洗濯機の排水口が臭う!原因と対処法を教えて!

目次

洗濯機の排水口の匂いについて解説します

洗濯機の排水口から、嫌な臭いが上がって来る事でお困りの方はとても多いでしょう。また、脱衣所などの洗濯機を置いているスペースから何か臭いがするけど原因が分からない場合は、洗濯機の排水口が原因かもしれません。
そこで、今回は洗濯機の排水口が臭う原因や排水口のお掃除方法をご紹介いたしますのでぜひご参考にされてください。

洗濯機の排水口が匂う原因

臭い

では、洗濯機の排水口が臭う原因を見ていきましょう。

原因①掃除が行われていない

まず、一番多いのは洗濯機の排水口が掃除されていない事です。それに、洗濯機の排水口は掃除などしなくても良いと考えている方も多いので、掃除が行われていないだけで、臭う原因になるの?と思われがちです。
しかし、洗濯機の排水口には洗濯時に出た様々な汚れが流れこむ場所です。そのまま放置しておくと汚れがヘドロ化してしまい排水口を覆う事で、排水口の詰まりの原因となり最悪水漏れをしてしまいます。
ですので、排水口の定期的なお掃除は臭いの他にも詰まりや水漏れを起こさないためにとても重要となってきます。

原因②トラップに水が溜まっていない

洗濯機の排水口には、トラップというものが存在し、そこには普通水が張っている状態です。その水が張っているのは、排水口内の臭いを上に上がってこらせない為です。
しかし、賃貸などに多いのですが、長期間誰も住んでいない状態が続くとトラップ内の水が乾いてしまい、臭いを発生させてしまいます。
また、トラップが壊れてしまっていたり、掃除の際にトラップを閉め忘れてしまう場合も臭いが上がって来る原因となってしまいます。

洗濯機の排水口が匂う場合の対処法

ドライヤー 掃除 大掃除 水回り トイレ 風呂 洗面台 ハウスキーパー

それでは、洗濯機の排水口が臭う場合の対処法を見ていきます。手順通りに、行い排水口の臭いを取り除いていきましょう。

対処法①重曹とクエン酸を使って掃除をする

洗濯機の排水口の掃除なんて、自身で行えるの、と考える方も多いと思いますが、排水口の掃除は1時間程で簡単にできてしまいます。
また、重曹とクエン酸が汚れを落としてくれるので自身で磨いたりと面倒な事は一切ありません。
重曹とクエン酸には、防カビ消臭効果もありますので排水口を常に清潔に保ってくれます。
では、重曹とクエン酸を使用した掃除方法を見ていきましょう。

下準備

洗濯機のコンセントを抜きましょう。コンセントを付けたまま作業するのはとても危険です。コンセントは、電流が走っています。洗濯機は、水を使用する物なので最悪水を伝って感電してしまう可能性もあります。
必ずコンセントを抜いて作業を行いましょう。

水道の蛇口を閉めておきましょう。排水口は洗濯機の下にあり、洗濯機を動かして作業をします。その際に、水道の蛇口から給水ホースが外れてしまい水が溢れ出してしまう可能性があります。水道の蛇口は、しっかり閉めておきましょう。

洗濯機を移動させる場合は、必ず2人以上で作業を行いましょう。洗濯機を倒して故障させてしまったり、怪我の原因となってしまいます。必ず、家族などに手伝ってもらい動かしてください。

準備品

  • 粉末タイプの重曹
  • クエン酸、無ければお酢で代用できます
  • ぬるま湯

作業手順

  1. 排水口の周りのフタや筒状のトラップなどの付属部分を、外していきましょう。
  2. 排水口に重曹を1カップ振り入れていきましょう。
  3. 重曹の上に、ぬるま湯1カップとクエン酸を小さじ2杯ほどを混ぜた物を入れていきます。お酢の場合は、2/1カップとぬるま湯1カップを入れます。
  4. 泡が出てきたら、10〜30分ほど放置していきましょう。
  5. 放置時間がきたら、水で洗い流していきます。排水トラップに水を適量入れ、臭いを防止し、フタをすると作業完了です。最後に、フタのロックを忘れずに閉めましょう。

おすすめの同時作業〜

ここで、排水口の掃除の放置時間をつかって同時に排水ホースを洗浄する仕方をご紹介いたします。排水口を掃除するのであれば、せっかくなので是非排水ホースも同時に綺麗にしましょう。

掃除方法

  1. 排水ホースが入るくらいのタライなどに、お湯を入れ重曹を適量いれ混ぜます。タライがなければ浴槽などが良いでしょう。
  2. そこに、排水ホースを付けて時間を1時間ほど置きます。
  3. 要らない歯ブラシなどで汚れを掻き出し、流水で綺麗に洗い流したら作業終了です。

排水口と排水ホースは、直接繋がる部分ですのでほぼ同じくらい汚れがあるでしょう。排水ホースの汚れもしっかりと落としていきましょう。

作業の際の注意点

洗濯機の排水口の掃除は、簡単にできますが何が起きても自己責任で行なっていきましょう。無理に排水ホースを抜いて破損させたり、洗濯機が動かなくならないように、丁寧にかつ慎重に作業を行なってください。
また、お掃除を行なっても中々臭いが取れない、場合は専門の業者への依頼をおすすめします。素人が立ち位置できない所もあるので、自己判断で色々としてしまい、結果壊してしまわないように、無理だと感じたら速やかに業者へ依頼しましょう。

対処法②トラップに水を注ぐ

次に、トラップに水が溜まっていないのが原因で臭いが上がってきてしまっている場合です。
まず、トラップを確認し水が張っていないのなら、水道水をコップなどに入れ静かに注いでいきましょう。

排水トラップ

また、乾燥機能が備わっているドラム式洗濯機などは、乾燥機能を使用する事でトラップの水が乾いてしまう場合もあります。
洗濯機によっては、乾燥機能を使用した後トラップへ水を注ぐよう促している機種もあるので一度、自身の洗濯機の説明書を読んでみましょう。
トラップが、破損している場合はトラップを変えなければ臭いが上がってきてしまい、最悪水漏れなどの原因ともなってしまいます。トラップが壊れてしまっている場合や、トラップに中々水が溜まってくれなければ業者を呼び一度見てもらうと良いでしょう。

洗濯機の排水口の匂いを放っておくとどうなるの?

では、洗濯機の排水口の臭いをそのまま放って置いてしまうと、どのような影響がでるのでしょうか。たかが、臭いだと思われる方もいらっしゃいますが、臭いの他にも影響が出てしまっています。

①洗濯物が臭くなる

まずは、排水口と直接繋がっている洗濯機に影響が出ます。洗濯機は排水ホースを繋いで排水口と繋がっていまので、当然排水ホースを辿って洗濯槽の中へ臭いが侵入してきてしまいます。
そのまま、放置してしまうと洗濯物に臭いが移ってしまいます。最近、洗濯物を乾かしたら臭うなと感じている方は、実は洗濯機の排水口が原因である場合があります。

②洗濯槽のカビの原因となる

洗濯機の排水口の掃除を怠ると最終的にはカビの住処となりカビは大増殖します。そのカビは、洗濯ホースに侵食していき洗濯槽へと移動し洗濯機自体をカビで侵食し始めます。
洗濯機が一度カビで侵食されてしまうと、全て綺麗にしてしまうことは困難です。最悪の場合は買い換えなどになってしまうので、無駄なお金を使う事になってしまいます。
お掃除を怠る事で何十万と損をしてしまわないためにも、洗濯機の排水口のお掃除はとても大事です。

洗濯機の排水口の掃除頻度は?

洗濯機の排水口のお掃除の頻度は、月に1回が理想的です。月に1度じゃ汚れなんてそう貯まらないのでは、と思いますが目に見えない汚れは1ヶ月でも蓄積されます。
その目に見えない汚れは雑菌である事が多く、その雑菌を餌にカビが増殖していってしまいます。
なので、排水口の掃除はこまめに行なっていく必要があり、月に1度はお掃除をしていく事を心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。排水口は、とても汚れが溜まりやすくそれが原因で臭いの元となっている事が分かりました。排水口は、できるだけこまめにお掃除を行なっていきましょう。
また、お掃除をしても匂いがとれない場合は排水口にトラブルが起きている場合がありますので、業者などに依頼しトラブルを解決していく事をおすすめします。
排水口の臭いを消して快適な生活を送っていいましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧