紹介します

洗濯機を購入する時、たくさんのメーカーの商品から最適なものを選ぶのはなかなかたいへんですよね。メーカーや商品ごとにすごそうな機能がいろいろ紹介されていますが、内容も違いもいまひとつわかりづらくて、洗濯機自体だけでなくメーカーを選ぶのにも困ってしまうことがあるでしょう。

ここでは各メーカーごとにドラム式・縦型それぞれについて2018年おすすめの洗濯機を紹介するとともに、それぞれのメーカーの洗濯機に搭載された機能についてお伝えしていきます。

おすすめの洗濯機メーカー パナソニック

パナソニック

ドラム式の洗濯機では他の追随を許さないとも言われるほど定評のあるメーカーですよね。「泡洗浄」に代表される洗浄力の高さから使いやすい機能まで、高いレベルでバランスがとれていておすすめといえるでしょう。また「Cuble(キューブル)」というドラム式と縦型の中間ともいえるモデルもあり、高い洗浄力とデザイン性を兼ね備えていることから若い世代にも人気があるようです。

パナソニックドラム式「NA-VX9800L-N」

泡洗浄

洗剤は液体の状態よりも、泡の状態の方が汚れ落ちの効果が高くなります。洗剤を素早く泡立て、水の力で衣類全体に浸透させることで泡洗浄の効果をさらに高めているのです。

温水洗浄

温水を使えば洗浄力は上がりますが、その温水洗浄にもさまざまなコースがあります。

  • 60℃除菌コース
  • 40℃お任せコース
  • 40℃つけおきコース
  • 40℃ニオイすっきりコース
  • 30℃オシャレ着コース

温水洗浄は効果が高いぶん電気代や洗濯時間もかかるので、そのあたりもムダにしたくありませんよね。用途に応じて使い分ければ少ないコストで効果的に洗浄することができるでしょう。

ヒートポンプ乾燥

少ない電気でコンプレッサーを動かして、空気中の熱を集めることで乾燥します。電気を効率よく使うことができますよね。

液体洗剤・柔軟剤の自動投入

タンクに液体洗剤や柔軟剤を入れておくことで、洗濯のたびに自動で適量の洗剤や柔軟剤を投入してくれます。洗剤ではなく柔軟剤も自動投入してくれるというのは便利ですよね。

洗濯漕自動洗浄

すすぎの時に洗濯漕の裏側の汚れを自動洗浄してくれる機能が搭載されています。

パナソニック 縦型「NA-FA120V1-S」

泡洗浄

パナソニック最大の特徴でもある泡洗浄は縦型でも健在です。泡の力でパワフルな洗浄力を発揮してくれるでしょう。

温水洗浄

本体内部に温水専用のヒーターを搭載しており、水温を約40℃まで温めることで洗剤の酵素が活性化して洗浄力を高めます。また水温が上がることで衣類の皮脂を溶かし、黄ばみ汚れを落とす効果もあります。

多彩なコース設定

洗い物に合わせて多彩なコースを設定できるのが特徴です。

  • パワフル滝洗いコース
  • おうちクリーニングコース
  • 毛布コース
  • フレグランスコース
  • スピードコース

普段洗いにピッタリな「パワフル滝洗いコース」や、毛布や掛布団を洗える「毛布コース」、柔軟剤や香りを洗濯物にたっぷりと浸透させる「フレグランスコース」などバリエーション豊かですよね。

洗濯漕自動洗浄

すすぎの時に洗濯漕の裏側の汚れを自動洗浄してくれる機能は、縦型にももちろん搭載されています。

おすすめの洗濯機メーカー 日立

日立

大流量のシャワーで高濃度洗剤液を衣類にたっぷりと浸透させ、頑固な汚れをすっきり洗浄する「ナイアガラ洗浄」が有名な日立の洗濯機。またドラム式では直径の大きい「ビッグドラム」で12.0kgの大容量を実現しています。洗濯物が多く、まとめ洗いが必要な方にはピッタリのメーカーではないでしょうか。

日立ドラム式「ビッグドラム BD-NX120BL N」

ナイアガラ洗浄

水をたくさん衣類にかけながら洗浄することで洗剤を効果的に浸透させ、落ちにくい頑固な汚れをきれいに洗い落とすのが「ナイアガラ洗浄」です。水はポンプで循環させているため、大量の水を使っているというわけではありません。ドラム式特有の「生地がゴワゴワする」といったこともナイアガラ洗浄ではほとんど起こらないのです。また温水を使うことでナイアガラ洗浄はさらに効果を高めることができ、30分と90分の2種類のコースを設定することができます。

ビッグドラム

ドラム式で12.0kgの大容量を実現させているのが「ビッグドラム」。一度にまとめて洗うことで、選択の手間を減らすことができますよね。また厚手の毛布も一度の2枚、洗うことができます。

ヒートリサイクル乾燥

日立の乾燥機能はパナソニックのヒートポンプとは違って電気をそのまま熱に変える「ヒーター乾燥」に分類されます。しかし洗濯機の運転によって生じた熱を乾燥に利用することで、ヒートポンプ式に劣らないほどの省エネ性能を実現しているのです。

風アイロンとスチームアイロン

衣類の乾燥中は強い風で衣類を広げながら乾燥するため、衣類のシワを少なくする「風アイロン」機能が搭載されています。
また乾燥した衣類を入れることで、ちょっとしたアイロンがわりに使える「スチームアイロン機能」もあります。忙しいときには重宝しますよね。

洗濯漕自動洗浄

すすぎ時に洗濯漕の裏側を洗浄してくれる「洗濯漕自動洗浄」も搭載されています。

日立縦型「ビートウォッシュ BW-V100C-N」

ナイアガラビート洗浄

水をたっぷりとかけて効果的に洗う「ナイアガラ洗浄」に、押し洗い・たたき洗い・もみ洗いなどを行う回転羽根「ビートウィングX」をドッキングさせた「ナイアガラビート洗浄」機能を搭載し、さらに高い洗浄力を実現しています。さらに「つけおきナイアガラビート洗浄」では360分と120分の2つのコースでしつこい黄ばみ汚れを除去。すすぎも循環するたっぷりの水で衣類の奥に潜んだ洗剤まで徹底的にすすぐ「ナイアガラすすぎ」を搭載しています。

洗濯漕自動洗浄

すすぎ時に洗濯漕の裏側を戦場してくれる「洗濯漕自動洗浄」機能は、縦型にももちろん搭載されています。

おすすめの洗濯機メーカー 東芝

東芝

力強いパワフルなモーターで洗剤をしっかりと衣類に浸透させ、回転の力で強力に汚れを落とす「ザブーン洗浄」が東芝の洗濯機の最大の特徴です。ザブーン洗浄は強力なだけでなく静かであるという利点もあり、周囲の音が気になるアパートやマンションに住んでいる方におすすめといえるでしょう。

東芝ドラム式「ZABOON TW-117X6R T」

ウルトラファインバブル洗浄

極細な泡を発生させ、洗剤の成分を吸着しながら衣類の奥まで入り込んで洗浄力を高める、東芝の新洗浄方式を採用しています。発生した泡は破裂による衝撃で汚れを浮かせるという作用もあり、また泡はシャワーとなって洗濯漕内部を循環するため、まとめ洗いでもムラなく洗浄することができます。

温水洗浄

パナソニックや日立同様、東芝の洗濯機も温水コースを搭載しています。「つけおきコース」や「とっても柔らかコース」など、目的に応じて多彩な洗い方を選ぶことができます。

大容量ふんわリッチ乾燥

東芝の乾燥はパナソニックと同じ「ヒートポンプ乾燥」で、乾燥容量は業界最大の7kg。また日立の風アイロンのような、シワを軽減させる「ふんわリッチ乾燥機能」を搭載しています。また乾燥ダクトを自動でお手入れしてくるので、乾きが悪いということもあまりありません。

低振動・低騒音

東芝最大の特徴ともいえるのが「静か」であるということ。アクティブS-DDモーターという静かなモーターと高減衰ゴムによる振動吸収クッションによって、アパートやマンションなどデリケートな場所でも安心です。

洗濯漕自動洗浄

すすぎの時に洗濯漕の裏側の汚れを自動洗浄してくれる機能は、東芝の洗濯機にも搭載されています。

東芝縦型「ZABOON AW-12XD7-T」

ウルトラファインバブル洗浄

東芝の洗濯機の特徴である「ウルトラファインバブル洗浄」は縦型洗濯機にももちろん搭載されています。

おしゃれ着トレー

洗濯機の底に「おしゃれ着トレー」を載せて洗うことで、強い水流で洗っても衣類の痛みや型崩れを防ぐことができます。お気に入りの服も安心して洗うことができますよね。

低振動・低騒音

縦型ももちろん、静かで低振動な洗濯が可能です。夜間や早朝でも周囲に気を使わず安心して洗濯をすることができるでしょう。

洗濯漕自動洗浄

洗濯漕の自動洗浄機能は「自動お掃除モードとして東芝の洗濯機にも搭載されています。

おすすめの洗濯機メーカー シャープ

シャープ

4種類のセンサーや「プラズマクラスター」、「時短モード」など電機メーカーならではの機能が多く搭載されているのがシャープの洗濯機の特徴といえるでしょう。ドラム式の大容量洗濯乾燥機から、一人暮らしにピッタリなスリムでリーズナブルな機種まで幅広くそろえているのもシャープというメーカーの特徴です。

シャープドラム式「ES-S7C-WL」

ドラム式なのにコンパクト

機能が充実しているぶん、縦型よりも大きくかさばってしまいがちなドラム式洗濯機ですが、シャープのドラム式は縦型式とほぼ同じくらいのスペースに設置することができるほどスリムな大きさとなっています。マンションなどでもスッキリ置くことができるでしょう。

4種類のセンサー

「温度」「水位」「重量」「振動」の4つのセンサーが搭載されています。

  • 温度センサー:乾燥時間の調整や、フィルターの目詰まりを検知
  • 水位センサー:脱水や乾燥の時間を調整
  • 重量センサー:衣類の量を検知し、洗い時間や水の量などを調整
  • 振動センサー:脱水時の振動から、衣類のかたよりを検知

4つのセンサーによって洗いの状態を検知し、洗い方を調整することで省エネや節水に貢献してくれるのです。

プラズマクラスター

洗濯が終了するとプラズマクラスターイオンというものを洗濯漕内に放出します。これによってドラム内部のカビ菌などの繁殖を防ぐことが可能。また水で洗えない衣類や靴、ぬいぐるみなどもプラズマクラスターイオンで消臭することができます。

シャープ縦型「ES-GA5B-W」

高濃度洗浄

少ない水量から洗いはじめ、濃い洗浄液を衣類にしみこませる「高濃度洗浄」で、衣類にしみこんだ黄ばみなどの頑固な汚れもきれいに分解することができます。

時短コース

他のメーカーの洗濯機における「スピードコース」に相当するもので、標準よりも4~5分ほど早く仕上げることが可能です。

シワ抑えコース

衣類がからんでしまうのを防ぐために優しく洗って脱水することで、シワを少なくすることができ、アイロンがけの手間を省くことができます。

ほぐし運転

脱水した後に洗濯機のパルセーターをゆっくり動かすことにより、からんでしまっている洗濯物をほぐし、取り出しやすくするという機能です。地味に見えますが、洗濯物を取り出すときにこの機能は嬉しいですよね。

おすすめの洗濯機メーカー ハイアール

ハイアール

小型の洗濯機をメインに展開しているハイアール。かなりリーズナブルであり、一人暮らし用の小型洗濯機を購入しようと思っている方にとってはおすすめといえるでしょう。リーズナブルな商品を多く輩出しているメーカーではありますが、機能は他のメーカーと比べても劣っているということはまったくありません。

ハイアール縦型「Haier JW-C45A-K」

スパイラルパルセーター

「スパイラルパルセーター」というパルセーターがらせん状に水流を作り出し、洗濯物を傷めることなく強力な洗浄効果をもたらしてくれます。また洗濯漕はステンレス製となっており、カビ菌の繁殖を防ぐ構造となっています。

しわケア

脱水モードを「しわケア」にすることで、しわになりやすい衣類にしわがつきにくくなります。また「風乾燥」を選ぶと脱水時に洗濯漕が高速回転し、空気の力で衣類の水分を飛ばして脱水にかかる時間を短縮することも可能です。

お急ぎコース

10分という超短時間で洗濯できる「お急ぎコース」を搭載。汚れが少ない時は、小容量だからこそ実現可能なスピーディ洗いで洗濯の時間を短縮してしまいましょう。

予約タイマー

洗濯が終了する時刻を2~24時間後に設定して自動で洗濯を始めてくれる「予約タイマー」もあります。忙しい人にはありがたい機能ですよね。

おすすめの洗濯機メーカー AQUA

AQUA

ドラム式としては珍しく乾燥機能を搭載せず、そのぶんリーズナブルな値段を実現させたのがAQUAの洗濯機。もちろん洗浄効果や機能は充実しており、手軽に選ぶことができるのが魅力です。

AQUAドラム式「AQW-FV800E-W」

温水洗浄

3つのコースの温水洗浄を搭載しています。

  • 40℃洗浄コース
  • 40℃つけおきコース
  • 60℃除菌コース

冷たい水ではなかなかきれいに洗い落とせない頑固な皮脂汚れなども、温水洗浄できれいに洗い流すことができます。

泥んこ予洗いコース

泥汚れには「泥んこ予洗いコース」が便利です。泥まみれになって帰ってくる子どもの衣類も、自動的に予洗いしてくれるので安心ですよね。

静音性が高い

DDモーターを装備しているためとても静かであり、夜中や早朝の洗濯も気になりません。また使用する水の量も控えめで、節水性能もすぐれています。

AQUA縦型「AQW-GS70F-W」

3Dスパイラル水流

衣類をまんべんなく洗う縦水流、もみ洗いに効果が高い横水流で洗浄効果を高める「3Dスパイラル水流」を採用しています。抗菌加工された「トールウィングパルセーター」で泥や皮脂による汚れを根こそぎ落とし、凹凸を少なくした「スクラブドラム」を採用することで衣類を傷めることなく、優しくもみ洗いすることができます。

やさしくコース

さらに痛みやすい衣類やおしゃれ着には「やさしくコース」で洗うといいでしょう。布がらみを抑えてさらにやさしく洗ってくれます。

ガラストップ

この洗濯機のフタは強化ガラスになっており、外から中の様子をのぞくこともできます。洗濯・脱水がどこまで進んでいるか、中の衣類がからまったりしていないかなどを確認することができますよね。

まとめ

さて、各メーカーのおすすめ洗濯機についてお伝えしてきました。

  • トータルバランスで選ぶのであれば「パナソニック」
  • 機能の豊富さで選ぶのであれば「日立」
  • たくさんの量を洗うのであれば「東芝」
  • 電機メーカーならではの機能がたくさん搭載された「シャープ」
  • 一人暮らしの方やリーズナブルな洗濯機を求める方は「ハイアール」「AQUA」

大雑把にいえば、このような特色があるといえるでしょう。ここでは代表的な商品をあげましたが、必要な容量や置ける場所などを考慮しながら、自分に合った洗濯機を選んでみてくださいね。

Ad sumaho sabusuku

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 5bee9065 e2c3 445d be72 4492401c6b94
Written By
猫俣 ミクスレート
見ていただける方のニーズにこたえられるよう、魅力的な情報をお伝えしていきます。
猫俣ミクスレートです。2018年9月より参加させていただいております。見ていただける方の「こんな情報を知りたい」「どの商品を購入しようか迷っている」といったニーズにおこたえしたいです。愛猫「ショートケーキ2号」とともに頑張ります♪

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧