洗濯機の処分方法を教えて!安く処分するには??

目次

洗濯機の処分方法について解説します

洗濯機が壊れてしまった場合や新しい製品に買い換えを検討した場合に洗濯機の処分の正しい方法をご存じでしょうか。
洗濯機を処分する際には洗濯機は家電リサイクル法に該当している製品ですので、大型ごみで捨てる事は出来ません。
この様な大型ごみとして処分出来ない製品を処分する場合、思いの他処分に手間がかかってしまうものです。
この記事では洗濯機の処分方法はどの様な方法があるのかを解説致します。
また、洗濯機の処分にかかる費用や洗濯機を安く処分する方法を解説すると共に、洗濯機の処分する時の注意点等も解説致します。
洗濯機を処分する際に何か迷った時や困った事があれば、是非参考にして頂きます様お願い致します。

洗濯機の処分方法を教えて!

処分方法①市区町村へ回収依頼

洗濯機の処分方法として市区町村に回収して貰う方法があります。
洗濯機の販売店から家電リサイクル券が発行されますので、家電リサイクル券に基づいて市区町村に引き取りを依頼します。
その際に洗濯機の配送料金等は業者に依頼する場合は実費負担になってしまします。
配送料金に関してはその業者が定める裁量によって決められる為、配送を依頼する業者へ一度問い合わせる事が確実な情報を知る事が出来ますが、下記でも料金の目安をご紹介致しますので、是非参考にして頂きます様お願い致します。

処分方法②回収業者へ依頼する

洗濯機の処分の方法として専門の回収業者へ依頼する方法があります。
家電リサイクル法について情報を取得して手順にしたがって処分するには煩わしさを感じる方や、仕事や日々の生活が忙しくて洗濯機の処分をしている時間が取れない方も沢山おられます。
その様な方にとても有効な方法として専門の回収業者に依頼する方法があります。
専門の業者であれば、電話やネット等で気軽に回収の依頼をする事が出来ますのでとても便利です。
回収料金に関しましては専門の回収業者の裁量によって決められる為、一度問い合わせ頂く事で正確な情報を知る事が出来ますが、下記でも料金の目安をご紹介致しますので、是非参考にして頂きます様お願い致します。

参考元:経済産業省

洗濯機の処分にかかる平均費用

平均費用①量販店や回収業者に依頼する場合

洗濯機の処分にかかる費用は量販店や回収業者に依頼すると約5000円前後といわれています。
内訳はリサイクル料金が2300円程度。
運搬料金に2000円から3000円程度かかります。
料金の詳細は量販店や回収業者の裁量によってかなり変わってきますので、あくまでも目安としてお考え頂きます様お願い致します。

平均費用②リサイクルショップやネットで売る場合

洗濯機の処分にかかる費用はリサイクルショップやネットで売る場合では料金がかからない場合が多いです。
ネットで売る場合では配送料を自分で負担すれば料金がかかりますが、着払いにすれば料金がかかりません。
またリサイクルショップに持ち込む場合でも引き取りをリサイクルショップが負担してくれる場合が非常に多いです。
もし配送料金がかかったとしても、売り上げ金から相殺出来る事が多く、プラスになる場合がとても多いので、洗濯機の処分に費用をかけたくない場合は是非活用してください。

洗濯 機 処分

洗濯機の処分を安くすませたい!

安くすませる方法①買取りサービスの利用

洗濯機の処分を安くすませる方法として買い取りサービスを利用する方法があります。
新しい製品はもちろん、古い製品でも思いの他高値で買い取って貰える事が珍しくありません。
古い製品でも洗濯機の様な精密な部品が多数使われている製品ですと、型の古い製品であればメーカーに修理、交換用の部品が残っていない事が珍しくありません。
その様な場合に古い洗濯機がジャンク品としての需要が非常に高く、高値でも欲しいと言う方が案外おられます。
お近くのリサイクルショップに持ち込む方法もあれば、最近ではフリマサイト等ネットでも中古の製品を売れる場所が多数存在する為、是非ご利用頂きます様お願い致します。

安くすませる方法②譲渡する

洗濯機の処分を安くすませる方法として洗濯機を譲渡する方法があります。
洗濯機は処分するにもお金がかかりますし、リサイクルショップやネットに売りに出しても中々買い手がつかない事もあります。
その様な時間が取れない方は洗濯機を知り合いの方に譲渡しましょう。
知り合いの方で洗濯機を欲しがっている方がいれば処分にかかるお金もかからずにお付き合いも生まれて一石二鳥です。
また、知り合いの方に洗濯機を欲しがっている方がいない場合はネットで洗濯機を欲しがっている方を募集する方法もあります。
最近ではその様な呼びかけが出来るサイト等もあり、捨ててしまう事を考えると誰かに使って貰う事を考える事もよいでしょう。

洗濯機を処分する際の注意点

注意点①不法投棄

洗濯機を処分する際の注意点として不法投棄にならない様注意しましょう。
洗濯機の処分は家電リサイクル法の対象品ですので、大型ごみの様に無料で処分するわけにはいきません。
例え悪気が無くて勘違いで大型ごみに捨ててしまったとしても、どんなに悪気が無くても知らなかったでは済まされないのです。
洗濯機を処分する際は、販売店から発行されたリサイクル券に基づいて市区町村に処分を依頼する、専門の修理業者に依頼して処分して貰いましょう。
また、お金をかけたくない場合は売りに出す、譲渡する等の処置を行いましょう。

注意点②違法業者に注意する

洗濯機の処分をする際に気をつけなくてはいけないのが違法業者であるかどうか注意しなくてはなりません。
無料で回収しますという業者の中には許可を得ず違法に回収業務を行っている者も中にはいます。
その様な中で違法な業者の中には無料で洗濯機を回収して部品を分解、回収して違法に海外へ販売したり、販売出来ない部品は山に不法に投棄される等の行為が行われる事があります。
また、無料といっておきながら後から高額な金額を請求される場合もあります。
もちろん全ての無料回収を行っている業者が違法業者であるとは限りません。
きちんと許可を取って健全に業務を行っている業者の方にしてみれば非常に迷惑な話です。
洗濯機を処分する時には有料、無料問わずその業者がきちんと許可を取って健全に回収をされている方か、無許可で違法に回収を
されているのかを見極めなくては行けません。

参考元:経済産業省

まとめ

最後に洗濯機の処分について記事を執筆させて頂き、洗濯機の処分の方法について改めて考えさせて頂きました。
家電リサイクル法に何故洗濯機が定められているかの重要性や、家電リサイクル法から得られる地球環境の貢献度を考えると、洗濯機の処分について皆さんにも費用をかけずに資源を有効活用出来る知識が広まる事は現世代だけではなく、来世代の子供や未来の為にも非常に重要な役割を果たします。
限りある資源を無駄にせず、しかも費用をかけるどころかそれを逆手に取って利益を上げるという発想は、実生活だけではなくビジネスチャンスにも大きく繋げる事が出来るとても有効な手段です。
この様な素晴らしいアイディアや便利な生活を送る為にもこの記事の内容が少しでもヒントに繋がる様活用して頂ければと思います。
是非よろしくお願い致します。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧