目次

靴を洗濯機で洗う方法について解説します

靴は、手洗いを行なっている方が多いのではないでしょうか。靴は、特徴的な形をしているのでブラシを使用しても洗いにくく先端の部分は、汚れが取れているのか不安になりますよね。
しかし、洗濯機で靴が洗えるとなるとどうでしょう。洗濯機は、様々な形の衣類に対応しているので特徴的な形のある靴でも隅々まで洗剤を行き渡らせてくれ綺麗にしてくれることでしょう。
また、家で手軽に靴の洗濯ができたらとても楽で定期的に大切なお靴をメンテナンスする事ができます。
そこで、今回はそんな洗濯機での靴の洗い方をご紹介いたします。ぜひ、ご参考にされてください。

靴を洗濯機で洗う方法を教えて!

 洗濯機 靴  スニーカー

では早速、洗濯機で靴を洗う方法をご紹介いたします。

靴を洗濯機で洗う前のポイント

靴を洗濯機で洗う前に、下準備を行いましょう。

下準備

まず、靴に靴紐や中敷が付いている場合は靴紐と中敷を取ります。靴紐が付いていると中まで充分に洗えない場合があります。また、洗濯機を使用する際に洗濯機の中で絡まりを起こし、洗濯機が壊れてしまう場合も考えられますので必ず靴紐はとっておきましょう。

また、靴に泥汚れなどが酷い場合は下洗いをしておきましょう。

①まず、靴が浸かるほどのバケツやタライを用意してぬるま湯を注ぎます。その後、ぬるま湯の中に重曹を適量入れていきましょう。

②靴紐と中敷を取り除いた靴を、重曹水に漬け込んでいきます。靴全体に水が含まれたら、ブラシに多少の洗剤を付け優しく擦っていきましょう。

③汚れが取れたら、そのまま1時間ほど付け置きしておきましょう。すると、洗濯機で洗った際に汚れがとても落ちやすくなります。

下準備は、汚れが酷くない場合も行うことをおすすめいたします。靴には、泥や小石などが挟まっている場合が多いです。その、小石などが洗濯機の内部に入り込みトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
小石の付きやすい、靴裏などだけでもブラシで磨き取り除いておきましょう。

靴を洗濯機で洗う手順

①予備洗いを終えた靴を、靴紐と中敷が取り除かれているのを確認して洗濯ネットに入れます。洗濯ネットに予備がある方は、靴紐と中敷も洗濯ネットに入れましょう。靴と一緒に入れても問題はありません。
また、靴はまとめて4〜5足洗うことが可能ですので、分けて洗濯する必要はありません。

②次に、洗濯機を通常洗いコースで回していきましょう。洗剤は、こな洗剤よりも液体洗剤の方が洗剤の残りカスが出ないのでおすすめです。量は、普通の洗濯よりも若干大目に入れると効果的です。
ここで、漂白剤を入れたが良いのではと考える方もおられると思いますが、漂白剤はスニーカーのゴム部分を傷める可能性がありますので、衣類用洗剤などを使用して下さい。

③洗濯機での洗いが終了したら、次は干していきます。靴は、直射日光の下に置いておくとみるみる乾いてくれますが、靴が縮んでしまったり傷みの原因となってしまいます。
部活などの、スポーツ靴なら買い替えの回転が早いので良いでしょうが、おしゃれ靴などは直射日光を避け、風通しの良い日向に干す事をおすすめいたします。
また、干す場合は靴用のハンガーを使用する事をおすすめいたします。

靴を洗った後、何も入っていない洗濯機を一度自動コースなどで洗う事をおすすめします。靴を洗った後は、砂や汚れが洗濯槽に残っている場合がありますので一度、自動コースなどですすぐ事をおすすめいたします。

早く乾かしたい場合

早く乾かしたい場合は、乾燥機を使用するのが一番です。自宅の洗濯機に乾燥機能が付いていたら乾燥機能を使用し、付いて居ない場合はお風呂の乾燥機能や、コインランドリーの靴用乾燥機を使用しましょう。

出来るだけ、乾燥にお金を掛けたくなく自然乾燥を望んでいる方は、タオルや新聞紙などで水分を拭き取って行きます。
水気を吸った分、乾燥は結構早くなります。また、そこにドライヤーを当てて半乾きにすると尚早く乾燥する事が出来るでしょう。

靴の中敷

靴の中敷は定期的に交換していく事をおすすめします。中敷は、100均などに防臭効果など様々な効果のあるものが置いてありますので、ご自身の用途にあった中敷を探し購入しましょう。

中敷は、一緒に洗濯すると何回も使えそうですが、靴を使用する場合一番良く使われ、汚れている部分です。雑菌や、場合によってはカビが生える事もありますので、出来るだけ洗濯する度に変える事も考えましょう。

消臭スプレーや防水スプレーの使用

消臭スプレーや、防水スプレーは靴を清潔に使用していく上でとても画期的なグッズです。雨続きの梅雨時期などは、靴が中々乾かない上にお仕事で使用する場合は靴が追いつかないととても困りますよね。
そこで、防水スプレーで水を弾く靴に変更することができます。防水スプレーなので、定期的にスプレーしていかなければなりませんが、何もしないよりは断然水の侵入を防いでくれます。

また、消臭スプレーには消臭の他に雑菌を抑えてくれる働きもあります。消臭スプレーにも様々な匂いや働きがありますので、ご自身の用途に最適なスプレーを選びましょう。

洗濯機で靴を洗うコツ

洗濯機で靴を洗うコツや、自宅の洗濯機以外で洗濯機を洗える方法をご紹介いたします。

洗濯機に入れる前に重曹で付け置きする

洗濯機で、靴を洗う場合は先程述べた通り重曹で付け置きする事がとても効果的です。
重曹には、汚れを分解し雑菌を抑えてくれ消臭効果もあります。
靴の匂いが気になる方や、靴がすぐ臭ってしまう方は靴が乾いた後、重曹を中敷などに擦り込んでおくととても効果的です。

また、靴箱の中や使用後の靴にティッシュなどに巻いた重曹を入れて置くだけでも劇的な消臭効果かあります。

手作り消臭剤

靴は、やはり洗濯を繰り返すと傷みが早くなります。重曹を使い、出来るだけ一回の洗濯から長持ちさせるように心がけていきましょう。

コインランドリーの靴用洗濯機の使用

最近のコインランドリーには、靴用の洗濯機と靴用の乾燥機があります。こちらを、使用すると面倒な予備洗いを省く事ができ、いつでも直ぐに洗濯乾燥ができます。

お金が、かかってしまう所が何点ではありますが、自宅の洗濯機が汚れない点や、衣類と靴を同じ洗濯機で洗うことに抵抗がある方は、とても良い選択となるでしょう。

自宅用靴用洗濯機の使用

実は、自宅で靴用の洗濯機を持つことが可能です。自宅で靴の洗濯を行うことが多い方や、どうしても衣類と靴を同じ洗濯機で洗うことに抵抗がある方は、こちらを使用するのが大変便利でしょう。

靴を洗濯機で洗う際の注意点

靴を洗濯機で洗うには、様々な注意点やリスクがあります。注意点を理解し、洗濯していきましょう。

注意点①石などの混入

一番多いのが石の混入です。石は、靴には付き物の存在なので自宅で洗濯する場合は、仕方ない部分がありますか、出来るだけ石は落として洗濯を行いましょう。
洗濯槽の、間をすり抜け内部で引っかかって洗濯機を傷付けてしまったり、石が詰まってしまう可能性が大いにあります。
洗濯機で洗う前に、充分に石を取りそ除いて上げることで防ぐことが出来ますので怠らずに行いましょう。

洗濯機で洗えない靴

洗濯機では、洗えない靴も存在します。誤って洗ってしまわないように注意しましょう。

ミュールやハイヒール

ミュール、ハイヒール、革靴はとてもデリケートな素材です。こちらを、洗濯したい場合は専門店で行ってもらいましょう。
こちらの、3種を自宅でできるだけ綺麗にしたければ磨くことが一番です。素人が、洗濯するとボロボロにしてしまう可能性がとても高いです。
また、洗濯機への影響も無いとは言えません。トラブルになりますので、こちらの3種の洗濯は控えましょう。

まとめ

 洗濯機 靴 スニーカー

いかがでしたでしょうか。靴は、洗濯機で簡単に洗える事が分かりましたね。しかし、洗ってはいけない靴もあるので必ずご自身の靴が洗えるのかどうかを確認して下さい。
靴を清潔に長く使用していけるように、定期的にメンテナンスを行なっていき、快適に靴を使用していきましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧