洗濯機の防水パンとは?ない場合はどうしたらいいの?取り付けの方法やメリットも解説

目次

洗濯機の防水パンについて解説します

賃貸などに住んだ事がある方は、結構馴染み深い洗濯機の「防水パン」ですが、一般家庭ではあまりしている所を見かけません。防水パンは、サイズによっては置ける洗濯機は限られてきますが、とても便利なものです。
今回は、そんな防水パンはどのような物なのかや取り付けの方法をご紹介していきますので是非ご参考にされてください。

洗濯機の防水パンがないとどうなる? 洗濯機の防水パンの役割を解説

では、洗濯機の防水パンがない場合はどうなってしまうのでしょうか?防水パンの役割をみていきましょう。

役割①水漏れを防ぐ

まずは、防水パンを洗濯機の下に敷く事で水漏れを防いでくれます。洗濯機は、常に水を使用して運転しています。排水ホースなどの破損でいつ水漏れが発生してしまうか分かりません。そんな時に、防水パンが役立ちます。パンはプラスチック製になっており水漏が床に広がらないよう堤防の役割を果たしてくれます。

〜防水パンのしくみ〜
防水パンは、洗濯機の排水ホースと繋ぎ合せる排水口が付いています。洗濯の際に脱水によって出てくる水は防水パンの排水ホースから排水口へと流れていきます。
洗濯機の脱水時に出た水が、一度防水パンを通る事で水漏れを発生させてしまった場合に、床に水が流れ込まないしくみとなっています。

役割②床の浸食を防ぐ

もし、水漏れを発生させてしまうと、床は侵食してしまいます。例えば、2階に洗濯機がある場合、マンションなどで2階以上に住んでいる方は下の階へ水漏れをする可能性が高いです。仮に、下の階へ水漏れをさせてしまうと、損害賠償などトラブルを招きかねませんので、マンションなど集合住宅にお住まいの方は防水パンの設置を強くおすすめいたします。
ここで、防水パンを敷いておくと水を床へ流し込まないため水の侵食を防いでくれます。

〜排水口の掃除を忘れずに〜
いくら防水パンをしているからといって毎回水漏れに悩まされる訳にはいきません。洗濯機の水漏れを防ぐためにも排水口の掃除を怠らないようにしましょう。
排水口は、掃除をしないと汚れがヘドロとなり排水口を詰まらせ水漏れの原因となってしまいます。
そのため排水口の掃除は、とても大事になりますのでお掃除を行うことを心がけてください。

役割③防音効果

防水パンは、水漏れだけの為にと思われがちですが実は防音効果もあります。洗濯機の下に引いているので、洗濯機が運転中に小刻みに振動するのを拡散させてくれます。
かなり効果があるっという訳ではありませんが、敷いてないよりは断然効果はあります。また、床を洗濯機の振動で傷つけない役割も同時に果たしてくれます。

洗濯機の防水パンの取り付け方法

では、洗濯機の防水パンを取り付ける方法を種類別に見ていきましょう。

専門業者に依頼する方法

洗濯機の防水パンの専門業者は、主に電気屋さんなどになります。洗濯機を購入する際に同時購入すると、無料で取り付けてくれる場合がありますので、購入を考えている方は電気屋さんなどで、相談をしてみると良いでしょう。

自身で取り付ける方法

〜下準備〜
自身で取り付ける場合は、まず洗濯機を動かす作業が必要不可欠です。一人で無理してしようとしてしまうと、洗濯機を倒してしまい故障させ無駄な出費が増えてしまう場合があります。
防水パンの設置2人以上で行うようにしましょう。
防水パンを設置する場合は、洗濯機を洗濯置き場から動かし別の場所に置かなければなりません。置き場所のスペースを予め確保しておきましょう。
防水パンを取り付ける場合、一番多い失敗例は防水パンを取り付けた後、洗濯機が入らないという事態です。防水パンを取り付ける前に必ず洗濯機と防水パンが合うサイズなのかをチェックしておきましょう。
洗濯機の防水パンは壁にピッタリと付けると洗濯機の幅が合わなくなってしまいます。壁から離して取り付けると考えてどのくらいの位置に洗濯機が出てくるのかを把握しましょう。
洗濯機の排水口がもし洗濯機の真下にある場合は、「本体かさ上げ振動吸収台」が必要になります。排水口の位置をチェックし必要ならば購入しておきましょう。

こちらの、本体かさ上げ振動吸収台は一見不安定そうに見えますが、洗濯機を上に置いて運転しても、振動で歪んでしまったりする事はありませんので安心してお使いいただけます。
また、使用の際には洗濯機の角4つに均等になるように置いていってください。

〜洗濯機防水パンの取り付け方〜
①床にサイズの合った事を確かめた防水パンを置き、床から多少は慣れていることを確認し適切な位置を決め取り付けます。排水口が真下にある場合は、本体かさ上げ振動吸収台を同時に設置してください。

②次に、防水パンの上に洗濯機を乗せていきます。一人で作業するのは、大変危険ですので必ず2人以上で作業しましょう。

③洗濯機のホースと防水パンを取り付けましょう。洗濯機と防水パンをホースでつなぐ時に、「洗濯機トラップ用専用エルボ」が必要になります。これは、結び目の役割を果たしてくれとても安価に購入する事ができます。
また、防水パンと洗濯機のホースのつなぎに不備があると排水が上手くできず水が溢れ出し漏れてしまう場合があります。しっかりと繋いでいきましょう。

洗濯機 防水パン接続

こちらの写真が、洗濯機と防水パンが専用エルボによりしっかり繋がれた状態です。機種ごとに合う専用エルボを使用しましょう。

④洗濯機トラップ用専用エルボと排水口がきちんと繋げたら蛇口と給水ホースをしっかりと繋ぎましょう。ここで、給水ホースはカチッと音がするまではめ込みましょう。しっかりとはめ込まないと水漏れの原因となってしまいます。
はめ込んだあと、軽く引っ張り取らなければキチンとはめ込まれているでしょう。

〜試運転をする〜
防水パンの設置が完了したら、必ず試運転をしましょう。試運転中は、随時水漏れをしていないかをチェックしてください。給水ホースや、排水ホースに不備があると水漏れをしてしまうので、ホース類はしっかり取り付けましょう。

洗濯機の防水ぱんの設置平均費用

洗濯機の防水パンを設置する際には、平均的にどのくらい費用がかかってしまうのでしょうか。種類別に、費用を見ていきましょう。

〜洗濯機の防水パンを設置する際の注意点〜
洗濯機の防水パンを設置する際にはいくつか注意点があります。
まず、設置に当たっての工事は自己責任となります。設置の際に謝って故障させてしまっても保証も何もないのでそこを予め理解しておきましょう。
もし、設置の途中で分からなくなってしまったら迷わず業者へ以来しましょう。自身でどうにかしようとすると症状が悪化してしまう可能性があります。
必ず、自己判断をせず洗濯機の説明書と防水パンの取り付け説明書を読みながら設置を行なっていきましょう。水漏れの原因となる場合があります。
以上を踏まえて取り付けを行なっていきましょう。

業者に依頼する場合の費用

洗濯機の防水パンを、一から取り付け直してもらうには平均1.5万〜2万+防水パン代、ほどかかります。排水口など、水回りは様々な部品を交換しなければならないと言われてしまう場合が多いので業者に頼むと費用がかさんでしまいます。
その代わり、しっかり安全に取り付けてくれます。

自身で取り付ける場合の費用

自身で取り付ける場合には、防水パン費用+専用エルボ費用となるため、1万前後で取り付ける事ができます。その他、給水ホースや排水ホースを買い換える場合は別途費用がプラスとなります。

防水パンを使用するメリットとデメリット

防水パンを敷く事でどのようなメリットがあり、逆にどのようなデメリットがあるのでしょうか。見ていきましょう。

メリット①水漏れや騒音防止

まず、水漏れや防音効果があります。万が一、洗濯機から水漏れを起こしてしまい床を濡らしてしまう心配もなく、下の階へ水漏れをさせる事も防ぐ事ができます。
また、洗濯機の防音効果もあり快適に洗濯機を使用していく事ができます。最近の家庭では、ドラム式洗濯機が増えていますが、ドラム式洗濯機は、縦型洗濯機に比べて振動による騒音が大きいようです。近所トラブルなどの原因とならないためにも防水パンは、洗濯機には必ず必要な存在と言えるでしょう。

デメリット①掃除が面倒

デメリットは、掃除が結構面倒くさいところです。防水パンと洗濯機の間はとても狭く、排水ホースが邪魔をし中々綺麗に掃除をする事ができません。

防水パン 下

自由に曲がるような、ハンディーワイパーなどを使用して行くと良いでしょう。また、防水パンの下は、一週間ほどでホコリが溜まってしまいます。常に清潔に保つには一週間に1度はお手入れをしていく必要があります。
今は、お掃除を楽に行えるように底が空いている防水パンも存在します。底が空いているため奥まで手が届きお掃除がとてもしやすくなっています。普通に洗濯機を置いておくよりもより綺麗に清潔に洗濯機の下を保つ事ができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。洗濯機の防水パンは、業者に頼み設置してもらえますが、自身でも以外と簡単に設置する事ができます。業者に頼む分工賃がかかってしまうので、自身で挑戦してみるのも良いと思います。
自身でする事で無駄に工賃をかける事もなく防水パンを取り付ける事ができるでしょう。ぜひ、皆様も挑戦してみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧